現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

放射能汚染−海外から

カリフォルニア
2011年9月4日 4:53
古いレス順
レス数:81本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
その場にいないと分からないこともありますね
プルメリア
2011年9月27日 17:37

海外にいらっしゃるのと日本にいるのとでは、
いくらネットが発達しているとはいえ情報量が圧倒的に違います。

私は原発復旧に関与している会社に勤めています。

不安な気持ちを持っている多くの人の気持ちは十分に理解できます。
私自身も当初は不安だったからです。

でも、知り合いがあそこで働いている以上、必要以上に不安になることは
彼らに対してあまりに失礼だと感じているのも事実です。
彼らは決して英雄ではありません。
普通の会社員で、労働者で、技術者です。
ただただ、事態が収束するよう無心になって励んでいるだけです。

とはいえ、子供やご自身の将来を不安に思う人の気持ちも判るのです。

なんだかまとまりのない文章になってしまいましたが、
この手のトピが出るたびに複雑な心境になります。

回答になっていなくて申し訳ありませんでした。
現状については他の方と同様で、普通に生活できています。

ユーザーID:7097480387
もはや、わからない
ニガヨモギ
2011年9月27日 21:36

日本は倫理的な国だという認識があるかもしれませんが
本質はあんまり変わっていないと思います。
どんな国でも隠蔽するし
いろんな国の隠された事故を思えば何を信じていいかわからない。

ただ、私は40代なので
チェルノブイリで逐一ニュースとなったことを忘れられない。
この状況を信じられない。

いま、ドコドコ産と謳っている農作物、漁業、畜産業物

いろんな騒動のとき、偽装がたくさんありましたね。

それでも、外食もしているし
見て見ないふりをするしかない。
信じるしかない。
少しでも安心な食材を求めて仕事帰りのわずかな時間に飛び回るしかないのです。
私には子どもがいないので
子どもを持つ親ごさんはどんなに苦しかろうと胸が痛い。

短期間なら影響は少ないと思いますが。

私は今後も自分の活動を重ねていくだけしかありません。

ユーザーID:7393119833
ボケちゃった♪
あがー
2011年9月28日 1:17

戦地にいると戦争ボケをするそうです、平和が続くと平和ボケをするそうです。
なので海外メディアの言うことが本当ならば、わたしは原発ボケをしているのでしょう。

でもね、ちょっとばかりボケないと生きづらいのです、精神的に圧迫されてしまうのです。
たかだか飲み水ごときでギャーギャー騒いでいたら、身も心も疲れ果ててしまいます。
ヨウ素やらセシウムやらにやられる前に、自分の心にやられてしまいます。

海外生活をしている人ならわかるでしょうが、海外生活を快適にすごすためには、少なからず海外ボケをした方が楽に生きられるはずです。
日本恋しいで毎日泣いて暮らしていたら、ホームシックで倒れてしまいます。

心の平和のためには、ボケもある程度は必要なんじゃないかと思います。

ユーザーID:2504684479
“本当は怖い”様のレスに全面賛成
2011年9月28日 11:05

海外で暮らしている方は、日本から離れているからこそ、不安になって思い悩めるんだと思います。

日本に住んでいる私としては、もう考えても仕方ない、なるようにしかならない、とある種の開き直り状態ですね。解決のしようがない問題に取り囲まれているのですから、考え続けていたらおかしくなります。

政府の発表への信頼も、私個人はゼロに近いですが、逆に自分が政治家だったらと思うと、こういう対応も正直やむを得ないんだろうな、と考えてしまいます。
また、個人的には数年後に健康被害が大量に出ておかしくない状態だと確信していますが、関連性を認めるのは難しいでしょうから、何の保証も出ないでしょう。

なので、自分個人についても、日本の将来についても、不安だし、すっかり人生観も変わりました。多かれ少なかれ、日本在住の人間はみんなそうだと思います。中には、完全に無頓着だったり、無意識に否認して「全く平気」なそぶりをしてる人もいるでしょうが…。

日本は決して、本当の意味で「いつもどおり」ではないのですよ。
「いつもどおり」のように生活するしかないんです。

ユーザーID:9071930028
もし不安なら、
usami
2011年9月28日 12:09

2回目です。
もし私が、ノイローゼになりそうなほど悩まれている友人、身内が
海外にいたら、
「今度の正月は無理しないで、その次の休みにしたら。」と言うかもです。
乳幼児をつれての飛行機とか、大変そうですし、
帰国が不安の種になっても可哀相です。
義理もあるかもしれませんが、
今度の正月は、帰国を見送るというのもありだと思いますよ。
「小さい子供がいるので・・」と前もって伝えて。

放射線量は、安全値ですし、
原発のほうは、ステップ1という段階が無事終わり、
今はステップ2という、カバーで建屋ごと覆うとかやってるみたいです。
今はまだ半年ですが、さらに半年、1年経てば、
より落ち着くと思いますから、もちろんお子さんの顔も見せれますから、
様子を見ていてもいいと思います。元気出してください。

ユーザーID:7024586309
麻痺しているか表立って言いにくい
momo
2011年9月28日 12:33

福島県から近県に避難したものです。

食材や遊び場など、とても気をつけていましたが、やはり続けるのは大変で、最近では緩みつつあります。個人では限界があるんです。
学校給食も気になりますが、モンスターと言われそうで、何も言えません。国が大丈夫って言っているなら大丈夫かなあなんて、都合のいい時に思ったりします。

そして、周囲に、表立って放射能心配しているとは言いにくいです。気を悪くされるかもしれないので。
やっと数人、思いを共有する人と知り合ったところです。
「被災地を応援」と「放射能気にしない」がイコールのような雰囲気があるんです。

わたしは、外国の方に、帰省やドキュメンタリーでも撮るのでなければ、わざわざ来てくれなくていいと、思っています。
それが外国の友人に対するわたしの思いやりです。

そして、一時的にも避難したいと思っている福島の友人の、できるだけ力になりたいと思っています。
それが、被災地福島で生活する友人に対するわたしの思いです。

ユーザーID:4898459800
国内での温度差に唖然
ponko
2011年9月28日 19:49

海外では大変な噂になっているようですね。

私は都内在住です。
夏に北海道にある実家に帰省しましたが、その時に何人もの地元の友達に会って驚きました。
震災は文字通り他人ごとなんです。
地面が東北に繋がっている本州とは全然とらえ方が違いました。
「ふーん。大変だったみたいだね」でおしまいか、全く話題にもならないか。

東北関東と違って揺れは小さかったし、蛇口から放射性物質が混入した水が出てくる心配をしたこともないし、絶え間ない余震や停電におびえることもない人たちですから無理もないのかも知れませんが。

ですので私には海外在住の人たちの騒ぎっぷりにとても大きな違和感みたいなものを感じてしまいます。

どちらが理にかなった態度なのかは、今のところ国内にいる私にも分かりません。

ユーザーID:6051206710
福島県民です。
まま
2011年9月28日 21:26

どのくらいの数値が安全なんてハッキリとはわかりません。
今の数値は0.3マイクロシーベルトくらい。原発事故の前の10倍位って言ってたかな!?
一度被爆してしまったら治らないと聞いていますので、諦めているってところもあります。原発が爆発!?してすぐ詳しい情報が入ってこなかったし、その頃は震災により物資不足でわずかにある物資を売ってくれるスーパーに子供と一緒に並んでましたから。特に放射能が飛んでたであろう2,3日は物資不足すぎてパニックでしたからね。

今は被爆している可能性も考えセシウムを軽減させてくれるであろう食べ物を多くとったり、外遊びを減らしたりしています。
避難区域の方は多少の助成が出たり避難できたりしていますが、その他の県内の人たちには何があるわけでもありません。
避難できる人はいいですが、したくても出来ないのが現状です。
関東圏が終わり!?だったら原発のある県に住んでいる私たちはなんでしょう!?

ユーザーID:0758675481
海外在住の私たちにできることとは?
日本人でよかった
2011年10月1日 4:09

ふるさと日本から離れて暮らしているからこそ、余計に心配になるというお気持ちはわかります。私も海外在住なので、震災が起こった当初はこれ以上ないくらい日本のことが心配で、勝手に涙が出てきたりしていました。今も毎日日本のことを考えますよ。いつも日本の復興、原発事故収束、除染を祈ってます。原発作業員さんたちの安全と健康も祈らずにはいられません。

来月里帰りする予定ですが、なるべく日本で贅沢して、たくさんお金を使ってくるつもりです。本当はボランティアにも行きたいですが、日程の関係でどうなるかわからないので、できなかったら東北に旅行に行くつもりです。2週間程度の一時帰国なので、放射能のことは気にしません。むしろ、私なんかが気にするべきことじゃないし、失礼な気さえしてしまいます。

私はいつか日本に戻るつもりなので、今は日本のことがとても心配だけど、こちらでがんばって働いて、経済を回す貢献することしかできません。間接的にでも、日本の復興の役に立てることがあると思います。センセーショナルな噂に惑わされないようにすることも、在住国の人に日本の良さを語って興味を持ってもらうことも、その一環だと思います。

ユーザーID:7339872607
同じくアメリカ東海岸から
東海岸猛吹雪
2011年10月3日 2:32

こんにちは。トピ主さまと同じ事を思っていました。震災からようやく半年たってまだ復興も被災者の方のこれからも見えない厳しい時なのになぜメディアでこんなに少ししか報道されないのだろう。人々の関心が薄れているからなのか。

私も乳幼児を抱えています。今年の夏は帰国しませんが、来年、再来年もわかりません。可愛いさかりの孫を親に見せることとこの何十年先にくるリスクを取るか決めかねてます。

「いい加減な情報に惑わせれてかき回すのはやめてほしい」という人もいますが、ワシントン・ポストで福島の原発の問題を日本の報道より早く出したのは設計はGEがしたので構造的な欠陥がわかると聞きました。

海外に住んでいるから関係ないなんて思ってません。海外に住んでいる私達のほうが日本の被災地から離れている人よりも身近に感じてると母が言ってました。私は出身地から飛行機で18時間離れたところに住んでいますが、被災後毎週のようについ最近でも資金集めのバザーやコンサートがあり、普段は節約ノ日々ですが思い切りお財布のひもをゆるめて募金してきました。いつも被災者のことを思ってます。

ユーザーID:0928395316
北陸住みですがしっかり認識しています
タラ
2011年10月3日 17:00

私の周りの多くの方々は被爆に関してしっかりと認識しています

風評被害と実害被害もわきまえて自己管理しています

それでも「もの言えば唇寒し…」の場面もあり
周りの状況に合わせて話をしている状態です

今の日本国内は二派に分かれているように感じます
悲しいことですね

ユーザーID:0644554954
悲しいですね
誰も知らない
2011年10月3日 17:02

東海岸猛吹雪様

>震災からようやく半年たってまだ復興も被災者の方のこれからも見えな
>い厳しい時なのになぜメディアでこんなに少ししか報道されないのだろう
>。人々の関心が薄れているからなのか。

義捐金など、海外からの手助けありがとうございます。
ただ、トピ主様も同様のことをお書きですが、やはり距離を感じるコメントですね。

関心が薄れるも何も、当地ではついこの間、福島と連動して震度4の余震がありました。久しぶりに携帯から鳴り響く緊急地震速報に、3月のことを思い出して動悸がおさまりませんでした。
忘れようがありません。

震災直後の、公共広告と刻々と悪化するニュースに覆い尽くされたテレビ。
そのときのことを考えると、お笑い番組で笑えることがどんなに楽しいか。
情報番組で美容や収納のことなどが取り上げられているとほっとします。

一方で、NHKやワイドショーでも、継続的に放射能や被災地のことをとりげていますよ。

コンサートや歌は軽薄ですか?
音楽業界も、慰問やチャリティーなど頻繁に行い、音楽の力でやれることをやろうと、皆さんがんばっています。

ユーザーID:6608990128
実家が福島市携帯からの書き込み
一児ママ
2011年10月3日 17:21

福島市にいる両親は普通に暮らしています。まぁ普通に暮らすしかないというか。町の人もマスクも特にしていないし布団も干してたりしてビックリしました。本当に普通に生活してます。ただ以前より子供の姿が見えません。
かえって福島から離れてる人ほど心配してますよね。
私は関東にいますけど、やっぱり気になってますよ。子供に土は触らせたくないし水道水も食事作りには使ってません。爆発したときは二ヶ月ぐらいは窓を開けずに過ごしました。
福島市でも子供のいる人たちは避難したいみたいですが、経済的なことや転校による子供への影響等々あるみたいです。私自身は一日も早く避難したらいいのにと思いますが、本人たちがそれは一番したいと思っているしわかってます。でもできないということで毎日悩んでるようです。夏の間長袖で通学してた子供たち、本当に可哀相です。

ユーザーID:8908580883
軽薄なだけではないのです
K子
2011年10月4日 0:19

そりゃそうですよ。だってそれでも日本で生きていくって決めたんですから。
ずっと放射能汚染のことばかり考えていたら気がおかしくなります。何も食べられなくなります。

311の後、放射性物質が怖くて部屋に閉じこもったり、原発関連の本を読んだり、ネットで情報を調べたりしました。それで自分なりに今後どういうものを食べて、どういう生活をするか考えて、折り合いをつけました。その上でガンになったとしてもしょうがないと、覚悟を決めました。

今は、ネイルに映画をみたり外食を楽しんだり、311前と同じように生活してますよ。軽薄に見えますか?
311後、私もしばし躊躇しました。でもそういう消費活動を日本人全員がやめたら、それを生活の糧にしていた人達は失業するし、日本はさらに打撃を受けます。

津波と放射能汚染だけでなく、経済の破綻まで重なったら…本当に立ち直れないですよ。

そこまで考えず普通に楽しく暮らしてる人もいるでしょう。地域や年齢によっても考え方は様々です。でも、日本人は考えが浅い、と簡単に思わないで欲しいです。

ユーザーID:0108137243
遠く離れていますが、ずっと考えています
柿の種
2011年10月4日 1:03

「国内の温度差に唖然」の、
北海道では…

>「ふーん。大変だったみたいだね」でおしまいか、全く話題にもならないか。

それは、ponkoさんが会った人たちの様子がそうだっただけです。

北海道でも震災や福島の惨状について心を痛め、不安を感じ、心配し、
関心を持ち、支援することを真剣に考え動いている人も沢山います。
少なくとも私の知る限りでは、そんなにあっけらかんと無関心な人はいません。
直接縁者や関係者がいなくても。
友人なら尚更です。

現地でなければ切実さも日々の思いもわからないことはいっぱいだと思います。
ニュース報道だけで得られる情報は限られていて、
取り上げられていないことや思いがたくさんあると思います。
さとりて、被災された人にメールや電話で伺うのは、はばかられることです。
話題は震災以外の方がいい、という思いもあると知りましたし、
毎日を「やるしかない」と奮闘している人に暇などないし!
彼らを理解するために自分から情報を得るようにしつつ、
彼らとのやり取りは、どうするべきか、いつも考えます。

ユーザーID:7419819929
何が、どうして心配ですか?
だん
2011年10月4日 8:14

>被曝現象もすでに出始めているとか
 こういう不確かで明らかに誤った情報を広めている人が被害を大きくしています。
 まず急性障害と長期の障害の差、この程度すら理解していない人が多すぎます。急性障害は数日〜数週間で出てきます。長期の障害は20年〜のスパンで出る可能性があります。トピ主は一体だれの、どのような情報をもって出始めているとか、といっているのでしょうか。科学的な根拠をもった説明をお願いしたく。

 当方ホットスポットとやらの散在する地域に住んでいますが。障害が出るレベルではないので何の心配もしていません。

 家に閉じこもってあらゆるリスクを回避している人が日本には多いようですが(少なくとも取るにたらないリスクを回避したいと考えている人が一定数以上いるようですが)。むしろその現状の方が私には心配ですね。

ユーザーID:4412973872
海外在住の方の反応に驚き
3児母
2011年10月4日 10:44

 ダニエル カールさんが海外の不安を煽る過熱報道に憤慨されてましたが、本当に過熱気味なんですね。こんな事を書くと私は東電、日本政府に騙されていると思われるのでしょうか?

 トピ主さんの情報源はなんですか?ネットや口コミはやめて日本の新聞や硬派な書籍などを読んだらどうでしょう。3月15日の某新聞の一面には「3基とも炉心溶融」と大きく書いてありましたよ。情報が隠ぺいされてるわけではありません。ちなみに今日の朝刊では東日本の各地の放射線量は事故以前の最大値よりも少ないです。

 地震や事故は起きてしまったこと。これから被災地、福島、日本は復興しなければなりません。前に進むためには、日常の生活から戻らなければならないのです。

 チェルノブイリ事故では福島の7〜10倍の放射線が放出されたと言われます。しかも、事故後数日は公表されなかったため、ロシアをはじめヨーロッパの人々はかなりの量を浴びています。あれから、20年。深刻な健康被害がヨーロッパ各国で出ているのでしょうか。

 健康を思うならば福島の原発事故の放射線量以上に、喫煙、残留農薬、食生活に注意したほうがいいと思います。

ユーザーID:3946519831
訂正
3児母
2011年10月4日 11:04

 チェルノブイリ事故からは25年でしたね。。。失礼。

ユーザーID:3946519831
気を付けていますよ?
腹が立ちます
2011年10月4日 11:39

テレビや新聞系のたれ流しメディアだけを注目している分には、「なにをのんきにしているんだろう」と思われるでしょうね。
気になる人は積極的に情報を取りに行っていますよ。
そして自分ができる範囲で気を付けて暮らしてます。
お気楽に見えるかもしれないけれど、日々の暮らしに気を遣い、疲れますよ。
そんな中でお笑い番組やスポーツ観戦をして気晴らしをしちゃいけないの?

>心配したところで住む場所を変えるわけにもいかないで生活しているのに、わが身を安全圏内に置いて何を遠くから余計なことを

わかってらっしゃるじゃないですか。
ここを離れる「わけにいかない」んじゃなくて、移住なんか「できない」んですよ。

ユーザーID:5521275781
チェルノブイル 〜 ミュンヘン (ドイツ)
ニーナ
2011年10月5日 6:35

ドイツ在住です。  
福島原子力発電所の事故発生からしばらくは、こちらのTVなどでは、
まず日本の天気と風向き(放射能の拡散予測)が報じられるのが先で、
自国ドイツの天気予報はその後と言った具合でした。

ところで、ドイツに質の高い 『Quarks & Co』 というTV番組があります。 
日常のさまざまな問題・課題を自然科学的に学術検証する番組です。

3月11日、東北地方で起こった大災害がドイツに報告されて間もなく、
この番組でも早速、原子力災害による放射能汚染などについて特別番組を組んでいました。

その 『Quarks & Co』 で報じられた一部が、

・福島から報告されている放射能汚染の数値は、
あのチェルノブイル原子力災害によってミュンヘン近郊が放射能汚染された数値と同じ位
(ドイツ国内では、バイエルン州で最も高い数値が観測されています。)

・25年経った現在、ドイツ国民(当時幼児、子供だった人々も含めて)の癌の発生率を州別に比較してみても、
ミュンヘン・バイエルン州に特に高い数字は見られない。

と言う内容でした。 あくまでも事故間もなくの報道内容ですが、ご参考に。

ユーザーID:3724531728
 
現在位置は
です