現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

伝染性単核症、完治にどれくらいかかりましたか?

トマト
2004年7月17日 14:42

16歳の娘が伝染性単核症と診断されました。13日間の入院後、現在は自宅療養中です。身近に、この病気体験者が2人おられます。お2人と、娘との完治の期間が違い過ぎて不安です。医学が進歩したということならともかく、薬も使わず、安静第一の病気ですから。

お1人は1ヶ月入院、自宅療養2ケ月、もうお1人は1ヶ月入院、自宅療養1ヶ月で、しばらく早退しつつ、ぼちぼち学校に復帰したそうです。娘は発症1ヶ月です。主治医は運動も登校も良いと言いました。この病気を体験された方や詳しい方にお聞きしたいのです。娘は脾臓の腫れも指摘されました。その場合は発症2ケ月くらいは、運動厳禁とも聞いたことがあります。実際はどうなのでしょうか。どうぞ宜しくお願いいたします。

ユーザーID:  


お気に入り登録数:0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
古いレス順
レス数:38本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
辛口です
f
2004年7月20日 18:53

主治医は、脾臓の腫れもご存知で、運動も登校も良いと言われたんですよね?
なぜ、主治医の言葉を信じられなくて、「厳禁ときいた」と別の人の言葉を信じるのでしょう?
小町で、〜ですよと聞いて、それを、信じる?
お嬢さんの様子も何もわからない者の言葉を聞いて、信じるのですか?

学校へは、通学するのにあたって、気をつけてもらいたいこと、病気への無知・誤解ゆえに、お嬢さんが悲しい目にあわないよう、説明、対策をなさいましたか?

ユーザーID:
入院16日、安静2ヶ月
じゅりあん
2004年7月21日 0:06

こんにちは。私(26歳女)は、去年の11月に入院16日間、安静2か月でした。確かに、対処療法しか方法がない病気ですよね。退院してもしばらくは食欲もなく、とにかく眠く、階段昇るのも辛かった覚えがあります。
私も、脾臓が腫れていたのですが、運動(ジョギングなど)すると極々まれにではあるけど衝撃で脾臓が破裂してしまうと先生がおっしゃってました。
私は、会社に通う程度でしたので差し障りなかったのですが、トピ主さんのお嬢様が、まだ学生さんであれば激しいスポーツをする必要に迫れる可能性もありますよね。私は、念のため脾臓がもとの大きさに戻っているかCTで調べてもらいました。
発症から3、4か月くらいで倦怠感や脱力感から抜け出せ、7か月位したら、自分が入院していたことを忘れる位元気になっていました。
周りからは元気に見えても、抵抗力が落ちていて風邪をひきやすく、なんだかしんどいって気持ちがまだしばらく続くと思います。無理しないよう、ゆっくり休んでくださいね。

ユーザーID:
続きです。
トマト(トピ主)
2004年7月21日 14:03

トピ主です。

本来、病気のことに関して不審な点は、主治医に相談しておくのが筋だとは心得ておりますが、入院した病院の医師の説明不足に困ったこと事情もあり、今後の復帰のさせ方について、セカンドオピニオンを求めようと思っているところです。

それで、こちらでは、体験なさった方の声をお聞きできればありがたいと思いました。

当初、白血病と間違われたり(よくあるようですね、症状は確かにそっくりです)、稀には重症化して死亡ということもないではない・・・とのことなので、親としては、どうしても心配です。

特に運動をどの程度(自転車に乗る、人込みに出るなど)、いつ頃から始められたかを知りたく願っています。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ユーザーID:
学校に対しては
トマト(トピ主)
2004年7月21日 21:09

担任の先生に病状を説明、「こちらでも勿論気をつけますが、ご配慮いただければありがたいです」とお願いしてあります。学校側からも、「無理をせずやっていきましょう、こちらでもできる限りのことをします」という暖かいお返事をいただき、感謝しています。

セカンドオピニオンを求め、今日、話を聞いてもらうことができました。酷暑でもあるし、やはり退院後1ヶ月程度は自宅療養をするのが良いのではないかということでした。

字数の都合で主治医や病院への不信感については最初の投稿では省きましたが、そのことは専門家の見解をお聞きするのが良いと思い(私の素人判断での思い込みがあるのか否かを確認する必要もあると思ったので)、そうしました。私の不信感は「尤もなことですね」と共感してもらえたので、慰められました。そのことについては本題ではないので、ここでも詳細は省きます。

私はこの病気を娘が発病するまで知りませんでした。それゆえ、同病の方がどんなプロセスを経て回復していかれたかに関心を持っています。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ユーザーID:
じゅりあんさん
トマト(トピ主)
2004年7月22日 18:47

ありがとうございました。じゅりあんさんはご退院後2ケ月、ご自宅で療養されたのですね。

確かに・・娘を見ていると、やはり病気になる前よりは元気がなく、少し動くと疲れているのがよくわかります。倦怠感もあるようです。

じゅりあんさんのご体験では、すっかり治ったと感じるまで、半年以上の歳月を要したということですよね。ぼちぼちとやっていくのが大事ですね。この暑さも気になっています。無理は禁物と心得たいと思います。

ユーザーID:
姉が同じでした
未来
2004年7月23日 16:16

参考にはならないと思いますが・・・。

私の姉は27歳でかかりましたよ。
姉の彼氏がキャリアだったために感染したようです。

で、姉の場合ですが、相当リスクはあったものの扁桃腺を手術して取り除きました。27歳での手術は前例が少なく、術後がどうなるか不明と言われましたが、薬を飲んでも全く改善しない状況が半年以上続いたため(仕事も辞めざるを得ませんでした)に、思い切って手術することにしました。

今では元気に二児の母です。
風邪を引いた時は相当つらいようですが、それ以外は普通だそうです。

薬で改善するのであればそれに越したことはありません。
改善すると良いですね。

ユーザーID:
結婚を決めた直後に
のり
2004年7月24日 20:31

この病気にかかりました。
本当は結婚直前まで勤める予定でしたが
医師のすすめで退職して、2ヶ月ほど安静にしていました。はじめの検査で肝臓の数値が高く、入院も視野に入れていましたがすぐに落ち着きだしたので結局入院なしでした。
その後も無理せず過ごし、発症から5ヵ月後に結婚。症状も落ち着いて2年後に妊娠・出産しました。
今は不安で一杯だと思いますが、医師の指示に従って、あとは「絶対に治すんだ」と強い意志で、どうか乗り越えてください。
うまくいえませんが、応援しています。

ユーザーID:
かかりましたよ・その1
ペコちゃん♪
2004年7月25日 5:52

私も、大人になってからかかりました。
やはりそのときの彼氏がキャリアで。
大人になると、口腔感染くらいしか感染しないので・・・医者に笑われましたが。

私は肝機能がかなり悪くなり、絶対安静。
扁桃腺も真っ白に膿み、痛過ぎてつばを飲むどころか呼吸もまともにできないくらい。
一日に数回のうがいのときも、痛いし、白い膿がいっぱい流れ出て気持ち悪いし・・・。
まる2週間の入院でしたが、朝晩に抗生物質と、栄養剤の点滴。
ずっと流動食で、それものどが痛いから食べられず。
熱も入院中は高熱、退院してからも一ヶ月くらい微熱が続きました。
絶対安静と言われなくても、だるくてだるくて食事も廊下まで取りに行けず。
ない体力振り絞って、頑張って壁づたいにトイレにたどり着いたら、毎回すごい下痢・・・。
もう半泣き。
首周りが熱を持ちすぎて(扁桃腺のせい)つらくて、氷枕を首にもあててました。

ユーザーID:
かかりましたよ・その2
ペコちゃん♪
2004年7月25日 5:53

長くてすみません、続きです。

とにかく私の経験では、「すごい病気じゃないけど、なんだかすごくしんどい」ってかんじでしたよ。
ベッドの上、寝ても寝てもだるいからまだ寝られて・・・。
目が覚めても体が沈みきってて動けなくて、2週間ベッドと一体化してました。

退院してからも扁桃腺は慢性的に腫れまくりましたが、色んな病院で診てもらったところ、「現代で扁桃腺切るなんて医者は信じられん!」と言いきった医者のところで治療してもらったら、一発で慢性だった扁桃炎が治りました!
扁桃腺は、切らないのが一番です。
風邪などのばい菌を体内に入れない、戦ってくれる場所ですからね。

ユーザーID:
学校は行きました☆
めい
2004年7月25日 10:24

私は通院と自宅療養1週間の後、普通に学校に行きました。滅多なことでは周りに感染を広げてしまいませんし、医者からも大丈夫と言われたので。疲れを感じるのは事実ですが、普通の生活はできました。私の場合、幸い軽かったのかも知れませんが、重病扱いされる程ではなかったので、疲れたり熱がでたら早退するくらいで、後は普通の生活でも大丈夫でした。医者に従うのが一番だと思います。

ユーザーID:
未来さん、ありがとうございます。
トマト(トピ主)
2004年7月25日 14:46

未来さんのお姉さんは長期に渡って大変な思いをされたのですね。ごく少数に長引く方がおられるとは聞いていましたが、大変なことだったと思います。手術がうまくいって何よりでしたね。

30代で罹られて、「思春期の病気なんですけどね」と医師にびっくりされたという方がいた、とも聞いたことがあります。未来さんのお姉さんも27歳で罹られたとのことですし、思春期に多いと聞いていましたが、一概にそうとも言い切れないのですね。

お姉さんがお元気で過ごされているとのこと、心強いです。未来さん、ありがとうございました。

ユーザーID:
兄弟3人ともかかりました
レタス
2004年7月25日 20:09

私もちょうど10年前の大学時代にこの病気にかかりました。(脾臓も腫れ、肺炎と胃炎も併発しました。)
入院は3週間、その後自宅で3ヶ月くらい安静にするよう指示を受けましたが、学校側が入院であっても欠席扱いは変わらないとのことだったので、退院1週間後には学校に通い始めました。
通学に2時間ほどかかるので、満員電車の時間だけは避けるようにして、通っていた事を覚えています。
多少の倦怠感はしばらく続きますが、無理な運動でなければ、大丈夫なのではないでしょうか。
ちなみに二人いる弟もそれぞれが20歳くらいの時にこの病気にかかり、やはり3週間くらい入院しました。
一番下の弟は退院して1ヵ月後には野球部で練習に励んでいました。
自分の体は自分が一番分かるので、お嬢様にどうしても無理なようだったら言ってもらうのが一番ではないでしょうか。

ユーザーID:
私もかかりました
ひとみ
2004年7月26日 1:36

こんにちわ!私もかかりました、二年前に。

私の場合、発症まで一ヶ月、診断されてから即一ヶ月入院しました。絶対安静とのことだったので、入院して普通の生活から隔離されることが治療の早道だそうです。
そのあいだは「体をおこしちゃだめ」「トイレに行くとき以外うごいちゃだめ」といわれ、とっても暇な毎日でした。(体をおこしちゃいけなかったのでテレビも本も親から禁止されてました)

退院してからは普通にすごしてましたが、退院後一年間はとっても抵抗力が弱まり、風邪のかかりやすい体質になりました。でも今はすっかり健康ですよ!

ユーザーID:
ありがとうございます。
トマト(トピ主)
2004年7月26日 20:17

のりさん、ありがとうございます。そうなんです。早くすっかり良くなってくれればいいなと念じつつ不安、そんな気持ちです。入院せずに自宅療養で乗り切られる方もおられるのですね。やはり無理せず、長期的に考えなければなりませんね。

>応援しています。

ありがとうございます。嬉しいです。同じ病気を乗り越えられた方から励ましていただくのは、本当に心強いです。

ユーザーID:
ありがとうございます。
トマト(トピ主)
2004年7月26日 20:18

ペコちゃん♪さん、ありがとうございます。思春期の病気だと聞いていましたが、皆さん成人なさってから罹られたのですね。

ペコちゃん♪さんの書いてくださった症状が、娘とそっくりで驚きました。肝機能がかなり悪くなり、扁桃腺の膿みがひどく、呼吸すら困難に感じるほどで、流動食でも痛がり、高熱が続くという毎日。娘の苦しむ様子を見ているのは本当につらかったです。かわってやれないもどかしさ、数値が悪くなれば即、大病院に転院と言い渡されており、慢性化すれば命の危険もあるとのこと、毎夜病室を出た途端に涙がこみあげて困りました。

退院できて安堵しています。おかげさまで、扁桃腺はもう大丈夫なようです。発症40日余ですが、少し動くと疲れるようで、まだしばらく時間が要るのかなという感じですね。あせらずに回復に努めさせたいと思います。ありがとうございます。

ユーザーID:
2週間ぐらいでした。
タッキー
2004年7月26日 22:32

私の彼の話ですが、38才でかかりました。伝染性単核症=キス病と言われますので、まさか38才で!?とお笑い話になりました。

だって彼はバツイチで子供も二人、過去につきあった女性も多く、私とのつきあいも5年目です。
体調が悪い時にどうやらかかったようなのですが。。

皆さんの話を読んでると、彼の場合は症状は軽かったようですね。
発疹が体中に出来ましたが、なんの治療もなく2週間足らずで治りました。

脾臓の話などでてこなかったようなので、答えでなくてすみません。

ユーザーID:
単核症って完治するの?
つっぷり
2004年7月26日 22:47

20代後半で感染しました、今30代半ばです。
自分としては、完治という言葉に疑問を持ちます。
私は医師から根本的な完治は無いと言われました。
後、ガン等の病気にかかる率も比較的高いと言われました。
普段は平気ですが、風邪をひいたり体調を崩す度に頚部リンパ腺が腫れたり、肝機能に異常数値が現れたりします。

=逆に質問ですが、伝染性単核症は完治し得る病気なんですか?
未だに血液専門外来で検査、及び対処療法をしてもらってるので、完治出来るならその方法が知りたいです。

ユーザーID:
めいさんへ
トマト(トピ主)
2004年7月27日 12:09

ありがとうございます。復帰がとてもスムーズだったのですね、羨ましいです。

私がもっとも気にしている脾臓の腫れは、全員に出る症状ではなく、患者さんの半数程度だと聞いたので、めいさんはご自身で書かれておられるように、症状が比較的軽かったのかもしれませんね。

我が家の場合は、苦しむ娘を見ていて、最悪のことが脳裏をよぎり、あわてて打ち消したことが何度かありました。この病気を体験した知人も、「自分は死ぬのではないかと思い、夜中に病室で涙がとまらなかったことがあった」と言っておられましたが、「そこまでは思わなかった」ともうひとりの知人。皆さんからいただいたレスを拝見しても、かなり個人差があることを実感しています。

めいさんがすっかりお元気になられて何よりです。娘もあやかれるといいなと思います。ありがとうございました。

ユーザーID:
ちなみに海外の医者では・・
けいこ
2004年7月27日 13:08

トマトさん、皆さんこんにちは。
この病気、日本でもきちんと病名があるのですね!
今日初めて知りました・・・。学生のころ北米の大学留学中にこの病気”Mononucleosis=モノニュークリオシス”になりました。本当に辛かったです。

ファミリードクターと別のドクターのアドバイスは、とにかく”リラックスして少しずつ運動をしなさい””深刻な病気ではないから安心しなさい”とのことでした。確かに、別名”Kissing Desese=キッシング・ディジーズ”とも言われていて、周りの人からは
『あぁ!モノ(略称)になったの?しばらく休暇だね』とそろって言われていました。医者に言われた通り、毎日1ブロックずつ歩く距離を伸ばしていくようなウォーキングをしていました。

とにかく言われたのが内臓障害がない場合には、あまり騒ぎ立てずに、リラックスするようにっとのことでした。
私の周りの”モノ”経験者は誰一人入院したことはなかったので、お話を聞いて正直いってちょっとびっくりしています・・・・。

ユーザーID:
うちの子供も
ぴょんたろ
2004年7月27日 13:22

私の息子も2年前1歳3ヶ月の時に伝染性単核症にかかりました。風邪のの発熱の後、顔がむくみ、お腹が張り、近所の医院で「すぐに大きな病院で!」と言われました。救急病院で「はしかか川崎病かもしれない」と言われ即入院しました。肝機能の数値が「肝硬変の患者のようだ」とも言われました。2日後「EBウィルス感染症」と診断されました。
本やインターネットで「骨髄移植」「脾臓のはれ」などを見て「どうなるんだろう」と不安になりましたが、発見が早く、症状も軽かったので1週間の入院、1週間の自宅療養で保育園に復帰しました。1ヵ月後の検査で肝機能の数値も正常にもどりました。近所のお医者さんが子供の状態に早く気づいてくれたこと、担当医が詳しく説明してくれ不安を取り除いてくれたことに感謝しました。今月で3歳です。元気でやんちゃな悪がきです。

ユーザーID:
 
現在位置は
です