現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

研究者の年収

キノア
2012年10月11日 1:06

はじめまして、よろしくお願いいたします。

在米研修者の妻です。
主人は現在34歳Ph.D4年目です。

先日、主人に日本の企業から就職のオファーを頂きました。
主人の研究ジャンルに合致した内容で、日本の大学に戻る事に固執するよりも・・と、彼も魅力を感じたようでした。

オファーの際、企業サイドから「希望の給与をお知らせください」との連絡を受けましたが企業研究者の平均年収というのが全く分かりません。
とくに我家の場合、新卒でもなく指導して欲しいという依頼。
またネットで調べても幅がありすぎてよくわかりません。

そこでお聞きしたいのですが、
企業研究者で30代半ばの方は大体どの程度お給料を頂いているのでしょうか?
またどのくらいまで要求しても大丈夫でしょうか?
生活する以上低く設定もしたくないですし、高く設定しすぎて話が流れるのも避けたいです。

ちなみに分野は免疫系で、企業で働く場合奨学金を返済しなければならないため毎月の返済分(3万程度)は上乗せして欲しいと伝えるつもりです。

ユーザーID:7423130670  


お気に入り登録数:41
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
古いレス順
レス数:18本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
準研究職です
独法研究所勤務
2012年10月11日 13:47

独立行政法人の研究所に、準研究職(研究職と技術職の中間的な立場)
として勤務しています。
民間の研究所とは給与体系等も違うので参考になるかわかりませんが。

博士号あり。年俸制。裁量労働制。40代前半。女性。
部下はいませんが、技術職やパートの方の指導は行います。
標準月額報酬が約48万円、手取りで約40万円です。

少しでも参考になりましたら幸いです。


蛇足ですが、大学で教鞭をとられる方の中には、
企業研究者として実績を積んでこられた方も多くいらっしゃいます。
そして、往々にしてずーーーっと大学だけにいて世間知らずな研究者より、
社会に出た経験のある人の方が研究者としても教育者としても魅力的な方が多い、
と個人的には思っています。

ユーザーID:9835845201
トピ主です
キノア(トピ主)
2012年10月11日 22:44

独法研究所勤務さま

早速の参考になる回答、ありがとうございます。
主人も日本で働いていたときは年俸制でした。
やはり勤務時間等はっきりさせられないから企業でも年俸制になるかもしれませんね。

>大学で教鞭をとられる方の中には、
企業研究者として実績を積んでこられた方も多くいらっしゃいます。
社会に出た経験のある人の方が研究者としても教育者としても魅力的な方が多い、
と個人的には思っています。

最後のお言葉、とても勇気付けられました。
主人は当初、企業からのオファーを頂いた際アカデミアに戻らないことを「負けた気がする」と言いとても迷っておりました。
しかし、いつ戻れるかわからないアカデミアに固執するよりも、企業で視野を広げてからでも遅くないという恩師の後押しもあり決心したようです。
それに加え、独法研究所勤務さまの力強いお言葉。
主人も私も自信を持って帰国することができそうです。どうもありがとうございます。

ユーザーID:7423130670
企業にもよりますが
ぽよりん
2012年10月15日 18:37

私自身、30半ばで大学で教員をしていますが、数年前にアメリカに留学をしていました。
その時の話を総合すると、
もし私がアメリカの企業に就職する(トピ主さんの旦那さんの立場)なら、15万ドル程度を要求します。
ドクターとってすぐなら10万ドルが相場ですが、年齢のことを考えるとこれぐらいが妥当だと思います。

そもそも、向こうはいきなりレイオフ当り前だし、安定性は全くありません。
退職金もありませんし税金で大分持って行かれるので、これぐらい貰ってないと割に合いません。

ちなみに、日本の企業の研究者は私の同期で30代半ばだと年収600-700万程度です。
まだ、官民そんなに差はありません。

ユーザーID:3189165109
トピ主です
キノア(トピ主)
2012年10月17日 4:24

ぽよりん様

ご回答ありがとうございます!
数年前に留学されて現在は大学で教員をされているとは、主人の理想とする形ですね。
きっととても優秀な研究者さんなのですね。

15万ドルですか。
我家には夢のような数字です。(苦笑)
確かに今年から納税を始めましたが、信じられない金額を納税しております。
TAXリターンで戻ってくることを願うばかりです。
日本でも終身雇用だと安心できない昨今、アメリカ並みの年収を要求したいものです。

30代半ばのご友人はおおよそ600−700万なのですね。
具体的な数字を挙げていただきましてありがとうございます。

論文をいくつかパブリッシュできた場合実績として日本の企業の採用や給与面で交渉の強みとなったりもするのでしょうか?
(大学の場合は論文がないとお話にならないことは分かるのですが)
それとも、企業の求めるものとは直接関係ない研究の場合は論文は加味されないのでしょうか?

追加で質問してしまい申し訳ありませんが、お分かりでしたらお願いいたします。

ユーザーID:7423130670
遅くなってすみません
ぽよりん
2012年10月26日 12:35

研究の成果を形にする際、アカデミックでは論文、企業では特許となります。
したがって、論文は重要です。
Nature sistersかScience以外は分野が変わるとどこがいいかなんて分かりませんので、
特に数が重要です。

ずらーっと英語の原著論文が並んだ業績リストを見せて、
「私はどんなテーマでも結果を出すことができます。それはこのリストが示す通りです。」
と言えればいいんですけどね。

ユーザーID:3189165109
採用の現場から
企業人
2012年10月27日 20:32

日本の古い体質の一部上場企業の場合です。
30代半ばであれば、企業側が必要とし、要員が不足している分野で、相当の業績をあげた人を採用することになります。
論文数などは、交渉の足しになりません。そもそも、十分に論文の数や内容が水準を超えている人の中で、複数の専門家が太鼓判を押した人が、はじめて議論の対象になりますので。
正社員としての採用の場合>修士卒で入社した人のうち、昇進が早い人と同等の給与および職位を要求していいでしょう。うちの場合は、800〜900万です。30代後半で大台に乗ります。最近少し切り下げられました。
契約社員の場合>これは、雇用継続の保障が無いだけに、少しふっかけてもいいかも知れません。うちの場合は、前職の給与の1割増し程度を基準に個別交渉になります。

もし採用されたら、チームプレイの傍ら、実力を見せて、周囲を納得させる必要があります。同僚は、余計なのが来たから課長になれる確率が減った、くらいに思っています。そういう人に、遅くとも半年以内に、彼が来たおかげでチームの業績が著しく伸びた、と納得させる必要があります。

ユーザーID:8520262314
トピ主です
キノア(トピ主)
2012年10月30日 5:05

ぽよりん様

返信ありがとうございます。
こちらこそ、遅くなりましてすみません。

企業になると論文の代わり(?)に特許という形になるのですね。
その特許をとるためにできることの証明代わりに論文で提示・・という認識でよろしいでしょうか?
いずれにしても、あるに越したことはないということですね。

現在、主人もなんとか帰国前に論文をアクセプトしてもらおうと頑張っているところです。
nature系に出せることを祈るばかりです。

度々のご回答、本当にありがとうございます。
とても参考になります。

ユーザーID:7423130670
トピ主です
キノア(トピ主)
2012年10月30日 6:11

企業人さま

ご回答ありがとうございます。
”採用の現場から”ということは、採用側の方からのご回答でしょうか?
とても参考になります。

中途採用であれば、既にある程度の条件をクリアしているので
更に論文が交渉の際に加味されるということはないということでしょうか?
いうなれば土俵に立てている時点でもう論文どうのというレベルではないのですね。すごい世界です。。

今回、主人は正社員採用でオファーを頂いているので、企業人様のおっしゃる場合ですと800〜900万でしょうか。
私からするとすごい金額なのですが、大丈夫でしょうか・・・(苦笑)
さらに、正社員以上に契約社員の方の方がふっかけても大丈夫とは・・!
驚きの連続です。

しかしながら、それなりの金額を提示するからには、当然ながらきちんと実績を残さないといけないですね。
改めて研究者の皆様は競争社会にいらっしゃるのだなということを実感します。

ぽよりん様のご回答と企業人様のご回答を併せて考えて見ますと、
大体600万ー900万が30代半ばの年収の相場でしょうか。
この金額の幅は企業の業種にもよるのかもしれませんね。

ユーザーID:7423130670
採用の現場から
企業人
2012年10月30日 22:58

ご返事をありがとうございます。
技術屋ですが、技術系採用の責任者を数年経験しました。
ただし、バイオ系ではありません。

年齢ですが、30代中盤で、早い人はプロジェクトの副リーダ、40位にプロジェクトリーダになり、10〜30人の部隊長になります。
そして、部隊長に向かないが研究能力が高い人は、高級専門職として処遇しはじめます。
私は、こういうレベル以上の人でないと、中途で採用する意味が薄れると考えております。
逆に言うと、正社員で採用する以上、こういう人以上の処遇はできない、という旧泰然とした仕組が残っています。

契約社員は、一般の期間工のようなものではなく、世界的研究者を数年限定で高給で雇用する仕組がわが社にあり、イメージとはずいぶん違うでしょう。

論文ですが、できれば、Nature、Science、Cellに、筆頭著者の論文を複数持っていれば、これは、採用に反対する人を説得する材料になります。

最後に、バイオ系は、日本では、猛烈な人余りで、正規雇用の道は厳しいです。またとないチャンス、と考えて、慎重に交渉なさってください。

ユーザーID:8520262314
ポスドク4年目ですか
バレーの住人
2012年10月31日 7:48

米国企業研究開発職に就いています。最近の日本企業でもいくら欲しいのか訊かれるんですね。昔しか知らない私には驚きです。

少し深読みかもしれませんが、トピ主夫がいくら欲しいのかを訊かれているのではなく、競合他社(特に米国内の)からいくらでジョブオファーが来ているかを訊かれているのではありませんか?こちらの企業ならそれが普通です。答えによって、金額が上がるかもしれないですね。

ユーザーID:2790670706
少し年齢は下がりますが。
teru
2012年10月31日 13:10

夫が企業研究員(バイオ系、博士号取得)です。
年齢が低いため、およそになってしまうのですが、600−900万くらいではないかなーと思います。
幅があるのは、福利厚生にもよる(夫の会社は給料は多少安くても福利厚生がかなり手厚く困らない)のと、あと出来高によるためです。
結果を出すか出さないかで昇給のスピードも違いますし、夫の会社はボーナスに+αで結果を出した金額が上乗せされます。
大学も企業も結果で昇進が決まるので、一概に年齢だけでは決められないでしょう。
免疫系とのこと、もし医薬品関係の会社の研究員でしたら高めに提示してもいいと思います。

ユーザーID:6701752444
500-700万
たか
2012年10月31日 21:37

そのスカウトされた企業の平均年収はわかりますか?

上場企業なら、多くが有価証券報告書で出しています。

それに基づいて判断するべきです。

日本企業の場合ドクターだからといって、普通より高く評価する風土はありません。

一般的には、500−700万ぐらいが妥当です。

ただし、日本企業は横一線というのを重視します。
普通の雇用形態なら、特定の人に極端に高くすることはありません。
なので、企業の給与体系に沿わないと断られてしまう可能性もあります。

Ph.D4年目ということですが、博士号を取るのに時間がかかったとかいう事情はありますか?

留年や浪人期間があると、その年数分は給与は低く査定されます。

ユーザーID:6374845197
製造業研究
reat
2012年10月31日 22:17

今リストラで話題の製造業ですが
30台前半ですが450万円位ですね。円安だった20台の頃はMAX600万くらいもらえたこともありましたが年をとっても給料は毎年下がりっぱなしです。
金額は業種にもよると思いますが景気に左右されない鉄板の業種の日本企業であればもっと高い額要求しても良さそうですね。

ユーザーID:2142744585
トピ主です
キノア(トピ主)
2012年11月1日 4:13

企業人さま

採用責任者様サイドからのご意見、参考になります。
ありがとうございます。

詳しく記載することは憚られるのですが、主人の場合新たな部署を立ち上げてほしい、
現在企業側にその部署に通用する手技をもった研究者がいないため
育てて欲しいというのが要望のようです。
そうなってくるとますます論文は関係なくなってくるでしょうか・・
せっかく今とて頑張っているのでなんとか評価に加味していただけたら嬉しいのが本音ですね。

そうなんです。主人にとってはチャンスだと思うのです。
慎重にそして納得のいく交渉をしてほしいと願っております。

リアルな現場からのご意見、とても参考になりました。
本当にありがとございます。

ユーザーID:7423130670
トピ主です
キノア(トピ主)
2012年11月1日 4:25

バレーの住人様

ご回答ありがとうございます。

そうなんです。希望給与をお知らせくださいと連絡が来て私たちも驚いてしまいました。

主人は現在アメリカの大学でポスドクとして勤務しております。(研究留学に当てはまるのでしょうか?)
故に競合他社云々ではなく、単純に「お給料いくらほしいの?」と聞かれたのだと解釈しております。
先の回答にも記載させていただきましたように、新規部署を立ち上げようとしているらしく、前例がないために聞かれた可能性もあります。


米国企業でご勤務されていらっしゃるとのこと。
帰国が少し寂しく感じている私には羨ましい限りです。
(主人はこちらに残る意思はないそうなので)
バレーの住人様のご活躍をお祈りいたします!

ユーザーID:7423130670
トピ主です
キノア(トピ主)
2012年11月1日 4:34

teru様

同じ妻という立場からのご回答、ありがとうございます。

やはり600−900万というのが妥当のようですね。
今回オファーを頂いた企業も確かに福利厚生が手厚いように感じました。
そうなると、金額的には少し下がる感じですかね・・・?

しかしながら、「出来高制」!!完全に失念しておりました。
やはり、結果が占める割合は相当大きいと思っておくべきですね。

同じ奥様からのご意見とても参考になりました。
ありがとうございます。

ユーザーID:7423130670
トピ主です
キノア(トピ主)
2012年11月1日 4:57

たか様

ご回答ありがとうございます。

オファー頂いた企業で働いている方の年収などをリクルート的なサイトで調べてみたりしましたが、そこでも非常に幅があり分からなくなってしまい、ここでお尋ねした次第です。そもそも業界では3本の指に入るそうですが上場はしていないそうです。(名前はとても有名です)

今回、特殊な事情があり日本で働いていた大学が主人を企業に猛プッシュしています。
中途採用にしてもキャリア採用でもないようですし、一体主人の立ち位置はどんな感じなのか?それが分からないのです。

>企業の給与体系に沿わないと断られてしまう可能性もあります。
心配しているのはまさにこれで、研究者の平均年収位を要求しておいたらよいかなと思い、お尋ねした次第です。

主人、ポスドク5年目でした。すみません。(29歳で卒業)
一浪はしていますが、博士号は順当に取得しております。
ご心配、ご回答ありがとうございます。

ユーザーID:7423130670
トピ主です
キノア(トピ主)
2012年11月5日 10:06

reat様

お返事が遅くなりどうもすみません。
ご回答ありがとうございます。

製造業は景気に左右されやすく、円高の今はとても大変だと思います。
我家も円高に泣かされているひとりです。

幸い?今回のお話の企業は輸出入とは関係のない業種です。
少し高め&奨学金の分をプラスして依頼をかけてもらおうと考えております。
うまい具合に話が運ぶことを願うばかりです。

ユーザーID:7423130670
 
現在位置は
です