現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

不思議体験きいてください

主婦A
2008年6月20日 9:39

不思議な事があったのできいてください。
私は個人クリニックで事務をしています。

朝8時過ぎ、いつも通り出勤し仕事の準備をしていると電話が鳴りました。
若い男性の声で「学生証をなくしたみたいなんですが、そちらに忘れてないでしょうか?」といった内容でした。
狭い医院内を探しましたが見つからず…。
「では、もし見つかりましたら連絡しますね」
「お願いします。電話番号は○○○ー××××です、フクヤママサハルといいます」(仮名です、思い浮かばずお借りしました)
こんなやり取りをして電話を切りました。

その後、朝の清掃時も彼の学生証は見つからず…
いつも通りの業務が始まりました。
そして時間は経過し夕方4時、院長から書留郵便を出してくるよう頼まれ近くの中央郵便局へ行くことに。
郵便局に入ったと同時に10m程前方、ロビーの真ん中にパスケースが落ちているのが目にとまりました。
マンモス郵便局で人もうじゃうじゃいるのに何故か誰も気づかない…
不思議な光景でした。すたすたと歩み寄りパスケースを拾いあげました。
学生証でした。

次の瞬間ヒヤっとしました。
学生証の氏名欄には「福山雅治」…。

続きます。

ユーザーID:3864460805  


お気に入り登録数:2259
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
古いレス順
レス数:393本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
私も・・
まさこ
2008年6月20日 12:19

数年前・・彼氏が自殺しました。
人里はなれた山の林道の中に入った場所でした。
勿論、その場所なんか私には知るよしもありませんでしたが・・・
泣きながら・・・車を走らせて山の中に入っていって・・・
気づいたら・・その場所でした。
通りすがりの人がそう教えてくれました。
ものすごく驚きました。
その場所の位置もしりませんでしたが、彼が導いたと思ってます。
すみません。続きも読まずに思わず投稿してしまいました。

ユーザーID:2494965123
続きです
主婦A(トピ主)
2008年6月20日 14:01

なにか時間の歪みというか、時空のひずみというか…上手く表現できませんが奇妙な経験でした。
私には霊体験等はないのですが、こういった不思議な体験をすることがちょくちょくあります。 皆さんも不思議な経験、ありませんか?

ユーザーID:3864460805
子供が赤ちゃんだったとき
ぽす
2008年6月20日 18:26

うちの子供がまだ小さかった時のこと、生後3ヶ月くらいでしょうか。
初めての子供だったこともあってそれまで、子供を置いて外出していませんでした。が、その日は、以前から入っていた会で打ち合わせがあり、
私一人ででかけ、留守は夫に頼むことにしました。その間、約2時間ほどだったでしょうか。
気もそぞろに帰ってきて、車庫に車を入れたとき、外から夫の「遅かったねー。待ってたよー」と言う声が聞こえたんです。
やっぱり、気が気じゃなかったんだろうなと、車の中から振り返って後ろをみたら、あれ?誰も立っていません。
家に入って、夫に今、外に出てきて何か言わなかったと聞いても、本人、「いや、外には出てないけど??」と。
そういえば、私が一人で夜、シャワーを浴びていると、ちびの泣き声が聞こえるので、あわてて部屋へ行ってみると
泣いちゃーいない・・・ということもありました。
確かに、泣き声が聞こえると「おむつ?」「ミルク?」「あやしてほしいの?」といつも何してほしいか考えていたように思います。
ほんと、ちび中心の生活でした。
そのちびも今は、小学生。赤ちゃん時代がなつかしいです。

ユーザーID:1198522304
ありますよ〜
ふ〜たろう
2008年6月20日 20:29

今から26年前…娘を出産した個人病院での出来事…

帝王切開寸前だったので、産後の病室は手術室の隣の個室に移されました。
その夜の出来事…
私は、夜中に子供達の笑い声と、息苦しさで目を覚ましました。
いわゆる金縛り状態です。

首だけ動いたので、左の手術室の壁を見ました…
すると、壁の中から1歳〜5歳くらいの子供達がワ〜ワ〜ケラケラ笑いながら、私の胸に次々と乗っかってくるのです…
不思議と、怖くありませんでした。

翌朝、院長が回診に回ってきた時『実は、昨日の夜中身体が動かなくなったんですけど・・・』と報告をしました。

院長先生は、窓の外をじっと眺めながら…何故か悲しそうな顔をされていました。

その翌年の金縛りに合った同じ日に院長先生が自●されました。

その病院は、堕胎が多いと近所でも評判だったそうです。
でも、私が3人目の妊娠を少し戸惑っていたら、『今、1人が1.3人しか生まない時代ですよ!頑張って生んで下さい!』と励ましてくれた先生なのでとても悲しかったです。産んで良かった♪凄く親孝行な娘に育ってくれました。

ユーザーID:9009538108
時空を超えた?かも
さくらんぼ
2008年6月20日 20:32

海外留学中の出来事です。私は学校の近く、徒歩何分というところに住んでいました。準備を整えて9時ちょうどに自宅を出ました。私が1番に到着のはずです。ところが学校に着いたら、教室はクラスメートで一杯で、皆おしゃべりを楽しんでいます。

「へっ?」と思って腕時計を見ると11時数分過ぎ。教室の時計も11時数分過ぎ。私が1時限目をすっぽかした形。自宅にはアナログ、デジタル複数の時計がありますから、家を出たのが9時ちょうどだったことに間違いありません。酒、タバコ、クスリに酔っていませんでしたし、精神疾患もありません。たった数分歩いている間に、私は2時間を飛び越えてしまった。

クラスメートとひと言ふた言会話してみました。周囲の人と私は、昨日の出来事について同じ記憶を共有しており、ズレはありませんでした。しかし、私の人生には2時間の空白がある。この2時間を取り戻せないまま、今日に至っています。

ユーザーID:0693768683
これも 不思議?
だんご4きょうだい
2008年6月20日 20:56

私には 兄と弟がいます。  
不思議なことに 配偶者がそれぞれ 
4人きょうだいなんです。

それも 4人きょうだいの中に 
自分と同性はひとり。
 
兄のお嫁さんは 3姉妹と弟
私の夫は 3兄弟と姉
弟のお嫁さんは 3姉妹と弟

これも 不思議でしょうか?  

ユーザーID:0072949221
娘が
働く婦人12号
2008年6月20日 21:22

娘は今一人暮らしをしていますが数年前の冬、私は2階に、夫は階下の
リビングにいました。そしたら階下でなんかが倒れる大きな音がしたので
夫が倒れたのかとびっくりして下に下りていったら夫は普通にテレビを見ていました。「大きな音がしたから降りてきた。」というと夫は夫で
「大きな音は2階でした。」といいました。ふと不安に思い娘に電話して冗談で「生きてる?」って聞いたら「死にそう・・」っていうのです。
どうしたか聞いたらインフルエンザにかかって高熱でうなっているところ
でした。近かったので車で迎えに行き病院で薬をもらいました。娘が知らせ
たのかなと思いました。

ユーザーID:5345227756
風が、意思に合わせて動く。
かぜ
2008年6月20日 22:31

自然の濃い(森とか)場所で、風の動きを想像しながら木や地面に落ちている布やテントの屋根を見ていると、その物体が風に舞って期待通りに動きます。急に風が強くなって、自分の深呼吸に合わせて、注視している物体が風で大きく動くんです。
私が風を動かしているのではなく、風が親切にも私に反応してくれている感じです。
この間は、屋根の上に落ちてしまった子供のボールを風に取ってもらいました。

自分が動かしてるわけではないので、超能力というものでもありません。

私はカサカサの現実主義で、心霊関係を生活の糧にしている人には懐疑的なほうなです。
こういった事を人に話すのも、なんだか怪しい不思議ちゃんの話みたいだし。
「すご〜い、不思議ね〜」という反応を期待している訳ではないし
「偶然でしょ」とあっさり決断されるのも目に見えてるので
どうしても人に話す気になれず、今回が主婦Aさんのトピに便乗して初めて書いてみました。

同じ現象を経験している人がいたら、お話をしてみたいです。
霊がたまりやすいと言われる所に行くと、これも信じ難いのですが、腕に身体にばっちりと手形を付けられたりします。けっこう怖いです。

ユーザーID:3694684969
ウィルス感染のお知らせ
みー子
2008年6月21日 1:09

数年前になりますが、朝早く
「あなたの息子さんのパソコンはウィルスに感染している」
と声が夢?で起こされました。

起きあがり「そんな夢あるはずないやろ」と寝ました。
「@マークが3個あるから間違いなく感染している」
と声が聞こえましたが無視して寝ました。

起きて主人にウィルスに感染していると夢で聞いたと言うとウィルスチェックしてくれました。
感染していてウィルスの数は23個でした。
下一桁だけあってたと思ってたら
種類は3種類だったぞと言われて…
あの声は一体誰だったのでしょう?
神様かご先祖様が@マークを知っている?のでとても驚きました。
時代なのかなぁーー
女性で女性でないような声でした。

ユーザーID:2374419281
時空のひずみ系では全くないのですが、
なつ
2008年6月21日 7:30

いいでしょうか?
私が小学生低学年の頃のことです。
町内のお祭りがあり、いろんな露天の中の一つにくじ引きやがあり、一回100円位?でくじを引き、当たればいいものがもらえる。はずれたらはずれのものがもらえるというものでした。
厚紙が縦横ます目になってて、境目には切込みが入り、各ます目に人の顔のような絵が書いてあり、そのなかのどれかを選び、切込みから切り取り裏を見て、当たりかはずれか分かるというものです。
私、最初にやって当たりました。当たりだけ絵が他と違うんです。すぐ当たりがわかります。ためしにもう一回やってみました。当たりです。
はずれた子が、自分のも選んでというので、その子の2回目も当たりをだしてあげました。その後も出しかも
周りにいる子達に「なんで?」「すごーい」等絶賛されましたが、私には何がすごいのかわかりません。だって明らかに「当たり」の絵だけ他の「はずれ」の絵と異質なのですから。誰が見ても一目瞭然でしょ。と思ってたのですが、そうではないらしいことに気づきました。私だけが違いがわかるようでした。人生においてただ一度の不思議能力でした。もっと他で発揮したかったな。

ユーザーID:8867849907
それは予知能力です。
americo
2008年6月21日 9:24

それは予知能力といい、霊感とは全く別の能力です。なんとなく頭に浮かんだことや思ったことが現実になって起こる。以前ラジオで、その能力について、まじめなインタヴューを放送していまして、聞きましたら、その能力は無視しないで、危険を避けるのに用いること、だそうです。ちなみに放送されたラジオ局はアメリカの公共ラジオです。「NHKのような局」お国柄が違うなあ、としみじみ感じました。例えば私の場合、主人に「いつ冬用の薪を調達するの?」と聞いた同日、主人の知り合いの庭師の方が木を切ったのであげる、と薪がもらえました。これは偶然かも知れませんが、予知能力かも。

ユーザーID:8728718375
福山 (F)さんに連絡されて、、、
おやじ50B
2008年6月21日 12:23

はじめまして。 主婦Aさんの体験とても気になりました。

パスケースを拾われて、Fさんにご連絡されたんだと思いますが、
医院でなく郵便局で拾った事に関して、Fさんの お返事は
どうだったのでしょうか?

その辺りもう少し詳しく教えていただけませんか? とても気になります。

朝8時に仕事の準備中に電話があったという事はFさんは前日の患者さんでしょうね。前の日にどこかでパスケースを落とした・・。その日夜遅くまたは翌日朝8時前に気がついて、自分の立ち寄り先の記憶をたどって、そちらへ電話してみた。

バック トゥ ザ フューチャーみたいな話ですね。ぜったいありうる現象だと思います。アインシュタインの相対性理論も少し読んでみた事があります。
ほとんど分かりませんでしたが・・

余談ですが UFOや地球上の生物以外の生命体もぜったい存在すると思っています。

 

ユーザーID:4405500570
本を読んでいて
RGB
2008年6月21日 12:31

怖い・不思議話が満載の本を読んでいるときです。その本は、100話の
短い話がまとめられたものです。

読み進めていると開いたページに、宣伝チラシがはいっていて、次巻の宣伝やらなんやら
かいてありました。その中で、電話で怖い話を聞けるサービスの説明があったので、ためしに本を読みながら掛けてみました。選択肢はいくつかありますがどんな話が出てくるかはわかりませんでした。

本の方も読みながら電話の方も聞いていますと、待てよ・・・
本と電話で内容が同じでありませんか。当然、その話をピンポイントで選択したわけではありません。

本の内容とこの偶然で、背筋が寒くなりました。

ユーザーID:2658371852
信じますか?
Hero
2008年6月21日 13:15

現在フィリッピンに住んでおります。 近所に住む友人でイギリス人のジョン(仮名)の話ですが、彼が最近イギリスに帰ったときロンドンの或るホテルに泊まって、外に散歩に出たとき、ホテルの前の公衆電話が鳴ったそうです。不思議に思ってしばらくそれを見つめていましたがなかなか鳴り止まないので何か緊急事態かなと思って受話器を取り上げてたら、受話器から「Hi!!、John、How are you?」と言う声が聞こえてきたそうです。思わず辺りを見回したけれど勿論知らない人ばかり、ジョンはいぶかりながら「お前は誰だ? (勿論英語で)」と問い返したら 「俺を忘れたか、Martin だ軍隊で一緒に苦労した中じゃないか、冷たいなー」ジョンは勿論彼を覚えているけれど何で公衆電話に電話してきて?????と思って、彼に「お前は一体どこに電話してるんだ?」 マーティン曰く「お前の家に電話しているじゃないか」ジョンは内心気持ち悪くなりながら不思議な電話で暫く長話をしたそうです。 そのときマーティンはロンドンから百キロくらい離れたエセックスから電話していたそうです。

ユーザーID:7710692338
母の体験談 第1話
クリソッティ
2008年6月21日 13:16

母が10歳の頃。もう60年も前のお話し。

母には12歳年上の姉(私の伯母)がいました。伯母は跡取り娘だったのでお婿さんをもらい、祖母(母の母ですね)、伯母夫婦、私の母の4人で暮らしていました。

伯父は胃腸が弱く、胃潰瘍になり手術を受けて入院していたそうです。術後の経過が思わしくなく、とうとう「今夜が山場」という状況になったそうです。

病院には伯母が付き添っていましたが、連絡を受けた祖母も病院に向かわねばなりません。そのとき祖母は私の母に「いとこの○○にお前の面倒を見てくれるように頼んでおいたから、今夜は2人で留守番を頼むよ」と伝えました。

いとこと2人で寝ていた母は物音で目が覚めました。時刻は早朝4時半頃。

 「勝手口でゴトゴト音がしてるよ。誰か来たよ。」
 「何も聞こえないよ。いいから寝ろ。」

こんなやりとりが何度かありましたが、母はまた寝ました。

朝、病院から祖母が帰ってきました。
「亡くなったよ。」
「最後に『あー疲れた。家に行ってきたけど勝手口が開かなかった』と言ってたよ。」

そう、伯父は早朝4時半に亡くなりました。

ユーザーID:5423447849
母の体験談 第2話
クリソッティ
2008年6月21日 13:42

母が22歳の頃。もう50年も前のお話し。

その頃には結婚して4歳の子供(私の兄)がいました。
夫(私の父)と子供の3人暮らし。

父は伯父(父の兄)とともに祖父(父の父ですね)が興した事業を手伝っていました。祖父はまだ若かったのですが、息子二人に事業を継がせて隠居生活を楽しむことにしました。お酒が好きな人で酒に命を持っていかれました。54歳だったそうです。

祖父が亡くなってからしばらくしたある夜、洗濯をしていた母は後ろからポンポンと肩をたたかれました。
「干してある洗濯物かしら?」と振り返りますがそうでもないらしい。
「変なの」と思いながら洗濯を続ける母。
でも、また肩をたたかれる。2、3度あったそうです。

「あっ」と気がついた。
「もうすぐ、お義父さんの一周忌だ。」

あるんですねぇ。皆さんどう思います?(←稲川さん風)

ユーザーID:5423447849
あります!私も
あみ
2008年6月21日 14:01

5年近く付きあった彼の事です。私たちはそれまで冬でも割と暖かい地方で暮らしていました。ところが私はある日勤め先から解雇され、方向転換し、大学院進学のため東北地方へ一人で引っ越しました。その時、彼が長年愛用していたカシミアのベストを一緒に持って行きました(彼は元々寒い地方出身)。彼は地元で職を続け、遠距離恋愛をしばらく続けていました。

でも、1年も経たず彼から別れを告げられました。私はショックでしたが涙とともに受け入れました。そしてまたしばらくして彼から連絡が入り、彼も解雇になったとの事。彼は私よりも繊細だったのか、それが原因で鬱病にかかり薬も服用するようになり私とまた暮らしたいと言い出しました。何度も。私は新生活を始め新しい彼氏もできていました。その旨を伝え、今は一緒に暮らすのは無理と伝えました。

そしてある寒い冬の日。氷点下の朝でとても寒く、風邪気味だったせいもあり、今まで一度もあのカシミアのベストをこの地で着た事がなかったのですが、その日はそれを着て登校しました。そしてその日帰宅すると、元彼の友達から電話が入り、元彼の急死を知ったのです。単なる偶然とは思えませんでした。

ユーザーID:5122676785
母の体験談 第3話
クリソッティ
2008年6月21日 14:08

今回は「夢」についてのお話しを2連発で。

私が小さかった頃、隣の家にトモ子ちゃんという女の子が住んでいました。
私と一歳違いなので、よく遊んだものです。

時は流れ、私の家も引っ越したので、トモ子ちゃんとも長く会っていないわけです。

そんなある日の朝、母が
「久しぶりにトモ子ちゃんの夢を見たよ。でも縁起のいい夢じゃないよ。」
聞けば、トモ子ちゃんが事故で顎の骨を折ったという夢らしい。
「確かに縁起が悪いな。」と私。

その日の夕方のニュースで
「交通事故で○○ともこさんが顎の骨を折る重傷です」
そのトモ子ちゃんとは別人でしたが。

-------------------------

ある朝、母が
「かなり高い鉄橋から電車が転落する夢を見たよ」と話していた。

その日の夕方のニュースで
「山陰線A鉄橋から列車が転落」

何も言うことがありません。

ユーザーID:5423447849
母の体験談 最終話
クリソッティ
2008年6月21日 14:36

30数年前、我が家では犬を飼っておりました。名前はエル。

10年位生きたかな?

今回はそんなエルにまつわるお話しです。


エルもだいぶ年をとって所謂老犬です。
どういう訳か、よく吠えるんです。
毎晩、毎晩、以前はそんなことがなっかたのに。
「近所迷惑だよな。」と家族で話もしていました。

ある夜、全然吠えないのです。昨夜はあんなに吠えていたのにです。
「あー、吠えない夜もあるんだ。」とそんな感じでした。

翌早朝、母に起こされた。
「エルが冷たくなっている。エルが死んだ。」
急いで見に行くと、もう完全に冷たく、そして硬くなっていました。
かわいそうなエル。思えば昨日は全然吠えなかった。もうその時は死んでいたんですね。

悲しみに暮れていると母が
「昨日、エルは私に教えにきたよ」と言った。
午後3時頃らしい。仕事をしていた母はものすごい力で後ろ髪を引かれたような感じがしたという。
母は言う「あれはエルが教えにきたんだと。」

信じますよ。私。(←すみません。稲川さん風で)

ユーザーID:5423447849
私は携帯電話での不思議体験です(実話)
ポットベリー
2008年6月21日 15:02

私は電気設備の仕事をしている、41歳の男です。
10年以上前とても忙しい日で、車でいろいろな得意先を走りまわっている日でした。そんな時に限ってある得意先から
事業所の一部が停電して仕事ができない、すぐに来てほしいと緊急の要請が携帯電話に入りました。
しかし、急ぎの用件ばかりを抱えた日ですぐには対応でず、ものすごく気ばかりあせってきました。
そしてふとその得意先があの関西ではCMでおなじみの電気保安協会と契約していたことを思い出しました。
そこに連絡すれば担当者がすぐに行って何がしかの対応をしてくれるのです、しかし協会の電話番号が分りません、
その頃わたしは携帯に番号をメモリーせずに手帳に各社の番号を記入して持ち歩いていましたのですが、協会の番号まで
書いてなかったのです。
しょうがないので自社に電話して、過去に協会からもらった名刺をさがしてもらったのですが、またこれも運悪く
事情がありその日に限って事務担当が休みで兄嫁に替わりに電話番だけをしてもらっている日でなかなか見つかりません、
しょうがないので一旦電話を切りました。  続きます

ユーザーID:9568522259
 
現在位置は
です