現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

医療費控除の対象になりますか?

かおる
2004年12月1日 16:18

はじめまして、こんにちは。

今年、医療費がまとまって掛かったため
初めて確定申告をしようと思っています。

医療費の大半が保険外の歯の治療にあたるのですが、
他に生理不順治療のためピルを処方してもらっております。
そこでピルは医療費控除の対象になるのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。宜しくお願いします。

※余談になりますが、税金等について無知でお恥ずかしいばかりなのですが確定申告についてわかりやすいHPがありましたらそちらも教えて頂ければ幸いです。

ユーザーID:  


お気に入り登録数:0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
古いレス順
レス数:34本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
住民税も安くなるよ
定率減税廃止反対
2004年12月2日 16:46

保険外の歯の治療も、ピルも医療費控除の対象になります。

他に市販薬、病院への交通費も。(交通費はメモで大丈夫)私は不妊治療に使う体温計や、基礎体温表も入れてました。

病院や薬局の領収書は必要です。

家族全員の医療費をまとめて10万円以上になったら、収入の多い人の確定申告をしましょう。

確定申告は5年遡れるので、過去5年の間に、医療費が沢山かかった年があったら、確定申告できます。もし、他の件で、確定申告していたら、修正申告になります。

所得税も還付されるし、住民税も安くなるので、是非確定申告した方がいいです。

還付の場合はいつでも受け付けてくれるので、税務署が混む前、1月に入ったら、すぐ行くといいでしょう。

インターネットに「確定申告」で検索すると、税務署の確定申告書の書き方のホームページが出てきます。ただし、源泉票を見ながら入力するので、まだ試算はできないでしょう。

確定申告が近づくと、お住まいの町で、税理士による無料の税務相談があるので、そこに書類を持って行くと、計算の仕方を教えてくれます。確定申告の用紙もくれると思います。広報に出ているでしょう。

ユーザーID:
治療ならOK1
2004年12月2日 16:56

毎年のように医療費控除の申告をしています。
医療費控除の対象となるものは、「治療のためにかかる費用」となります。
ですから、風邪を引いて病院へ行ったとすれば、病院で支払った治療費+処方された薬代+通院にかかった交通費(タクシーの場合は領収書が必要)が対象金額となります。
病院に行かず、薬局で市販の風邪薬を買った場合も領収書を発行してもらえば対象となります。
治療のためなら健康保険のきかない鍼やマッサージだって控除対象になります(疲労回復のためのマッサージは対象外です)。

ユーザーID:
治療ならOK2
2004年12月2日 16:57

>医療費の大半が保険外の歯の治療にあたるのですが、

気になったのですが、歯は治療したのですよね?
かおるさんの言う「保険外」とは、例えば欠けた歯の治療をするため、かぶせ物をしたが、保険のきく合成樹脂は劣化が早い上、色の違いが目立つから、保険のきかないセラミックのものを選んだ・・・という意味ではないですか?
もしそうなら、控除対象ですよ。
保険がきかないというのは、単にその素材にかからないだけであり、その時かかった費用はあくまでも治療のためなので控除対象になります。
ただし、美容のための歯列矯正は治療ではないので控除対象外です(治療のための歯列矯正なら控除対象)。

>他に生理不順治療のためピルを処方してもらっております。
>そこでピルは医療費控除の対象になるのでしょうか?

これも先ほどの歯列矯正の場合と同じで、避妊のためのピルは対象になりませんが、治療のためなら対象になります。

ユーザーID:
治療ならOK3
2004年12月2日 16:57

>確定申告についてわかりやすいHPがありましたらそちらも教えて頂ければ幸いです。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/IRYOU/H15/1-A-00.htm
こちらなど、いかがでしょう?

また、医療費控除に生計を同一とする家族全員の分を合計して申告できます。
その場合、税率が高い方(収入が高い方)で手続きをした方がお得です。

もし、わかりにくい点があればおっしゃってくださいね。

ユーザーID:
返信ありがとうございます!
かおる(トピ主)
2004年12月5日 4:27

定率減税廃止反対さん、愛さん、丁寧な返信ありがとうございました!
今まで税金のことについていかに無知だったか、お恥ずかしい限りです。これを機に少しずつ勉強していきたいと思います。

愛さんに質問です。
>保険がきかないというのは、単にその素材にかからないだけであり、その時かかった費用はあくまでも治療のためなので控除対象になります。

治療内容は、虫歯で神経を取り、空いた部分の歯を被せるということです。(説明が下手でゴメンナサイ!)その被せる材質が2,3種類くらいあり、選択する自由を先生から与えてもらいました。その中で長い目で見たとき、より長持ちし、他の歯により影響のないこと等踏まえて使用した素材が高かったのですがこれでは控除対象外になってしまうのでしょうか?
(おそらく、愛さんのおっしゃってた「保険のきく合成樹脂は劣化が早い上、色の違いが目立つから、保険のきかないセラミックのものを選んだ・・・」にあたると思うのですが・・・)

初めてなだけに不安でいっぱいで、申告すべきかどうか悩んでしまいますね。。。

お返事お待ちしております。

ユーザーID:
対象ですよ1
2004年12月6日 22:03

>治療内容は、虫歯で神経を取り、空いた部分の歯を被せるということです。

あー、やっぱりー。
もう完全に控除対象ですよ〜〜(大興奮)(笑)
私が何回も申告した医療費控除の内2回は、かおるさんと一緒の状態です。もう保証しますよ。

かおるさんが今、混乱している(と思われる)箇所を解説しますね。
神経を抜いた歯や、欠けた歯に被せモノを被せる行為は間違いなく「治療」です。
ですから、控除対象となります。
では「保険対象外」とは?

治療の際にお医者さんから説明されたかと思いますが、被せものには合成樹脂やセラミックなど、いくつもの種類があります。
そして保険というものは「病んでいる箇所を最低限の治療をする」部分に効くのだそうです(昨年お世話になった歯科医さんの表現)。

私もそうでしたが、今回のかおるさんも、一番安い合成樹脂で歯を被せれば最低限の治療は済みますよね?保険がきくのはそこまでなのです。
ただし、合成樹脂は色が変色して目立ちやすい上、耐用年数が短い欠点があります。
そこで、変色しにくくて耐用年数の長いものを選ぶなら、自己負担しなさいということになっています。

ユーザーID:
対象ですよ2
2004年12月6日 22:04

ですから、もともと材質的に高価な上に保険が適用されないので、歯1本で6万円とか8万円したりします。
被せものにかかる費用だけでなく、前後に何回か診察もありますから、それらを足すと軽く10万円を突破することもあります。

でも、この高価な値段はあくまでも「治療のために支払った金額」。
ですから、医療費控除の対象となるのです。
セラミックだけでなく、最近でこそあまり見ないけど、金歯や銀歯も保険は対象外だけど医療費控除の対象にはなります(金歯なんて純金ならかなりの金額のはず)。

もしかすると、私が前に書いた「歯列矯正」の話で混乱したかもしれませんね。ごめんなさい。
美容のための歯列矯正は「別にしなくても困らないのに、美容のためだけにすること」なので「医療費」にカウントされません。
が、幼年期などで成長に問題があって医師から指示された歯列矯正は「治療」なので医療費になります。

今回のかおるさんは「放っておくとまずい虫歯を治療」するためにお金を支払いました。
「最低限の治療」ではないから保険が効かなかったけど、それでも「治療費」です。
被せものをしないままではまずいから、「医療費」なのです。

ユーザーID:
対象ですよ3
2004年12月6日 22:04

本当に説明が下手でごめんなさいね。
それから、定率減税廃止反対さんが書かれているようにその歯医者への交通費も計算に入れてくださいね。

タクシーを使った場合は領収書が必要になり、自家用車の場合のガソリン代は対象にならないけど、公共交通機関の交通費はメモで大丈夫です。
例:○月○日 □□歯科 (バス△△停〜▲▲停300円、JR●●駅〜◎◎駅400円)×2(往復)=1,400円
ただし、職場の近くでかかっている病院などは職場への定期があるので交通費は加算できません。

生理不順治療のためのピルや診察代、その病院への往復にかかった交通費、他に薬局で買った頭痛薬や皮膚炎でかかった皮膚科診察代と薬代など、とにかく治療に関する費用は申告していい項目です。

医療費がたくさんかかった人は税金を余分に支払っているだけですから、該当する項目はどんどん申告しましょう。
これは脱税とかじゃなく、当然の権利ですよ(笑)

他にもご質問があれば言ってくださいね。
わかる範囲内で、お役に立てればと思います。

ユーザーID:
とりあえず申告!
のぞみ
2004年12月7日 8:04

何はともあれ、申告しないことには始まりません。
サラリーマンであれば1月に源泉徴収票を受け取った時点から確定申告できます。
2月に入ると個人事業者が増えますので混んで来ます。
空いているうちに最寄の税務署に行き、「医療費控除の確定申告なんですけど」と言えば、とても親切に教えてもらえながら、申告書を記入できます。
その際に「これはOK」とか「これはだめ」とかも教えてくれますよ。

そうそう、通院にかかった交通費もキチンと控えていれば領収書がない公共交通機関でもOKです。日付と交通機関名、金額を一覧表にするだけです。タクシーなどは領収書を付けましょう。

ユーザーID:
薬局で買う医薬品について
2004年12月7日 19:42

何度もごめんなさい。
最初のレスの時から書いている「薬局で買った薬」、これも誤解があるといけないと思ったので補足させてください。
薬局で買う薬とは、昨今の医薬分業に伴い、病院で渡された処方箋を薬局に提出して購入する薬はもちろん、風邪を引いて買った市販の風邪薬(パブ○ンとかジ○ニンとか)や、料理の時に指を切ってしまって買った消毒薬(マ○ロンとか)ややけどして買ったやけどの薬、ひどい生理痛のための鎮痛剤など、とにかく「治療のため」の薬であれば、すべて医療費控除の申告対象になります。
ただし、薬局で買った薬にせよ、病院でかかった診察費にせよ、領収書が必要となります。

年末近くになって、歯が欠けた!とか、急に入院した!など、高額医療費がかかることもありますので、毎年年度当初から医療費に関する領収書はこまめに集めておくといいですよ。
単にその年に払いすぎた税金が戻ってくるだけでなく、定率減税廃止反対さんが書かれているように翌年の住民税にも影響するのでちょっとしたことが節税になりますよ。

ユーザーID:
かなり横ですみません
歯科通院中
2004年12月7日 22:30

まだ二十歳と若いのですが、歯が悪くて今度セラミックを4本入れます。
一本10万円でかなり高額な治療費になります。

医療費控除について調べてみたのですが、医療費控除というのは一年間の医療費をまとめて控除の申告をしますよね?

それではなくて別に1ヶ月のうちに7万か8万以上の医療費になったら申請できるものがあると聞いたのですが、ご存知の方いらっしゃいますか?
自分で調べても分からなかったので、かなり横で申し訳ないのですがこちらに投稿させていただきました。

ユーザーID:
便乗させてください。
照・・・
2004年12月7日 22:49

トピ主様。医療費控除について便乗質問させてください。

私も三年程前に体調を崩し数ヶ月間のトータルで約十万円強の医療費がかかってしまいました。
その時は控除の事が良く分からずそのままにしていたのですが、このトピを見て考えてみました。

そこで気になったのですが、この控除の対象となる期間はいつからいつまで(月日)に該当するのでしょうか?
私の場合は前年の夏から翌年の春にかけて満遍なく医療費が掛かっています。もし一月から十二月末までの一年で換算されてしまうのだとしたら、やはり控除の対象にはならないのでしょうか?

あまりにもまぬけな質問ですみません。
もし宜しければどなたかアドバイスをお願いします。

ユーザーID:
参考になります!!
初心者
2004年12月8日 4:40

ヨコすいません。

皆さんありがとうございます。トピ主さまもいいトピックたてて下さって感謝ですよ!!

交通費もOKだったなんて♪助かるわっ!!
私引越した後も治療中の歯医者に通いたくて、でも少し遠くなるし…近所で探さないとダメかなってあきらめていたんですよ。でも、コレならまた通えそうです!!やっと合う歯医者さんにめぐり合ったので凄く迷っていたんです。決心がつきました。

あと、過去五年間さかのぼれるってことは、去年退職したんですけど、源泉徴収とかって会社から送ってもらうべきなんでしょうか?
あ、愛さんの紹介されているHP見に行けばかいてあるかな?まだみてなくて、勢いでかいてまして、そうなら失礼しました。これから見に行ってみます!

私も、初申告ですがトピ主さま同様いろいろ勉強してみます。本当にありがとうございました。

ユーザーID:
ありがとうございます!
かおる(トピ主)
2004年12月8日 16:22

愛さん、のぞみさん、レスありがとうございました。

特に愛さん、何度もご丁寧な返信をありがとうございました!どれも例を交えたわかりやすい説明だったので、大変助かりました。おかげさまで不安が払拭されました。
何はともあれ、1月に入ったらまずは申告してみますね。
また何か分からないことがあったらご相談に乗っていただけると幸いです。

歯科通院中さん、照さんのお悩み拝見いたしました。
申告者によってやはり申告内容が変わるだけあって千差万別、奥が深いと思いました。
こういったお役所に関わる制度がもっと身近で分かり易くなればいいなと痛感致しました。

ユーザーID:
すごい勉強になるトピ!!
おお〜
2004年12月8日 17:36

皆様はじめまして。
実は私も現在歯医者に通院中です。
仕事仕事でずっと治療しに行かなかったので
先日とうとう「抜歯」になりました(泣)
奥から2番目の歯なので、先生から
「保険のきく範囲内でブリッジを作りましょう」と
言われました。
でも「ブリッジ」にするという事は、その両脇の歯
も削らなくてはならず、3つの歯が銀歯になって
しまいます。
だったら差し歯(インプラント)にしたいなと
思ったのですが、これも医療費控除の対象に
なるのでしょうか。。。
どなたか教えて下さ〜〜〜い!!

ユーザーID:
歯科通院中さんへ
2004年12月8日 17:55

高額医療費のことですね。
同一月(1日〜末日)の自己負担した医療費が63,600円を超えた場合は、本人の申請により、高額医療費が支給されます。
これは同一の保健医療機関で、同一の診療科を受診し、支払った自己負担分ですので、内科で2万円、皮膚科で2万円、歯科で2万円、耳鼻科で2万円・・・といった場合には適用されないようです。

私は高額医療費の申請はしたことがないので、自信を持って説明できません。ごめんなさいね。

参考になりそうなサイトをご紹介しておきます。
http://sogi-iso.jp/jouhou/sougi05/05_4_1.html
http://www.kasuga.gr.jp/iryojoho/contents/kogakuiryo/kogaku-ryoyo.html
http://www.kokuho.or.jp/kokuho/high-expenses/

ユーザーID:
照・・・さんへ
2004年12月8日 17:56

>もし一月から十二月末までの一年で換算されてしまうのだとしたら、やはり控除の対象にはならないのでしょうか?

はい、残念ながら税金は1月1日〜12月31日までを単位としているので、12月31日までに5万円、1月1日から5万円の場合、適用外となります。
何となく腑に落ちないのですが、例えば12月31日の出産と翌日である1月1日の出産とでは1年分の税金の差が出ることと同じと思うしかないようです(出産の場合、年始より年末の方がトクです)。

話が横にそれましたが、歯の治療などのように緊急性のない治療なら、年をまたがずに治療する(12月に行かずに1月まで待つとか)といいかと思います。
が、いつどんな高額の病気になるかなんてわかりません。
ですから、他の病気(風邪から切り傷に至るまで)の病院代、薬局で購入した薬代などの領収書は、年度当初からこまめに集めておくことをお勧めします。
年をまたいでの治療であっても、他の領収書や交通費を合計すれば、10万円に達しやすくなりますので・・・。

ユーザーID:
是非申告しましょう
定率減税廃止反対
2004年12月8日 18:08

一本10万円のセラミックの歯は、医療費控除の対象になると思います。
ご質問は、高額医療費の事ではないかと思うのですが、たしか一ヶ月に6万円以上かかった場合、入っている健康保険でそれ以上を補助して貰えると思いました。ただし、保険のきく診療でないと駄目かもしれません。健康保険組合に問い合わせて下さい。

それから、医療費控除の金額は1月から12月に払った金額の合計です。ですから、歯科診療などなるべく年内にまとめた方が得です。年をまたぐと10万円以上にならない場合もあり、損です。

医療費控除は合計10万円以上の場合、控除されます。低額所得者の場合は、所得の5%以上で大丈夫。その辺よく調べて下さい。

還付申告は5年遡れるので、去年の申告も、今年できます。勤め先に源泉票をお願いしましょう。出産の場合など、産んですぐは、いそがしくて行けない場合は、暫く経ってからでも大丈夫。

私は、何年も不妊治療しましたが、毎年行くのが面倒なので3年位まとめて確定申告していました。勿論申告書は別々です。去年とおととしの分の申告書も下さいと窓口で言えばくれます。

ユーザーID:
初心者さんへ
2004年12月8日 23:52

>交通費もOKだったなんて♪助かるわっ!!
治療のためにかかった交通費も問題なく申告できますのでご安心くださいね。
ただし、交通費全額が返金されるわけではなく、「初心者さんはこれだけ所得があるから、この税率を適用してこれだけの税金をいただこう」と思われていた中から、「初心者さんは収入はこれだけあるけど、医療費負担が大きいからもらいすぎた税金を返さなきゃ」という考えのもと、払いすぎた税金が戻ってくるだけですので、あまり安心しすぎないでくださいね(笑)
もちろん、自分の体なので信頼できる医師に診てもらうのが一番ですが、身近により信頼できる医師を見つけることができれば、より安心できますし。

また、交通費も医療費に含まれるからといって、むやみやたらと遠い場所や交通費のかかる場所まで行くことは治療以外の何かがある?と疑われることもあります。
例えて言えば、東京に住んでいる人が風邪をひいて新幹線を使って大阪の病院へ行った・・・。
どうしても不自然ですよね。
また、わざわざ遠回りなルートで交通費を加算したりも。
ずっとかかっている病院へ、合理的な交通手段で行った場合であれば、問題なく申請できます。

ユーザーID:
必要なものなど
2004年12月8日 23:53

>去年退職したんですけど、源泉徴収とかって会社から送ってもらうべきなんでしょうか?
はい、「源泉徴収票なしで確定申告は?」http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/zeikin/zeikin000411.htmに書かれているように還付の権利主張には源泉徴収票が必要となります。
申告に必要なものは
1.源泉徴収票
2.医療費を証明する領収書、交通費(日付や金額、経路などを書いておく)メモ
3.印鑑
この3つは、どれも外せません。
面倒だったり、今更申し出るのも・・・と躊躇されるかもしれないけど、知り合いの中には6万円も還付された人もいます(家族で一番収入の多い人の名前で申告)。
ちょっと頭下げて、ちょっと書類書くだけで6万貰えるなら大きいですよね。

他にも、医療費の確定申告については読売オンラインでわかりやすく説明されていて、お勧めですよ。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/zeikin/zeikin01.htm

ユーザーID:
 
現在位置は
です