現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

大和撫子なんているの?

ゆーゆ
2010年3月25日 20:05

小町でちょいちょい「日本の大和撫子なんてもうとっくに絶滅している」というレスを目にします。
私は女ですが、女性が貞淑だという印象があまりないのです。
疑問なのですが、大和撫子があふれていた時代、っていつくらいを指すのでしょう?

私は江戸時代のお話が好きでよく読むのですが、特に後期は幕府で町民の女房の姦通が問題視されるとか、水戸のご母堂が男遊びがひどいので監禁されるとか、なんだかそういう話しばかりで、とても大和撫子が溢れているとは思い難いのです。
鎌倉時代の記録(これはうろ覚え)に城主の奥方が懇意にしているお坊さんと関係があるようだがこれは仕方ないことだ、みたいのもあったし。
平安とかいっちゃうと、その時代町民の実録ってそんなにないし、貴族の女性は外に出ないのでわかりませんが...。
明治・大正の時代の記録も、そうはかわらないような印象をうけます。(まあ大正は若干そういう気風が薄いですが)
で、昭和のとなるともう「大和撫子はどこへいった」みたいな記述ばかり見受けられるんですよね、特に当時の新聞とか。

「絶滅した大和撫子」とは、どの時代の女性を指しているのでしょうか。
それとも、どんどんエスカレートしてるということ?それでもやはり、江戸とくらべたら今のほうがだいぶマシに思えるのですが...
みなさま「大和撫子」とはどの時代の女性をイメージされていますか?

ユーザーID:9031691655  


お気に入り登録数:7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
古いレス順
レス数:5本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
大正・昭和初期では?
匿名
2010年3月25日 22:07

倫理的に一番厳しそうな大正・昭和初期ではないでしょうか。
ちょうどその時期の生まれだった私の父方、母方双方の祖母は、
貞淑で家庭的で控え目でした。

ユーザーID:2686524419
私のイメージは大正から昭和初期
智恵子
2010年3月26日 0:10

太平洋戦争に向けて軍の教育がされていた頃じゃないかと思います。

女性は貞操を守って慎ましく、けれどもいざというときには命をもかけて戦う、みたいな感じですよね。
そして戦争に向かう夫を、潔く送り出せるように。という教育がされていたと思います。

トピ主さんは江戸時代や鎌倉時代を例に挙げてますけれど、昔に行くほど、逆に性についてはフリーになってくるのでは?

ユーザーID:2975994871
考えたことがあります
えもにゅー
2010年3月26日 10:39

 昨年似たようなコトを思ってトピ立てして、同じように考え至ったことがあります。
 女性を表す表現、の他に、どの時代においても「古き良き時代(実際は実在しない)」のような観念があるような気がしています。

 ひとつ思ったのは、「大和撫子は『外との比較』において誕生し、存在したのではないか」と。突き詰めると「大和以外」への差別意識を含む認識ではないかと、漠然と考えました。


 では「大和」とは何か?時代時代の政権があった場所周辺で、たとえば当時の辺境(ハヤトやクマソとか…)は除く、かなと。

 昔のことだからと切り捨てられる問題でもないですね。あんまり書くと削除されそうだから書けないけど、現代もありますね。

 私が「大和撫子」をグーグル検索した時に、「『日本男児は大和撫子を守らねばならぬ』という言葉には、「大和でなければよい」という意識が隠れている」という文章や戦前戦中の国粋主義との関連を示唆する文章に出会いました(正確な場所を覚えていなくて、リンク張れず、すみません)。

 「大和撫子」→ナショナリズムというのは極論かもしれませんが…。

ユーザーID:1825213988
トピ主です。ありがとうございます
ゆーゆ(トピ主)
2010年3月26日 21:18

みなさま、ありがとうございます。

匿名さん
やっぱりその辺りなんでしょうか。
私的にも大正ロマンと大和撫子は近いイメージがあります。

智恵子さん
やはり大正〜昭和が主なのでしょうね。
でも、大和撫子が戦時中教育からなるものだとすると、それを求められるのはいくらなんでもおかしいように感じてしまいます・・・。
それと昔の時代を例に挙げていますのは、淑やかな女性を撫子の花に例えるのが昔の時代(古くは万葉集にもありますしね)からあるので、元々昔の男性が「大和撫子」と呼ぶハードルは低かったんじゃないか、という思いからでした。説明が足りずすみません。

ユーザーID:9031691655
トピ主です。ありがとうございます2
ゆーゆ(トピ主)
2010年3月26日 21:21

えもにゅーさん

おお!凄い、こういうお話はためになります。
そういう歴史的背景からなった言葉だとしたら、とても面白いですね。
女性を花にたとえる言葉は多くありますが、何故、撫子だけがこれほど多くの意味を含み、「絶滅した」と言われてからも長く親しまれているのだろうと疑問でしたが・・・男性の「家族を守る」と言う本能にピッタリだったのかなー、と思いました。

しかしそうなると、大和撫子って元々の意味はちょっと違いそう・・・??
その辺調べてみるのも楽しそうですね。ありがとうございました!

ユーザーID:9031691655
 
現在位置は
です