現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

高齢者に小さい子どもに話すようになぜ話す?

2008年12月11日 23:07

病院での付き添いをして、医師や看護師、介護士の皆さんが大変な仕事を一生懸命してらっしゃると感心している反面 いつも違和感を感じているのが言葉使い。
高齢者に対して 敬語を一切使わず まるで小さな子どもに話すように応対する方がいるのはのは感心しません。

理解力が乏しくなった高齢者に対して敬意を持ってわかりやすく話すのと 相手を子ども扱いして話すのとでは大違いです。
中には 体は動けなくとも 思うように話ができなくても、頭のはっきりしている高齢者もいるし、たとえ認知症があっても今まで人生を生きぬいてきたプライドもあるのです。

自分がいつか高齢者になって自分よりずっと若い医者や看護師に子どもを扱うように命令されたり、応対されたらどう思うでしょう。不愉快ではないですか?また自分の親がそういう扱いをされたらどう思いますか?
中には高齢者というだけで、親しみと錯覚してなれなれしく、赤ちゃん扱いしてる方もいるようですが 間違ってはいないですか?
どういう状況であれ、人生の大先輩として 敬意を持った言葉使いで接したほうがいいと思いませんか?

ユーザーID:0250257458  


お気に入り登録数:106
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:79本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
高齢者と接する仕事をしています1
今回は匿名
2008年12月12日 11:41

私も以前、トピ主さんが仰るように考えていました。
ですが今では、小さな子供に対するように話すことがあります。
基準は年齢ではなく、相手の方の聴力と理解力、更に病状次第です。

理由や基準は以下です。

1)敬語は聞き取りにくく、難しく、長くなる。
高齢の方は、耳が遠くなっていたり、理解する力が落ちていたり、長時間の会話だと疲れてしまったりします。
そのような時、敬語は上記のような欠点があるのです。
そして、日本語は高齢の方に敬語を使うのが一般的なので、意図はどうあれ敬語を使わないだけで、子供扱いしている、馬鹿にしているように聞こえやすい言語です。
ですが、他人に聞こえよくすることより、話している相手に理解してもらうことの方が重要なので、聞きづらそうにしている方には敬語を外して話します。

続きます

ユーザーID:4984441355
高齢者と接する仕事をしています2
今回は匿名
2008年12月12日 11:43

2)子供に話すような優しい語調の方が反応がいい方が相当数いる
丁寧な言葉は、ややもすると素っ気ないとも受け取れます。子供に話すような口調の方が嬉しそうで、良く理解してくれる人が、現実に少なくなくおられるのです。
そういう方は、話している相手がどういう立場の人か、よくわかっていない方も多いです。家族のように親しげに話されると、ああ、他人のように無理して気遣わなくていいんだと安心されるのです。
この場合も、理解してもらえる方、安心してもらえる方を優先します。

3)聞き取りやすく、わかりやすい話し方の共通点
高齢者と子供と年齢は違っても、同じ意図で話せば、自然にゆっくりと簡単な言葉で、相手が理解しているか確認しながらの話し方になります。
特に「○です」ではなく「○なんですよ。わかります?」など確認しながらの言い方は、大人に対しては、子供扱いして馬鹿にしているように聞こえるでしょうが、そうしないと、うんうんと頷いていても実は全く聞こえていなかった(難聴)とか、理解できてなかったというケースが珍しくありません。
あるいは、確認に一息入れることで休憩できて続きが聞けたりします。

続きます

ユーザーID:4984441355
そう思います
みじんこ
2008年12月12日 11:44

その通りだと思います。
そして医療従事者の意識もそちらにシフトしているのではないでしょうか。
私が看護学生だった数年前は、お年寄りに子供相手のような話しかけをしてはいけないと教わりました。
ただ聴力の衰えのため、はっきりゆっくりは心掛けます。

それと、これは医療従事者だけではなく、一般的に見られる現象でもあると思います。

ただ、中にはそういう扱いを喜ぶお年寄りの方もいらっしゃるようです。

ユーザーID:6191526152
高齢者と接する仕事をしています 最後
今回は匿名
2008年12月12日 11:45

最後です。

上記のような理由なので、敬語を理解できる、丁寧な話し方の方を喜ぶ方には、きちんと敬語で話しています。

若い人には、耳が遠いこと、理解が難しくなることの現実は実感されないでしょうし、高齢の方も、できるだけ気付かれたくないと、わかっているふりをする方も多いので、周りからは余計に馬鹿にした態度をとってと思われるでしょうが、このように理由あってのことです。
決して馬鹿にしている訳ではありません。

ただし、このように相手の状態にあわせてではなく、高齢者とみるや無条件に敬語を使わなくなるという人の場合は、確かに失礼なことだと思います。その時は、注意されていいと思いますよ。

ですが、まずご自分でも礼儀正しく敬語で話しかけてみて、高齢の方が本当に理解できているか、疲れた様子はないか、緊張していないか、気付かれないようわかったフリをしていないか、実はよくわからない話に不安がっていないか、確かめてみて欲しいです。
そして、もしそうだとしたら、どちらの態度が望ましいかも、改めて考えてみて欲しいと思います。

ユーザーID:4984441355
同感です
aioi
2008年12月12日 12:02

まったくもって同感です。

88歳の認知症(すでにかなり重度でした)の義母が骨折で入院したとき、ひとりの看護師が
「○○ちゃ〜ん、お熱を測りましょうね〜お手てをあげてね〜あら〜いい子でちゅね〜」
と言って検温してくれました。
側で聞いていてものすごく不快でした。
いくら認知症だからって、バカにするんじゃない!と一喝したかったのですが、言えませんでした・・気分を害されて義母に辛くあたられたら困る、と咄嗟に考えたので。
後でこっそり病院のご意見投書箱に匿名で書いたものを入れました。

本当に不愉快なことです。心当たりのある方はぜひ考え直してほしいと思います。

ユーザーID:1893976764
福祉職ではないですが、行政に携わる者です。携帯からの書き込み
モチッコ
2008年12月12日 12:16

なんか、国や施設側は、尊敬語を高齢者に使え、とかゆうらしいですね。
介護者は大変です。
貴方は、付き添いだけで、オムツかえたり、ごはん食べさせたり、お風呂入れたりしてないでしょ?
上から目線な文章すぎだと思います。

現場の人は、24時間一緒にいるんです。
家族と一緒です。
家族に敬語や尊敬語使うのも…。
たまに面接にくる家族や付き添いの人に、こういうこと言われると、げんなりしちゃうと思います。

権利意識強すぎでは?
高齢者の方と介護者の関係が良ければ、あなたの意見もわかりますが、わざわざうるさいこということないと思います。

ユーザーID:5697634552
そういう仕事をしてるわけじゃないのですが携帯からの書き込み
romi
2008年12月12日 12:26

お年寄りに接する機会はあります。
頭はしっかりしてても耳が遠い人が多くて、自然と簡単な言葉をゆっくりハッキリ言うようになってしまいます。

普段目上の人には敬語しか話しませんが、何度か繰り返し言ったりしていると、敬語を端折って必要な単語を連呼する事になったり…
介護福祉士さんとかがタメ口なのを見ても、聞き間違いの無いようにわかりやすく話しておられるんだろうなと思って見てました。
だから私が高齢になって同じ扱いでも別にいいかなと思っております。

血圧計ってもらうくらいなら敬意を払ってもらってもいいけど、排泄物の世話してもらいつつ敬う気持ちを前面に出されたらいたたまれないので、何が何でも敬語を使って、私を敬えとは言えません。
バカにして赤ちゃん扱いしている方もいるんですか。
そう言うのは嫌かもしれないですねぇ。
まぁ出来れば誰の手も煩わせずぽっくり逝きたいですね。

ユーザーID:6211368235
非常にショックでしたよ
らむこ
2008年12月12日 12:27

私の父(当時65歳)が入院時、初めて病室を訪れたとき、若い看護師さんが、

「これ、どうするー? ○○さんー。あ、そうだ。あとで、トイレでおしっことっておいてね−」

と、父に語りかけていました。

ただでさえ、病でやつれている父が、若い女性からタメ口をきかれているのをみて、非常にショッキングでした。
父は私にとって、師のような存在でした。威厳も感じていました。
なんで、普通に、「尿をとっておいてくださいね−」と言えないのか?
そう思いました。

患者のリラックスのためと思っているですか?
患者との距離を縮まると思っているのですか?
上からの物言いのほうが、患者が言うことをききやすいと思っているのですか?

看護師の意見を聞きたいです。

ユーザーID:8174459989
同意します!携帯からの書き込み
はな
2008年12月12日 12:31

施設で介護士をしています。
同意します。下に見たような口の聞き方、利用者様をバカにしてるわけ?って思います。

自分達が生まれる前から苦労して人生を歩み、自分達が小さかったころにはおむつをかえてくれ、抱いてくれたであろう世代です。
敬意をもって接したいです。
やはりまわりの方は見ているんですね。今後も敬意を忘れずに接していきたいです。

ユーザーID:9830166557
というか、広く一般にそんな傾向があるような
マダム
2008年12月12日 12:43

日本を離れて15年くらいになりますが、緊急の歯痛で一時帰国した時、病院に駆け込んみました。

なんだかピンクの制服を着た可愛い女の子(歯科助手?)が、40歳近い私に向かって、子どものように「これでぇ、お口ゆすいでくださいね〜」とか、レントゲンの時「こうやってぇ〜、ちょっとこっちに顔向けてえ〜」とか言うので何か非常〜に恥ずかしかったです。

それに何処に行っても黄色い甲高い声の、子供相手のような過保護なアナウンス。自販機からもアニメのような声が流れてくるし、何度か叫びそうになりました。

トピ主さまは、そういうのは気になりませんか?

気にならないのなら、お年寄りの方も、同じ理由で気にならないかもしれない。気付かなければ気にならない。

どうであれ、聴覚が衰えたお年寄り相手の場合は、ゆっく〜り丁重に話しかけるのでそうなるのかもしれませんよ。

自分の母が年老いてそんな扱いされたら悲しいと思いますが、でもまあ、いい意味でそのような環境で今までも生きてきたんだから免疫は出来てるのかな?とも思います。

ユーザーID:3472556428
わかりますが…携帯からの書き込み
かなえ
2008年12月12日 12:49

おっしゃることはわかりますが、バカにしているわけではありません
人間誰しも老化しない人はいませんので、それに応じた話し方をしていると思います

年を取ると耳が悪くなりますので大きな声ではっきり話します
また、これは耳というより脳の問題ですが、ゆっくり話さないと言葉が入っていきません
理解する能力も一般的に低下します
よってわかりやすい言葉を使ってゆっくり大きな声で話します

人にもよりますが、年寄りになったら
ゆっくり分かりやすく話してくれる人は何よりありがたいと思いますよ

ユーザーID:2741002847
聞き取りづらいのでは?
りりぃ
2008年12月12日 12:56

う〜ん、推測ですが、耳が遠いとか
聞き取りづらいとか、だからゆっくりはっきり
話したほうが伝わるとか?

2歳児の息子の日本語は、私にしかわかりません。
夫は「語尾が長くて何言ってるのかわからない」といいます。
余計な言葉をつけて文章をながくするよりも、
シンプルに話したほうが伝わりやすいのではないでしょうか。

もちろん、そうでなければ、敬語を使用して
それなりの態度で接して欲しいです。

ユーザーID:5447875402
祖父の付き添いの方を、その理由で変更しました
全く同感ですR
2008年12月12日 13:09

完全看護と銘打った総合病院の個室に長期入院していました。
鼻からも胃に管を入れ、お腹を切開してそこにも管、尿の管もついている状態で、本当につらそうでしたが、意識がはっきりしている(といっても認知症状でしたが)時に、自分で管や点滴を抜いてしまうことが何度かありました。
病院から、完全看護ではありますが限界があるので、家族の方がついてくださいと言われ、両親と私とで昼夜交代つきっきりでしたが、3人では体力的に限界で、付添婦さんをお願いすることにしました。

はじめに来た方はとても明るく、声も大きくて祖父も聞き取り易かったのですが、話し方がトピ主さんのおっしゃるような感じだったのです。
我が家では、祖父母には尊敬の念をみんなが抱いていましたので、そのような話し方をされることはとても受け入れられませんでした。
付添婦さんの紹介所に、祖父に敬意を持ってくださる方をとお願いして、すぐに別の方に来てもらいました。

新たに来てくださった方は、祖父に敬語で接してくださり、それだけでなく本当に本当に誠意を持ってお世話してくださいました。
今でも頭が下がる思いです。
祖母の時もその方に来ていただきました。

ユーザーID:2072859580
その通りだと思います
あゆみその
2008年12月12日 13:22

小さい子どもに話すように、ゆっくり丁寧に話す事はアリだと思うのですが、なれなれしく話すのは好きではありません。

親しみを持って、です、ますを付けて話して欲しいですね。

ユーザーID:2807822067
秘書から看護師への転職組です 1
maple
2008年12月12日 13:59

トピ主さんのおっしゃること、そのまま基礎看護学や老年看護学の教科書に載っています。
でも実際には敬語を「使えない」人がほとんどです。

もちろん敬語を使えれば良いというわけではないですが、敬語は基本ですよね。
私も前職が前職なだけに、働いていて気になることが多々ありました。

老年看護の先生が敬語の重要性を力説した後、実習先で高齢者にタメ口で話すのを見てがっかりしたこともあります。
うちは師長はまあまあ使えましたが、中堅はまったく駄目。
若手は「です・ます」くらいは使えても、指導中はやはり子どもに話すような感じに。

ただ、教える・説明する・お世話する・連れて行く・食事をさせるなどの援助をしていると、なんというか説明が難しいんですけど、母性が出るというか姉のような気持ちになるというか、そういう瞬間があるんです。
そのような際に小さな子どもに話すようになってしまうことがあります。
すぐに敬語に戻しますけど、自分でもよく分からず変な感じです。

なので、仕事の性質上難しい場面があることは事実です。
でもそれを乗り越えなきゃプロじゃないとも思っています。

ユーザーID:1830339537
秘書から看護師への転職組です 2
maple
2008年12月12日 14:01

普通の会社員でも自分で意識を持って学んで使わないと、敬語って身に付かないですよね。

ほとんどのナースは高卒で看護の世界に入ってしまいます。
看護学校では敬語を学ぶ機会は皆無です。
看護師になってからも、言葉遣いについて患者さんから直接注意してくることはまず無いです。
なのでタメ口を直そうとする意識がわきません。
看護部からは言葉遣いについての注意通達があります。苦情があるのでしょう。
でも看護部にもちゃんとした敬語を話せる人はいません。
なので「敬う態度を忘れずに」みたいなあいまいな指導が入ります。
敬語を使えない中堅ナースは「敬語を使えばいいわけではない、信頼関係が重要で親しみを持って接すれば…」と正当化。
若手ナースは先輩ナースに倣います。
そして変わらない毎日が続きます。

でも、昔に比べたら敬語の必要性について教育されてきています。
さらに大きいのは社会人経験者が増えてきていることです。
まぁなんたって上の人間が敬語を使えないんだから時間はかかると思いますが、これから変わっていくと思いますよ。

ユーザーID:1830339537
それって
ヘルパー
2008年12月12日 14:04

介護業界、医療業界では、良くない事として指摘されましたが
そこの医師や看護師さんなどが自覚に欠けるだけなのではないでしょうか?
高齢者の尊厳を保つ為にも、認知症であっても語り方には注意するようにとは
教科書などにも書いてあると思います。

でも、幼児語といっても、「〜でちゅよ」とか、そこまでの幼児語では無いですよね。

ついつい優しく語ろうとすると、子供に語る様になってしまう場合もあるのは確かです。

ユーザーID:2609621868
120%同感!
マリコ
2008年12月12日 14:14

かつて父が脳内出血で入院した病院でもそうでした。

もう意識がはっきりしている父に、看護師さんは毎回

「鈴木(仮名)さ〜ん。ねんね、できまちたか〜?」
「鈴木さ〜ん。ごはん、食べまちたか〜?」
「鈴木さ〜ん。イタイイタイでちゅか〜?」

こんな調子でした。

あるとき、主治医と母も病室に居合わせていて、看護師さんは例の調子で話しかけていて、彼女が退室した直後、主治医が「すみません。あんな調子で。」と謝っていました。

トピ主さんの仰るとおり

【敬意を持ってわかりやすく話すのと 相手を子ども扱いして話すのとでは大違い】

だと思います。

ゆっくりと平易な言葉で話せばいいだけで、赤ちゃんことばを遣う必要はないと思います。

ユーザーID:0746535878
私もそう思います
ミミ
2008年12月12日 14:18

私の父が、先月入院していました。
父の年齢は78歳ですが、耳も聞こえるし、頭もはっきりしているのに、看護師さんたちは、耳元で大きな声で、
「○○さーん、これから血圧測るからね〜!」
と、毎回子供に言うような感じで話しかけていました。
あんなに大きな声でいちいち言われたら、うるさくてしょうがないだろうなあ、と何度も思いましたが、看護師さんたちも忙しくて、人によって対応を変えるのも面倒だから そうしてるのかなあ、と思っていました。
でも、自分の親が子供みたいに扱われるのって、何だか悲しいですよね・・・

ユーザーID:0598815916
同じように感じていました
ぷくぷん
2008年12月12日 14:49

親しみを込めての話し方なのでしょうかね。
本当でしょうか・・
なんとも耳に付きます。

私事ですが・・・(少々トピずれかもしれません)
私は他人から敬意を払われるような人間でもありませんし若輩者ですが、
免許センターで免許の更新を受けたときの
警察官の対応に、イラっときました。
私は幼児じゃない!
見ず知らずの他人には、敬語を使うものでしょう!と。

なんだか上から目線で嫌です。

ユーザーID:3109530052
 
現在位置は
です