現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

年齢差婚 遺族年金?

みどり
2009年9月12日 13:29

28歳みどりと申します。
この度44歳の男性と婚約することになりました。

年齢差婚(?)かも知れませんが、ここに来て先行きが不安になってしまいました。

彼は90年入行の銀行員で、入行19年目です。
転職はしていないので、ずっと厚生年金を払ってきていると思います。

遺産目的でも何でもありませんが、
もし彼と結婚した場合、私は遺族年金がもらえるのでしょうか?
(3号被保険者になった場合)

あるいは子どもがいたらどうでしょうか?

不安です。

どなたかご教示いただけませんでしょうか?
あるいは、わかりやすいサイト等あれば教えていただければ幸いです。

宜しくお願いいたします。

ユーザーID:4588023993  


お気に入り登録数:74
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
古いレス順
レス数:9本


このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
社会保険庁のHPに出てますよ
ちったぁ調べなよ
2009年9月12日 20:01

http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/shikumi/shikumi04.htm

遺族年金とか寡婦年金で検索すれば、た〜くさんヒットします。

ユーザーID:5995805266
確か…
はな
2009年9月12日 20:34

確か、夫死亡当時、妻が30歳以上じゃないともらえなかったはず、です。30歳以下だと、再婚などの可能性ありとみなされ…

ユーザーID:7548120092
条件を満たせば、もらえる
ポメちゃん
2009年9月12日 21:11

遺族基礎年金の対象は、死亡した者によって生計を維持されていた、
子のある妻か子で、
子とは、18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子
20歳未満で障害年金の障害等級1級または2級の子がいることで、
子供がいない場合、当然、もらえません。
子がこの年齢を超えていても、もらえないし、子がこの年齢に達した時点でなくなります。

遺族厚生年金は、子の年齢、有無は関係なく、条件を満たせば、もらえますが、30歳未満の子のない妻は5年有期になります。
それ以外は、再婚しない限りもらえます。
自身の老齢基礎年金と併給可能ですから、あなたが、死ぬまで、もらうことも可能。
いずれも、遺族年金もらう側の年収制限は、850万と以外に高いので、
3号であるかは関係ない。1号でも、もらえる。
但し2号の場合、自身の老齢厚生年金があるので、
自身の老齢厚生年金が優先で、遺族厚生年金は、差額分の支給になる。
厚生年金の場合、上記の条件の子がいれば、遺族基礎年金と遺族厚生年金がもらえます。子がなくても、遺族厚生年金はもらえます。

ユーザーID:4603792723
妻なら当然もらえますよ
いえい
2009年9月12日 21:55

そんな心配より年の差結婚すると
嫁のほうが平均寿命より早く死ぬ確率が高いんですよ。
そして旦那のほうは平均よりながいきする。

言ってる意味わかりますか?
嫁側のストレスが半端じゃないって事。
旦那さんの死後なんか気にしている場合じゃないよ。

ユーザーID:8102934240
それは・・・
たかお
2009年9月13日 0:23

ご婚約することになりおめでとうございます。

「することになった」という事は、まだご婚約
されていないのですよね?

遺産目的ではないとのことですが、もう相手が
亡くなった時のお金の事を心配されているなんて、
もし僕があなたの相手であったら、空恐ろしくて
婚約も踏みとどまるでしょう。

質問に対する回答ですが、最寄の市役所に行って
聞かれては? 「今度、婚約する人とは年齢差
婚で、結婚後この人が亡くなったら私は遺族者
年金をもらえるのでしょうか??」って。

ユーザーID:2339330276
意味不明?
みつこ
2009年9月13日 8:11

年齢差のある結婚と差のない結婚と遺族年金に何の差もないと思います。婚姻届を出し、その後、夫となる方が亡くなった場合は厚生年金の加入が19年でも遺族年金が出ると思います。詳しくはココで聞くよりお近くの社会福祉事務所で聞かれた方が良いです。28歳の方が結婚前に夫が亡くなった時に遺族年金がもらえるかどうか心配するのですか????

ユーザーID:5839604101
もらえます
KAZU
2009年9月13日 8:53

ご婚約おめでとうございます。
結婚が現実のものとして見えてくると色々と不安になるでしょうね。

でも、大丈夫ですよ。
彼に万一のことがあれば、トピ主さんが3号被保険者であるかどうかに関係なく
遺族厚生年金をもらうことができます。

お子さんがいた場合には、お子さんが18歳になるまでは、
遺族厚生年金に加えて遺族基礎年金(国民年金の部分)ももらうことができます。

また、トピ主さんが自分の年金をもらう年齢になっても、
トピ主さん自身の基礎年金(国民年金)と遺族厚生年金をもらうことができます。

ユーザーID:3508023718
小町より専門家。
青井
2009年9月13日 15:28

はなさん、大嘘を書かないでください。
妻の年齢による制限はありません。

トピ主様も、こういったことは社会保険庁のサイト、社労士の無料相談(サイトにもあったりします)あるいはお相手が銀行員とのことですから、そちらに確認した方がいいですよ。まあ、銀行員もいろいろなので、本部やホールセール担当者ならご存じないこともあるでしょうが。
無料の掲示板では、うろ覚えやありもしない内容の答えなどが無責任に返って来ることがあります。法律相談や金銭に関わることには小町は向いていません。

ユーザーID:7202849621
年の差婚の場合
みき
2009年9月14日 10:42

おめでとうございます。

男性が年上の場合で、奥様が専業主婦の場合、男性が定年退職するまでは第三号、退職後奥様が60歳になるまでの間は、奥様は第一号の国民年金保険料を納めないといけないはずです(うちの叔母がそうでした)。

ただ民主党政権になって、年金制度は変わるかもしれないので、どうなるかわからない、というのが本当のところです。

ユーザーID:1971168628
 


現在位置は
です