現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

お葬式の通夜振舞いはやはりいただくべき?

ディアブロ
2012年1月25日 0:14

お葬式で、お通夜時に通夜振舞いとして食事が
出されますが、持ち帰りのお弁当はいただいても
食事は断るより、ありがたくいただいたほうが
良いのでしょうか?
もちろん、ご遺族から食事のお誘いがけをして
いただいた時です。

今まで、遠慮していたのですが、いざ自分の親族が
無くなり葬式を出した時、故人に縁のある方々に
食事のお声をかけさせていただきました。
お寿司やオードブルなどですが、式を出したほうは
凡その人数分を準備しており、残るともったいない
ことです。できるだけ多くの方に召し上がっていただき
たいと、心からお誘いしました。

この経験から、やはり声をかけて頂いたら快く
いただく方が良いのかと思いました。

皆さんは、この通夜振舞いは、ご遺族から声をかけて
もらったら、いただいて帰られますか?

ユーザーID:0319206859  


お気に入り登録数:26
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:19本


このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
関係にもよるけど
わんわんこ
2012年1月25日 12:00

私も自分の身内に葬儀があってから、意識が変わって、そこそこ関係が深かったら頂いて帰るようにしています。
やはりそそくさと帰っていかれると寂しいというか、個人が賑やかなのが好きだったとかであればなおさら。料理が残るのがもったいないというよりも、時間をさいていただくのは純粋に嬉しいし慰められましたから。

ただ、状況によっては。お席がけっこういっぱいだったり、個人とそれほど親しかったわけでなければ、失礼するのも正しいかなと思います。

ユーザーID:6747620071
その場の空気をよむ
アイビー
2012年1月25日 12:02

心から、お声がけ下さっているのか、それとも建前上言ってくださっているのか、なんとなく分かりますよね。

遺族側の方も、とりあえず皆さんにお声がけしないわけにいかないでしょうが、思った以上に多くの方がいらしてくださった場合など、足りなくなる心配もあるわけで・・・。

私は、とりあえず、ご辞退しますが、その時の相手の応対で判断し、頂くか帰るか決めます。なんとなく分かりますよね?本心で言ってくださっているかどうか。

私は遺族側を何回か経験していますが、召し上がっていって欲しい方ほど遠慮して帰られ、たいして親しくも無いどうでもいい人ほど、ちゃっかり召し上がっていくような気がしています。

一律にこうと決めずに、その場の雰囲気で判断されたのいいのではないでしょうか?

ユーザーID:0269572143
軽く
あまり深く考えない
2012年1月25日 12:10

ちょっといただいて、長居せずに帰るのがスマートだと思います。

ユーザーID:3275446349
通夜ぶるまいは供養の一つだから
はなこ
2012年1月25日 12:39

20年近く前のことです。
私はまだ20代半ばで、あまりお葬式のマナーは知らなかった。
幼稚園児のいるシングルマザーの友人の父が亡くなって
通夜への出席とシッターを兼ねて行った時に、通夜が終わって帰ろうとしたら
喪主である友人の母から
「通夜ぶるまいは供養の1つだから、時間の心配がなら、ぜひ頂いていってほしい」
「お父さんが、この世で一緒に食事をする最後の機会だから、賑やかに送りたいのよ」
と言われました。
お清めでもあるけれど、供養の1つだと言われたら
無碍に断るのもなんだなぁ…と。

通夜ぶるまいは、弔問客の見込み人数の半分程度の人数分しか用意しないようで
誰でも彼でも声をかけるわけではないから
もし声をかけられた場合は、顔を出した方がいいと思います。

友人の父とは面識は無かったので、私がいてもどうかなぁとも思いつつ、すすめられるままに頂いて
後日、友人から「(父の死は)覚悟はしていたけど、やっぱり心細かったから
夜遅くまでいてくれて心強かった。ありがとうね。」と言われたので
通夜ぶるまいは故人のためだけではないのかもしれないなぁと、思ってます。

ユーザーID:2350371137
「もったいない」とかではなく
moto
2012年1月25日 13:58

通夜振舞いは、故人を偲ぶための場所です。

生前に深くご縁のあった方なら、焼香だけして「はい、さよなら」とはなりません。
「あんなことがあった」「こんな人だった」と思い出話は尽きません。
そんな弔問客への御もてなしが通夜振舞いです。

私はご遺族に許可を得て、友人たちと一晩泊めてもらったこともあります。
故人を前に飲み明かしましたが、それでも名残りは尽きません。

逆に、個人的な縁は薄く社会的なつながりの弔問でしたら、食事は遠慮した方がいい場合もあります。
お身内のみの葬儀に弔問することになった場合も早々に帰ります。

基本的には縁の薄い方であっても、軽く口をつけてから失礼しています。

ユーザーID:4522467526
頂きません。
心音
2012年1月25日 16:44

「有難うございます」と言い 何となく そーっと帰ります。
お持ち帰りのお弁当等もあるのですか?初めて聞きました。差し支えなかったら どの地域か お聞きしたいです。

酒が入り思いがけず長居したり料理が足りなくなる場合もあるし お身内の方や ご年配者などに座っていただくのが良いと思うし。

そこで何かつまんでも食べた気がしないと思って遠慮します。

また、翌日などの葬儀にも行く場合もありますので 早々に帰宅します。

ただ地域性もあるのか去年義父の葬儀をしましたが 皆さん 声掛けるまでもなく ドカンと座ってガッツリ食べていらして 葬儀屋さんから「この辺りの方は・・・」と聞いていましたが驚きました。

親しい程食べられないという気持ちも経験した事もあります。(親友の死の時)

ユーザーID:2188728029
不本意ながら、何度も葬儀を主催しました
気持ちよく
2012年1月25日 17:32

悲しいことですが、喪主をつとめたり、高齢の喪主の裏にまわって一切の裏方を引き受けたり、何度もやりました。同僚本人の葬儀の委員長をつとめた経験もあります。

ご縁が薄く、代理のような形で参加する場合でない限り、ふるまいを多少いただいて帰るのがマナーだと思うし、ふるまいに手をつけない方が多いと、たいへんさみしいものです。

故人やご家族との縁の深さにより、ご家族とお話しするか、どの程度長居するかを決められたらよろしいかと存じます。参列者の中に知人を見つけたら、その方と2〜3こと会話をしながら、ビール一杯、寿司2カンくらいいただく、というのでもいいと思います。

最後に、はからずも葬儀を出す側にまわった場合について、ふるまいの料理は少なめに(想定人数の半分でも余ります)、そのかわり、品質の高いものを用意したほうがよいです。仕出し屋さんに料理の価格を値切り倒し、あまりに貧相で質の悪い料理が並び、ご近所の評判を著しく落とした家もあります。

ユーザーID:3720282527
長居をしなければ
じゅんぺー
2012年1月25日 18:11

人事部に在籍していたため、社員のご葬儀、同じ部署内の家族のご葬儀、
お手伝いとして数多く参列しました。
その経験からいえば、長居をしなければ通夜振る舞いは頂いた方がいいと思います。
注文したのが残ってしまってはもったいないと言うより、
多少賑やかに、故人とのあんな事やこんな事を語るのも
供養の一つなのかなと感じた事と
特に家族だけの葬儀でない場合は、多くの参列者がある事や
通夜振る舞いの場がにぎやかになる事でご遺族側が慰められる
と言う話をよく耳にしたからです。

お席が混雑して、さらに個人との関係が薄ければ、ご辞退と言うのもあると思いますが、
そうでもなければ、少しだけでも頂いて退席するのが良いかなと。

ユーザーID:7588207783
「残るともったいない」からじゃありませんよ。
Papillon
2012年1月25日 19:23

「通夜振舞い」は参列してくれた人たちをねぎらうだけが目的では
ない、というのはご存知ですよね?
あれもお清めのひとつの形なのです。

遠方まで帰るとか、事情があるなら遠慮していけないものではないと
思いますが、もったいないとかではなくて「来てくれた人のお清めの
ために」何かさしあげる、とは思えなかったでしょうか。

故人をしのびながらお酒を飲む、だけでもいいと思うのです。
もちろん近しい間柄ならゆっくり食事もしていいと思いますが、何も
しっかり食べるのが目的ではないですから。

身内のお通夜やお葬式は誰もが若いうちから経験するものではないので
業者の手を借りることも多いと思いますが、通夜振舞いが多少残っても
それは(確かにもったいないですが)ある程度は仕方のないことです。

傷まないものなら関係者が食べたっていいのだし、強要しないこと。
少しでも何か口にしていってもらえればいいと割り切りましょう。

ユーザーID:1625598648
声をかけていただいたらいただく
えり
2012年1月25日 20:58

自分の家族が亡くなった時、一緒に時間をともにして下さった方々の対応が本当にうれしく、感謝しました。家族が亡くなるということで、本当に心細いんですよね。

今後は声をかけていただければ、遠慮せずにいただこうと思いました。

ユーザーID:5511989477
トピックの意図が最初わかりませんでした。
二階堂盛義
2012年1月26日 0:14

先方からわざわざ声をかけていただいたのに、それを断る理由などあるのか。ご厚意を断るのは失礼ではないのか、と。

しかし、声をかけていただいた相手から
「どうでもいい人ほど、ちゃっかり召し上がっていく」
と陰口を叩かれる恐れが実際にあるのですね。怖い話です。まだまだ私は世間知らずでした。

さて通夜振舞いの意味ですが、昔、親族の葬儀で「来て頂いた皆に召し上がっていただくことが供養」と教えられました。
そのとき子どもだった私は、大量に余ってもったいないと思わず言葉に出してしまったのですが、それも承知の上で、弔問者が何人いらっしゃってもけっして足りないことがないようにと。

ユーザーID:9234663614
それも供養です。
OBA48
2012年1月26日 1:57

先祖代々、関東です。
子供のころから何度も葬儀を経験してきましたが、
通夜振舞いは供養の一つなので、一口だけでも頂くものだと
年長者から教わりました。
親族以外は長居はしません。

最近は立食の会場もありますね。
会葬の流れとして、焼香の後、振舞いの席に進むのがスマートでしょう。
ソフトドリンク一口でよいのですよ。

ユーザーID:9983256450
状況に応じて携帯からの書き込み
りらっくま
2012年1月26日 7:48

以前、夫の義理の伯母(義母の兄嫁)が亡くなり、義母に誘われるまま、義父母夫妻、義妹とその子達姉弟、義弟夫婦とその子達兄妹、そして私達夫婦と娘と、義母の孫まで総出で行きましたが、告別式の時に遺族に奨められ、(喪主の伯父夫婦のご長男のお嫁さん)お弁当を頂いたけど、伯母の肉親らが座れず、申し訳ないし、心苦しい思いをしました。
これからは場合によっては、お断りしたり、お持ちかえりしたり、その時の周囲の状況で考えたいと思いました。

ユーザーID:7475001950
いただいてほしい
ほむむ
2012年1月26日 7:52

去年父が亡くなり、初めて葬儀を行う側になりました。

うちの父は人づきあいの下手な高齢でしたので、すでに会社関係もなく親戚も来る人が把握できたので、通夜振る舞いはほぼちょうどいい量になりました。

場所がお墓の契約の都合で実家から車で40分ほど離れた葬儀場なので、近所の人もワゴンに相乗りして来てくれまして、仕切ってくれた古株のおばさまが前もって知らせてくれました。

皆さん、自分の分を用意してくれている、と思ってくれたらしく、予定した人はみんな食べていってくれたので助かりましたし、にぎやかにできました。

うちの場合は特殊なんでしょうね。
葬儀場だから終了時間もほぼ決まっていましたので、変にだらだらすることなくお開きしましたし。


義理伯父の葬儀の時は、定年後の委託社員という立場だったので会社関係の方も来てくださいましたが、みなさんそそくさと帰ってしまって。
伯母が葬儀社に勧められた平均的注文数では20人前も余ってしまいました。
いい伯父だったのに、がらんとした席はさびしかったです。

ユーザーID:7895559893
寂しいお葬式
40代主婦
2012年1月26日 8:44

特にご高齢の方の葬儀であると、都市部に近づけば近づくほど
寂しいものになりがちだと思います。

沢山の人が、弔問に来てくれた…という雰囲気を出すためにも
ちょっとでもいいので、頂いて帰るのが故人や遺族への
思いやりかもしれません。

かつて、花形でお仕事をされていた方も、第一線を離れて時間が
経てば経つほど、びっくりするほど、人がやって来ないものです。

ユーザーID:3358861342
地域や慣習にもよるとは思いますが
南無
2012年1月26日 9:06

通夜振舞いは「故人との最期の挨拶」でもあります。
一口でも頂戴するのがマナーです。
ただし、長居はしないように。

ユーザーID:8029576501
少しで良いから食べて行って欲しい
みかん
2012年1月26日 10:08

親戚の通夜で、参列者は多かったのに通夜が終わったとたんみんなさ〜っと帰ってしまって、せっかく準備した通夜ぶるまいがほとんど残ってしまった事がありました。
近所の義理で、「一応参加しましたよ」と世間体のために来たみたいで、がっかりしました。
そういう人達は、香典も少なかった(3千円)人が多かったそうです。

私は友人の親の通夜に出席した事があるけど、通夜ぶるまいを勧められたので、頂きながら、亡くなる前や亡くなったときの話等を聞かせてもらいました。
家族を亡くされた側も、話す事で少しストレスを吐き出せる事もあると思うので、長居はせずとも、多少なりとも話を聞いてあげたら良いと思います。

ユーザーID:5952519195
食べるつもりで行きます
元欠食児童
2012年1月26日 16:45

東京の者ですが、お通夜に行く時ははじめから、食べるつもりで行きます。
卑しいとお思いでしょうが、通夜は通常夕方から始まるので、焼香を終わるころはお腹も空いてきます。なので、お清めにと勧められたら、必ず参加します。通夜の意味からも、故人をしのんで語り合い、遺族を慰めるのが供養かと思います。にぎやかにやるのが良いのではないでしょうか。

私らはよく同級生の親御さんのご不幸に参列しますが、通夜ではクラス会のようになって、話も酒もはずむので、脱線しないように気をつけております。あくまでも通夜の席と言う事を忘れないように気をつけます。

翌日の告別式のあとは、親族中心で初七日などの法事をやる場合、親族以外は遠慮します。まあ、地域によって色々なやり方があるでしょうが、通夜で食事をどうぞと勧められたら、遠慮なくいただいて、供養だとお考えになるのが良いのではないでしょうか。

通夜振る舞いに呼びたくない人がいれば、主催者側は、誘わないでしょう。

ユーザーID:4861075320
勉強になります。
かのこ
2012年1月27日 13:22

横ですみません。

私の住んでいる地方では通夜振舞いを弔問客に召し上がっていただく習慣がありません。
通夜の法要が一通り済んで全ての弔問客が帰った後、親族のみで食事をします。
ですから、それを通夜「振舞い」と言っていいのかどうかは怪しいです。
便宜上そう呼んでいますが、給仕は葬儀屋さんか会場のスタッフが行いますし、控室のような場所に自分達で出前寿司を取って缶ビール、と簡潔に済ませるなど給仕すら必要ない場合もありますので・・・。
弔問客にきちんとした食事を振る舞う習慣があると知っていなければ、「なぜ私にまで声がかかるのか?」と不思議に思いながらも、とりあえずお受けしたと思います。
まだそのような葬儀に参列した経験はありませんが。

映画やドラマでたまに見る、法要の後で多くの人が集って食べている食事・・・私は通夜振舞いとは別の「有志で故人を偲ぶ宴会」だと思っていました。
あれが通夜振舞いだったんですね。
今後呼ばれることがないとは限りませんし、ここで知ってよかったと思います。

ユーザーID:8016371102
 


現在位置は
です