現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

兄の奥さんにプロポーズしてもいいでしょうか?

K太郎
2009年11月6日 17:00

20代後半のK太郎と言います。
タイトルを見て略奪婚を想像した方、すみません。
兄は6年前に亡くなっています。
だからと言って許されるのか、世間的にはやはりいけないことなのかと悩んでいます。

現在、兄の奥さん(つまり義姉ですね。
自分の中ではあくまで「兄の奥さん」で義姉という感覚がないのですが、便宜上以降は義姉と書くことにします。)とその子供3人と5人で暮らしています。
元々は私が小6の頃に家の事情で一回り年が離れている兄に引き取られ世話になっていたのですが、
兄の結婚後、他界後もそのまま居座っている状態です。
ちなみに、今住んでいるマンションは兄の遺言で私が相続しています。

義姉は現在30代半ばです。美しく聡明な女性です。
兄の存命中は無意識に「単なる憧れ」として気持ちを処理していたらしいですが、
兄が亡くなってから自分が義姉の事を女性として愛している事を確信しました。

子供達の事も大事に思っています。
一番上の子が生まれた時は私はまだ中学生だったので普通に「可愛い甥っ子」だと思っていましたが、
一番下は兄が亡くなってから生まれたので、気持ち的には勝手に我が子のように思っています。

義姉は私の気持ちに気づいていると思いますが、私たちの関係に変化はありません。
子供達には「父親役の叔父」というスタイルで接しています。

彼女を自分のものにしたいという気持ちは否定できませんが、
子供達も含め、近くにいられるだけでも満足だと思っていました。

が、先日長男から「お母さんと結婚して」と言われました。
よく聞いてみると、兄から「きっとお母さんを幸せにしてくれる人がいるから、
お前が結婚を勧めてやってくれ」と言われていたそうです。

義姉の兄にも後押しされています。
正式にプロポーズしてもいいでしょうか?

ユーザーID:6696831568  


お気に入り登録数:4924
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:47本
最初へ 前へ 1 2 3 次へ 最後へ すべて トピ主のみ(47)ほかのレスも表示

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
トピ主です
K太郎(トピ主)
2009年11月6日 22:18

レビレートのざわさん、早速のレスありがとうございます。
確かに暴走気味でした。

しかし、交際と言っても今更改めて何をすればいいでしょうか?
同じ家に住んでいるので当然毎日顔を合わせてますし、子供同伴ですがレジャーや旅行にも一緒に行っています。
ある意味すでに結婚しているも同然の生活です・・・

今気づいたのですが、私が気にしているのは世間体ではありません。
世間的にはすでに色々言われていますし。
悩んでいるのは「生まれ変わってもまた一緒に」と誓い合うほど愛し合っていた二人の間に割り込んでいいものなのか、と言う点です。

兄の長男(現在小6)や義姉の兄は、義姉が私と再婚する事は兄自身が望んでいた事だと言ってくれており、私も多分そうだろうと思い当たる節はあるのですが、義姉のためには一生兄の妻のままでいさせてあげたほうが幸せなのかもしれないと思うのです。

そのくせ、彼女を自分の妻にしたい、夫として彼女に触れたい、という欲望を捨てきれずにいます。
今までは抑えてきましたが。

ユーザーID:6696831568
トピ主です
K太郎(トピ主)
2009年11月6日 22:20

義姉は私の事を男として見てはいないと思います。
しかし、私がいなくなった生活は想像出来ないと言ってくれた事があります。

ユーザーID:6696831568
トピ主です
K太郎(トピ主)
2009年11月7日 21:21

たくさんのレスありがとうございます。
失言小町さんのコメントまで拝見しました。
個別に返事を書けず申し訳ないです。

まず、肯定的なコメントが多く驚きました。
もっと非難の嵐かと思っていたので。

最初の投稿では文字制限の為書けませんでしたが、質問をいただいている事もあるので少し詳しく追記します。

・相談できる両親はいません。
義姉の両親は亡くなっており、私の方は絶縁しています。
当時、家庭環境が劣悪すぎて兄に引き取られました。
ちなみに、兄と私は異母兄弟ですが、兄の母も早くに亡くなったそうです。

・経済的には、義姉は不自由していません。
不動産は私が相続しましたが、現金・有価証券等は義姉と子供達が相続しています。
生命保険だけでもかなりありました。

・自宅を相続した件について
放棄しようとしましたが、兄の意向だからと義姉達に説得され受け取りました。
当時の私に相続税が払えるほどの貯金があるはずもなく、それを知っていて不動産を相続させようとは、兄は私に何か恨みでもあるのか!?と一瞬思いました。

続きます

ユーザーID:6696831568
トピ主です
K太郎(トピ主)
2009年11月7日 21:39

おそらく、兄には草津の湯さんのおっしゃるような意図があったのだと思います。
経済的には問題なくとも、兄と過ごした家を去るのは義姉にとって耐え難いことでしょうから。

※書いているうちにレスが増えていました。
端沖さんのコメントまで読みました。

・ローンはありませんでした。
このマンションは結婚を機に兄がキャッシュで購入したようです?

・兄が亡くなった後、別居の話は当然出ました。
が、どちらが出るかで話がまとまらず・・・
私は、兄との思い出等色々あるだろうから自分が出て行くと申し出ましたが、相続が私なだけに義姉も遠慮したので。
結局、お互いに同居が嫌とかでなければ現状維持が子供達にとって良いのでは?という義姉の兄の提案に双方納得し、同居が継続ました。

・プロポーズが失敗した場合
そこが問題です・・・
別居が必要であれば私が出て行くつもりです。
でもこの関係が崩れるのはつらいので怖いですね。へたれな自分が情けない。

・年齢は私が29、義姉が37、兄は生きていれば41です。

ユーザーID:6696831568
トピ主です
K太郎(トピ主)
2009年11月7日 22:51

・生活費について
誰が家計を支えているのかと言えば、「兄」でしょうね。
義姉は私からお金を受け取ってくれません。
むしろ家賃を払うと言われます。
家事をほとんどやってもらっている事を理由に断っていますが。
義姉も今はあるものの講師をしており、いくらかの収入はあるようです。

ところで、でぶりんさんのレスはかなり核心ついています。
生前の兄のように・・・正直言いまして無理です。

私は人並みには稼いでいますが、妻と3人の子供を養えるほどではありません。
実際には兄の遺産があるので生活には困りませんが、それって男としてどうなのか。

それに、兄は語学堪能で英語と中国語がネイティブレベルで、手話もペラペラでモールス信号や手旗信号もできました。
運転免許はコンプリ状態だったし(なぜ?)、車どころか飛行機の操縦もできたとか?
さらに運動神経も抜群で、例えばSASUKEに出れば余裕でファイナルステージクリアできそうなくらいでした。

私はと言うと、いたって普通の人間です。
こんな兄の奥さんだった人に告白する資格すらないかもしれません・・・

ユーザーID:6696831568
トピ主です
K太郎(トピ主)
2009年11月8日 22:03

小悪魔さんのコメントまで拝見しました。

法律上どうなの?というご指摘もありましたが、
血縁関係がなければ兄弟姉妹の婚姻に問題はないようです。
※ただし親子の場合は義理でも不可

一度別居したらとの意見もいただきましたね。
今の生活が負担になって出て行くと思われると元も子もないので悩みますが、確かに29にもなって自分で部屋を借りた事もないというのは情けないですね。
別居するかはともかくとして、単身用のワンルームでも借りてみようと思います。。
いざ別居するとなった時に、すでに借りてあれば私が出る理由になりますしね。
貴重なご意見ありがとうございました。

ユーザーID:6696831568
トピ主です
K太郎(トピ主)
2009年11月9日 0:46

>それなら、長男さんのコメントに対して、
>「お母さんの気持ちも尊重しないとね。」と、冗談めかして返答してみてはどうですか?

「お母さんが好きなのはお父さんだから無理だと思うよ。」
と言ったところ、
「お母さんの今の気持ちなんかこの際どうでもいいよ。結婚したら絶対Kのことを好きになるから!」
と言われました!末恐ろしい子です。
顔は全然違うのですが、表情や振る舞いが最近兄に似てきました・・・


>あまりにもお互いに近い存在のため、愛情と情を混同しているのではないでしょうか?

もし純愛を想像していた方がいらっしゃれば申し訳ないのですが、
私だってこの6年間ずっと義姉だけを想い続けていたわけではないんです。
心が満たされない事をしても虚しいだけだと気づいたので、ここ一年ほどは「草食系」で通してますが。
義姉の事は手に入らない存在だと諦めていたので、誘われれば付き合いもしたし、兄が亡くなった時も彼女はいました。
でも駄目なんです。好きになれそうだと思っても、気が付けば義姉の事ばかり考えているのです。
離れて暮らすようになれば変わるのでしょうか?

ユーザーID:6696831568
トピ主です
K太郎(トピ主)
2009年11月9日 1:22

>内容を読んで、トピ主さんと義姉さんが最初に会ったのはいつ頃なのかが気になりました。
>小6からお兄さんの世話になっていたそうなので、お兄さんは言わば父親がわりのようなもの
>そして、もしかしたら義姉さんは母親がわりだったのかもしれないと。

初めて会ったのは私が中3の時です。

※すみません、最初のトピに誤りがありました。長男が生まれた時はもう高校に行っていました。

義姉の兄とは、兄と同い年で仲が良かった為元々面識がありましたが、妹がいるとは知りませんでした。
兄が「結婚するから」と連れてきた時に初めて会いました。
母親のつもりだったかどうかは分かりませんが、その頃は確かに「保護者」でした。
やはり義姉の立場としては私を結婚の相手として考えるのは難しいでしょうか。

余談ですが、兄の母方の祖父(つまり私の祖父ではない)と義姉達の祖父が従兄弟同士で仲が良かったので昔から親戚付き合いがあり、義姉は兄が初恋で子供の頃からずっと兄だけを想い続けていたのだそうです。
多分今も当然のように兄を愛し続けていると思います。

ユーザーID:6696831568
トピ主です
K太郎(トピ主)
2009年11月9日 23:50

mimさんのコメントまで読みました。

>お兄様がお子さんに奥様の再婚についての話をなさっていたということは、ご自分の寿命を知った状態で亡くなったという事でしょうか?

死の危険を伴う仕事をしていたので、それとなくそういう話をしていたようです。

>遺産だけで子供の養育費、生活費+義姉さんの一生分の生活費が賄えるとは思えませんし、一生シングルという考えなら講師だけでなくもっと収入を得る仕事につこうとするはずです

義姉が家にいるのは、子供が小学生までの間は家で出迎えてやって欲しいとの兄の希望があるからだと思います。
それに遺産ですが、まぁ、多分なくならないでしょう。

>小6のとき迎え入れてもらったまま甘え続きで成長していないのではないでしょうか。お兄さんから与えてもらった擬似家族に満足して別居の話がでても、”義姉に甘えて”うやむやに。
なんだかんだと威勢のいいことをいいつつ、今の生活を崩すのが怖くて何もできない。

その通りです。ぐうの音も出ません・・・。
今の状態が「オママゴト」でしかない事は分かっています。そろそろはっきりさせる必要がありますね。

ユーザーID:6696831568
トピ主です
K太郎(トピ主)
2009年11月10日 2:54

>今のご家庭の雰囲気、どうですか?子供が寝た後二人でゆっくりお茶飲んで話したりとか、してますか?おねえさんのほうからお茶飲もうと誘ってくれたりしますか?さらに相談事をされたり、していますか?

お茶を飲みながら話したりというのはありますが兄が亡くなって以来、お互い、いや特に私のほうが一線引いてしまっています。
あ、相談事は普通にされますよ。
子供達の父親役を演じるのは、まぁ多分兄の存命中からすでに少しそんな感じだったので問題ないのですが、「夫」としての領域に踏み込むことに抵抗を感じるのです。

大体、兄は本当に死んでいるのでしょうか!?

子供は生まれるし、未だに家計を支え、子供達の誕生日には毎年カードとプレゼントを送ってきます。そして義姉は兄を想い続けている・・・

確かに身体はもうありませんが、死んでいるとはとても思えません!!

ああ、こうやって文章にしていく内に、私が感じていた不快感の原因が分かってきましたよ。

ユーザーID:6696831568
トピ主です
K太郎(トピ主)
2009年11月10日 2:56

義姉、と書いていますが、最初に述べたように、少なくとも私の中では「姉」という感覚がないので、彼女を想う事に近親相姦的な罪悪感はありません。

ですが。
「夫」の領域に踏み込むことは、兄に対する裏切りではないでしょうか!?
ええ、死んでいればそう問題ないのです、死んでいれば!!!

すいません、トピのタイトルを間違えたようです。
「死んだ兄に怯えています!」が本音でしょうか???

ユーザーID:6696831568
トピ主です
K太郎(トピ主)
2009年11月10日 22:44

昨日は変な事を書いてしまいすみませんでした。
末子の誕生日が近いせいか気が落ち着かないのです。

兄がもうこの世にいない事、頭では理解しています。
遺体もこの目で確認していますから。

死因は仕事とは関係ない突発的な事故でしたが、兄は当時すでにかなり進行した癌を患っており、どのみち亡くなる運命だったそうです。
※私達には知らされておらず、医師である義姉の兄だけが知っていました。

実は昨日、仕事の帰りに不動産に行ってアパートを申し込んで来ました。
家の近所には単身向物件があまりないので職場の近くです。
私一人なら雨風さえしのげればいいのですぐに決まりました。
今審査中ですが順調に行けば来週には入居可能となるそうです。

迷っていましたが、やはり一度離れて暮らしてみようと思います。

それから、何人かの方が心配されていたマンションの件。
兄がわざわざ私に相続させた真意は今となっては分かりませんが、少なくとも私に楽をさせる為ではない事は確かです。
ですから今後、万が一私が他の女性と家庭を築くことがあっても、義姉達を追い出すなんて事はありえません。

ユーザーID:6696831568
トピ主です
K太郎(トピ主)
2009年11月11日 9:18

末子が熱を出してしまいました。
ここのところ私も体調不良が続いているので私が休みを取ることにしました。
今日は義姉も仕事があるので。(昼過ぎには帰ってきますが)

今日は皆さんに知恵を貸していただきたい事があります。

子供達の誕生日に贈り物が届くように手配されていた件についてです。
上の二人は分かります。しかし、末子の誕生日にも同じようにカードとプレゼントが届くのです。

末子は兄が亡くなる寸前に出来た子供です。
兄が亡くなった時点では、義姉自身妊娠に気づいていませんでした。
いくら兄が頭脳明晰でも、末子の誕生(日)を予測することは不可能だったはずなのですが???
しかも末子は胎盤早期剥離による緊急帝王切開で予定日より早く生まれています。

兄の死後、上の二人の誕生日にプレゼントが届いた時は「兄らしい計らいだ」と思いましたが、末子の誕生日にまで届いた時は驚いたというより正直背筋が凍りました。

続きます

ユーザーID:6696831568
トピ主
K太郎(トピ主)
2009年11月11日 9:37

子供達は素直に喜んでいて、私以外誰も気にしていないようですが、末子の誕生日が近付く度に言い知れぬ不安に襲われ夜も眠れなくなる私はおかしいのでしょうか?

私は幽霊など信じていませんし、

>お兄さんはどこかの特殊部隊のスパイで、偽装死亡で戸籍抹消し、まだどこかで活動中。

なんて事も絶対ありえません。
が、不思議過ぎて時々非現実的な想像をしてしまいます。
平静を装っていますが、実際もうノイローゼになりそうです。

・プレゼントの小包は日付指定で届きます
・発送元は私達が住んでいる都市です
・カードには直筆のメッセージ(数行)が書かれています

どなたかこの謎を解いて私を安心させてください。
お願いします。

ユーザーID:6696831568
トピ主です(お礼)
K太郎(トピ主)
2009年11月11日 18:59

こんな馬鹿な相談に回答下さった皆さんありがとうございます。
結論から言うと、送り主の正体は義姉の兄でした・・・

皆さんのコメントを読んですぐに義姉に確認したところ、義姉は私の仕業だと思っていたそうですが、「K君じゃないならきっと兄さんよ」との事だったのでメールで聞いてみると、「本気でS次郎(兄)だと信じてたのか?大丈夫か?」との返信が!!
恥ずかしくてトピごと消去したい気分です・・・

兄の手配だと思い込んでいたので「兄以外」というのは気づきませんでした!
こんな事で6年も悩んでいたとは・・・(脱力)

ユーザーID:6696831568
トピ主です
K太郎(トピ主)
2009年11月11日 21:10

馬鹿な思い込みの言い訳になりますが、私は上の子たちに届いたプレゼントが兄の手配によるものだと信じていたのです。
もちろん、末子にだけプレゼントが届かないのは可哀相だと思っていました。末子の分は私が代わり何か贈ろうとも。
ただ、2歳くらいからでいいと思っていたのです。

と言うのもこの家では、『1歳の誕生日=子を産んだ義姉を労う日』だったからです。
上の二人の時も、ケーキに立てたろうそくを吹き消すイベントこそありましたが、プレゼントは義姉に贈っていました。
なのでその日は、兄に代わって義姉へのプレゼントを用意していました。

そこへ末子への贈り物が届き、カードの筆跡が上の二人のものと同じだったので・・・


今日はこれから、いくつかの疑問にお答えするつもりでしたが、義姉の兄から「そっちに向かっているから少し遅いが飲みに行こう」との電話があったので行って来ます。

ユーザーID:6696831568
誤解です(匿名さんへ)
K太郎(トピ主)
2009年11月11日 21:22

すみません。出かけると言いましたがこれだけは書いておきたくて。

>貴方が別の若い女性と結婚して、その家にお義姉さんが住み続けることができると思いますか?
同様に結婚相手は、元兄嫁と何の抵抗も疑心暗鬼も無く住めるでしょうか。

それは誤解です。書き方が悪かったですが、2世帯で住むという意味ではないです。もしもそうなった時は、住み続けるのは義姉家族だけです。

>小町に集う女性たちがどれだけ義理の親兄弟を嫌っていると思います?
小町を読んでいるのに分かりませんか?

普段から読んでいるわけではないので・・・
先ほど色々読んでみましたが、皆さん大変なんですね!

>…何だか「マドンナ達のララバイ」が聞こえてきそうです。

いい曲ですよね。兄がよく聞いていました。

ユーザーID:6696831568
トピ主です
K太郎(トピ主)
2009年11月12日 3:39

義姉の兄(面倒なので以後義兄)が突然来ると言うので会ってきました。
義兄は他県に住んでおり、気軽に行き来する距離ではないの驚きましたが。

まず、私が毎年のカードに怯えていた事を知り、「悪かった、サンタクロースのノリでやっていた。こんな事でお前が悩んでいるとは知らなかった。」と謝ってくれました。

実際に兄から預かっていたのは上の二人の成人式に宛てた手紙だけで、
誕生日のカードとプレゼントは義兄の独断で贈っており、カードは全て義兄が書いていたそうです。

お前の思い込みはお前が兄を絶対視しすぎているせいだ、と言われました。
それから、「お前にとって兄は神かスーパーマンだったかも知れないが、あいつだって時には泣きもすれば嫉妬もする、失敗もするし知らないことだってある、普通の男だった。」と。

(続きがあるのですが長くなりそうなので明日にします、すみません)

ユーザーID:6696831568
トピ主です
K太郎(トピ主)
2009年11月13日 2:35

昨日は、義姉の兄(以後義兄)に思い切って全てを打ち明けました。
そこで義兄から聞かされた兄の話は、とてもショックでしたが、結果、やっと兄の死を受け入れられた気がします。

兄の経歴について(この話自体?)疑う声もありますが、多少大げさにはなっているかも知れませんが、特に嘘は書いていません。うまく説明できませんが、「本当にそんな人いるの?」という人が実際そこにいた場合、「この人に不可能はない」と錯覚してもおかしくないのではないでしょうか?

もちろん頭では理解していました。兄も生身の人間だと。
でも信じられなかったんです。あんな事故であの兄が死ぬなんて。
病気で体力が衰えていたのかもしれません。健康で元気な頃だったら避けられたのかもしれませんが・・・

ハリーさん、末期がんとは書いていません。
兄が患っていたのは”極めて転移しやすく””進行が早い”種類のもので、自覚症状が出て義兄に相談した時はすでに全身に転移した状態だったそうです。
別に隠し通すつもりだったわけではなく、事故がなければ義姉や私にも打ち明けてくれたと思います。

ユーザーID:6696831568
トピ主です
K太郎(トピ主)
2009年11月13日 2:41

話がそれてきましたが、ついでなので今書きます。
兄の職業は保持資格・特技とあまり関係ないです。
私が兄に引き取られた当時は、特技を全く活かせない仕事をしていました。長女が生まれた頃に転職し、『命の危険を伴う仕事』に就きましたが、特殊と言うほどではなく、イメージとしては消防士が近いです。

話は戻り、
信じがたいのですが、長男妊娠中、兄が「俺は良い父親になれるのか?」と泣いた事があり、子供が生まれてからもずっと悩んでいたそうなのです。

義兄が言うには、

兄は母親を愛していたが、母親は働き尽くめで十分に甘える時間もないまま亡くなった。父親には殴られて育った。兄は自分の子供に『理想の父親』と『理想の母親』を与えることで心に残ったキズや寂しさを埋めようとしていた(のではないか)。

(続きます)

ユーザーID:6696831568
 
最初へ 前へ 1 2 3 次へ 最後へ すべて トピ主のみ(47)ほかのレスも表示

現在位置は
です