現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

英文e-mailの結びの言葉を教えてください

Lavan
2009年4月14日 22:19

英語があまり得意ではないんですが、一人旅の帰りの飛行機で隣り合わせた外国人と、メール交換が続いています。

学校で習った、「I」とか国名の最初のアルファベットは大文字にしなければならない、とか、
I'veがiveでも、don'tがdontでもOKなんだ・・・とか、
メールのゆるいルール(?)の発見の毎日です(笑)

そこでとても恥ずかしい質問なんですが、メールでの結びはどんなものがありますか?
regard...やbest...なんて、カジュアルなメールでは使わないですよね?

メール相手はよく「you take care and be good to something(名詞)」
とか「now you take care and good luck with something」みたいなのが多いです。
「またね」とかそういう表現はありますか?
会ってもいないのに「see you」なんて変ですよね?

ホントにもう、ちょっとのメールなのに、何時間もかけて下書きしてからメールするという、情けない状態です(恥)
でも、なんとか理解してくれているみたいで、やりとりの返事の辻褄はあっています。
学校教育6年間と、英会話スクール数年の知識しかない私、どうぞよろしくお願いします。

ユーザーID:7626257336  


お気に入り登録数:49
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
古いレス順
レス数:25本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
簡単よ
english
2009年4月15日 10:37

友達関係なら、Cheers! でOKです。

ユーザーID:4479886082
イギリスの友人は・・・
たま
2009年4月15日 11:12

私の友人(イギリス人)は以下のような言葉をよく使いますよ。

Later
(Will) talk to you later
Take care
Hope to hear from you soon
Hope to see you soon
That's it for now

ユーザーID:5491720803
相手は男性ですか?女性ですか?
春うららか
2009年4月15日 11:51

Have a nice day
Good Day
God bless you.
Take care of yourself
E-mailでの通信で、 恋愛相手でもなく、 上司でも 商売相手でもなければ こんなものでしょうかしらね。結局メールの交信ですと会話の延長線的ですから、親しみが出てきたら 日本語でいうタメ口とまでは行かなくても 堅苦しさをなくして、教科書の見本みたいな文章はさけるとよいです。 読む人が面白くないですから。
それから 季節事項などは むしろ後にもってきた方がよろしいかもしれません。  

或いは、相手さんが使う、
Good luck whatever you are doing
これも、 宜しいかもしれません。     

ユーザーID:0729414801
数例をあげますと
在米
2009年4月15日 11:55

そう言うことに気づかないでメールのやり取りをやっていましたので、今きょう来たメールの尻尾を見てみました。

 ゼロってのが相当ありますね。男女ともに本文が終わるとすぐ名前。

 女性から来たのに God bless これクリスチャンだからかな。

 男性からは Cheers, Later, Regards, Take care なんてのが。
 
 Love ってのもありますがこれは身内。

 親密度、あらたまり度、などで決まるのでしょうが、僕などは無精者なので何にも書かない主義です。

ユーザーID:6968560658
軽く
きゃんきゃん
2009年4月15日 12:24

私がアメリカ人の友達からよくもらう携帯メールにはtake care、keep in touch、say hello to〜、thanksなどが多いです。
PCのほうはもう少しフォーマルなのもあります。

アメリカに2年住んでいましたが、日本では知りえないことを勉強させてもらいました。でも、まだまだ知らないことが多すぎます。ネイティブとのメールだはとても勉強になりますよね。頑張ってください。

ユーザーID:2025354874
私がよく使う表現
つかれぎみ・・・
2009年4月15日 12:34

私は外国人の友人にはこんな感じで結んでいます。

Take care and enjoy yourself.
*きをつけてねー、楽しんでねの意

Talk to you soon./Talk with you soon.
*またお話ししようねの意

See you!
*別に会う予定がなくても、またねということでOK

Cheers!
*じゃあねの意

Ciao!
*イタリア語と同じ意味:こんにちは又はさよなら(書き出しにも結びに使ってもOK)

参考になっていたら、嬉しいです。
もし、英語に詳し方やネイティブの方からみて、変だったらすいません。

ユーザーID:8622399590
日本語を話さない日本人
fezzo
2009年4月15日 14:31

海外に住んでおり、日本語は話すことはありません。メールも英語だけの生活です。メールの終わり方として、仕事のメールの場合はkind regards, regardsとかで締めくくりますが、個人のメールは相手によります。又、メールの内容によっても異なります。パーティなどで出会うことについて書いた場合は、see you thereとか,パーティに関したことを書いて終わりますが、 大抵の場合see youだけで締めくくる事はありません。会う約束などする場合は、look forward to seeing you, see you at (time)(place)。ヤッパリ、メールの内容が分からないと、これが一番言い終わり方とか言えないと思います。

ユーザーID:1125418614
友達同士では
ぷよっぴー
2009年4月15日 14:52

ThanksとかThanks a lotを使うようにしています。

ユーザーID:9753831485
こんな感じでどうでしょう?
Zeke
2009年4月15日 15:11

私の場合、『Cheers』や『all the best』『Thanks』というのをよく使います。週末前なら『Have a great weekend!』というのも使えます。『See you』もOKだと思います。確かに直接顔を合わせるわけではないのですが、『またね』という意味ですから大丈夫だと思いますよ。いかがでしょうか?

ユーザーID:6696983830
簡単過ぎ?
いるか
2009年4月15日 15:15

(I'll) talk to you later.
Talk to you soon.

が、「またね」 って感じです。
相手が使った表現をマネするのもいいんじゃないですか。

ユーザーID:3595559787
色々あるみたいだけど
通りがかり
2009年4月15日 15:30

海外のスポーツ大会観戦で知り合った色々な国籍の友人達とメールやFacebookでメッセージのやりとり等あります。

英語圏の女性達からの結びで「またね」と言うのだと、
Take care,talk to you soon
と言う感じのが多いかも(実際にはtalkじゃないけど)。もっと簡単には
Hugs & kisses,
とか。因みにどちらも双方女性です。

I'veがIveとかdon'tがdontとか、元々は長々と打つ時間がないチャットから派生したものではないかと推測します。もっと短縮してyouがu、you areがurとかありますよね。
私の友人達は殆どメールでその手の表現は使いません。相手が書いてきても理解はできますが、自分ではきちんと書くようにしています。

ユーザーID:3520729495
何でもいいと思います。
sophia
2009年4月15日 15:52

主人がアメリカ人で、子ども5人の母親です。上の3人は成人してアメリカ本土に住んでます。コミュニケーションの手段はほとんど、email, skype,facebook chatなどで、トピ主さんのおっしゃるとおり最近の若者の英文はくだけっぱなしにくだけてますね。私の知っている範囲では、最後のことばによく "well, talk to you later"とか "I gotta go now, bye"とか "keep in touch"などで結んでいることが多いとおもいます。もっと親しくなったら、"Love,"などで結んでも差し支えないと思うんですが。最近のコンピューターはスペルチェックがあるので助かっています。英語の勉強にはメール交換がとても良い方法だと思います。がんばってください。

ユーザーID:9637475200
えっとですね。
日本語面倒
2009年4月15日 16:02

日本語打てる機能を先週生まれて初めてつけた日本語面倒です。
機内で知り合ったメール友達なら、メールの頻度と期間にもよるでしょう。
See you はOKです、よく知っている友人なら。See ya later, see ya, cya と元同僚とは電子メールで良く言い合いますが、これはかなり気心の知れている関係ですね。
気心の知れている関係なら:catch with u (you) later, gotta go now, I'll stop gabbing now (お喋りもこれ位にして)とかいいますが、私は catch with u で終わらす事がおおいですね。後は drop me a line or...two. なんて言い方もします。
外交的な知人なら、cheers 何て人も別の方が言っていた様にいますね。男女共。
多少フォーマルな関係なら、You take care, Hope all is well with you とかで〆る事が多いですね。
ビジネスの関係なら、regards, kind/best/warm regards って感じですね。
然し、日本語って大変。

ユーザーID:7103526543
例えば
momo
2009年4月15日 16:07

best,とか。best regardsの略ですが、親しい同士では一言best,でOKです。
お礼のときはWith thanks,とか。女性同士の友達でも、仲いい子にはlove,もありますね。

ユーザーID:6027169554
そうですね…
在英
2009年4月15日 17:26

bye for now(じゃあねに近いかな)
have a nice day (afternoon, evening, etc)
とか、私が夫に使ってますけど、どうですか。

メールは文法とかあんまり気にしなくて良いんですよ。
cu (see youのこと)
4u (for you)
とか、若い世代はテキストに色々略語を使ってますし(もうご存知だったらごめんなさい)。
文法とか間違っていても相手はあなたが英語を母国語としていないのを知っているわけだから、わかってくれると思います。
要は、あなたが伝えたい、って思うことです。そしたら、それって伝わりますよ、間違いとかあっても。

ユーザーID:5951030943
トピ主さん偉い!(横)
匿名
2009年4月15日 17:57

トピ主さん、外国人のお友達とメール交換続けているなんて素晴らしいと思います。私は昨年10月にアメリカから帰国した者ですが、向こうで知り合った友人にこの半年で4回くらいしかメールを出していません。。。在米中は「今何してるの?」とチャットをしたり、日に何度もメール交換したりしていましたが、帰国するとその必要がなくなったこともあり、どうにもおっくうになり・・・。書かねばとは思っているのですが、なかなか。

ところで
>I'veがiveでも、don'tがdontでもOKなんだ・・・とか、メールのゆるいルール

そうだったのですか・・。これってありなんですか。実はトルコ人や中国人の友人も似たような感じというか、文章の出だしが全て小文字という人が数名います。さすがに’はついていたけど、something を sth と打ってくる中国人もいて、初めは何のことかさっぱりわかりませんでした。ただアメリカ人の友人たちからのメールでは全てきちんとした(学校で学んだような)英文が来ているので、きちんと書くことに越したことはないと私は思っていたのですが固い感じなのかも。やはり英語は奥が深いですね。

ユーザーID:0753427511
たくさんあります。(その1)
Can be 
2009年4月15日 20:43

文章の終わりに:Take care of yourself and have a good (wonderful) day/week/weekend.
Please take care of yourself and I hope to hear from you again (soon).
Take care, I look forward to hearing from you soon. I hope you have a real nice week. I really do enjoy the emails we share, thank you. Goodbye for now. Bye for now. Until next time. (Time for bed !!) 一番可笑しかったのは:I hear my vacum cleaner calling my name. カナダ人の彼は奥さんをmy hanchoと呼んでます。hanchoは日本軍の班長が語源です。

ユーザーID:3687998388
たくさんあります(その2)
Can be 
2009年4月15日 20:56

続きます。最終結びことば:I'll write to you soon. Talk to you soon. Your friend,~. 女性同士では: Love, ~. Big hugs,~. ~はあなたの名前。寒い時期は Keep warm. Don't get a cold. を互いに書いていました。南半球の人に対して今使えるかも。米・英在住の姪・甥からは:CU/CYA (See you). CUL/CUL8R (See you later). BFN (Bye for now). HAND (Have a nice day).
私は使ったことはありませんが、これらのメール略語は20/30代の人たちの間では定着しているようですよ。Kind regards, Regards, Vest wishes, 等は私の年代(over 40)では割合普通に書いてます。

言葉は時代とともに変化著しいので、ついていくのがちょっと大変ですが、様変わりする言葉に対して寛容/楽しむ/、ゆとりを持つことも必要ですよね。

ユーザーID:3687998388
トピ主です。みなさんありがとうございます。
Lavan(トピ主)
2009年4月15日 22:11

たくさんのレス、ありがとうございます。
わかりやすく親切に、本当に嬉しいです。
皆さんのレス、ひとつひとつ保存します。

書店などで英文レター・e-mailの書き方の参考書を見てもビジネスシーンなので、さすがの私でも「メル友会話なのに固いな〜〜」と思っていたので、皆さんのアドバイスはとてもありがたいです。

そうですね、9時間半の空の旅中、相手の人はよく私のひどい英語をよく理解してくれたと思います。
北欧人なのにかなりおしゃべりな方だったので、ほとんど聞き役でしたが。
FaceBookでやり取りが続いており、2,3週間に一回くらいメールをくれます。
これからも皆さんのアドバイスを参考に頑張ります。

ユーザーID:7626257336
敢えて
むー太郎
2009年4月16日 2:27

日本語で書く!
自信と誇りを持って!!


ダメですか??

ユーザーID:3580846222
 
現在位置は
です