現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

子供を亡くしました。昔話を探しています。

2人のママでした
2011年5月30日 13:46

 トピを開いていただいてありがとうございます。初めて投稿いたします。

 この震災により、子供が2人、天国へ旅立ってしまいました。

土曜日ラジオを聞いていたところ、あるお話が耳に飛び込んできました。とても心の中に響いてくるお話でしたので、いろいろ検索してみたのですが、どうしても見つける事ができません。そこで、発言小町の皆様に御協力を御願いしたいのです。あらすじは次のような感じです。

 3匹の馬の兄弟がいて、長男は足が速く、次男は体が大きく、三男は生まれつき体が弱い馬でした。長男はレースで、二男は荷物運びで活躍していましたが、三男はいつも家にいました。ある時、「お兄さん達は人の役に立てていいね」と言ったところ、兄達は、「おまえが家にいてくれるだけで安心だ」という話をして、三男のそばに行き熱い鼻息をかけてくれました。
 その夜、三男の所に、誰かが来て「おまえに翼をあげよう」と言って、三男は翼を手に入れ、空にかけあがり、自分が住んでいる家を見て、長男と次男が眠っている姿を見て、自分が冷たくなって横たわっている姿を見た・・・というお話です。

私は仕事をしており、震災の時、子どもたちは主人の母にお願いしていました。その日は、出張で、家から車で1時間かかる所にいて、地震があってから必死に車で家にかけつけましたが、道路状況も悪く家に着いたのは6時すぎでした。
一番大事な時に、母として何もできなかった事、とても後悔しています。なぜ一緒にいてやれなかったのかと、子どもたちに謝りたい気持ちでいっぱいです。偽善かもしれませんが、せめて、子どもたちが旅立つ時、自由に大空に羽ばたき、今も天国でたくさん遊んでいると思いたいのです。
 お話のタイトルなどを教えていただければ幸いです。
長文になりましたが、読んでいただきありがとうございました。よろしくお願いいたします。 

ユーザーID:9686264609  


お気に入り登録数:1118
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:60本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
ラジオ局へ問い合せ
m
2011年5月30日 14:51

いたわる言葉をうまく思いつけず、要件のみですみません。
どのラジオ局でいつ聞いたのか、もしくは番組名がわかっていれば、放送したラジオ局へ問い合わせるのが近道だと思います。

ユーザーID:6161402227
涙……
スーホ
2011年5月30日 14:58

パソコンの画面の前で泣きました。
そのお話は知らないのですけれど、きっとどなたかがご存知だろうと思います。
おつらいですね、なんとお慰めしてよいかわかりません。

馬の童話では私は 「スーホの白い馬」 で泣いてしまいます。
30年以上前に読んだのにいまだに泣いてしまいます。

きっとお子さんたちも空の上からお母様を見ていますよ。
この童話の本が手に入ったら、読んで差し上げてくださいませ。

ユーザーID:9823829243
答えにはならないのですが…携帯からの書き込み
みさと
2011年5月30日 18:09

被災お見舞い申し上げます。
トピ主さんのお気持ちを想像すると、胸が張り裂けそうです。

とても心に残るお話ですね。
残念ながら私も知らないお話なので、お教え出来ないことが辛いし、お役に立てないのが歯痒いです。

ラジオ局が分かるなら、そちらに問い合わせてみるのはいかがでしょうか?

早く見つかって、トピ主さんに心の平安が戻る日が訪れるよう願っています。
そして、天国でお子さん達が、怖いことも苦しいこともなく、心穏やかに暮らしてくれているよう願っています。

ユーザーID:0538916594
童話の花束携帯からの書き込み
林檎と蜂蜜
2011年5月30日 19:30

「童話の花束」という番組ではありませんでしたか?

28日放送分の情報はまだネットで確認できないのですが、
もしこの番組なら素人さんの作品かもしれません。

公式HPがありますので、
一度確認してみてください。



ごめんなさい、あなたに何か言葉を贈りたいけれど
今の気持ちを表わす言葉が見つかりません。

でも私も、きっとお子さんたちは兄弟で仲良く、
手をつないで空を飛んでいると思います。
天国へいったり、好きなときにお母さんのところに来たり。

お子さんたちがお母さんを見つけやすいよう
ときどき空を見上げてあげてくださいね。

ユーザーID:7520800000
見つからなくて・・・
nm
2011年5月31日 0:29

どんなにかつらい気持ちでいらっしゃると思いながらも
なぐさめになる言葉が出てこないことをお許し下さい。

せめて、お探しの物語の題名でもわかればといろいろ
検索してみましたが、見つかりませんでした。
お役に立てないでごめんなさい。

「二人のママでした」さんは、これからも「二人のママです」です。
優しかったママのことを、兄弟仲良く空からみていると思います。

おつらいとは思いますが、時折でも心が安らぐ日があることを心から祈っています。

ユーザーID:5244292369
自分を責めないでください
ゆう
2011年5月31日 8:18

他の方がおっしゃるようにラジオ局に問い合わせるのが一番だと思います。お子さん達の件は本当に何とも言えないことですが、もし一緒にいたら3人で命を失っていたかもしれません。

二人のお子さんがくれた命と思って、3人分頑張って生きてください。

ユーザーID:4413298253
すいません・・横です。
マイム
2011年5月31日 9:11

すいません、私も初めて聞いた御話で
名前すら解らないのですが、
その御話もさながら、トピ主さんのトピックに
涙があふれてしまいました。

今、自責の念にかられてらっしゃると思いますが、
どうか、私もトピ主さんに心の平安が訪れる事を
御祈りしております。

見つかると良いですね、童話。

ユーザーID:4802470533
トピ主様へ携帯からの書き込み
はる
2011年5月31日 12:53

涙がでました。
お二人のお子さんの御冥福をお祈りします。

今回の震災から自分に何か出来ることはないかとコンビニでの募金やチャリティーでフリマをやっています。
わずかですが少しでも何か力になりたいと思っています。

本題ですが本の内容はわかりましたがタイトルはわかりません、すみません。是非ともラジオ局に問い合わせてみてください。
私の叔母もラジオで気になった内容を聞き逃してしまいハガキで問い合わせたところ、返事をいただけたそうなので、きっと教えてくれると思います。

ユーザーID:0805830322
返信、ありがとうございます。
2人のママでした(トピ主)
2011年5月31日 14:14

皆様、お返事ありがとうございます。 皆様からの心暖かい返信にとても感謝しております。
mさん、ありがとうございます。
5月28日(土)の放送でしたので、その日の新聞を実家の母にとっておいてもらえるようお願いしました。心当たりの放送局に問い合わせしてみたいと思います。
スーホさん、ありがとうございます。
住んでいる町にあった本屋さんも被災し、なくなってしまったので、遠出する機会があったら、本屋さんで探して、お仏壇の前で読んであげたいと思います。
みさとさん、ありがとうございます。
ラジオ局がわかったら、問い合わせしてみたいと思います。私と、子どもたちの事を思ってくれてうれしかったです。
林檎と蜂蜜さん、ありがとうございます。
ネットで、「童話の花束」のHPを見つけました。探してみたいと思います。どうしても、うつむいていることが多いので、空をみあげて子どもたちに話しかけてみたいと思います。
nmさん、ありがとうございます。
いろいろ検索していただいたようで、申し訳ありません。過去形ではなくて、現在形でいつまでも2人のママで、2人に恥ずかしくないように生きていたいです。

ユーザーID:9686264609
ぜひラジオ局に問い合わせて
はるか
2011年5月31日 16:27

何もできなくて申し訳ありません。
過去形にしないでください。トピ主さんは立派な2人のママですよ。

私はラジオ局に務めています。
可能性がありそうなラジオ局に連絡して、
大体でかまわないので聴いた日と時間、
どのような番組だったかを伝えてください。
(部署でいうと編成部か制作部でしょうか…)

必ず、きちんと調べてお答えします。
そういった問い合わせは制作側にも大変励みになるものです。
ぜひ連絡を。

お辛い状況の中でその物語が響いてきたとのこと。
大切な出会いだと思います。

ユーザーID:1890235074
ありがとうございます。
2人のママでした(トピ主)
2011年6月1日 11:29

返信、本当にありがとうございます。

ゆうさん、ありがとうございます。
地震があった時は、私は南三陸町にいたので、子どもたちがくれた命の分も生きていきたいと思っております。
マイムさん、ありがとうございます。
昨日、自宅にやっと水道が通りました。日常生活が少しずつ戻っていますので、心の日常も戻していきたいです。
はるさん、ありがとうございます。
被災地でも、他県ナンバーのボランティア車輌や警察車輌をたくさん見る度、いろんな方から助けをいただいている事を実感しています。ラジオ局に問い合わせてみたいです。
はるかさん、ありがとうございます。
ラジオ局におつとめとのことで、具体的なアドバイス助かりました。土曜日の番組表を手に入れたら、ラジオ局に問い合わせてみたいと思います。

ユーザーID:9686264609
ちょっと似た実話があります。
マリア
2011年6月1日 16:18

お辛いですね。その童話にどこか似た話ですが、ある兄弟の話です。
弟は小さい頃から優秀で、大人になり立派に仕事をしており高給取りです。
結婚して実家を離れ暮らしています。いっぽう兄は対人関係が苦手で、仕事を
辞め引きこもり、実家で年老いた両親と暮らしていました。
弟は実家は兄貴が守ってくれているから、とどこか甘えていました。弟は華やか
で女性にもてるタイプ、いっぽう兄は女性とは付き合ったことすら一度もない、
という状況。二人は似ていない兄弟ですが、仲は良かったのです。

そんな矢先、兄は突然逝ってしまいました。突然倒れ即死で、本人だって何が
起きたのかわからないくらいだったと思います。弟は引きこもった兄でも頼りに
していたのでしょう、訃報に号泣していました。震災の2ヶ月後のことです。

私は兄の方には面識がありませんが、その儚く短い生涯に思いをはせると涙が
とまりませんでした。でもきっと今は天国で弟家族と両親のことを見守って
いるのだろうなと思います。トピ主さんのお子さんふたりがママのことを見守って
いるように・・。天国は絶対にあると弟は信じているそうです。

ユーザーID:3079630076
これかな?
マリン
2011年6月1日 21:38

仙台市在住です。
5月28日昼12時からのdateFM エポの風の散歩道 で聞きました。たぶん。

エポさんが作ったお話だと説明されていたような気がします。
間違ってたらごめんなさい。

ユーザーID:4636215618
息子を見ました
はは
2011年6月2日 1:34

息子を亡して三日後、亡くなった父に抱っこされてニコニコ笑っている息子を見ました。
二人とも 白い服を着て ニコニコ笑ってた。

二人のお子さんもニコニコ笑ってあちらの家族と居るかもですよ。
心を強く、何をしてあげることができるか考えましょ。

ユーザーID:2229528765
言葉がありません
もまみ
2011年6月2日 2:16

私の親類の家族4人も宮城で被災し、今も行方不明です。きっとずっと行方不明のままだろうと思っています。

トピ主さん、何者をも、お子様との楽しい思い出を取り去ることはできません。お子様も同じ。天国に行っても、ママや家族との思い出はその子たちから離れることはありません。あなたはずっと二人のママ、現在形です。

Mitch Albomという人の書いた「The five people you meet in heaven」という本をお読みになったことがありますか。ベストセラーなので、間違いなく日本語訳がでているはずです。
この本を読んで以来、自分の中で何かが変わりました。私が天国で会う5人はだれなんだろう、って常に考えています。

二人のお子様たち、絶対にトピ主さんが会う5人の中に含まれていると思いますよ。

トピ主さんが毎日一歩一歩をゆっくりと、泣きながら、そして笑いながら大切に踏みしめて歩んでゆくことを、お会いしたことも無い他人ながら、心からお祈りしています。

ユーザーID:3742439211
言葉がみつかりません
TOMO
2011年6月2日 20:48

なんと申し上げてよろしいのか、言葉が見つかりません。頑張っている方にがんばれとも言えません。ただただ、『きっと大丈夫』とだけ。いつもそう周りの方には伝えてきました。少しでも気持ちが伝われば幸いです。マリンさんの情報をもとに調べてみました。創作童話のタイトルは『光になった馬』かと思われます。
しかし、原文が見つかりませんでした。歌手のEPOさんの旦那さんが朗読しているようです。コンサートでも。不確かな情報ですが、もし何かのお役に立てればと思い書き込みました。あとEPOさんの『たったひとつの』という楽曲を一度聞いてみて頂きたいです。私も大好きな曲です。『AQUA NOME』というアルバムです。
きっと大丈夫。

ユーザーID:7794055870
応援しています
mayo
2011年6月3日 4:19

EPOさんの創作童話「光になった馬」ではないでしょうか?
違っていたらごめんなさい。

私も二人の子供をもつ母です。
いくら考えても、言葉が思いつかないのですが

時々空を見上げて見てください。
私の住んでる九州の空とつながっています。
遠く離れていても、私も空を見上げてトピ主様を応援しています。

ユーザーID:6288667514
TOMOさんのおっしゃる通りです
るみ
2011年6月3日 13:06

二人のママで「す」さん、辛かったですね。

私は名取市在住です。
親戚や友人のご主人、沢山の大切な方を亡くしました。
もう涙が枯れ果てるほど泣いたのに、このトピを読んでまた涙が止まらなくなりました。

Date fmと「風の散歩道」のHPを調べてみました。
TOMOさんのおっしゃる通りです!

その日「光になった馬〜語り〜」(宮川雅彦)と「たったひとつの」(エポ)が確かにオンエアーされています!
間違いないと思います。
問い合わせてみてください。

亡くなった二人のお子さん、本当にかわいそうでしたね。
そして、残されたあなたも本当に辛いこととお察しします。
私でさえ、生き残った事に罪悪感を覚えますから。。

でも、私達生き残った者は、一生懸命に生きていくしかないのです。
「もう頑張れない。。」と思ったときは、頑張らなくていいんですよ!
その場にへたり込んで、大声で泣いていいんです。
少し、気持ちが落ち着いたら、へたり込んだままでいいから、ちょっとだけ前に進みましょう!
それを繰り返して、天国のお子さんにまた笑顔を見せて安心させてあげましょうね!

ユーザーID:4391575884
返信、ありがとうございます。
2人のママでした(トピ主)
2011年6月3日 13:19

 たくさんの方達に返信いただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

マリアさん、お返事ありがとうございます。
大切な人が突然いなくなってしまった時、残された家族は本当に悲しいとか辛いとかどんな日本語でも表現できない気持ちになります。天国はありますよね、私もそう信じています。
マリンさん、お返事ありがとうございます。
皆様からのお返事に勇気づけられて、昨日dateFMさんに手紙を出してみたところです、聞いていた時間も合っているので、間違いないと思います。
ははさん、ありがとうございます。
私の父も孫を見ないまま60歳を前にガンで亡くなりました。私の母が、その父にあやされている子どもたちを夢で見たそうです。今は、子どもたちが大好きだったプリキュアやアンパンマンのおもちゃを仏壇に供えています。喜んでくれていると思います。
もまみさん、ありがとうございます。
すすめていただいた本を、探してみたいと思います。気遣っていただいてうれしいです。子どもたちと過ごした時間、忘れないで一歩一歩過ごしていきたいと思います。

ユーザーID:9686264609
返信、ありがとうございます。
2人のママでした(トピ主)
2011年6月3日 13:22

TOMOさん、お返事ありがとうごさいます。
いろいろ調べていただいて、お世話様でした。EPOさんという方は、わからなかったのですが、ネット等で調べてみたいと思います。すすめていただいたアルバムも、聞いてみたいと思います。

ユーザーID:9686264609
 
現在位置は
です