現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

なんの才能もない自分…

wind/green
2010年1月12日 9:16

36歳、専業主婦です。子供3人、夫は会社員、平凡な幸せな毎日です。

大学生、OLを経て、そして主婦。

同年代はどんどん出世し、キャリアを積み。
自分より若い世代でもすばらしい活躍をみると、自分は何て平凡な人間なのだろうと思います。

どうして専門的な勉強を若いうちにしておかなかったのか、
どうして手に職をつけなかったのだろうと、ふと思います。

すぐ病気する子供を預けて働けない。
家事育児、庭の掃除や、整頓、子供の相手…
社会よりも、家庭から必要とされている。

社会から必要とされていない自分が悔しい。
社会から必要とされていれば、子供を預けてまでして働く。
誰にも頼まれないから、ゆっくり子育てしてる。
PTAや、ボランティアで社会のお役に立てばいいのかしら。
少しでも供給する側になりたい。
単なる消費者ではなく、提供する側に、観客ではなく、出演者になりたい。

私の妹は医師です。
医師の基盤があってさらに子育てしている。
医師としても日々成長、母親としても成長している。
子供はどんどん成長していくのに、私は老化する一方。

自分自身が成長するにはまずどうしたらよいのでしょうか。

ユーザーID:9889033459  


お気に入り登録数:60
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
古いレス順
レス数:25本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
少しずつ仕事をしていきましょう
えみ
2010年1月12日 10:49

胸が苦しくなるほどわかります・・・奇しくも同じ36歳。子育て中です。

36年も生きてきて、結局自分は何も成就してないじゃないかって思うこともあります。
何をしても開花しなかった。
子育てして毎日家の中にいると余計に。
ある意味頑張っているけど、それはわかってるけど、社会からは必要とされていない。
人生全部が不幸ってわけじゃないけど、どこかむなしい・・・って。

でも、1年ほど前から少しずつ仕事をするようになってから、ちょっと気持ちが軽くなりました。
子供がまだ未就学児ですが、出来る仕事があります。
私はまず、通信教育の添削をはじめました。
それに慣れてきてから、日曜日だけ配達の仕事もはじめました。
町内会の役員も引き受けました。

そのうち会社側からお願いされるようになり、平日に子供を自転車に乗っけて配達したりしてます。
少しずつですが、頼られ、進歩している自分を感じます。

町で出会う人に「えらいね」「がんばって」って言われます。
それが励みになります。
でも頑張ってるつもりはないんです。
少しでも誰かに頼りにされることがうれしいんです。

ユーザーID:1313314036
あなたにしか出来ない事
ナラマル
2010年1月12日 10:52

>自分は何て平凡な人間なのだろうと思います。
>平凡な幸せな毎日です。

平凡か非凡かという括りで考えると、世の殆ど全ての人が「平凡」ですから気にする必要はないと思います。一番悲惨なのは平凡でありながらプライド(自尊心)のみ肥大化している人ですよ。そのプライドには根拠ないワケですから蜃気楼のようなものです。それに比べればずっと幸せではないですか!

>社会から必要とされていない自分が悔しい。

天から必要とされてこの世に生を受けたのでは?

>社会よりも、家庭から必要とされている。
>誰にも頼まれないから、ゆっくり子育てしてる。

あなたを必要としている場所があり、それが家庭だったというわけですよね?子育てとは未来を創る事の一端を担っているわけです。申し訳ないですが、「社会参加」といった大層な名目の下に、誰でもできるような仕事をする(単なる自己満足)よりも余程価値があると思いますが如何でしょう?
あなたの子供を育てるのはあなたしか出来ない事であり、その方が「誰でもできるような仕事をする」事よりも尊い事だと思いますよ。

ユーザーID:1592495834
結局自分に言い訳しているだけ
よつ
2010年1月12日 11:07

自分が何もしてこなかった言い訳を探しているうちは、何か新しい事にチャレンジしても長続きしないんじゃないかと。

あと、気になったのは
>すぐ病気する子供を預けて働けない

>社会から必要とされていない自分が悔しい。
>社会から必要とされていれば、子供を預けてまでして働く。

この2つは矛盾していると思うのですが。
すぐ病気するお子さんがいらっしゃるうちは、無理して働かなくてもいいと思いますよ。
大きくなって病気の頻度が減るまでの家にいる期間は「スキルを蓄える」絶好のチャンスだと思いますけど?

>自分自身が成長するにはまずどうしたらよいのでしょうか。
まず、スキルを身につけてこなかった自分自身に言い訳するのを止めてください。
そして、どんな事でもいいので、何か1つ極めてみてください。
金銭に直結しなくても、趣味でも何でもいいです。
そこから人脈が生まれて、何かが変わると思いますけどね。

ユーザーID:4222098645
全く同じ心境です
まりりん
2010年1月12日 11:18

小町歴半年ほどで、様々なトピを見て共感する事も多々ありましたが
今回のwind/greenさんの心境が今の私に最も近いです。
時間と言うか人生を浪費し、言い訳しかしていない自分に苛立ちと諦めを感じています。

私はボランティアを始めましたが
動機が不純(?)なので、他の人のように自分のやっている事に満足できません。
奉仕ではなく義務でやっている感じで無理無理、自分を奮い立たせています。

本を読み、素晴らしい講演会を聞きに行き
その時は感銘を受けても、いつも「でも、私には無理」って思ってしまいます。
私の場合は子供もすでに手を離れ、まさに置き去られた状況です。
何をして良いのか、それよりもこの年の自分に何ができるのか…

今は諦めしかないかな、と
好きな物を見つけるために情報を仕入れるのも仕事
充電期間も大切、と思うための努力をしています。


本当に何もない私ですが子供たちが立派に育ってくれて
それを育てたのは自分だ、とやっと褒める事ができるようになりました。
子供たちからは今も色々、学ばせてもらっています。

ユーザーID:7592156094
PTAをやってごらん
see
2010年1月12日 11:19

私、大学卒業後すぐに結婚して以来ずっと無職。会社員の夫と普通に暮らしています。でもね、社会から必要とされていない、、、、感覚はありません。立派に子供を3人も育てていますよ。子供の出来は置いておいて、自分はがんばってますよ。それで十分じゃないですか?立派なお母さんの肩書きでなぜダメなんでしょう?外に仕事に出ていても、子育てほったらかしの人いますよ。両方はなかなか難しいんですよ。そりゃやってこなせる人もいるんでしょうけど、みんなどこかで何かを犠牲にしたり、心の中ではすべてがまるくは収まっていないはずです。

何となく子育ても落ち着いたなら、子供の学校に行ってみてください。PTAの仕事でいいんですよ、別にお金をもらえる事にこだわらなくても、十分充実感もあるし、勉強できる事もいっぱいです。少なくとも仕事をした事のなかった私は、学校の運営に関わる事で、たくさん学びました。いろんな人と関わって行く事で、人生よい人間関係を築くのに大切な事が分かったと思います。素敵な人に会うと、ああなれたらな、と思います。人生はどれだけ幸せに過ごしたか、が大切です。何か学べる事で、人生充実感を感じましょうよ!

ユーザーID:2644992169
仕事って筋肉なんだって
匿名で
2010年1月12日 11:31

漫画の「リアル・クローズ」のセリフだけど。
筋肉って、鍛えなくちゃ緩んでしまう。
だから、調整しつつも、鍛え続けることが一番重要なんだってことでしょうね。
ということはつまり、続けることが最重要だってこと。
トピ主さんは鍛えるのを止めてしまった(専業主婦)だったのでしょう。
妹さんや周囲の女性は、何があっても鍛えることを止めなかった。
仕事においての差って、これでしょう。
ただ、筋肉って何歳になっても鍛え始めれば鍛えられます。仕事も同じじゃないかな。
出来ない、やれない、無理では今後も変わりません。
ただ、子育ても立派な仕事とか、人の役に立つボランティアをやっているから自信持って、という話になります。
でも、それって仕事とは違う種類のもの。
出演者になりたいなら、下っ端から始めるしか道はないです。
いきなり主役にはなれない。
主役達は、トピ主さんが平穏な幸せを享受していた頃に、人知れず死ぬほどの戦いをしてきたのですから。
上を目指しすぎず、まず一歩踏み出す。
踏み出した所から道が始まるんだから。

ユーザーID:5380617742
わかる気がします
ronta
2010年1月12日 11:48

たぶんこちらに厳しいご意見を言う人は多いと思います。トピ主さんはとても恵まれていて、努力もしてないなどと。でも、そんなことないんじゃないかな。
たぶん家事や子育てを社会的に認めてもらいない現実からくる喪失感なのだと思います。家事や子育ては立派に社会に貢献している仕事のはずなのに軽んじられている・・だから何か物足りない。必要とされていないと思ってしまう。何かしなきゃ、何かしたいと思ってしまうのです。

子育てってとても大変なことです。人間を育てているのですから。きっとトピ主さんは子育てを通して人間的にも成長しているはずです。
妹さんは医師だそうですが、医師ゆえに子育てが十分にしてやれないことを悩んでいるかもしれませんね。結局はどっちもどっちです。
私は立派に家庭を守っているトピ主さんは素晴らしいと思いますよ。

でも、同じように考えている方も多いでしょうね。何かひとつできることから始めてみるっていうのはいかがでしょうか。モヤモヤから抜け出すには行動してみるというのが一番です。

ユーザーID:5259819105
まずは行動
匿名
2010年1月12日 11:55

悩んでいても、何も変りません。

まずは行動しましょう。

自分の趣味でも、自分の得意分野でも、何でもいいですから行動することが大事です。

一主婦が世間から注目を集めたという話は、よく有ります。

例えば、日々の食事の写真とレシピをネットで公開していたら人気が集まり、出版社の目に留まり本を出版したとか。

アニメのキャラクターを描いたお弁当、「キャラ弁」をネットで公開していて、海外にまで広がったとか。

文才があれば作家を目指すのもいいでしょう。

絵本作家だってよいでしょう。

折り紙でも、編み物でも極めてしまえば才能になります。

とにかく行動です。

ユーザーID:3423486047
それは
鍋パーティー
2010年1月12日 12:08

妹さんが医者であることを自慢したいのですか?笑

このご時勢、専業主婦に就職するのもたいへんですよ。

ありがたく思っていただきたいですね。

それとも、ちょっとうつ病気味なのではないでしょうか?

外には出たほうがいいですが、

自宅でフラワーアレンジメントの教室でも開いてみたら?

インストラクターは結構尊敬されて楽しいわよ。

ユーザーID:2256478506
いや〜携帯からの書き込み
ねこ
2010年1月12日 12:45

皆そんなもんだと思いますよ。

ユーザーID:7938824702
そんな風に考えなくても
もも
2010年1月12日 13:07

子供を三人育てるのがどんなに大変なことか、子を持つ親なら誰でもわかると思います。どうしても社会の役に立ちたい、収入を持ちたいなら、今からでも遅くないですし。

ユーザーID:1207703802
どうして??
はぴ
2010年1月12日 13:19

お子さん3人もそだてていらっしゃるんでしょう?
その役目はあなたにしかできないことなんじゃないですか?
もっと自分に自信を持ってください。

お子さんの手が離れれば職業訓練校だって通信教育だってできますよ。
私の母はOLになり一年で出産・妊娠のため退職し、以降専業主婦で私を含め子ども3人を育てました。
そんな母が資格も何もなく突然介護士になりたいといいだし、歳の離れた弟もようやく手が離れたのも引き金となり、人生初のハローワークに一人で行き、2月から就職します。

何かやろうと思う気持ちがあれば、御家族の協力があれば何だってできるんだと思います。
でも…今の生活も大切にしてくださいね☆

ユーザーID:2263623526
一歩ふみだそう
Y☆R
2010年1月12日 13:29

同世代です。
私はなんの取り柄もない。おまけに×1。誰の役にも立ってない。
かろうじてペットからは飼い主として認めてもらっているのか否かの人間です。

やりたいという気持とあまり高いところに目標を作らず自分の出来ること出来そうなことから
一歩を踏み出してみたらいいと思います。

興味があること、あったことを思い出してみて
関連する勉強だとか習いごとだとかサークルに顔をだしてみたらどうですか。

そんな私でも結婚しているときに元夫に遠慮してやめた趣味を全部やり直してます。
そのなかで、背伸びせずに誰かの役に立てそうなことを見つけ実行したいなーと思ってます。
ここぞと云う時ならまだしも、普段から自分に負荷かけると挫折するタイプなので、
自分の出来ることを少しずつをテーマに、講座に行ったり本を読んだりしています。

ボランティア活動されている方の言葉で、人のための前に自分のためにやっているんだと仰っているのを聞いたことがあります。
自分の利と云う意味でなく心のためという意味です。
トピ主さんに合う出来ることは必ず在ると思います。何か目標があるって楽しいです。

ユーザーID:8610283363
素敵です携帯からの書き込み
二足の草鞋
2010年1月12日 14:53

同世代です。
三人も生み育ててる。十分素敵です。
社会にも貢献してます。自信持って下さい。

母は専業主婦でした。私は兼業ですが、母を超えられません。色々な意味で。
お子さん立派に育てて下さい(別に学歴じゃないですよ!大きな意味で)

地域社会にも貢献して。十分必要とされてます。応援してます!

才能は資格とかじゃない。与えられたものを生かすかどうかだと思います。

ユーザーID:3895264621
逆ですよ。変わって。
ミミ
2010年1月12日 16:12

贅沢です。36歳自営業で独身。年収は2000万程の生活で平凡な毎日。

一流大学を卒業後、キャリアを磨き亡き父の会社を継ぎました。所謂専門的な
仕事でそれなりに稼ぎ、かなり活躍しているね、とはたからは言われます。だけど毎晩布団に入ると思います。

「どうして若いうちに素敵な人と付き合わなかったのか
どうしてリスクのない出産をできる年齢の時に結婚したいと
思える人に出会えなかったのか」と。

徹夜続きで仕事をしても還元金報酬は不況で雀の涙くらい。
従業員同士の人間関係、お客様からのクレームに頭が痛い毎日、
ボランティアをしても社会に本当に必要とされているか微妙で、
自分を必要としてくれる男性、家族がいない。

たった一人でいい。好きな男性から必要とされたい。私がいないと生きて
いけないと追いかけてくる子供を産みたい。
社会、仕事は私の変わりはいくらでもいる。
愛する存在達から必要とされていれば、地位もお金も名誉もいらない。

提供する側の、その他大勢の役者ではなく、消費者に、
出演者ではなく優雅に買える消費者になりたい。
子供のまま私は。

ユーザーID:4043331959
ないものねだり
ぼやっきぃ
2010年1月12日 16:50

って言葉御存じですか?

幸せな家庭を持っているだけでも良しと思えなければ、貴女は不幸だと思います。

私は専門職で、今は病気療養中です。いつでも復帰は可能ですが、家庭が一番大事です。特に自分が病気をした後は、私のように病気しないよう家族を見守ることを選択しました。貴女は家族から必要とされているではないですか!それだけでは、ダメですか?

>社会から必要とされていない自分が悔しい。
社会から必要とされていれば、子供を預けてまでして働く。
誰にも頼まれないから、ゆっくり子育てしてる。

貴女は自分の幸せに気づいていないのでしょうね。今、社会に貢献している御主人の世話をして、やがて社会に貢献する子供の世話をする。貴女も立派に社会貢献していますよ、サポーターとして。

家庭では、母親が頼りなんです、頑張ってください。

ユーザーID:3244006456
子供の頃の夢は何ですか?
漁夫之朋
2010年1月12日 16:55

素敵な花嫁になる事、素敵なママになる事ではありませんでしたか?
それならば、夢と目標は達成しているのではありませんか?
今の人生を誇りに思い、堂々とするべきです。

もしも、医者になる夢を抱いていたのであれば、
もしも、科学者や技術者になる夢を抱いていたのであれば、
もしも、世界を相手にビジネスをする夢を抱いていたのであれば、
もしも、○○になる夢を抱いていたのであれば、

なれなかったのは才能のせいではなく、
自分で夢を諦めたのが理由ではありませんか?

才能の無い自分を嘆くのでは無く、
努力を怠った自分を悔いるべきです。

舞台の上は、サイドラインの内側は、華やかなビジネスの場面は、
夢を諦めなかった、努力を続けた人達の居場所なんです。

ユーザーID:1536882071
私もー
一人っ子母
2010年1月12日 22:40

夫に言われてしまいました。夫は有能な女性と接する機会も多いんでしょうねぇ。私が洗ったものを着て、私が掃除した家に住んで、私が作ったものを食べているのに何言ってんだーこらーっ!!!

・・・と今度言われたら怒ってみましょうかねぇー・・・(駄)ですみません。

でもトピヌシ様は3人ものお子さんを産んでお育てになっているので、この少子化の時代にはありがたい存在だと思います。私は複数のお子さんを持つお母さんを尊敬しています。自分のできなかったことをなさっているので。

3人のお子さんの頼れる母になってください。

ユーザーID:1480929567
悩んだときは
さんまの缶詰
2010年1月12日 23:04

↓を大声で唱える(笑)

「生きてるだけで丸儲け!!」

何の才能もないなんて悲しいこと言わないで。
閉塞感漂う世の中で、子どもと夫に囲まれて平凡でも幸せな毎日を過ごせることに感謝して。

あなたの笑顔で家族を幸せにすればいいんです。
その笑顔が、ひいては子どもをステキな人間に育てることでしょう。
自分は社会の為の次世代を育てているという自信を持ちましょうよ。

ピンと背筋を伸ばして生きる姿というのは、誰かを幸せにできる力になると思います。
目に見える社会貢献だけが全てではないのです。

ユーザーID:7113870595
ありがとうございます!
wind&green(トピ主)
2010年1月13日 8:55

みなさま、見ず知らずの私に、心のこもったレス、ありがとうございます!

ひとつひとつ音読しました。
そしてどの意見もそのとおりだと思いました。

共感の意見、激励、指摘、どれもいまの私に必要な意見でした。

末っ子が1歳、末っ子の手が離れるころ、自分の年齢を思うと、
あせってばかりいました。

自分の若いころの怠けをしっかり反省しつつ、
60歳になったとき、後悔しないように、
少しづつ行動していきたいです。

漠然とした悩みが、リアルな悩みになり、この小町で相談できるように
成長していたいものです。

となりの芝は青く見える。これも心に刻みたいです。
石の上にも三年。
壁にはっときます。

もっといろいろ本を読んで、内面も、外面もみがいて、
素敵な女性になるように頑張ります。

答えは自分の中にある、自分としっかり向き合って、
子供とともに成長できるようになります。

本当にありがとうございました!!!!

また時間があるときに個別にレスしたいです。

ユーザーID:9889033459
 
現在位置は
です