現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

子供が発達障害と診断されました

オランダ
2007年4月21日 20:50

もうすぐ5歳の娘が先日発達障害と診断されました。今までも言葉が遅い事等で公的機関等で発達相談や療育を受けてはきていたのですが、診断名はついていませんでした。

診断名がついてほっとしたとおっしゃるお母さんのお話を聞くのですが、私はあらためてショックを受け子供の障害をまだ受け容れられません。それに娘は小さい頃には発達障害の子供によくある典型的ないわゆる育てやすいおとなしい子だったのですが、最近になってこれも典型的な気持ちの切替の苦手さ、頑なさ等発達障害ゆえの育てにくさがでてきてとても困惑しています。

幼い頃から療育を受けてきたとはいえ、その頃は育てやすく反応の薄い子という感じで今とはま全く違っていて現在の問題にはどう対処していいかがわからなく途方にくれる毎日です。

発達障害をお子さんを持つお母さんにお聞きしたいのですが、子供の障害はどうやって受け容れましたか?また障害ゆえの困難さにはどう対処されていますか?またどんなふうにうに成長されたか教えていただければ嬉しいです。

ユーザーID:0445320271  


お気に入り登録数:21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
古いレス順
レス数:16本


このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
お母さんの心の持ちようが現れる子育てになるでしょう
翡翠
2007年4月23日 21:11

お気持ちお察しします。
受け入れたくない現実でしたが、子供の笑顔に励まされ、親として向き合う努力をしようと思わされた親です。

今後は、同じ境遇のお母さんどうしのコミュニケ−ションを持つのがいいと思いますよ。
私は海外在住ですので、障害児を持つ方のブログをよく拝見し、経験談や、たくさんの方が前向きに、明るく、障害児の困難さと向き合っている様子に、励まされてます。
お母さん自体が、時間を拘束される生活になりますので、あいた時間を使ってのブログ訪問は、お勧めです。
ある統計では、166人に1人の割合で自閉症児が誕生するといわれています。お仲間はたくさんいるのです。しかも、障害児だからこそ持つ魂の美しさに触れ、人間の本質を見つめなおす機会を、わが子から与えられたと感動する方も、非常に多いのです。

個人的には、障害をオ−プンになさって、周囲の理解を求めることをお勧めしたいです。
親の心の準備ができないと言って、療育のスタ−トを遅らせれば、障害児は、肉体的なものも含む苦しみから抜け出せない時間を過ごすことになります。

ユーザーID:3344629052
子供を理解
まれ
2007年4月25日 11:48

そうですね。うちの子は中度の知的障害と自閉的傾向ですが、赤ちゃんの頃は結構育てやすい子だったと思います。でも、だんだんと自閉的な傾向なども目立ってきたり、突然泣き出したりする事も多くなった頃に専門機関で診断を受けました。

私も、1歳の頃から「この子はおかしい、何かが違う」と思い続けていたので診断が降りた時は安心しました。でも、やはり障害があると言う事でこれからの事を悶々と考え続けていました。

でも、この子を理解できるのは親である私と夫ではないのか、と思い、じっくりと子供を見つめて子供の苦手な事、好きなこと、どんな時にどんな行動をするのかを理解できるように勤めています。もちろん療育も必要だと思いますが、子供に合わない療育である場合もありますし、それが勿論子供に合って素晴らしい効果がある療育であれば最高なのですけどね。

子供を育てるの親です。療育はその手助けだと思います。今はまだ辛い時期かもしれませんが、親が子供を認めてあげられなければ子供は何を頼りに生きていけばよいのでしょうか?

少しずつでもゆっくりと、育ててあげてください。

ユーザーID:8341342441
「受け入れ」は一度すればOKというものではないですよね?
あなたもオランダ?
2007年4月27日 15:44

年長の息子が広汎性発達障がいです。

1歳の頃から「なんかちがう」と思いながら育ててましたので,診断されたときは「私の育て方のせいではなかった」とほっとした部分もありました。でも,ショックも大きかったです。

診断から1年半になりますが,1度受け入れればそれでおしまいかというと決してそんなことはありません。
「ちょっと個性的なだけじゃないの?」と思うこともありますし,「ああ,やっぱり普通の子とは違うんだ」と落ち込むこともあります。
「受け入れ」の気持ちには波があります。でも,それが普通なんだと思います。

息子はもともと手のかかるタイプでしたが,それなりに成長しています。定型の何倍も大変な育児が面倒なときもありますが,なんだかんだ言っても我が子はかわいいです。

トピ主さんは療育を利用されていらっしゃるのですね。
お嬢さんへの対応は療育機関では相談されましたか?
直接お嬢さんを存じ上げませんので確かなことは言えないのですが,トピからはお嬢さんの自我が芽生えて,表出できるようになってきたのではないかと私は思いました。

ユーザーID:4758089808
つづきです
あなたもオランダ?
2007年4月27日 15:46

字数をオーバーしたので再度レスします。

小町で他の掲示板をご紹介してもいいのか迷うのですが,ベネッセウィメンズパークには「障害児を持つママの部屋」というのもありますので,もしよろしければご覧になってみてもいいかもしれません。すでにご存知でしたら読み飛ばしてください。

ユーザーID:4758089808
時間による解決も。
ちょこ
2007年4月28日 22:52

自閉症という診断名を持つ子供がいます。
私にとって、一番の支えは夫、その次は療育を通して知り合ったママ友の存在でした。
そして、時間。診断直後は、どんなにためになる話を聞いても、心に響かなかったものです。今、思い出せばすっごくいい話だったりするのですが・・・
障害ゆえの困難さへの対応は、専門家(療育施設や、医療機関など)に相談したり、本を読んだり、ママ友と相談したり、いろいろです。ネットでも、いろいろなサイトがあります。
成長したのは、子供だけではなく、親も、子どもと一緒にいろいろな課題(トイレトレーニングだったり、保育所への通園だったり)をひとつずつクリアすることで、自信をつけ、成長してきたのではないかと思っています。(自己満足かもしれませんが)
気持ちの切替えの苦手さですが、息子の場合、「予告」することでずいぶん改善してきました。もうすぐ、遊びの時間が終わることを予告するタイマー、明日はお休みということを予告するカレンダー、勝負には勝ち負けがあることを予告するソーシャルストーリーなど、いろいろな形があります。一朝一夕というわけにはいきませんが、必ず成長しますよ。

ユーザーID:3113513903
うちの発達障害児は
となりのトロロ
2007年4月29日 1:29

私の長男も発達障害児です
病名や症状名もありません
障害者手帳と療育手帳を持っていて1級とマルAです
ただいま2歳ですがいまだに話すことも、歩くことも、立つことも、ハイハイも、寝返りもできません
首はだいぶしっかりしてきました
病院の先生から
「脳の成長が遅いです」と言われ
かなりショックを受け夫婦そろって泣いたこともあるのですが
本人はケロッとしてニッコニコの笑顔を見せてくれたので
吹っ切れました
大きな赤ちゃんだと思えばいいのだ、と考えました

トピ主さんは診断されたときはショックだったかと思います
こう言うことを言うと反感をかうとおもいますが
“○○よりはまだマシ”
このキーワードが自分を立ち直るきっかけになるかと思います
私の息子を例に挙げてもかまいません
“2歳で寝返りも出来ない子よりマシ”
“この間TVでやっていた子よりマシ”
TVやネットでは我が子よりももっと症状が重い子供がたくさんいます
その子達に比べたらぜんぜん軽いですよ
そうやって自分を元気づけて現実を見つめて吹っ切れてください

ユーザーID:9530069170
息子が発達障害です。
niini
2007年5月6日 21:56

つらいつらいお気持ち、痛いほど分かります。
よその子供と違うと感じ、二歳半から療育を受けさせ、今は年中です。月に7回の療育と普通の幼稚園に通わせています。
診断名をもらったのは去年の夏です。私の場合は診断名が出た事で、今後どういう療育をしてあげれば苦手が少しでも出来るようになるかということを考えやすく、またその機会を与えやすくなるかという意味で、名前をもらったという感じです。
現実問題、周りにいる健常児の子供達と比べては落ち込み、私が人間的に未熟だから人生勉強の為にこの子が来たのかな、とか、何で私だけこんな思いをしないといけないの、っていう感情ばかりでした。

乗り越えるなんて、多分皆さん出来てないんじゃないでしょうか。
今現在の状況から逃げずに、自分の感情より先に息子の気持ちを察してやることで、平静を保っている感じです。場所を構わず、嫌だからわめく息子を恥じていた自分が今は恥ずかしいです。結局周りの目ばかり気にして、息子の通じない思いを汲んでやれなかったんですから。今日はこんな事が出来た、と、一つ喜びを発見して褒めてあげて親子でほっこりするのが日々の目標です。

ユーザーID:3869120432
受け入れられたり、受け入れられなかったりです。
ちゃんみちゃん
2007年5月7日 18:13

今年になって高機能自閉症と診断された低学年の息子がいます。
家では手のかからない子でしたが、非常に幼くコミュニケーション能力が低かったので、正直「やっぱり」と私は診断されてすっきりしました。

ただ、すっきりしたからと言って全て受け入れてるわけではないし、「ああ、もう普通の会話がしたい〜」とやたらときつく子どもに当たったり、ひどい親かと思われるかもしれませんが「このままこの子が道路に飛び出しても止めなかったら」と一瞬考えることだってあります。
そう切磋琢磨しながら、みなさん子どもと向き合っているんじゃないでしょうか。

なるべく他の子と較べてはいけません。
自分の子どもの小さな成長は親にしか分からず、どんな些細なことでも成長を感じられたときこそ、発達障がい児の親の醍醐味だと思います。
それを褒めてあげることの積み重ねで、親子共々成長していけるのかも。
お子さんの得意なこともありますよね?それを伸ばしてあげたらいいなと思います。

療育を受けてらっしゃるのは恵まれていると思います。是非愚痴をはける場所を見つけて、お子さんが一番安心できるところがお家であってください。

ユーザーID:5780127919
つねに穏やかな寛容な人間でありたい
ロバート
2007年6月25日 1:41

はじめまして。
私も診断をもらったころには「自分の子育てが原因でなくてよかった」と
受け入れやすいスタートではあったかもしれません。診断もらったころはすでに療育をしていていま5歳の就学前。
この頃の小さな働きかけが笑顔や知恵につながって、人とも係わりこそ未熟ですが、理解あるかたに子供を通してであえてきたことが母としていろいろなことを教わっているような毎日です。
実は弟も軽度の知的障害の可能性があり、二人とも手帳もちに。
そしてわたしも日々のストレスで手帳持ちになりました。

育て方の指針がわかって仲間も増えた。安心とトラブルが幾重にもふりかかって常に自問自答の日々です。トラブルの相談がつきなくて愚痴っぽくなるときは元気なのかな。ただただ受け入れてくださっている園の先生方や療育先など支援が今近い距離間で足並みをそろえてくれています。その人や本人のためにもがんばれるようになった気がする。
生んだときはこんな風に考えなった。きっとえりを正せって課せられた宿題なんだと感じています。みんなで育ててる。見守られてる幸せはほかの子より負けてない気がします。幸せ者っておもいます。

ユーザーID:6464046298
ウチの場合
虹ママ
2007年6月25日 22:04

本を読んで、「アスペルガー」を知って、「ウチの子、これじゃん!」って思ったのが、幼稚園年長(5才)のとき。
現在小2です。

私の場合、療育などは元々受けておらず、年長のときに気づくまで健常児だと思っていたので、育てにくさ・発達の遅さに首を傾げていたんです。
育児書を読んでもうまくいかない。
なので、逆に発達障害児だとわかって、発達の遅い原因や対処法がわかって、ホッとしました。
比較的スムーズに受け入れられたほうかと思いますが、その後も、ときどき心が揺れます。
徐々に受容できるようになってきた、今もその途中なんだろう、と思います。
いきなり完全に受容しよう、と思わなくていいと思います。

近所に言葉のない同級生の自閉症のお子さんがいるし、下には発達にあまり心配のない弟もいます。
障害の重い・軽いに一喜一憂してもしかたないので、その子その子のよい面を見つけてあげていきたい、と思ってます。

ユーザーID:9571821834
対処法
虹ママ
2007年6月25日 22:10

対処法については、本を読んだり、親の会や療育先の心理士の先生に相談したりしてきました。
ネットも利用してます。

ウチの子は学習面や運動面に困難なところがありますが、普通級に在籍し、今のところお友達もいて大きな問題を起こすこともないようです。
家では手がかかることもあるし、親は疲れますが、頑張りすぎない程度にやってます。

やっぱり親が元気で安定してることが、どんな子にとっても一番ではないでしょうか?
それは障害のある・なしには、関係ないですよね。

ユーザーID:9571821834
受け入れなくても良いと思う
美奈
2007年6月28日 9:42

障害を受け入れねばと思わなくてもいいのではないでしょうか。実際にお子さんや周囲の大人が何に困っているか、具体的な対処に意識を集中させてはいかがでしょう。

言葉の教室には通わせていますか?公的訓練は予算制限があるので真にその子に必要な回数は受けさせてもらえないと思います。現にうちの子も明らかな言葉の遅れがあったのに“公的言語訓練の対象外”でした。全く言葉の出ていない子すら月に2回までとされていました。

お金はかかりましたが、民営の言語療法に週1で通い、マンツーマンの訓練を1年間受けました。随分変わりましたよ。さすが餅は餅屋、プロの仕事です。訓練中でのパニックもありましたが、言語療法士の先生は実に忍耐強く優しく、時に毅然と対処してくださいました。私ではああはいかなかったと思います。
言葉が追いついてきてからは、見違えるように理解力が増し、こちらの説明や説得に応じてくれるようになりました。まずは言葉、と思います。

多くの発達障害の親のHPを見ると、子供の障害をその子らしさ、可愛いらしさと捉え、育児を楽しんでいる方が結構います。苦しいばかりじゃないですよ。

ユーザーID:9080357124
やっと
komomo
2007年6月28日 16:50

発達遅滞と言われて早10年。ようやく最近になって、どう接していいか分かってきたような気がします。

私の場合は、周りに理解を示してくれる人はいませんでした。病院や福祉センターの指導員の方は親身になってケアをしてくれるのですが、周りのママ友にはかなりきついことを言われていたので、私の頭は凝り固まり、誰の話もきけずに壁にぶち当たっていました。

そんな私をほぐしてくれたのは、通級(普通級に在籍しながら言葉や聞こえの発達、行動面の発達等に指導が必要な子が通う場所)の担任の先生でした。
そこでは、学級担任と通級担任と保護者でまわす連絡帳があるのですが、最初の頃の私と言えば、「私も子供も頑張っているのよ!認めて頂戴」的な何が出来て何が出来ない、だからこれを仮題にしたということしか書いていませんでした。

それが、1年が終わろうという時には、今まで納得できなかった人へ対する愚痴や、へたをすると夫婦の問題まで泣きながら先生に相談するまでになっていました。この先生がいなかったら、私はどうなっていたかわかりません。

つづきます。

ユーザーID:3183439001
やっと 2
komomo
2007年6月28日 17:02

いつも、「そうだったの」「辛かったわね」と、ただ聞いていてくれたんです。その先生は娘が2年生の時に定年退職されましたが、その後も何度か足を運んで、次の担任に細かく引き継ぎをしてくださったそうです。

その先生との出会いと同時に、「発達に遅れのある子の親になる」という本を見つけて読みました。
この本には、生まれてから発達に何らかの障害があると診断され、どのように受け入れていくか、あるいは受け入れられないか、周囲の反応、それに対する親の気持ちなど、リアルに表現されていて、当時の私の経過と全く同じで、「そうそう、そうなんだよ」と、頷きながら読んでいました。
この本を読んで、本当に靄が晴れたようにすっきりしました。

もっと長くなるのでまた続きます。

ユーザーID:3183439001
やっと 3
komomo
2007年6月28日 17:16

その後も、いろいろ言ってくるママさんたちはいましたが、言っても理解してもらえずに落ち込むくらいなら、何も言わない方がいいと思い、それからは子供の発達に関しては、先生にしか話していません。
ですが、本当に気にしてくれているママさんは必ずいるもので、実際のところ、どうなの?こんな場合はどうしたらいい?と、聞いてきて下さる方もいますので、その方たちには、感謝と共にお話はしています。

通級やほかのセンターで知り合った方の中には、健常児のママさんたちと仲良くしている方もいっぱいいます。
もしかしたら、当時の私は、意地になって変な人だったのかもしれません。

今は、一つ一つできることを着実に見守っていくことが一番子供の成長に大事だと思えるようになり、かわいいと感じることができるようになりました。

オランダさん、受け入れられる時期は人それぞれで、何年もかかる人もいれば、翌日にはケロッとしちゃう人もいます。でも、必ず楽になるときは来ます。
その時は、笑いながら「あんなときがあったよね」と話せますよ。

ユーザーID:3183439001
私の場合は携帯からの書き込み
はなきす
2007年7月4日 22:52

私の子供は6歳の男の子です。自閉傾向にあり、切り替えの悪さ、集団生活の苦手さ、多動的なところがあります。同年令の子と一緒に考えてしまえば明らかに差があります。そしてそんな環境の中で生活しているのはきっと楽なことではないはず!まず一番苦しいのは子供自身です。後、あなたにとって一番大切なのは?私にとっては子供の笑顔です。だから乗り越えることができました。いつまでも笑顔でいてほしいから私も笑っていたいです。

ユーザーID:9526737567
 


現在位置は
です