現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

女子高生コンクリート詰め殺人犯の元少年が暴行事件で再逮捕!

元女子高生
2004年7月5日 16:23
古いレス順
レス数:78本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
マスコミの取り上げ方が小さくてはがゆい
にゃった
2004年7月9日 12:57

曽我ひとみさんと7/11の選挙など、大きな出来事に隠れて、この事件のことが大きく取り上げられられてないのが辛いです。
戦後の孤児のために作った少年法を、快楽殺人の犯罪者にあてはめるのは、もうやめて欲しいです。

どなたかが書いてらした意見に賛成です。
快楽のために人殺しをした人は、年齢に関係なく、殺された被害者と同じように、命が絶たれるということでいいのではないでしょうか。
終身刑にするのも、税金が勿体ないです。

ほかの犯罪なら更正の可能性もあるけど、人を殺して楽しい気持ちになったり、楽しい興奮を味わったりする人をどうやって更正させるのか。。更正させる意味があるのか。。

ユーザーID:
更正など必要なし
SS
2004年7月9日 13:56

あまりにも残酷な事件だけに今でも忘れることができません。とくに、当時監禁現場となった血のべったりとついた部屋の映像は今でも記憶に残っています。

40日間にわたり強姦、暴行をくりかえした挙句コンクリート詰めにして捨てるような加害者たちに更正なんか必要なんでしょうか?私が被害者家族の立場だったら、40日間拷問の末、死刑にしてほしい。

でも現実は主犯格はあと数年で出所、残りの少年達はすでに刑期を終え家庭をもつ者もいるらしい。もちろん妻や子供に罪はないが、本当に罪の重さを感じている人間が、家庭を持とうと思うのだろうか?
殺された被害者だって生きていればきっと幸せな家庭があったはず。それを奪った犯人が家庭を持ち、のうのうと生きていて許されるの?被害者遺族の気持ちを考えると私はふざけるな!という気持ちですが。

ユーザーID:
更正など必要なし・・続き
SS
2004年7月9日 13:57

再逮捕の犯人もすでに成人しているにもかかわらず、実名すらでないのはおかしい。養子縁組して苗字が変わっているらしいが・・。

少年法というのならその責任者である親の責任はどうなのか。親が変わって世間にでてきてもおかしくないはず。
そもそも、この加害者少年達の親は子供の暴力が怖く野放し状態だったらしいが、親の監督責任を完全に放棄した罪は重いと思う。

今回監禁場所となったスナックだって被害者が住んでいた同じ市内でしょ。母親も普通の神経ではないのがよくわかる。
少年法うんぬんで死刑がダメなら、こういう残酷で悲惨な事件の場合親子共々一生刑に服してほしい。

余談ですが、養子縁組した人が属する埼玉の更正保護団体が集めた寄付金って何に使ってるんだろう?
こんな事件があると寄付した人って不信に思わないのだろうか?

ユーザーID:
法改正を!
キャメル
2004年7月9日 17:28

まったく、何が怖いって、戦時中の異常事態で行われた拷問並かそれ以上の極悪非道なことをやらかした連中を、平然と社会に復帰させていること。その残虐ぶりをきちんと再報道せず、風化させて平気なこと。これだけ少年事件が深刻化しているのに、少年法の見直しがなされないこの国。
どうかしてます。
少年法厳しく改正されることを望んでも、ほんと一体どうしたらいいんでしょうね。
無関心な人にも考えてもらいたい。
犯人のなかには、もう結婚して子供がいる人だっているそうです。法に守られてのうのうと人並みの生活をしている。「あれは少年時代のことだったから」・・・で済ませていいんですか?
国をあげて大問題にすべき問題だと思います。

ユーザーID:
刑事裁判改正
同態復讐
2004年7月9日 19:44

刑法・刑訴法を根本的に変える必要があるようです。
本来、被害者・被害者の遺族が有している復習権を国が制限し、代わりに、復讐するのが刑罰の本質である筈です。ハムラビ法典の時代から「目には目を、歯には歯を、命には命を」が犯罪者の償うべき代償であった筈です。併し、時代は下って、何時の間にか日本では、本来の社会正義が忘れられ、犯罪者の更生に主眼が置かれ、被害者の怨念、被害者家族の被害感情が等閑にされています。裁判は、犯罪事実の認定だけを行い、事実と認定されたら、量刑を決めるのは被害者、及び被害者の3親等以内親族の合議にすべきです。弁護士は、先ず、事実認定を検察と争い、次いで、量刑に関しては、被害者・被害者家族親族に対して、哀れみと情状酌量を請うべきです。全く、赤の他人である裁判官が量刑を決めるのは間違っています。量刑を決する事が出来るのは、本来被害者であり、被害者が死亡している時は、家族であるべきです。

ユーザーID:
バラナさん
ikari
2004年7月9日 22:26

ご存知でしょうが、たしか灰谷氏はサカキバラ事件の時、加害少年の顔を載せた写真誌に抗議して、その出版社から作品を引き上げたことがあったと思います。
被害者のことを書くなというのならわかるのですが、彼がかばったのは加害少年でした。
この事件でも彼がかんでいたのですね。だまされやすいというか、人見る目がないというか。
それ以来灰谷氏の作品はうそ臭くて読んでいません。
今回なにかコメントだしているんでしょうか?

ユーザーID:
>日本恐いさんへ
ばなな
2004年7月9日 22:41

>どこか、直接意見を言えるようなHPや場はあるんでしょうか?あるならば是非投書したいと思っています。

こういうところがあります↓
■復刊ドットコム
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=11165
「女子高生コンクリート詰め殺人事件 彼女のくやしさがわかりますか?」
事件当時のマスコミは4人の加害者の家庭環境に同情的なコメントを寄せ、
逆に被害者である女子学生に非のあるかの報道を行ったのです。
本書は、被害者側の立場に立った数少ない良識の書です。

という本、無事復刊されたようです。
図書館にリクエストし、被害者側よりに書かれた本が世の中に出回るようにするというのはどうでしょうか?

また、そこのサイトで

http://www.fukkan.com/bbs.php3?act=topic&t_no=5401
女子高生コンクリート詰め殺人事件 彼女のくやしさがわかりますか?
(門野晴子/〔ほか〕編著 おんな通信社/編)の掲示板

が立ち上がっています。

ユーザーID:
信じられません
当時6歳
2004年7月10日 0:13

昭和63年というと、私が6歳の時です。まだ幼かったので、事件のことは知りませんでした。しかし、先ほどインターネットで事件について調べてみると、そこには、本当に、残虐極まりない内容が多々綴られていました。本当にこんなことが起こったのか、と、疑ったほどでした。
記事を読んでいて、同じ女性として、人間として、監禁中の少女の恐怖や、遺族の方々に怒りや悲しみを考えると、涙が出ます。
その記事によると、少女を犯人のうちのひとりの自宅の二階に監禁したと書かれていましたが、自宅の二階に監禁しておいて、そのうちの親は何をやっていたのかと、まずそちらの方に注目しました。
そして、そんな残虐な行為をした犯人たちを野放しにしているのもおかしな話です。過去に犯した犯罪から、彼らには何の反省も後悔の念ももたらさなかったし、現にまた犯罪を犯してしまっているのだから、これからも彼らに改正の余地があるとは思えません。
それにしても、それにしても酷すぎます。
もう二度と、こんな悲惨な事件は絶対に絶対に起こりませんように!!!

ユーザーID:
同じく当時女子高生
半角カナ
2004年7月10日 6:00

 当時のことは良く覚えています。インターネットで様々な情報を得られるようになる前の事件でしたので、あまり詳しい事は知ることができませんでしたが、それでも恐怖に背筋の寒くなる思いがしました。
 先日ある俳優さんが不幸な事故を起こし、遺族の許可を得て告別式に参列する姿が報道されていました。殺意無く殺してしまった加害者が顔を晒しているにもかかわらず、数十日にも及ぶ惨いリンチの末、殺害した加害者が顔も実名も隠されて、さらに名前まで変えて生きることができるのは、有名人と一般人の差以前の問題で、やはり異常な状態と言わざるを得ないのではないでしょうか。

 私も娘を持ち、当時よりさらに子供の身の危険を心配するような現在の治安状況に非常に不安を感じております。凶悪犯罪、性犯罪の加害者の報道をもっと厳しく、そして被害者のプライバシーを保護する法律の成立を求めてやみません。

ユーザーID:
残念
2004年7月10日 7:07

事件は小学生の時に、たまたま旅先の部屋に置いてあった女性週刊誌で読みました。
今から思えば、内容はだいぶ薄くしてあったと思うのですが、それでも体を焼く、といった描写が出てきて読み終わったあとに布団のなかで泣いたことを覚えています。

それからあとに新聞の記事で、この事件がシリーズ化になり、犯人達は写経を毎日して被害者の冥福を祈っている、と出ていて安心したのですが、こんなことが起こってしまいました。
被害者の少女の写真は目線なしで掲載されたのに、犯人の現在の顔写真は公開できないなんておかしいです。

主犯格の少年の親は賠償金を遺族の方に払ったと聞きますが、この犯人は賠償金を支払っていないのでしょうか?サブリーダーだから?
お金なんて今さら遺族の方にとっては無意味でしょうが、被害者の命日のたびに犯人が生きている限りお金を支払うという謝罪があってもいいと思います。

ユーザーID:
選挙も近いので
ししゃも
2004年7月10日 14:15

居住地の選挙区の候補者全員(5人だけですが)に
少年法廃止もしくはもっと厳しく改正することに
議員として賛成か反対か?を
メールで問い合わせました
(実際は他にも2〜3の質問を送りましたが
このトピには関係ないので割愛します)。

回答を返信してくれた候補者の中から
自分の考えと合う人に投票していきます。
忙しいとはいえ、有権者の質問に回答する気もなさそうな
候補者はもちろん問題外です。

法を改正するようなでかいことになると
個人でできることではないので
こっちの言いたいことを中央で代弁してくれる人を
選挙でしっかり選ぶしかないのでは。

ユーザーID:
ネットやってない人は、ほとんどこの事件を知らない!
なおゆき
2004年7月10日 14:50

新聞でほとんど実名報道されてないうえに、テレビでもワイドショーで匿名報道だけ…それも発覚後2〜3日だけでしたから、インターネットや雑誌を見ない人は、この事件自体をほとんど知らないようです。

実際、ニュースソースを新聞に頼っている父親世代(50〜70歳代)に「コンクリ事件、知ってる?」とたずねると、事件発生当時のことはよく知っていましたが、今回の暴力事件のことはまったく知りませんでした。
今回のいきさつを話すと「なんでこんな大変なことを実名報道しないんだ!」と怒り狂っていました。
特に娘を持つ父親は非常に憤慨していました。

そして、さらに恐ろしいことに気がつきました。
事件発生当時の誤報道「被害者にも落ち度があった…云々」を未だに信じている人も多いんですよ!

「たとえ不良少女でも、あんな殺され方は酷い」と

被害者への誤った認識がそのまま、訂正されることなく記憶として残っているんです。

とんでもないことです。

まずは周りの「今回の事件をしらない人」たちに「正しい知識」を広めることが先決じゃないでしょうか?
口コミでもいいから、粘り強く、一人でも多くに。

ユーザーID:
法改正を切に願う
おりーぶ
2004年7月10日 16:06

 私も再逮捕のニュースを聞いて、一瞬息が止まりました。殺人事件の内容を初めて知ったときの表現しきれない怒りや悲しみなどの感情を再び全身で感じました。なぶり殺された上に死後も人権を踏みにじられた被害者の無念さを思うと胸がはりさけそうで涙があふれます。
 今回更生措置ではなく少年刑務所での服役ではまったく意味がなかったとの意見がありますが、残念ながらこのような類の人間は何をしても更生できないと思います。法改正により成人と同じ刑罰で一生を刑務所で過ごすしかないでしょう。

ユーザーID:
ネット社会さんへ(横ですが)
スーア
2004年7月10日 16:55

ネット社会さんが読んだ漫画って、円山みやこという人の「蟲笛」ではありませんか?
私もこの事件を知らずに当時これを読んで、とてもショックを受けました。フィクションと思っていたのに、やっぱり数日間頭から離れませんでした。
違っていたらすみません。
安易に漫画化などすべきではないという批判もあるかと思いますが、私はこの作品、なかなかよいと思っています。興味がおありの方はどうぞ。

それにしても、私はずっと死刑反対論者だったのですが、今根幹がゆらいでいます。本当にこの犯人たちだけは死刑にするなとは言えないですね。むしろ16年前の被害者と同じ目に合わせてから殺してやりたいとまで思ってしまいますね。難しいことです。

ユーザーID:
更正不可能
同年代女子
2004年7月11日 12:08

少年法の理念の「コドモは教育で正しい道に戻せる」って、やっぱり多くの事例に当てはまらないキレイゴトにすぎないんですよね。
17歳で、同い年の女の子をモノのように扱い、41日間もろくに食事も与えず、ただ玩具のように性欲と暴力衝動のはけ口にした犯人。
「遊び感覚」で女性の顔と性器と肛門を原型とどめぬくらいに破壊できるような精神構造した犯人を、一体どういう方法で「更正」させることが出来るというのでしょう?

早期の少年法改正やミーガン法の制定が困難ならば、少なくとも、今回の事件の犯人の「更正」に携わった人々の社会的責任を問いたいし、問う必要があるのではないでしょうか。

ユーザーID:
怖い!!
るる
2004年7月11日 17:26

コンクリ殺人事件を知ったとき あまりの残忍さに 吐き気を覚えました

当時私は 大学生でした
事件を知る前 私にとって1番怖かったことは「死ぬこと」でした
事件を知った後は「死を選びたくなるような状況に他者に追い詰められること」になり
今回の事件で「さらに 死後も誤解を(侮辱を)受け続けること」となりました
被害者の女性 ご家族が気の毒で 仕方ありません

現在の状況が続けば 明日はわが身かもしれないのですよね

怖い! 怖すぎる!!

ユーザーID:
社会部記者のいい加減さ 1
yacopi
2004年7月11日 18:36

今回の報道には、3つの選択肢があった。
A) 犯人の実名をあげて、今回の拉致監禁致傷の犯行を報道し、この犯人がコンクリ殺人の実行犯であることも触れる。

B)犯人の実名をあげて、今回の拉致監禁致傷の犯行を報道するが、この犯人がコンクリ殺人の実行犯であることには触れない。

C)犯人の実名をあげず、今回の拉致監禁致傷の犯行を報道し、この犯人がコンクリ殺人の実行犯であることには触れる。

結局、Aが自然な報道だが、名前を出した場合、その事件を起こしたのが未成年であったことから、未成年での事件は人権を保護する観点から報道しない、という原則にこだわり、Aの選択肢はなくなった。

ユーザーID:
社会部記者のいい加減さ 2
yacopi
2004年7月11日 18:39

しかし、Bでは単に、拉致監禁致傷事件が起きた、ということでニュースバリューはなくなり、デスクが没にする怖れがあるのでBの選択肢はなくなり、結局ニュースバリューも落ちず、同時に名前を公表する事で人権擁護派に訴えられずにすむ無難なCを社会部記者達は選択した!

しかし、拉致監禁致傷だけでも立派な犯罪であり、名前を伏せる必要は全くない。
また、過去のコンクリ殺人事件も今回の事件も質的に良く似ている事件で、犯人は女子高生殺人事件を全く反省していない証拠だろう。

今回の報道を見ても、記者たちは、きょろきょろ周りの様子を伺うようなことに終始し、その結果事件の本質を見失い、隔靴掻痒の報道になってしまった。

犯人をリンチにしろ、とはいわないが、今回犯した拉致監禁致傷は、過去の女子高生コンクリ殺人事件を想起させるような事件であり、過去の事件と今回の事件は密接な関係があり、そういう観点からも、過去の事件とともに犯人の実名を公表すべきだろう。それが報道記者の良心ではないのか?

ユーザーID:
死んで欲しい
すぅ
2004年7月12日 0:52

同レスが立ち上がっていますが、こちらを先に見たのでこちらに書き込みます
このトピは数日前に見たのですがそれまで仕事が忙しくて全然知りませんでした
何?一体・・・

この事件は当時の私には衝撃的過ぎて未だに3ヶ月に一回は思い出してしまいます
これ程、衝撃的なニュースがあふれる中忘れる事ができません
最後の瞬間、少女は何を思っていたのだろう。逃げられないと悟った時少女は・・・。なぜ誰一人警察に連絡しなかったのだろう。叫び声がきっと聞こえたはずでなぜ近隣の住民は警察にあそこの家は変だと言ってくれなったのだろう。でも、これだけの事をされた少女が助け出されたとして生きてゆく事ができるのだろうか
そういう問いかけを今でもしてしまう事件です

今回、加害者が顔も名前も伏せられているという事に本当に驚きです
顔の公表をして欲しい。近隣に住む人間はそいつに石投げても私は許せる
宮部みゆきさんのクロスファイアーの様な人がいたらいいのにと本当に思ってしまいます
まずは新聞社に投書してみます

ユーザーID:
いいかげんにしてくれ
ぽろ
2004年7月12日 7:29

そもそも重大な犯罪を犯した人間に少年法を適用なんて意味がわからない。よく死刑は根本的解決にはならないと言う人がいるが2次災害は確実に防げる。しかも今回実名報道がなされないとは日本のマスコミはいったい何のために仕事をしてるの? 

ユーザーID:
 
現在位置は
です