現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

悲しみが多い時ほど、人に優しくなれましたか?

にがり豆乳
2010年12月31日 9:29

昔流行った、海援隊さんの曲の歌詞にありました・・・
♪人は悲しみが多いほど、人には優しくできるのだから♪
その部分が長年経ってもずっと心に響いています。

そうできたら素晴らしいのに、

私は全く逆になります。逆になってしまっていました。

すごく辛い時期は、屈折し、人を中傷し、暴言めいたものも平気で吐き、人や人生を斜めにしか見れませんでした。
元々おおらかで天真爛漫だったのに、人の幸せもひたすら憎憎しく、他人も全て嫌な点しか見つけられず、

決して、優しくなどなれない、悪魔の性格に豹変してしまっていたと思います。

自分が幸せな状態でないと他人には優しくなれない。少なくとも私は。

皆様は

「悲しみが多い時ほど、人に優しくなれますか?」

ユーザーID:5798103500  


お気に入り登録数:80
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:72本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
歌詞の意味
大晦日
2010年12月31日 9:55

私は、違う受け取り方でした。
悲しい体験をした人ほど、人間的に厚みを増すので
その体験を踏まえて人に優しくできるって意味かと思いました。

つまり、悲しい瞬間じゃなくて乗り越えたりして時間が
立った時に優しくなれるって意味かと

ユーザーID:1762853228
人に優しくして欲しいとき
空飛ぶ豚
2010年12月31日 10:00

当方男性です。

悲しみ=人に優しくして欲しいとき、という風に捉えています。

人に優しくして欲しいときには、人に優しくしています。仮に相手から欲しかった言葉や態度が得られなくても、自分の行動には満足できますから。

疲れているときには「自分も含めて」優しくするのが効果的だと思いますよ。

ユーザーID:8744779791
悲しみが多いほど
fate
2010年12月31日 10:01

悲しんだ回数が多いほど、人に優しくなれるという意味ですよね。

苦しくて悪魔のようになってしまって、周りに心のナイフを振りかざすような時期経験したから
そんな状態になった人のことを優しい目で見てあげれると思います。

もちろん渦中のときは、荒れますよ(笑)
その後優しくなれるでしょう・・・・・・・多分・・・・。

ユーザーID:8453552989
悲しみを多く経験したほど
riri
2010年12月31日 10:05

経験から悲しみのどん底の時は、誰にも優しくは出来ないでしょうね。

時が経って自分を取り戻し、いつもの自分になれば人に優しくなれます。

悲しみの経験を多くした人ほど、人の痛みも分るし、優しくなれます。

ユーザーID:5780818136
なれない
うる
2010年12月31日 10:06

まれに見る辛い人生を送っています。
次から次へと矢継ぎ早に不運が重なり、
お払いやお寺へ参拝をしている者です。
14の時から辛い事が20年も連続で起こっているので
以前の優しかった自分はどこかへ行ってしまいました。

優しくなるには、心に余裕がないとダメだと思います。
今の私には自分の事で手一杯です。

ユーザーID:3381339974
最中はダメでした携帯からの書き込み
きなこもち
2010年12月31日 10:10

私もそれ思ってました。
悲しみが多いほど、優しくなれるのは、その後ですよね。


人生最悪の悲しみの中にいた時は、優しくなんかなれませんでした。
半ばノイローゼだし、自分の事で精一杯。
人の事まで構ってられません。

但し数年経ち、悲しみを乗り越えた時には、
「頑張ったよね、自分」
と素直に思えたし、人にも優しくなれたと思います。

渦中にいる時は、ダメですね。

でも、助けようとしてくれた人の言葉は、
今でも忘れられないし、感謝してますね。
人の有り難みが身に滲みるんだと思います。
でも、それで良いんじゃないですか?

ユーザーID:4783901386
経験が人を変える
4回目の兎
2010年12月31日 10:12

 歌詞の意味は、苦しみの渦中にいるときの事を言っているのではないと思います。苦しい経験のあと、同じような人の気持ちがわかるようになると言っているのではないでしょうか?
 人間はそんなに強くないです。苦しい経験のさなか、人格が変わってしまったような気がすることは私にもありました。でも、生きていればいいこともあります。
 あなたにはその自覚があります。苦しい経験をいつか克服し、強くて優しい気持ちを取り戻す日が来る・・・そう思います。
 かくいう私もずいぶん時間がかかりましたけど。
 よいお年をお迎えください。 

ユーザーID:9156801836
渦中携帯からの書き込み
またね
2010年12月31日 10:17

確かに心にのこるフレーズですね。
悲しみの渦中の人間は何故自分がや、悲しそうでない人間をねたんだりと、きっと余裕なんてないはず。
その悲しみが時間と共に浄化されてやっと、その経験にもとづき、人に優しくなれるんだと解釈しています。

ユーザーID:8164686727
悲しみを乗り越えたほど携帯からの書き込み
歌詞どおり
2010年12月31日 10:18

悲しみが多い「時」ほど、
ではないですよ。
悲しみが多いほど
です。

悲しみを経験したほど優しくなると言う事です。
あと辛い時に周りを妬んだりマイナスに働く人は、そういうのがより自分の人生をマイナスに引っ張るんじゃないでしょうか。

あなたはもう抜け出せたようなのでおめでとうございます。

ユーザーID:0327413804
悲しみを乗り越えた後に
mico
2010年12月31日 10:24

おっしゃること、よくわかります。わたしもそうです。
悪魔になってしまった自分を嫌で嫌でたまらず、だけどそうしかできなかった自分。
自分が苦しみのただなかにあるときは、(凡人は)他の人を思いやる余裕をなくしてしまうのではないかと思います。

ただ、年齢を重ね、悲しみを乗り越えた時、または自分のものとして寄り添えるようになったとき、以前の天真爛漫な自分とは違うけれど、もっと深い、人への共感ができるようになったような気がします。
共感力や想像力は人それぞれですけれど、自分が経験したことに対する想像力の引き出しがひとつ増えたというか…。

天真爛漫だった時期の無知や、それに伴う(当時は正義と信じてやまなかった)過ちを、恥じることもあります。それが若さというものなのでしょうけれど。

トピ主さんも、今は苦しみの真っただ中にいることと推察しますけれど、明けない夜はないと信じて、どうぞ自分を大切になさってください。

ユーザーID:2118688301
歌詞の取り違えしてませんか?携帯からの書き込み
チョー
2010年12月31日 10:26

海援隊の歌詞は、悲しみの体験を多くして、その悲しみを乗り越えた人は、
時間が経てば、その体験を生かして人に優しくできるのだ、という事ですよ。

悲しんでる最中に、人に優しくするのは無理だと思いますよ。

ユーザーID:1032620066
優しくなれるようになる
こやみ
2010年12月31日 10:26

にがり豆乳さまへ


ほんとに いい歌詞だと思っています〜

本当にじぶんは無力だと思い知ったとき
さっと 助けてくれた人が居ました

おなじような苦労を乗り越えた方だったのですね

悲しみが多い人 というより
苦労の経験値高い人 と じぶんは 解釈してます


悲しみや苦労の最中は にがり豆乳さまのいう通り
ひとのことどころじゃないと思います

それを 乗り越えた強さを備えた時
はじめて人にやさしくなれる という意味かなぁと・・・

そういう 強いひとになりたいですね〜

精進します〜!!

ユーザーID:2436848431
真っ最中の話じゃないからね(笑)携帯からの書き込み
まるも
2010年12月31日 10:29

辛い思い悲しい思いをしてきた人は人を思いやれるんだって話で、何かの一大事真っ最中の時に人に優しくするって事じゃないですよ。
一大事なら自分の事で一杯一杯になるよね。

ユーザーID:8001524439
きっと携帯からの書き込み
おおつごもりん
2010年12月31日 10:31

その部分の歌詞、私も好きで時々ふと思い出します。さて、トピ主さまが言われている歌詞の解釈は『悲しい時=人に優しくなれる』ということだと思いますが、おそらく悲しい時限定の意味ではなく、たくさん悲しいことや辛いことを経験した人は、心の痛みを知っている、だから人の痛みがわかるようになり、人に優しくなれる、という意味だと解釈しています。
悲しい時に人に優しくなんてできませんよ〜(笑)
嫌な心になってしまう時もあります。きっとトピ主さまはその嫌な経験もされているので、人にも優しくできる方だと思います♪

ユーザーID:5418716487
渦中にいる時ではなく。
ビタミン
2010年12月31日 10:33

悲しみを乗り越え、一回り成長した時…

って意味だと思います。

多くの経験をした人が、

同じ痛みを持つ人の気持ちが分かるから。

私は本気の辛さを経験して、変われたと思っています。

ユーザーID:8452313469
普通は
まま
2010年12月31日 10:34

トピック主さんと同じだと思います。

自分が悲しいのに、人にどうのこうのしてあげる余裕なんて生まれるのかな…

ただ、優しくするというより、人の悲しみも理解できるということだと思うので、同じ立場の人の気持ちが解るということじゃないかな。

ユーザーID:6552474304
その歌は知りませんが
老境
2010年12月31日 10:44

その傾向が出ることがありました。

自分自身は大した苦労もなく育ってきて、
他人の生活苦(自己破産、生活保護を受けている方など)も病気(生活習慣病など)、子供が非行に走る家庭も全く他人事で、それらは全部自ら招いている人達ばかりなのだと、侮蔑の対象にしていたくらいでした。
働かざるものは食うべからずと考え、死んでも致し方ないと思っていました。

自分の子供が成人してから先天的な病気があると気づき、
60過ぎた自分のきょうだいが回復が見込めない病気になり、
老いてきた自分の顔を見つめてこの頃、
何と傲慢だったのだろう、と思います。
ボランティアをしようと思い立ったのもその思いからです。

ユーザーID:4918313581
徐々に
ことら
2010年12月31日 10:48

渦中にいるときはなれませんでした。
自分の中で消化されてから、他人に気を使うことができます。

悲しみはとても多かったです。
過去形になれたことを私の周りの人達に感謝したいです。

ユーザーID:7940670833
悲しみを多く乗り越えた時携帯からの書き込み
まりあむ
2010年12月31日 10:48

という意味と思います。
どん底にいる時は、余裕がもてなくてて当たり前です。

ユーザーID:1202868707
斜めからは見ませんが携帯からの書き込み
きょうこ
2010年12月31日 10:52

というより、そんな余裕も無いですね。自分や家族の事で精一杯になります。

ユーザーID:8125199803
 
現在位置は
です