現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

「土曜の夜は羽田に来るの」の歌詞について

黒マウス
2012年7月3日 14:57

もう30年近く前の「土曜の夜は羽田に来るの」(歌:ハイファイセット)という曲がとても好きです。
今でもよく聴いています。
作詞はユーミンです。
私はずっと、失恋した女性が別れた恋人を想って毎週土曜の夜に羽田空港に来る、と解釈していたのですが、
「空から帰らないあなたと話すため」
というところが、もしかして恋人は亡くなってしまったのかな?と思えるようになりました。
もう古い歌なので、ご存知の方は少ないでしょうが、知っている方の見解をおきかせください。
よろしくお願いします!

ユーザーID:8641402694  


お気に入り登録数:25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
古いレス順
レス数:11本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
亡くなっていると解釈しています。
浅葱
2012年7月3日 15:43

 懐かしい!
私も好きな唄です。
ず〜っとず〜っと昔、Hi-Fiのコンサートで山本さんが「この唄は羽田なのでロマンティックですが、今は成田なので『土曜の夜は成田に来るの』だと成田山へお参りに行くみたいですね。」と言ってことが忘れられず、それ以来私の脳内ではちょっと雰囲気がお笑い系に偏ってますが。

歌詞の「空から帰らないあなたと話すため」は、そのまま「渡航先で亡くなった」または「空で亡くなった」と解釈しています。
コンサートで聴いたときは感動でうるうるしてましたよ!

ユーザーID:6231835010
同じく!
メモリー
2012年7月3日 15:46

私もその歌がすごく好きで、最初はトピ主さんのように、普通の失恋ソングなのかなあと思っていましたが、「空から帰らない」の部分で、航空機の事故で恋人をなくした曲なのかなあと思いました。

当時は国際便も羽田発でしたから、旅行好きの彼が、海外へ行った際、航空機事故で亡くなってしまった。

土曜日に、本当は彼は帰国するはずだった。だから、もしかしたら、と思って、今でも土曜の夜になると、羽田を訪れてしまう・・・

というのが、私の個人的な解釈です。

本当はどういう意味の込められた曲なのでしょうね?

ユーザーID:3252214133
恋人が亡くなったに一票
カーミン
2012年7月3日 16:17

「空から帰らない」以外の歌詞でも、すれ違って
別れたニュアンスが一切なく、過去の彼を懐かしんで
いるものばかりなので、亡くなられたのだと思っていました。

ユーザーID:5678715478
私も恋人は亡くなったと思う。
ナナ
2012年7月3日 16:26

悲しい切ない歌だと思っていました。
恋人は亡くなり、それから誰も好きになれない、
という歌だと思います。

ユーザーID:7664567274
亡くなったのだと思います
しろねこ
2012年7月3日 16:54

「心配しないで新しい恋もおとずれるでしょう」というフレーズが、恋人が亡くなったことを示唆しているように思います。
別れたのであれば、別に心配もしないんじゃないかと…

「旅が好きだったあなた」「空から帰らないあなた」なので、旅行先で亡くなったのかな。

ユーザーID:4737429976
過去形ですね携帯からの書き込み
みきすけ
2012年7月3日 17:41

ご紹介戴いて聴いてみました。哀しい歌ですね。「旅が好きだった」と過去形で語っているので、恋人は故人なのでしょう。彼女は「恋を忘れた女」どころか「恋を忘れられない女」ですよ。きっと遠距離恋愛で土曜日の夜に羽田で出迎えるか見送るかしていたのが忘れられないんでしょうねえ……切ないな。

ユーザーID:4893720142
好きな歌でした
sakyoh
2012年7月3日 18:08

私は、土曜日の羽田着で旅行か仕事から帰ってくる彼氏が航空機事故で亡くなり、その航空機が「今日は着くんじゃないか」と、土曜毎に羽田へ行っている「彼氏を忘れられない」女性の歌だと想像していました。

ユーザーID:5086154104
亡くなった写真家
悩める母
2012年7月3日 20:38

確か、どこかで、これは写真家のどなたかが旅先で亡くなって、それをモデルに書かれた詞だ、というのを読んだことがありますが、今となってはそれが誰で、どこから得た情報なのか、思い出せません。誰か、ご存知の方がいたら教えてください!

ユーザーID:7687691082
亡くなった以外の選択肢は無いと思うのですが
もう少し昼間で我慢
2012年7月3日 23:57

私もこの歌が好きです。
山本潤子さんが歌うから余計良いのかも。

トピ主さんの解釈で考えたことはありませんでした。
この歌を聴くと夜の羽田に行きたくなるんですよね。
うちの夫も旅客機オタクなので、子育てが終わったら夜の羽田にも車で行けるかも。

ユーザーID:2413157620
トピ主です ありがとうございます
黒マウス(トピ主)
2012年7月4日 14:57

レスくださった方、早速ありがとうございます。
私と同じように、この歌を好きな方がたくさんいて嬉しかったです。

やはり、亡くなった恋人を想って羽田に行く、というのが正しいようですね。
このトピを立てる前にネット検索してみたのですが「失恋ソングの定番」と書かれてるページもあったので、一体どっちなんだろう?と思ってトピを立てて皆さんにお聞きした次第です。
スッキリしました!

それにしても、あの頃のユーミンの書く詞はホントよかったなーと思います。
山本潤子さんの透き通った歌声も素敵ですね。

ユーザーID:8641402694
ハイファイブレンドで聴いております。携帯からの書き込み
APRIL
2012年9月21日 17:03

もう見てないかもしれませんが、懐かしいですね。
今この曲を聴いたら、きっとみなさんのように感じたと思います。
しかし、この曲と出会った頃は、まだ家族で海外旅行そんなになかった時代で…もっと遠かったんですよね。
私は憧れからか、海外で暮らす道を彼が選んで、行ってしまったんだ…と解釈。
今もその頃に感じたままの印象で聴いております。

ユーザーID:6217192149
 
現在位置は
です