現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

ありえない=あってはならない?

フムフム
2007年12月30日 22:04

こんにちは。フムフムと申します。

日常の色々な場面で、『あってはならない』という意味で、『ありえない』
という言葉を使う人がいますが、これは誤用ではないのでしょうか?

5年位前に年下の女性達が使っているのを始めて聞いた時は、強く違和感をおぼえました。
それまではこの言い回しを聞いたことがなかったからです。
しかし現在、この言い回しはすでに定着している気がします。小町でも頻繁に見かけます。

みなさんは『ありえない=あってはならない』を使いますか?

ユーザーID:2558321493  


お気に入り登録数:16
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:18本


このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
ありえないは
ぐりうり
2008年1月3日 5:42

ありえないであって、「あってはならない」という意味で使ったことは無いです。
「あってはならない」と「ありえない」は別物かと。

こんな使い方です。
「彼、私がいない間にこっそり私の携帯チェックしてたの」
「ありえない!」

「どうもファンデの減りが早いと思ってたら、彼がたまに使ってたみたいなの・・・」
「ありえない!」

私的にはそれは認められない、という時に使う言葉ですね。

ユーザーID:3864387360
使います
レモン
2008年1月3日 11:30

「信じられない!」の意味で、使います。ただし、家族や友人知人との会話においてのみ。フォーマルな場や書き言葉には、使いません。

ユーザーID:1630889506
「ありえない」ってよく聞きますね。
年頭中辛
2008年1月3日 12:25

私は、最近多用されるその言葉の意味を
その人にとってただ単に「信じられない!?」
っていう気持ちで言ってるんじゃないかなと捉えています。

「ありえない」と多用する人に限って、
失礼ながらそれほど、
博識でもないし、
また物事を深く考えている人には見受けられないから。

ユーザーID:9856298338
輪の中に入れてあげない
むかご
2008年1月3日 12:26

「輪の中にいれてあげない」とか、「輪の中にいれてもらえない」という女性特有の表現があります。群れをつくりたがるということでしょうか。その群れの中で、あってはならないと視なされたことをするひとは弾きだしてしまえば、その群れの中にいるかぎり、「あってはならない」ことと、「ありえない」ことは同じ意味になります。自分は群れの中にいるんだよということを一言でほのめかしたり、同意を求めて、群れのアイデンテテイの確認をするために使われているのではないでしょうか。「信じられなーい」とか、「うわー、無理」とかも同じような表現です。概してオバカサンの群れで使われるので笑ってしまいますが。

ユーザーID:9084754712
使いませんが
プレ博士
2008年1月3日 13:34

 私自身は使いませんが、ここ数年で定着した感があります。
 「あってはならない」というより、「そんな事実を受け入れられない/受け入れたくない」という意図が感じられます。使ってる人は、多分本来の意味とずれていることをわかっているんじゃないでしょうか。

 できればなくなって欲しい使い方ですね。

ユーザーID:1209457026
私の使い方
てる
2008年1月3日 21:23

「●●さんがこんなひどい事を私に言ったのよ」
私「ありえない!」

ありえないは 「あってはいけない」というより
それは無いやろ!ウソやろ〜ちゃうちゃう
そんなことは無いで普通。

という感じでした。

しかもありえないは私は「ありえへん」と言います。

ユーザーID:7491245135
起こりえない(可能性がない)
ロア
2008年1月3日 23:59

私はタイトル通りの意味で使うことが多いです。
そんな事象は起こらない、存在しないという意味で「有り得ない」という言葉を使います。
ですが、世間一般では違うようです。
多くの「有り得ない」は、「自分にとって許容できないこと」として使われることが多いように思います。
類義語に「それはない」があると思います。
例えば、「私は納豆をカレーに入れる」「有り得ない(=それはない)」というような会話が多いです。
「(私にとっては)有り得ない(=それはない)」という使われ方が今の一般的な使われ方ではないでしょうか。
起こる範囲が自分の中のみで完結しているケースが多いです。受け入れられない=有り得ないのケースが多いです。

そう考えた場合、あってはならないの意味も持つとは思います。
○○という行為や物に対して、「有り得ない」ということは、
私にとっては許せることではなく、認められない。すなわち、私の経験として受け入れられない「あってはならないこと」と
広域に繋がることは可能であると思います。
そう考えると誤用というよりは言葉が広義になっただけではないでしょうか?

ユーザーID:2594191812
続きです(長くてすみません)
ロア
2008年1月4日 0:11

誤用の定義も重要です。
例えば貴様はかつて目上の方に使えた言葉です。ですが、時の流れの中でその他の意味がこの言葉にはつきました。
トピ主さんは現在の貴様の意味が誤用だからと、上司に対して「貴様」と使いますか?
私は「有り得ないにあってはならないを含む」というのはこれと同じことであると思います。
言葉は無常故に常に過渡期です。
その最中に違和感を感じてしまうことは仕方がないです(私もある)
ですが、変化を感覚で否定することはよくないと思います。
流転こそ万物の基本。言葉も例外ではなく。30年ほど前からこの変化を聞きますので大体40年ほど前からトピ主さんの挙げられている
言葉の広義化は進み、緩やかに有り得ないという言葉が構築されているのだと思います。構築の終わりは言語を有する者がいなくならない限り
訪れないでしょう。辞書は言葉の意味の一部を記すもの。過去とて全ては記せない。
未来は今の辞書には記せず。書かれていないからといって誤用ではありません。
過去・現在・未来の順で時間が流れる以上当然の結果ではないでしょうか?私は言語とはそういうものではないかと思います。

ユーザーID:2594191812
普通に考えたらそんなことあるわけない
てんてん
2008年1月4日 8:25

「あってはならない」とはちょっと違うかなあ。
どちらかというと「常識で考えたらそんなことは起こり得ない」「普通に考えたらそんなことあるわけない」といった感じかも?

ユーザーID:8048755555
存在が可能の、あり「得」ない
団塊男
2008年1月4日 10:39

誤用とまで言えませんが、禁止の意味が伝わらない可能性があります。使わない方が良いでしょう。

 あり得ないの意味は「(存在や行為が)あるはずがない、考えられない」。英語では
cannot, not possible
 だと思います。『あってはならない』という意味なら、あるべきでない、と思います。「べし」は、当然、義務、命令(否定のべからずは禁止)、 可能、の助詞で、得るに近い意味もあります。存在の「ある」を使うことも引っかかりますね。
 この場合は、英語で You cannot enter this room. で入室禁止を柔らかに言っているのと同じ感覚と思われます。可能の否定が禁止にとらえられたかもしれません。私は話したことがないのでわかりませんが、あり得る、とすれば「しても良い」と取られるかどうかもお考えください。

 言葉、特に話し言葉は変わるもので、こういう使い方が将来一般的になる可能性もあります。しかし私はできるだけ「保守的」に言葉を使うようにしています。ここのような状況では「あり得ないと言ったって、実際にあったんだから、あり得る!」と主張するかもしれません。

ユーザーID:3421325675
unbelievable
ゆきあかり
2008年1月4日 10:55

会話の内容は分かりませんが、「あってはならない」という否定ではなく「そんなの信じられない」「ウッソー?」というニュアンスではないでしょうか。
こういう使い方なら、多いかなと思います。

ユーザーID:0997468656
「信じられない」って意味かな?
あおい
2008年1月4日 11:10

 数年前から、年下の人たちが使ってるのを聞いてると、
「信じられない(くらいの驚き・怒りなど)。」
と言う代わりに使っているんだな、と思います。

「課長、明日休みだって。会議なのに。」
「ありえない!」

おいしいものを食べて、いきなり
「ありえね〜。」 

 自分で使うことはありませんが、だいぶ聞きなれてきて、
段々受け止められるようになりました。
最初はすごく違和感がありましたが、言葉は乱れも含めて変わっていくものかもなあ、と最近は思います。
 

ユーザーID:0100380671
言葉は生きている
恵比寿
2008年1月4日 17:04

言葉は、一定の意味を持ちながらも少しずつ変化をしています。ある感情を表わす時に、従来の言葉を使いつつも、独自の意味合いを込めるときがあります

「それは素晴しい事ですね」であっても、皮肉を込めたときは「素晴しい=ばかげた」になります。そして、それは相手へ通じます

「あり得ない」は、本来の意味としては、「あって差し支える」と「ある可能性はない」が考えられます。しかし、若い人は言葉を操る天才です。その「あり得ない」を多分「信じられない!」「うっそー!」といった驚きや不信を表す意味で使い始めたのでしょう。そのうち、ぐりうりさんが使っている「認められない」「断固拒否!」の意思表示にもこれを使うに至ったと考えられます。ただ「私的」という用法は「あり得ない!」のですが


英語表現で言えば「No Way」にぴったり来る表現が日本語には見つけにくいところから「あり得ない」を使っているのでは?

トピ主さんは、本来の意味で使われていないと感じて違和感を持つのでしょうが、言葉が生きている以上、微妙な意志を伝えるために変化した使用法に変わるのも「あり得る」事なのではないでしょうか。

ユーザーID:7856012097
誤用というか
ルル
2008年1月4日 19:31

「ありえない」って、ダウンタウンの松っちゃん発だったと思います。
10年ぐらい前、誰もそんな言い方しなかった時代に、
「ガキの使い」で、たまに気の利いた場面で
そういう言葉を使っていて、新鮮でした。
それが、いつしか世に浸透して、みんな使うようになった。ような。
「千と千尋の神隠し」の宣伝の
”ありえない場所があった。ありえないことが起こった。”という文を見て、
ここまで「ありえない」が市民権を得たのか、と感心した記憶があります。

そもそもお笑いタレントさんの、ひねった言い方なので、
まぁ、”誤用”なんじゃないんでしょうかね。
ただ、以上昔の話なので自信なしです。間違ってたらごめんなさい。
ちなみに私は使いません。

ユーザーID:2935791650
昔の「しんじられな〜い」と一緒
年末ヒマ
2008年1月5日 0:46

他の方もおっしゃっていますが、「ありえない!」は昔の「しんじられな〜い」と一緒の表現でしょう。

すごいとかひどいとか普通じゃないとかヘンだとかの感情を強調してみせているだけで、
「あってはならない」とか「存在し得ない」とかの意味はないと思います。
「しんじられな〜い」という言葉が「信じることができない」という意味でないのと同じではないでしょうか。

「しんじられな〜い」が廃れたように、「ありえない!」もいずれ廃れてまた違う表現が生まれてくるのではないでしょうか。

ユーザーID:1242053148
本来の意味を知っていてこその遊び心
ころぼっくる
2008年1月5日 15:53

普通は「ありえない=あるはずが無い(可能性が無い)」と
言う風に使うものだけど・・・・・
確かに若い人達は、昔私が若い頃に流行った「うっそぉ〜!?(信じたくない)」
の意味で使う人が結構多いですよね。

本来の使い方をちゃんと知っている上で遊び心で
仲間うちでの「話し言葉」として使うのならば楽しいけれど、
あくまでも「本来の使い方とは違うのだ」と言う認識の元で使って欲しいですよね。

ユーザーID:5872506837
ありえない=それはないやろ〜
エセ関西人
2008年1月5日 21:19

という意味で使っています。
もちろん、仲間うち限定(特に若い人がいる場合)で。

ユーザーID:3525652844
誤用か否かではなく
オレンジ
2008年1月6日 13:50

言葉そのままではなく発言者の意図・ニュアンスを酌む必要があると思います。
多くの場合「うそ〜!!」「信じられない!」の同義語として使っていると思いますが。
この「うそ〜!!」「信じられない!」においてもトピ主さん流の捉え方だと、
自分は本当のことを言っているのに相手は自分を信じないうえ嘘つき呼ばわりするのか?
目の前で見ているのに嘘だと言うのか?となりますよ。

ユーザーID:9203522326
 


現在位置は
です