現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

不幸が続く 携帯からの書き込み

マシマロ
2011年3月1日 0:59

不幸が続きます。人生で不幸が続いたが、何かをきっかけに運が上がってきたという方いらっしゃっいますか?負の連鎖を断ち切りたいです。

よろしくお願いします

ユーザーID:0115792210  


お気に入り登録数:14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
古いレス順
レス数:6本


このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
笑う角にはって嘘じゃ無いかも携帯からの書き込み
匿名
2011年3月1日 12:03

笑顔を絶やしませんでした。何年も不幸は続き、むしろ悪化していきました。生活に支障がでても笑顔は絶やしませんでした。

人を利用したり陥れたりせず、がむしゃらに生きました。

そしたら人に恵まれました。好転する事が出来たのは助け合える人に恵まれたからです。

でもバカ正直はダメです。どうしても害のあるような悪質な人は切りましょう。

長くかかっても、いつか笑えれば良いと思います。

ユーザーID:9575481703
お墓参り
あお
2011年3月1日 21:07

ベタですが、やはりお墓参りでしょう。
どうしても困ったことがあり、弁護士へ相談、お医者さんへ通院
各関係者に要請など、いろいろして回ったあと、最終手段として
3年ぶりに実家に帰ってお墓参りしてきました。
「じいちゃん、助けてくれ〜!!」の一心でした。

運気が上向いたかどうかはわかりませんが、最良の事態と
いえる状況になりましたので、よかったです。
別に高いお金払って先祖供養などする必要はないので
ただ手を合わせるだけで十分だと思いますよ。

あと、長く使っているものを捨てると厄払いになるとも
聞きましたので、ずっと使っていたバッグなど捨てました。
大金を使うと厄が落ちるとも聞きましたので
大金を使って、実家に帰って墓参りしたのでした。

ユーザーID:1292841571
そういえば…携帯からの書き込み
はる
2011年3月2日 0:48

ありました私にも。
主人の転勤先で一年間、財布落としたり、交通事故にあったり、子どもが入院したりと1ヶ月ごと、度々の不幸に見舞われました。

後になりわかったことですが、色々悩んで考えてしまうと
その思いがまた 新たな不幸を引き寄せるらしいです。

どなたかのレスにありましたがご先祖様のお墓参り、良いと思います。遠方にあるのでしたら近くの神社でもよろしいかと思います。

我が家では 神社でお祓いしてもらった「だるま」を置くようになり 運気が変わってきました。
トピ主さんも くよくよせず、ぜひ前向きに生活してください。トピ立てられた時点で きっと 運気は上向きになった気がします、負けないでくださいね。

ユーザーID:7963374125
心機一転携帯からの書き込み
う〜ん
2011年3月2日 10:36

自分は思い切って結婚したら人生が好転しましたね。
でも状況が悪い時も良い時も悪さだけはしませんでしたよ。
悪さ→(人を不快な気持ちにすること)
最近、バレないからってネットなんかで他人を不快にする書き込みを
する人が増えていますよね…。
ああいう行為をしている人はどんなにあがいても、
取り繕っても、幸せにはなれないだろうなと思いました。
バレバレなんですもん。(苦笑)

ユーザーID:5752754250
不幸って重なってやってきますよね。
ACXSIS
2011年3月2日 11:24

自分のお手元を、いつも空けていないと、いざとなった時に大変です。
家事など、小さい仕事は、常にチャッチャと捌いて、余裕出来る時間を作る。

不幸や試練は、1個だけではなく、3〜4個はまとめて本人の目の前にやって来ます。

1個以上の物事は、一瞬では解決できない問題です。
できる部分から簡単な部分から順番関係なく、捌いて行き、そういう時こそ、じっくりと落ち着いて、向き合う。

逃げたりそこに問題があるのに1件も処理出来ず、休んでしまったらますます、問題は大きくなり、一生治らなくなってしまうリスクもあります。

休みながら件数を処理するのが的確でしょう。まる1日掛けるつもりで。
終わらなかったら翌日に持ちこしてもいい。

そのように、自分の手と足が絶えず動いている中。
真摯に、問題から逃げずに向き合って、解決をしてった為、御褒美として、いつの間にか終わっていて、見た目は何も問題のなかった、落ち着いていた時と似ている現象も起こります。

不幸と不幸としてとらえすぎないで、ただ、淡々と自分の手と足を動かせばいいのではないかな、って思いました。

ユーザーID:9964715721
子供。
との
2011年3月2日 22:29

何をしても裏目に次ぐ裏目。

引っ繰り返され、起きあがろうとするところに、突いた手を払われたり、立てた膝を蹴られたり・・・。(イメージです)

「不幸の波状攻撃」で息もできなかったです。

考えていたことは「とにかく目の前の一番大切なことだけ必死で仕上げて行こう」でした。

長女が生まれて、物凄く嬉しかったです。

巧く言えないですけど、世界が間違いなく変わりました。


久しぶりに実家に帰った時、両親に「この子に幸せにしてもらった気がする」と話したら、何も言わず泣いていた母が忘れられません。

ユーザーID:2810028301
 


現在位置は
です