現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

結婚は夫の戸籍に入ること? 携帯からの書き込み

さるすべり
2009年2月19日 17:19
古いレス順
レス数:85本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
法律上では正しいですが・・・。一般論です。
がっかり
2009年2月20日 1:24

昔はシセキといって田畑または家屋敷を守るため長男が戸籍に残りお嫁さんもその籍に入りました。

新憲法では結婚は新戸籍、相続は男女関係なく法律上では平等です。
でもそれはあくまでも法律上のことで、親世代では通用しないのが現実ですし、嫁いだらそこの嫁と認識する心のやさしーい女性も多いですね。
(トピ主さんは結婚を理解してない?)


一般に長男が土地や家を相続するのはシセキの名残りですし、主さんが夫さんの名前に変え嫁といわれるのもその名残かもしれません。
嫁は財産をもらう権利がないとはいえ、夫が親から引き継ぐ家や土地に住み、女性は長生きだから結局嫁のものになり昔となんら変わらなく歴史は繰り返されています。
夫親の財産はほしいけど他人という考えでしたら一緒に住むのは難しいですね。


お嫁さんが損得勘定でしか考えられない人は、夫親が一緒に住みたくないので、最後は財産を処分して他所で余生をのんびり過ごす人も少なくないです。

この場合法律上は姻族ですが、夫親からみれば赤の他人です。

世の中は法律通りにいかないということです。

ユーザーID:5441048190
ん?ということは...
たくさん
2009年2月20日 6:01

「婿養子」って言葉もヘンてことか。

「私は一人娘だから家に跡継ぎがいないの、
 だからあなたに婿に来てほしいの...」

って言い方に騙されちゃイカンって事だな(笑)

跡継ぎがいようがいまいが、男の子を産もうが女の子を産もうが、
子供が結婚して親が亡くなればその家(の戸籍)は消える事になるんだね。

ユーザーID:2703585412
皆様は学校で習ったはず
Mm
2009年2月20日 7:28

小学校の社会科で学んだと思いますが(遅くとも中学まで)
まだ勘違いしてる方もおられるんですね。
祖母の代はもうしかたがないんですけど・・・

親世代は少なくとも、戦後生まれなので、戸籍を学んでるはずなんですがね。
私の母も、祖母同様「夫家の戸籍に嫁が入る」もんだと思い込んでます・・・

ユーザーID:6367430781
トピ主さんの言う通り。携帯からの書き込み
はな
2009年2月20日 7:48

結婚とは妻になるだけで養子縁組をしない限りは嫁ではないし孫は内も外もなくただの孫。

夫親は友人の様に全くの他人ではないけど、妻には夫親の扶養や介護の義務も相続権利もないのでそういう意味では他人みたいなもの。

戸籍は夫姓を選択したら夫が戸籍筆頭主になり作成して妻が入る形。ただ同時に両方親の籍から抜けて新しい別世帯を作る事なので二人で作るという認識でOK。
本籍も好きな場所でいい。
嫁扱いされたくなければ結納もしないこと。結納しないことであげた・貰ったは全くないのでいつでも反論できますよ!

ユーザーID:3107592528
トピ主様の主張がほぼ正しい。
もも
2009年2月20日 8:36

戸籍:両方とも親の席から抜けて新たな戸籍を作成する。夫の姓を選択した場合は夫が戸籍筆頭主になりそこに妻が入る形です。それぞれの親子の関係性は切れませんが、両方の親とは別世帯です。
本籍:全国の好きな場所でOKだし、いつでも変えられます。
孫:外も内もなくただの孫
夫親との関係:全くの他人というわけではないけど、妻には夫親の介護や扶養義務は無いし相続権利もないのでそういう意味では他人。

ちなみに嫁(家)制度もなくなり、今は長男・次男等の家長制度も無くなっているので性別も出生順も関係なく子は全て平等の権利と義務が発生します。なので結婚して別世帯を構えても親の介護も相続も実子のみに権利と義務があります。

うちの親は40代ですが、ちゃんと変化は知っていますよ。私が結婚する時もあっちにあげるわけじゃないし、勘違いさせてもいけないからと結納も拒否してくれました。夫親は古臭い親を持っていたので私を「嫁」だと思ってるでしょうね。とりあえずまだ嫁だからこうしろみたいな扱いはされていないのでいいですが、もし言われたらきっぱり言うつもりですよ。何をもって嫁と言ってるの?ってね(笑)

ユーザーID:1939600663
法律ではそのとおりですが
2009年2月20日 9:05

私の両親や祖父母、親族、もちろん夫の両親やその親族、そして私と同年代の友人で、結婚は男女が実家の戸籍を出て新しい戸籍を作るということを知っている人は、皆無でした。かくいう私も結婚時、婚姻届を出すときにはじめて知りました。

(父は、先に結婚していた兄の名前が実家の戸籍に載ってないと大騒ぎしていました)

うちは私が実家の戸籍を抜けて新しい戸籍を作り(戸籍分離)、そこに夫が入る形になっています。姓は私、筆頭者も私、世帯主は何かと都合のいい夫に変更しました。

結婚時、当然ながら両親は夫が婿養子に来ると勘違いし、「うちにはそんな結納金はない(田舎なので婿入りの結納金は破格です)」と大慌てでしたが、何度も説明するうちに分かってくれました。

ただ、嫁に行くものと思っていた娘が実家の姓を名乗っていることで、私の父はやはり「婿に来た」と勘違いしていましたが、それも数年立つと違うということが分かったようです。

若い友人でも「結婚は夫実家の戸籍に入り、妻実家を捨てる」と考えている人も多いので、お母様の年代では仕方がないのでは?

ユーザーID:8306667883
入籍って言いますものね
ペロリ菌
2009年2月20日 9:26

婚姻によって新しい家族の戸籍が出来るのに、
なぜかそれをいまだに普通に「入籍」って言いますものね。
考えてみれば変な言葉です。
本当なら「造籍」?「立籍」?

私事ですが、結婚後しばらくして夫の両親に「何で籍を抜いた!」って叱られました。
私が夫の家族の籍に追加してるはずだと思っていたら息子の籍が抜けていたので、若い夫婦が親に相談も無く勝手なことを!」と逆上したのです。
やれやれ。

ユーザーID:4047872200
じゃあ
知らなんだ
2009年2月20日 9:55

それを知ってて結納金とか婚約指輪とかもらう女性って怖いような。
あれって嫁に行くからこその準備金とか贈り物ですよね。

ユーザーID:0424280609
結婚したら新戸籍になります♪
222
2009年2月20日 10:25

トピ主さんの認識どおりの制度になっています。間違いありません。
制度上別戸籍になれば見掛けは他人と同じでしょうが、
結婚した相手の親族とは姻戚関係にあるので「他人」というのとは
少々違うと思いますが。

あと5年で70歳の私、当然戦後教育を受けています。
現在の戸籍制度については当然のそういうものとして知っていました。
高校や大学の民法の授業でも話があったと思います。

私の母は大正生まれ(現在86歳)ですがそれでも家制度が代わっている事は
知っています。

ちなみに夫の両親も一人息子が結婚して自分たちの戸籍から出て
新戸籍をつくり、本籍を変更することになんのこだわりもありませんでしたねえ。
新本籍は当時の新居にしました。当時はまだ借家でしたが。
その後、自宅の持ちその住所地を本籍にしています。

言葉としてはお嫁に行く、とか嫁に出す、内孫・外孫というのは残っている
ようですが、そのことと制度は無関係です。
制度はある日を境に厳然と変わっても、意識はなかなか変えられませんね。

ユーザーID:4413346907
親離れ子離れ
羅奈
2009年2月20日 11:39

>ななしさん

ななしさんの意見、確かに共感するものがあります。

>自分は老親の世話しないくせ、成長した子供の世話になるつもりのちゃっかりママさん多くて閉口します。

私の場合、子供無しですがいずれは実家の独り暮らしの母親の面倒を見ることになると思います。
同居しなかったとして、老人ホームに入居してもらう事態になったとしても、ホーム費用の負担額が発生することになるでしょう。
そうなると、夫の親もいずれホーム行きになった場合、両方の負担はとても無理です!
自分の親の負担額でさえ、どうなるか分からないのに・・・

まして、私達夫婦は老後も年金からローンを支払う長期契約の莫大借金あります。
自己破産してまで、それぞれの親の面倒をみなければいけないものなのでしょうか?
老後は、子供に面倒かけないよう生活費も含めて自立している高齢者もいますよ。

ユーザーID:3382716455
なんとなく
答えます
2009年2月20日 11:56

義理親族に対して嫌な感じが見え隠れしていますね
内容的にはトピ主さんが言っていることが正しいですがやけにとげのある言い回しですね。
法的にこうなっているんだから私は●●する必要がないと大声を上げるのは勝手ですが世間的な目は一概にそうは見てくれませんよ。
自分だけではなく旦那さんor旦那さんになる人も大事にしてあげてください

ユーザーID:1845338910
トピ主です 3
トピ主です
2009年2月20日 13:52

皆様ありがとうございます。おおむね合っているとのことでホッとしました。レスが増えてきたため、まとめてですみません。

まず、誤解があるようですが、私は夫の親を嫌ってはいませんし、
いずれは夫と協力して頑張る覚悟はあります。
大事な夫の親ですから、私にとっても大事に決まってます。

私の場合、一生仕事を持つ予定なので、現在の法制度がしっくりきます。
義父母が要介護になったからといって、退職する気はありません。
まずは、夫兄弟の話し合いで取り決めし、私はそのサポートを全力でします。夫が退職するならば養いますし、介護費用も出します。

しかし、実の親が要介護になり、兄弟と話し合いの上、仕方ない場合は、退職の覚悟があります。自分が育ててもらった恩と義務感の違いです。

法に照らしても、倫理の面からも、この主張は真っ当だと思うのですが、
どうも、世間では通用しないらしい事をうすうす感じ、とっても疑問なのです。

続きます・・・

ユーザーID:9972147063
過剰反応にびっくり
ペロリ菌
2009年2月20日 13:57

トピ主さんは「だから夫の親とかかわる必要も扶養する義務も無い」なんて全く言っていませんよ?
かってに深読みしてお門違いの批判するのはとても失礼です。
その話をしたいのなら別のトピを立てればいいのでは?

ユーザーID:4047872200
トピ主です 5携帯からの書き込み
トピ主です(トピ主)
2009年2月20日 14:33

式はこりごりさんの「いつから新しくなったのか」の詳細、知りたかったので助かりました。
まだ50年、今が過渡期ですね。母曰わく「私達の年代は姑にも苦労し、嫁には生意気言われる!」だそうです(笑)

気持ちはわかりますが、それでは部活の後輩イジメと変わりません。自分が嫌だったなら、なおさら、息子の大事な人(この意識が無理?)に嫌な思いをさせてはいけませんよね。


ななしさんの「その心は?」は常々私も感じました。夫が家事をしない、姑が酷い!と感じるなら、
世のお母さん方は、息子に料理を教え、家事を仕込み、その上で息子さんが結婚したらなるべく距離を保つ。

私はその方針でいますが、姑や夫の悪口をいうのに、大学生の息子が洗濯機すら使えないのは当然、という友人がいました。

ユーザーID:5724764101
たくさんさん
e-to
2009年2月20日 15:12

他の方からもレスが有るかもしれませんが、正式な婿養子は、妻の親と養子縁組をするのです。だから婿〔養子〕なんです。妻の親がなくなれば、相続権も発生します。
養子縁組をしていなければ、ただのマスオさんですね。

ユーザーID:2185922746
失礼しました携帯からの書き込み
さかなクンの部下
2009年2月20日 15:24

 先程レスした者です。「戸籍筆頭者」を「戸主」と表現してしまいました。ぴおんさんのご指摘通り間違いです。自分の投稿を見て気付きました。
 トピ主さん、混乱させて申し訳ありませんでした。
 ぴおんさん、訂正していただきありがとうございました。(戸籍筆頭者の意味は分かってます。ちなみに私は若くないです。重ねてすみませんでした。)

ユーザーID:6848410301
戸籍筆頭者は夫
戦後生まれ
2009年2月20日 15:40

民法上は夫婦は新戸籍となり、夫または妻の親の戸籍とは別になります。でも、新戸籍の筆頭者は大体夫ですよね。ということは、結婚することは夫の戸籍に‘入籍’することになりませんか?ただし、夫の親の戸籍に入籍するのではない。と私も思ってました。

ユーザーID:5138812712
・・・・・・
なんかな〜
2009年2月20日 15:45


夫の親や親戚から嫁だと勘違いを受けているかもしれません
はる 2009年2月17日 11:18

を思い出したのは私だけ?

ユーザーID:5441048190
そうですよ
むぎちゃ
2009年2月20日 16:11

 あってます。妻の苗字を名乗ることもできますが,その場合選んだ苗字の人が戸籍の筆頭者になるので,が筆頭者で夫がその次に書かれます。この筆頭者は旧民法の「戸主」とは別です。
 そして,妻の苗字を名乗っただけでは婿養子ではありません。
 婿養子は妻が家を絶やさないように夫を両親の養子に取る(養子縁組をする)ことなので(昔から家を絶やさぬ手段として一般的でしたから,両親の養子に入った=立場は同じ両親の子供同士=兄弟なんだから結婚できない?の疑問に対しては近親婚の禁止規定には例外事項として当てはまらないと回答します),普通の妻の姓を名乗るというのとは違います。
 また,婿養子は同じ子供という立場になりますから,婿である夫は自分の実親の遺産も養子に入った先の養親の遺産も相続出来ます。だから婿養子に取ったのに離婚(兼離縁?養子をやめる)となると,自分の家の財産が目減りする(財産分与で持っていかれる)のではずれ婿と言われるようですね。
 トピ主さんは,相手の親御さんから何か言われて不安になったのでしょうか?昔の人の考えは杓子定規にはいかないと思いますので,適度に柔軟性を持って下さいね。 

ユーザーID:0728300423
トピ主さんの疑問の答え。
六項縦走
2009年2月20日 17:19

>なぜこんな重大な変化が世間に受け入れられていないのでしょうか。

私もそうですが、世間一般の人々は法の詳細な内容については無頓着です。トピ主さんだってそうでしょう?
トピ主さんは法の重要な変更点を一つ一つきちんと認識出来ていますか?
例えば大日本帝国憲法と日本国憲法の変更点を、トピ主さんはキチンと認識できていますか?

御自分にとって有用な、或いは気に入った法が、世間に認識されていない事に御不満を感じておられる様ですが
世間はトピ主さんの気に入る様には出来ていないので仕方ないと思いますよ。

ユーザーID:1177585449
 
現在位置は
です