現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

多額の戒名料に泣かされた経験ありますか

Mat
2009年7月30日 0:51
古いレス順
レス数:92本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
すごくわかります。
ホワイトフラッグ
2009年8月1日 9:56

もうほんとひどい住職さんですね。
うちも戒名は、居士でいいと、必死に言い争いました。
祖父が亡くなった際に、小一時間は、祖母と母が、住職と揉めました。
後々、考えたらやはりお金の事を考えて、院という
戒名にさせたかったようです。
まだその際、そんな戒名でお金が変わるなどの事を考える余裕すらなく、必死で遠慮の意味で、うまく言い争えたので、辞退できたんだと思います。
その後、初七日に向けて、態度がかなり悪くなり、非常に私たちへの態度が
急変したのを覚えています。
初七日で、あまりに住職さんの態度が悪く、私の父と揉めたのを覚えています。
住職は聖職だと思い、尊敬もしていましたが、お盆の際に毎年こられた時に
腕の金のロレックスが、いろんな種類に変わるのが不思議に
思えた時もありました。地元の自動車ディーラーの営業マンさんから
車好きなのも聞きました。やはり所詮、人間なんでしょうか(笑)
その住職さんは、婿養子さんですが、先代がいらっしゃったら、すごく
怒って下さったと思うのに残念です。法話もせず、いかに自分の寺を有名にできるか父にアドバイスを聞く姿も悲しいです。

ユーザーID:8240308513
死んだ者には金使うな
どうでしょう
2009年8月1日 18:13

すみません、「笑える家訓」と言うトピに、ぴったりの言葉があったので、、、、、、
掛け軸にして飾るのだそうです。
 
でも、おかしいでっすよね、戒名って、生きているうちにつけるものなのに。
つけないで亡くなった方は「要らないよ。俗名のまま。」と言う事なのに。
文豪を調べてみると自分でつけていたりしますよね。
 うちは買うだけお墓(霊園)なので、適当にあちこちの僧侶をお願いしているらしいのですが、何宗なのか気にとめてもいなかったです。
今考えてみたら、いろいろ違っていたようです。道理でいろいろなお経を聞いたわ。
義母がネットで頼んでるとききましたが。
そのうちDVD上映ですませそうです。
 

ユーザーID:5405539524
所詮、宗教です
さくら
2009年8月1日 20:02

一般の契約概念はまかり通りません。

宗教は義務ではないです。
信じるか・信じないか、払いたいのか・払いたくないのかが重要。
ですから広く一般に相談するべき事ではなく、自分の良心の思う
通りに行動すべきだと思います。

宗派にもよるのでしょうが、戒名をつけるとお寺側がその宗派の
本部(総本山)に一定額を納めなければなりません。
そういう意味で「最低○万円」とおっしゃる和尚さんもいらっしゃいます。
最低額以下ということはお寺側が檀家家族のために自己負担する
ということになってしまいますから。

お父さんが生前に戒名を頂いてなかったのですから、無くなったご本人は
特に戒名にこだわりは無かったのではないでしょうか。
そのことをふまえてご家族で考えられたらよいかと思います。

ユーザーID:6085518978
戒名の位あわせ。
ミホ
2009年8月1日 20:34

実家も30年前に父が亡くなった時大金を支払いました。
故郷のお寺とは疎遠になっていたので、
葬儀屋さんが紹介してくれたお寺でお世話になることになりました。

「院、居士」の戒名で100万円。
大学生の私と高校生の弟を抱えた専業主婦の母でしたが、
驚きながらも言われるままに支払いました。
数年後、その住職に 仏壇の中の御位牌を見て、
母から見て亡き義父と義母の戒名の位が合わないといわれ、
またまた100万円請求されて義母の戒名の位を格上げしました。
縁起が悪いとか、子供たちに悪影響があるとか、来世で何か不都合があるとかなんかいわれると、不安になりますよね。
まして父は40代での早逝でしたので。
信心深い母にとってはお金にかえられなかったのでしょう。

ところが、なんとその娘の私の嫁ぎ先は
亡義父が戒名は不要という人で、戒名なしです。
御位牌も俗名ですよ。

ユーザーID:9140381003
このあとのことですが
crimson
2009年8月1日 21:26

お父さまがお亡くなりになられたとのこと。お悔み申し上げます。
戒名については、本当に不透明な料金が多く、困りますね。

さて、少し気になることがありますので書かせて下さい。
お父さまの戒名が高額な場合、いつか来るであろうお母さまの時(ごめんなさい、縁起でもないことを書いて)も、高額な請求をされることが多いです。
「御夫婦の(戒名の)バランスがある」とかなんとか言われることがあります。
特に奥さまが先に亡くなられた場合、ご主人の戒名を「奥さんより格下の戒名はつけられない」というのが、常識らしいです。
私の存じ上げている経済界の重鎮、と言われた某会社の会長さんは、奥さまが亡くなられた時、「戒名はいりません」と、頑なにご辞退なさいました。
「このままだと、息子が大変な目にあうから」って、笑っていらっしゃいました。
(お寺からは一千万円程の提示がされていたそうです)

トピ主さんが仰るように、すごい戒名だと、経費その他のクラスが高くて
残された家族が大変です。それはずーっと続くものですから。
私の祖母も、偉人に付けるようなスゴイ戒名で…(涙

ユーザーID:2972420034
総本山へ
marie
2009年8月2日 2:00

その宗派の総本山へ言いつければいいんですよ。

お金を包む金額が少なくしたら、急に読経が手抜きで短くなったことがあります。

怒った母が総本山に言いつけたら、次の法事ではちゃんと長くやっていただきました。

ユーザーID:6236456648
戒名なんていらない
賀来
2009年8月2日 2:56

妹と母が死んだ時、幾ら払ったか覚えてませんが、一般的な値段だったのかしら。法外な値段をふっかけられた記憶はありません。仏式って、いろいろ面倒ですよね。値段の決まってないものなので、いくらでも良いようですし、私自身は戒名なんていらないと思っています。祖父母がキリスト教徒で、カトリックの葬儀も経験してますが、ほとんどお金がかからなくてビックリ。仏壇も当然ありませんしね。死んだ後は、最低限の金額をかけるだけで充分。生きてる人間にこそ、お金は使うものです。一番大事なのは、供養するという気持ちですよ。そんなお寺さんとは縁を切ってしまいなさい。

ユーザーID:4559527158
心あるお寺さんもあります。
ちゃり姉ちゃん
2009年8月2日 9:14

とても嫌な出来事でしたね。
人の足元見て、本当に阿漕な・・・

我が家は田舎の小さなお寺の檀家です。

皆さんご存知か否かどうかわかりませんが
お寺の維持って
今とても大変なんです。
有名なお寺とかはともかく
今の時代ですから
檀家としてお寺さんを支える風習も
消えかかり、とても苦労されています。
うちの檀那寺はまだ
檀家さんに支えられて恵まれてると思います。

普段お寺なんて縁がないのに
誰かが亡くなった時は寺頼りな
人が多い中、
それでも細々と運営してる
お寺も沢山あります。

今回はただでさえ不幸な
出来事の中、本当にお気の毒でした。
心ないお寺さんの言いなりに
なる必要はないと思います。

阿漕な商売やる人の影で泣くのは
いつも良心的にきちんと
商売してる人達です。
トピ主さん達のように
何も知らず足元見られるのも
気の毒ですが、一生懸命やってるのに
阿漕な人達と同じように見られる
人達も気の毒ですね。

ユーザーID:7246684926
おぼうさんどっとこむ
赤い馬
2009年8月2日 9:21

「おぼうさんどっとこむ」で検索してみてください。
現役のお坊さんがお友達のお父様の葬儀でトピ主さん同様の経験をする現場を見て、何とかしたいと立ち上げた明朗会計の葬儀戒名サービスです。
色々妨害やトラブルも多かったようですが、今後もこういう心あるお坊さんが増えてくだされば良いなあと思います。
テレビで特集されていたので見た方もいるかもしれません。

ユーザーID:2919407075
ぼったくりの宗派は決まっています!
なんだかね?
2009年8月2日 9:48

我が家も父が亡くなった時は300万を取られました
次の年に祖母が死んだ時は150万と言われました

お金に【汚い宗派】は決まっているようです
父の葬儀後に葬儀屋さんが「○○と△△は本当に高い金額取りますよ」
と言っていました

後はその時の坊さんにもよります
前の和尚さんは腰も低くとても評判が良かったですが、今のお坊さんになってからは…

自分が話を受けていて忘れておきながら謝りもせずに【エコロジーが…】と訳判らない事ほざくし
前の和尚さんが80過ぎになっても歩いていった所よりも近い場所へ行く時も
迎えの車を要求するし(そのお坊さん50代です)、一周忌や三回忌時は約束の時間になっても現れず
呼びに行けばテレビ見てるし、本当にふざけるなと言いたいです

家の宗派を書きたいのですが、そうすると載らないと思うので書きませんでした
特に二つの宗派が意地汚いという事なので検索したらヒットするかも?
これからお寺を探す人は間違ってもそんなお寺を選ばないように

本当は本山にお坊さんのリコールできれば良いんだけど…

ただ、戒名によって値段が決まるのはある程度事実です

ユーザーID:3742646829
ビジネスです!
おんせん
2009年8月2日 9:51

坊さんも1つのビジネスです。ビジネスである以上は儲ける事を第一に
していく事は当たり前です。
誰でも、仕事をして報酬を得る。その報酬を値切られたり、高いと愚痴
を言われても、報酬ですから当然に請求出来ます。
坊さん家業は非課税になっているから、税金の心配もなくガンガン稼ぐ
事も(人によっては)可能なのです。
それでもって、そういう高額な戒名を喜んで買う人種もいるのです。
親類は葬儀に1,000万使ったと自慢していました。そういうステー
タスもあるのです(笑)
ちなみに両親の戒名二つで200万請求されましたが、「今ならキャン
ペーンで180万」とまけてくれました。「坊さんにもキャンペーンが
あるのか!」とズッコケそうになりました。
そして葬儀には30万くらいを予定していましたが、80万円請求され
目が点になりましたが払っちゃいました。
やぱり「払えません」とは言えませんから〜。

私が死んだ時には戒名と葬式は要らないと遺言を書いておこうと決めて
います。
きくさんの言う様に寺を変えるのも良いと思います。

ユーザーID:3820872952
それから…
なんだかね?
2009年8月2日 10:13

ポポさんが書かれているように
過去の戒名で『立派なものがなかった』(ちょっと不快な表現ですいません)のに
今回そんなに立派な戒名をつけたのはお坊さんの『小遣い稼ぎ』だったのでは?

それか家と同じように新しい和尚さんが金に汚いお坊さんになってしまったかですね
普通はご先祖様の戒名を見ながらそれに合わせてつけていきます
それがいきなり『立派な戒名』は普通あり得ません

前の和尚さんは
【大金を払うから立派な戒名をつけてくれ】と言った人に
『貴方は今まで徳(人や社会への奉仕)をかさねてきましたか?』
『戒名は現世での行いに対してつけるものでお金で買うものではありません』(確かこんな内容)
と言ってお断りしたそうです
こういう立派な住職、今じゃ殆どいませんね

金に汚いお寺がいるのは困りますが
今から2・30年もすれば葬式にお金をかける余裕のある家なんて限られてくると思うので
そう言う宗派は淘汰されていくと思います
だって300万オーバーの戒名代を払ったら葬式出来ないかも…

家も今のままなら自分の代からお寺を変えようかなと思っています

ユーザーID:3742646829
父は自分であらかじめ自分の戒名を決めていました。
今日は晴れ
2009年8月2日 13:32

タイトル通りなのですが、お葬式は近隣の方のお手伝いを頂いてお経を読んでいただく友人葬とし、お坊さんをよびませんでした。
以前母が亡くなった時には、ご僧侶に戒名読経などお願いしたところ数百万の出費となったため、父は自分のときは絶対に子供達が困らないようにと、あらかじめいろいろと段取をしていてくれたようです。
お坊さんはいませんでしたが、葬儀はとても荘厳で清々しく、葬儀のために関わって下さった皆さんの真心に心から感謝しています。
その反面、金額で成仏するかどうかが決まるようなお寺のあり方には本当に疑問を感じます。

ユーザーID:0547474352
寺による携帯からの書き込み
ハム
2009年8月2日 14:51

我が家は、こういう金銭問題が起きるのと私の後が無縁になるのを考え、檀家寺を抜け墓を改葬しました。今は公園墓地です。檀家になっていた時は、年会予定・名前・金額が本堂に張り出され、お参りに来たら済みの印が引かれ…。
父の葬儀時は葬儀会社の紹介でお寺の方に戒名をお願いしましたが30万。相場から見たら安めなようです。(親戚は同じで50万)公園墓地でお願いしても同じ程度でした。
私自身は戒名に意味を感じない派なので付けたい人はどうぞ、の考え。母は付けたい派なので今から遺言に書いてくれと言っています。
こういう問題、生前から話をしておくべきですね。住職のいいなりではなく、金額含め納得出来る状態で、送りたいものです。

ユーザーID:6677000724
そういう姿勢が寺離れにつながるのにね…携帯からの書き込み
ユカリ
2009年8月2日 16:54

私の嫁家がお世話になってるお寺さんもそうですよ。
戒名や葬式では多額のお金を要求され、寺の修復の為に寄付を要求され「100万円」用意したら、はっきり「そんな額では駄目」だと言われました。

徳があり尊敬出来るお坊さんならいいんです。40歳そこそこのくせに、偉そうな言動、全く重みのない言葉に、家族一同嫌悪感すら感じます。

お寺やお坊さんという存在は日本の文化でも尊いものだと思っていますが、結局、トピのような卑しいお坊さんのせいで日本人のお寺離れが止まらないのだと思います。
悲しいですね。

ユーザーID:8557983243
やがて因果応報に
坊主不要論者
2009年8月2日 19:48

父は日頃から、僧侶たちの意地汚さにうんざりで、「連中は宗教的導師じゃない。ただの葬式屋だ」と断じ、やがて寺との縁を切って、「オレの葬式は寺ぬき、僧侶ぬきで」と言い残しました。

父が亡くなって、私たちはそのとおりにしました。
父が愛したモーツァルトを流し、献花し、お骨は市民霊園に納めました。
戒名はなく、墓石には俗名と座右の銘を彫りました。

理不尽な請求書は届かず、不遜な葬式僧侶に気を遣う必要もありませんでした。
私たち家族は満足でした。供養の気持ちがあったから、これでいいのです。参列の皆さんからも「気持ちの良い葬儀だった」と言ってもらえました。
葬儀に僧侶は必須ではない、と父が証明してくれたような経験でした。

世の中には立派な住職がおられても、ごく少数。それでトピ主さんのような不快な思いをされるかたが多いのでしょう。
これから先、卑しい悪行を重ねれば、お寺といえども滅びます。それこそ「因果応報」です。ザマ見ろと思いませんか?

ちなみに私自身、死んだら戒名は要りません。
そもそも特定の宗教を信じていないのに、死んだあとだけ仏教というのもねえ。

ユーザーID:7393125656
一生分のお寺維持費を一括払いしただけでは
無信教
2009年8月3日 10:30

お寺もある意味で、産業です。もちろん、利益追求という意味では
ありません。利益追求でなく、現状維持でも莫大なお金がかかります。
歴史ある建物を維持し、多くの修行僧を養わなくてはいけません。
お寺の防火設備の費用や、国宝級の仏像の保守管理費用もあります。

戒名をもらうというのは、そういうお寺存続のための様々な費用の
何千万分の一を支払うということですよね。
人生80年として、その間にどのぐらいお寺にお金を納めましたか。
毎年檀家として奉納する方もいるにはいらっしゃるとは思いますが、
戒名をもらうときぐらい・・・という方も多いのではないでしょうか。
ということは、お寺存続のための費用を80年間分一括払いしたという
解釈が成り立つでしょう。高いですか?

ま、ある地域に行くと1回の食事に数万円かかる格の高い料亭や
フランス料理店、格式のあるお茶屋さんにお寺関係の方々が多いのは
周知の事実ですが、これは特殊な例でしょうね。

地方の貧しいお寺から戒名をもらうときに、「高い」「高い」と
ことさら騒ぎ立てるのは、大人げないように思います。

ユーザーID:5020065092
他人が変えてはくれないと思います
ぴよぴ
2009年8月3日 16:56

祖母の大好きなお寺さんは、何を頼んでもすごく高いんですけど祖母はそれが自慢みたいで。伯母のお葬式の際には百万円単位でお坊さんに渡すお金を用意しなければと祖母が伯父に何度も何度もお金を出させていて、伯父からすれば、悪徳商売!!!になるのだと思います。
母は高すぎるよねえと、とりあえずお葬式を出すだけならあそこは安価にしてくれるというようなお寺の噂を心に留めているようです。

高い=悪徳というレッテルはいかがなものかと思いますが、戒名を返すのは難しくとも寺を変えることは難しくない。どのお寺が良心的なのかに興味を持つ程度でもお寺の仕事に関心を持つ人が増えると変わっていくと思います。

「足元をみる」という噂、後からではなく前から有名だったと思いますし、次の時には言うなりにならない!という準備をあなたがして、あなたの発信も読めばお寺さんとの付き合い方を考えますから、変わる流れのきっかけになっていると思います。

ユーザーID:2731464711
まかり通っています
gaga
2009年8月3日 18:16

実家の地元は過疎地ですし、殆ど農家、長い付き合いでもあるので、金額が不明ということは無いですが、全てにおいて近隣寺よりも高い。数倍の金額です。でも寺はそれほど立派でもない。災害で寺の修理があったときも、寺側からは一切お金ださず。

誰もがウンザリしてますが、先祖の墓が寺の管理ですし、同じ所に住んでいるので逃げられません。

ユーザーID:0467612361
お寺の収入はお布施だけですか?
とぴ主(トピ主)
2009年8月4日 17:01

皆さんのご意見ありがとうございます。
いろいろ考えさせられました。

ひとつ疑問なのは、お寺がどういうふうに生計を立てているのかということです。幼稚園経営や教職などの副業がない住職は、お布施だけで生きているのか、それとも総本山から支給されるものがあるのか?だれかご存知なら教えてください。

確かに住職さんも生活費が必要なのはわかります。
問題は、聖職者にあるまじき「弱みにつけこむ態度」にあるのです。
最初から「明朗会計」の説明があれば、私たちの気持ちもずいぶん違っていたはずです。

私たち世代は「人間に格差はない」という教育を受けました。もちろん実際に「生活差」はあっても、身分制度のような「公」の差は存在しません。
そこに突然「戒名の格差」を説かれ、しかも値段によってはっきりとその「差」を見せつけられるわけです。よい戒名だと、仏さまの近くに行くことができるのだそうです。

今までの観念を覆すこの「仏教的教え(?)」を、心理的に受け入れられないのは当然ではありませんか。

(つづく)

ユーザーID:2050231277
 
現在位置は
です