現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

知的能力の高い子ども。 小学校時代に出来ることは?

つゆくさ
2012年8月30日 22:40

小学校1年生の子どもがいます。
年中児の頃から、ふりがながあれば小学生向けのお話や
学習漫画等をどんどん読み、頭の中で考えて繰り上が
りのある足し算をやったりしていました。
一方で他人との関わり方では疑問を感じ、発達相談で
行った知能検査ではかなりの高スコアでした。

保育園時代はのびのび過ごしていましたが、小学校は
行き渋りがちで、理由は「体育と休み時間は楽しいけど、
勉強がつまらない」そうです。
三大都市圏からは離れた地方都市在住で、小学校は
公立です。
放課後の学童保育は喜んで通っています。

子どもの知的意欲を育てていくために、親として何が
できるか考えているところです。

教育関連の掲示板でもこの類の話題は上がっていますが、
「子どもに『つまらない』と言わせてはいけない」「つま
らなくてもやらなくてはいけないことがあることを教える
場所にする」「謙虚な気持ちで授業を受けていれば得るも
のはある」等、現状にうまく適応(我慢?)することが
重要であり、他者からも評価される…といった意見が多い
ように思います。

確かに、ASPとADHDの傾向があり、場をわきまえない行動が
目立った我が子が、1学期を終えて以前よりも我慢できる
ようになったことは確かで、枠組みのある集団生活を通し
て成長していることは実感しています。

しかし、いくら社会性が育てられるといっても、そのこと
だけで生来の知的意欲・知的好奇心が満たされないことを
よしとしたくは、ありません。

こうした子ども達に対し、小学校生活で対応できること、
家庭で親ができることについてのご意見をお聞かせ頂けない
でしょうか。

おそらく「ギフテッド」「2E」と呼ばれる範疇に当てはまる
子どもです。日本とは異なるシステムで教育を受けている
国外の方を含め、幅広くご意見頂きたく思います。
よろしくお願いします。

ユーザーID:2696877392  


お気に入り登録数:356
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:25本
最初へ 前へ 1 2 次へ 最後へ すべて トピ主のみ(25)ほかのレスも表示

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
トピ主です。1
つゆくさ(トピ主)
2012年8月31日 23:02

沢山のレスをありがとうございます。
8月31日 18:48 みつまめさんのレスまで拝見しました。
まとめてのお返事になりますが、お許し下さい。

我が家は「似たもの親子」です。
私自身、通塾なしで東大に現役合格したものの、(今にし
て思えば)日本の社会で求められる社会的スキルの不足も
一因となっての失敗を繰り返してきました。

ですから現在に至るまで、ソーシャルスキルの獲得が子ど
もにとって最大の課題だと考えて関わってきています。
他者の気持ちを理解することが苦手なASPの子どもには、
「話せば分かって当たり前」のことではないので…。

それとは別に、個々の能力に応じた知的刺激を受けること
で感じる喜びや能力の開花は、人間が与えられた生来の
特質として考慮すべきではないかという気持ちがあります。

「その程度の子どもはめずらしくない」とのご指摘は、
まさににその通りで、「頭が良い子は小学校の授業は
退屈なんだよね〜」といったことはよく聞くことです。

ユーザーID:2696877392
トピ主です。2
つゆくさ(トピ主)
2012年8月31日 23:33

だよん様の
>いかに、日本がそういう子供を必要としていないかよく判ります。
>バックアップ体制が全然ないんですものね。

2行目が今私が感じていることで、思わず1行目に納得しそうに
なりましたが、なんとか踏みとどまりました。
アスペルガー症候群(ASP)やADHDに関しては相談窓口もあり、
学校に相談もできますが、授業が退屈で苦痛だ、といったことでは、
相談はおろか口にすることも憚られる雰囲気を感じます。

他者と比較してどうこうではなく、今目の前にいる子どもに対して
何ができるのかを考えているということを理解して頂いたレスが
いくつもあり、有り難く思っています。

現在進行形では「不安です」さんや「ライラック」さん、今すぐ
会ってお話したい気持ちです。
ご自身やお子様の体験を聞かせて頂いた内容もとても参考になり
ますし、全てのレスがこのことについて考える糧になっています。

引き続きのご意見を頂きたいと思いますので、よろしくお願い
致します。

ユーザーID:2696877392
トピ主です。3海様へ
つゆくさ(トピ主)
2012年8月31日 23:41

海様

20前の私、かつ20年後の母としての私からのメッセージかと
思いました。
でも、これから20年の間に、何かが変わって欲しいとも思います。

本当にありがとうございました。

ユーザーID:2696877392
トピ主です。4ぽんた様へ
つゆくさ(トピ主)
2012年9月1日 0:00

ぽんた様

ぽんた様も息子さんも、(端からみれば)主治医のDr.も最高です!

私は受験英語はそれなりに出来たものの英語は苦手で、
選択肢を狭めたかな…と思っています。

受験英語とは無縁の「耳」だけはなんとかしたいと、英語の「音」を
耳にすることは心がけてきました。
でも、実際に英語でコミュニケーションを取る必要性がなく、
かつ興味の中心が語学にない子どもにとって、英語に意欲を
持たせることはなかなか難しいです。

(以下、無責任発言)私も蕎麦は大好きです!
息子さんの打った蕎麦を食べ、息子さんのデザインした車に乗り…。
楽しみですね!!

ユーザーID:2696877392
トピ主です。5 
つゆくさ(トピ主)
2012年9月1日 7:48

トピを立てた時はどれだけ反応があるか不安な気持ちもあり
ましたが、おおっぴらに議論されることは少なくとも、実は
関心のある方が多いテーマなのだろうと思います。

ここでは、教育関連の掲示板よりも多様な視点・立場からの
意見を聞くことができ、とても参考になります。
引き続きのご意見をよろしくお願い致します。

ユーザーID:2696877392
トピ主です(6) 今の状態
つゆくさ(トピ主)
2012年9月1日 23:42

沢山のレスをありがとうございます。
マンゴウ様のレスまで拝見しました。

>お気持ち、良くわかります。マクロで見ればそれほど希少でもないとは云え、やはり目の前のお子さんにとって良い環境は整えたいものでしょう。

まさに今の私の気持ちです。ありがとうございます。

もう少し、今の子どもの状況を説明します。
このトピを立てた理由の1つは、学校に行きたくない
訳として「勉強がつまらないから」と子どもが言っている
ためです。
幸い発達障害については理解頂き、生活面で特に本人が
困っていることはないようですが、「勉強がつまらない」
ことで学校に行けなくなっては困るという危機感があります。

夏休みの宿題(夏休み帳)は「めんどくさい」とやりた
がらず、夏休み終わり間近に発破をかけると「もう〜、
簡単すぎてめんどくさい!」と叫んでいました。

ユーザーID:2696877392
トピ主です(8) 続き
つゆくさ(トピ主)
2012年9月1日 23:46

まる様のレス、いろいろな点で参考になりました。
私は授業はそれほど退屈ではありませんでしたが、授業や
先生、学校に敬意を持つ子どもではありませんでしたし、
子どもに対してそのことを教えることはできません。
子どもはどちらかといえばまる様のパートナーに近い
タイプのようです。

>まずお子さんが具体的に何が退屈なのか、どうやったら
>きらめく時間にできるのか。
>それがわかれば一挙解決です。

繰り上がり・繰り下がりのある3桁の足し算・引き算を
解くことにわくわくする子どもが、1桁の足し算を繰り
返しやらされたら退屈だろうなぁ、と単純に思います。
退屈なことをその場では口にせずに、母親に対して
それを伝えてくる我が子を健気に思い、何か手立ては
ないものかと考えています。

ユーザーID:2696877392
トピ主です(9) つづきです。
つゆくさ(トピ主)
2012年9月1日 23:49

どうしたらきらめく時間にできるのでしょうか?

もしも、学校と相談して対応した経験がある方がいたならば、
是非体験をお聞かせ頂きたいと思います。。

計算が好きで、「算数と理科の勉強が一杯できる学校に
行きたい」と言っているので、本人の興味は理系的な
ところにあるようです。
私としては、数理能力よりも概念の把握や読解能力が
優れているように感じており、知能検査でも言語性IQが
高かったのですが、書字が苦手なために、なんと本人は
国語に対して苦手意識を持っています。

地方ではありますが高校はそれなりの進学校もあり、
小中は学区の公立に通うつもりでしたが、今は中学
受験も選択肢の1つと考えるようになりました。

ユーザーID:2696877392
トピ主です(10) usagi様
つゆくさ(トピ主)
2012年9月1日 23:55

共感できることが多々ありました。
私は中2で担任に嫌われました。その年になると成績が
良いことで気にせずに済みましたが、小学校中学年では
かなり辛かったことでしょう。強いお子様ですね。

おそらく幼児期の体験不足のために私は運動が苦手で
嫌な思いもしたため、子どもにはとにかく戸外で体を使っ
て遊ばせることを心がけてきました。
集団行動も苦手だったので、集団での野外活動や泊まり
がけのキャンプなどにも参加させています。
幸いなことに、どちらも子ども自身が楽しんでいます。

子どもは、(もしも嫌なことを言われたら)「『し〜らん
ぺったんご〜り〜ら』って言う」と、いかにもASPらしい
呑気な対応を考えているようです。
私は我が子のこんなところがとても好きで、そこを大きく
変えずに育っていって欲しいと思っています。

ユーザーID:2696877392
トピ主です(11) かりん様
つゆくさ(トピ主)
2012年9月2日 0:23

レスありがとうございます。
かりん様の息子さんのような苦労をするリスクはありそう
で、リスクを回避するための対応はしたいと思っています。

私も大学生当時を振り返ると、今にしてみれば恥ずかしい
言動が多々あります。
自分の足りない点に気づくことがなかなか出来ず、20代は
うまくいかないことばかりでした。
両親は社会生活に普通に適応できていたこともあってか、
具体的なアドバイスはありませんでした。

かりん様がお気づきならば、大学生活で息子さんの課題を
(ある程度ではあっても)克服することはできるような
気がしますし、力を貸してあげて欲しいと思います。

私は、子どもがイラスト付きの発達障害に関する入門書を
勝手によんでいたのを機に、子どもがアスペルガーとADHDの
タイプだということを話し、本人もいたく納得していました。
自分の得手不得手を認識した上で、「こうしなさい」と
他者から指示されるのではなく(どうせ聞く耳を持たないので)、
「こうした方が良いらしい」と自分で判断できるようになって
くれればと思っています。

ユーザーID:2696877392
トピ主です(12) 授業中の過ごし方
つゆくさ(トピ主)
2012年9月3日 6:57

沢山のレスをありがとうございます。

今日は月曜日ですね。
週末はプールやお祭りに行き、楽しくご機嫌に過ご
しましたが、昨夜、寝るときには
「あ〜、明日から学校だ〜。学校は地獄だ」と口に
しました。

簡単だということに加えて、子どもの性質ではおと
なしく座っていることも苦痛なのでしょう。

受診した児童精神科医のドクターには、就学を控えて
「この子にとって必要なのは、特別支援学級でやりたい
ことをやることよりも、普通のクラスで人とどう接する
かを学んでいくこと。授業中退屈だったら、絵を描いて
しのぐようなことも覚えなきゃだめかもしれない」と
言われました。

一度「退屈ならお絵かきでもしてみれば?」と一度言った
ことがあるのですが、本人は律儀なところがあり、
「そんなことしちゃ駄目」一蹴されています。

何か良い打開策はないものでしょうか?

ユーザーID:2696877392
トピ主です(13) ありがとうございます。
つゆくさ(トピ主)
2012年9月3日 20:59

引き続きレスをありがとうございます。
何人かの方からは再レスを頂き、ありがたく思っています。

トピのタイトル及び内容からは違った印象を持たれたかも
しれませんが、今の私は小学校での新しい生活に充分折り
合いがつけられずにいる我が子の言動に一喜一憂している
普通の母親です。


短期的な課題として学校への行き渋りがあり、中長期的な
課題として子どもにどのように関わっていけば社会性及び
知的な成長が促されるか、ということを考えています。


個別性が高いテーマでもあり、アドバイスを求めるには
情報提供が不足していることは承知していますが、それに
も拘わらず多くの方々から具体的なご助言、ご提案を頂き、
心から感謝しています。

ユーザーID:2696877392
トピ主です(14) 前レスの続きです。
つゆくさ(トピ主)
2012年9月4日 0:31

頂いたご提案は、これまでも心がけてきたこと、試みて
うまく行かなかったこと、やってみようと思えることな
ど様々でしたが、体験を通してのお話はとても参考に
なっています。
また子どもの特徴や環境的な理由から、子どもには当ては
まらないように思えるご意見も、かえって比較して見えて
くることもあるために貴重なものとなっています。

前レスと同じ理由で、全てのご提案に対して現状についての
コメントはしておらず、心の中でのお返事に留まっている
ことはお許し下さい。

トピ文で「ギフテッド」という用語を用いたことで、少し
誤解を招いてしまったかもしれません。

ギフテッド教育について調べるとIQのレベルとしては中程
度の区分のギフテッドにあてはまったこともあり、アメリカ
ならばギフテッドのクラスに入るんだろうな、と思っていた
こと、ギフテッド教育をご存じの方からのご意見も伺いたい
と思ったことから用いたものです。
子どもが天才的な能力を持っているとも、天才に育てる
ために特別なことをしようとも思っていません。
9/1 21:35のmamarita様のレスが私の思いを代弁してくれて
います。

ユーザーID:2696877392
トピ主です(15) 
つゆくさ(トピ主)
2012年9月4日 0:55

くまち様のレスまで拝見したところですが、お話の内容
には驚きました。
こちらでは、夏休み明けは「1学期の復習」として
1桁の足し算(繰り上がりなし)引き算の練習から算数の
授業が始まります。
公立校で一律そのレベルでは、ついていけない子どもも
大勢出てきそうな気がするのですが、地域による学力
格差の範囲なのでしょうか。

これまで沢山のレスを頂きましたが、「学校と相談して
こんな工夫をしてきた」といったレスは残念ながら頂け
ませんでした。
このこと自体が、今の日本の公教育の課題の1つではない
かと感じています。

私の中での問題意識がまだ定まらないところはあるので
すが、親として自分の子どもに何ができるか、ということ
に留まらず、例えばピアサポートの場を作るといった、
もう一歩踏み込んだ行動をとった方がよいのではないか…、
と考えることもあります。
そうした活動が得意な方ではありませんし、相当な勇気が
必要なのでただ考えているだけなのですが、よろしければ
この点についてもご意見お聞かせ頂ければ幸いです。

ユーザーID:2696877392
トピ主です(16)
つゆくさ(トピ主)
2012年9月4日 23:42

引き続き沢山の真摯なレスを頂きありがとうございます。
トピを立てて良かったと、本当に思います。

子どものことを考えると、行き渋りという目の前の課題と、
これからどう対処していくべきかという長いスパンでの課
題が常に混ざり合って頭に浮かびます。

トピ文の「小学校生活で対応できること、家庭で親ができること」
という表現は、それぞれ2つの課題を意識していたのですが、
これでは伝わらないですね。
これまで(適切でない)率直さがあだになり、色々と失敗も
してきたこともあり、婉曲になりすぎたようです。

学校とはこれまで何回か個別に面談する機会があり、この
ことも(率直とは言えないまでも)伝えてきました。
その折りの感触(こんなことを考えられるだけ、私も成長
したものです)は、学校側はそのことを問題視したくないん
だろうな…、と感じさせられるものでした。
愚痴トピにしたくない気持ちがあり、まずは他の方の体験
を参考にしたいと考えていましたし、背中を押して貰いたい
気持ちもありました。
これまでのレスを拝見して、今は私の背中は子どもに押して
貰おうと思っています。

ユーザーID:2696877392
トピ主です(17) 続きです。
つゆくさ(トピ主)
2012年9月4日 23:51

体育や芸術系の科目を例として、学校側に配慮を求めること
はどうかというご意見もありますが、学校教育の中で、実技系
教科と他の教科とでは、費やす時間も位置づけもその時間に
求められる態度も異なりますし、「進度」の意味合いも違って
くるので、単純な比較はできないのではないでしょうか。


「和して同ぜず 同じて和せず」と言いますが、頂いたレスを
見ていても、今の小学校の環境で困難を感じている子どもの中
には、後者が苦手な子どもが少なからずいるように思います。

ユーザーID:2696877392
トピ主です(18) 考えています。
つゆくさ(トピ主)
2012年9月5日 21:36

沢山のレスをありがとうございます。

トピを立ててから6日経ちました。
この間、週末はいつものように遊びに出かけ、月
曜からは私は普通に仕事、子どもは(渋りながらも)
学校に通っており、さまざまなご提案を実行に移す
には至っていません。

これまで私学教育の意義や塾の必要性について考えること
もありませんでした。
教育についての意識を根っこから変えるには、世
代単位の時間がかかるように感じています。

頂いたさまざまな意見を実際の行動につなげるため
には、考える時間と準備する時間が必要です。
私のレスに歯がゆさを感じる方もいらっしゃるかと
思いますが、全てのレスが考えを巡らすための糧と
なっていますので、ご理解頂きたいと思います。

ユーザーID:2696877392
トピ主です(19) 出来ることの違い
つゆくさ(トピ主)
2012年9月5日 23:18

多趣味様のレスまで拝見しました。

まずusagi様からのお尋ねですが、子どもは同年代の子ど
もと遊ぶことは大好きですし、学童では上級生の子ども達と
もよく遊んでいます。
常に友達と遊んでいる訳ではないようですが、鬼ごっこと
マリオごっことか、子どもらしい遊びもしています。

担任にも可愛がってもらい、懐いているようです。
「授業が退屈」とは言っても、教師に対する不満を漏
らすことはありません。
そのため授業がつまらなくて行き渋っていると思って
いましたが、理由についてはもっと多様な角度から考
えなければいけないと思っています。



また、個別の対応がなくとも、通常の授業の枠組みの中
で自分が出来ること(内職等ではなく)を考えて実際に
行い、そこから学んできたという体験を何人かの方から
伺いました。

そうしたことは努力や心がけだけで出来るものではなく、
ここでレスを頂いたようなお子さん(又はご本人)は、
それが出来るとても優れた能力を持つ方々であり、対外
的にも人間的にも高く評価されるでしょう。

それが出来ないが故に困難を抱えているということを
ご理解いただけないでしょうか。

ユーザーID:2696877392
トピ主です(20) 保育園時代
つゆくさ(トピ主)
2012年9月6日 23:18

思ってもいなかった数のレスを頂き、感謝の一言です。

子どもは保育園時代、園の生活が合わずに何度か転園して
います。
年長児として過ごした園では、生き生きとした個性を持つ
全ての園児達に深い愛情を注ぐ園長と、子どもの出来ること、
出来ないことの両方を受け止めて、他の子ども達との関わ
りの中で(自分も面白がりながら)力を引き出してくれた
担任に恵まれました。

3歳位の時は「おさるのジョージ」のジョージのような
子どもで(ジョージほど利口ではありませんが)、私は
黄色い帽子のおじさんのようになりたいものだと思って
いました。
そのうちになんだかクレヨンしんちゃん的なところも
でてきたり、家でぐでぐでしてる時はちびまるこちゃん
のよう、ご機嫌ではしゃぎだすと「やまだ」(ただし
算数はクラスで一番)っぽかったり、感情が高ぶると
岡本太郎のような表情を見せたり…と、今でもそんな
感じの子どもです。

※サザエさんとドラえもんでは、登場人物の誰にも似て
ません。

週末にもう一度皆さまのレスを読み、個別のレスも
させて頂きたいと思います。
よろしければ引き続きのレスをよろしくお願いします。

ユーザーID:2696877392
トピ主です(21) 個別にレス致します。
つゆくさ(トピ主)
2012年9月9日 0:03

皆さまのレスを読み返し、改めてこんなにも多くのレスを頂いたことに御礼申し上げます。
全員にお返事できず、かつ言葉足らずで申し訳ありませんが、いくつか個別にレス致します(個々への御礼は割愛させて頂きます)。

nekomama様
始めに頂いたレスのタイトル、心に響いておりました。私も少しアウトロー的な行動をとりがちで、若い頃は失敗しながらもそれをよしとする気持ちもありましたが、nekomama様のように子供のために頑張りたいと思います。

ゆあん様
何度もレスをありがとうございます。
5日のお尋ねですが、私は子供を「天才」とは考えていないので、矛盾しているとは思いません。

おじさん様
子供は当然、空気を読んだり察することが得意ではありません。お言葉、励みにさせて頂きます。

ゆっこ様
年長の時にDr.からも「同じ年の子供と関わるのは難しいかもしれない」と言われましたが、精神的にませている訳ではないこともあり、今のところは大丈夫のようです。いずれ考えていきたいと思います。

バイブル様
学校のシステムは全く異なりますが、家庭での対応や学習方法について、大変参考になりました。

ユーザーID:2696877392
 
最初へ 前へ 1 2 次へ 最後へ すべて トピ主のみ(25)ほかのレスも表示

現在位置は
です