現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

兼業主婦のお小遣い相場

マリー
2013年2月26日 10:51

マリーと言います。はじめまして。

突然ですが、兼業主婦の皆さんのお小遣い相場を教えてください。理由も教えて下さると嬉しいです。

私は30代後半フルタイム正社員です。役職はついておらず年収は残業込で650〜700万程度です。
女性が長く働く会社なので出来れば定年まで勤めたいです。
さて、この度、再婚する事になったのですが問題はお小遣いなのです。

美容院代は2カ月に一回 2万円(白髪が多いのでカラーとカット。パーマはほぼかけない)、
化粧品代(5000円)
サプリメント(5000円)
携帯代金(8000円)
ランチ(社食やお弁当併用)1万円
交際費(仕事関係の飲み会や友人との集まり 月に3〜4度ほど)2万円
その他、ストッキングとか量販店でインナーを買うとかこまごまと数千円程度。これだけで一月6万円弱。

その他に、私は季節ごとに”非常に気に入ったものを”1〜2アイテム新調します。
(ニットやカットソー程度なら定価1.5万程度、ボトムなら2万程度の物)
コートはへたらない限りは買わないので5年以上は買いません、買う時は5〜7万のものを1着。
ブランドバッグは10万程度なら年1個ほど。。エルメスの革バッグは3〜5年に1個買います。
旅行は好きではないのでほぼ行きません。年に国内温泉1度程度。

たぶん、割ってみると一月10万程度は使っているのではないかと思います。

自分としては節約派ではないけれど、散財派でもないと思っていましたが。。
できれば7〜8万は欲しいところです、皆さんはどうですか。

ユーザーID:2227152946  


お気に入り登録数:42
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:17本


このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
世の中の
ひるあんどん
2013年2月26日 11:38

男性です。

なんでも世の中では、夫の小遣いは「手取りの1割程度」らしいです。で、トピ主をその夫と見立てると、手取りは約500万前後と言ったところでしょうか。その1割と言うと、5万円台ってところですね。

なので、現状の月10万は倍貰っていることになります。

ただ、まぁ、収入源を夫に頼る世帯と違って2馬力の場合、多少なりとも余裕はあるでしょうから、お互いに決めた割合で納得行けばいくらでもアリだと思いますよ。

我が家はほぼ家事は折半ですので、「兼業主婦」と言うほど家事と仕事を兼ねているわけではありませんが、夫婦共に4万ずつ小遣いにしています。私にしてみれば、700万までの年収で月10万は十分に『散財派』に見えますよ。(笑)

ユーザーID:0738911130
良いのでは?携帯からの書き込み
さらさ
2013年2月26日 12:00

色々人によって状況が違うので、相場って無いのでは?

我が家はは将来の不安や家ローンが無いので、夫年収1200の専業ですが月15万円は使ってますよ。

ご自分でそれだけ稼いでたら、そのくらい使って良いのでは?
そのくらいの楽しみがなくては、何の為に働いてるのか分からないです。

ユーザーID:0873654573
同じく再婚組
アラフォー
2013年2月26日 12:06

数年前に再婚しました。
それまでの年収はあなたと同じくらいで、
パートナーの希望により仕事は控えており
来年には専業主婦予定です。

今と同じような生活を維持できるなら、と思って再婚に踏み切ったので
お小遣いは今のあなたと同じ程度と思います。

年間でざっくりと
化粧品30万
エステ、ジム 40万
サプリメント12万
交際費+娯楽24万(友達とのランチ、本など)
美容院12万
ストッキング含む衣服30万
コートやらバッグやらの大きなものは
クリスマス、誕生日プレゼントの名目で買ってもらいます。
クリスマスと誕生日と結婚記念日全部一緒でいいから、という感じで。

・・・月12万ですね。

携帯は定額なので、家計から。
年齢とともに化粧品も高額なものが気になってくるし、
気をつけないと月10万、すぐいっちゃいますよね。

お幸せに!

ユーザーID:4293950400
年収は低いですが…
クリスマス子
2013年2月26日 12:47

トピ主さんより年収は低いですが、一応上場企業の正社員です。
ちなみに、未就学児の子供がいます。

同じような項目を挙げますと

・美容院代:ほぼ同じ2〜3ヶ月に1度、2万前後
・化粧品代:2ヶ月に5000円くらい
・サプリ:1500円
・携帯:10000円
・ランチや飲み物1日1000円×22日=22000円
・交通費:月1000円程度
・習い事:月20000円
・服などは、臨時収入時に購入。
・ブランドバッグは買う余裕無し

おそらく、6〜7万ほど使っていると思います。
上記からいくつかは、日用品に分類しているので、小遣いとしては55000円ですが。

ユーザーID:8518489767
あなたのお給料全部出すのですか?
ぽんた
2013年2月26日 13:02

結構なお給料を貰っているようですが、それを全額出すおつもりですか?

だったら、それ位貰っても良いのではないでしょうか?

私は専業ですが、7〜8万はお小遣いあります。

ユーザーID:4474390287
お小遣い60,000円です。
ココちゃん
2013年2月26日 13:21

30歳都内勤務の会社員です。
私もフルタイム正社員です(普通のOL)。
結婚3年目です。今後もずっと今の会社で働き続けます。
この時代、正社員として働ける環境は本当に大切ですよね。

昨日は給料日でした。私の中ではタイムリーな話題でしたので、レスします。

私の小遣いです。

・携帯 9,000円
・美容院 10,000円(カット+トリートメント+3ヶ月に一度カラーリング)
・岩盤浴 5,000円 (月2回)
・マツエク 8,000円 (月2回)
・スイカチャージ代 3,000円
・交際費(女子会などの飲食費) 15,000円
・服/雑貨 10,000円

美容院は毎月行くわけではないので、行かない月はエステorマッサージへ行ってます。
昼食は、お弁当を作って持参してます。

ざっとこんな感じで毎月、小袋へ入れて管理してます。 
1ヶ月の小遣いは60,000円です。
全額使い切る事はあまりないです。
残が残ったら、翌月に増やしたり、貯金箱へ入れたりしてます。

夫との外出時の交際費は別で管理です。夫婦で月20,000ずつ出し合ってます。

ユーザーID:4702235630
手取りの3割
プラム
2013年2月26日 13:35

30代半ばの兼業主婦(子なし・会社員)です。

主様より所得は少ないですが、毎月自分の手取りの3割を小遣いとしています。
夫も同じ割合です。
多分、うちは小遣いが多い方かな?と思うのですが…。
(一般的に、小遣いは収入の1割と言われています)

小遣いからの出費は、
・美容院、化粧品類
・洋服
・携帯
・昼食(会社)
・生命保険関係
・車関係(ガソリン・車検・保険・税金など全て)
・交際費
・その他、趣味などのプライベートな支出
です。

保険や車など金額が大きい支払いを小遣いからするため、小遣いを多めにしています。
交際費とその他が小遣いからの出費で、残りは生活費からの出費…というのが本当は良いのかもしれませんが、引き落としの関係でこの形にしています。
小遣いは、毎月全額を使いきる事はなく、余りは次の車の購入資金として貯金しています。

今はこれで問題はないですが、もしも子どもが生まれた時には割合を減らす必要があるかも?と考えています。

ユーザーID:2904959137
特に無駄遣いもないかと。
nana
2013年2月26日 15:32

フリーですが年収が近い、子供2人の30代です。

私の収入は、書籍代・月に3万円程度(仕事に要、主人は10万円越しています。)、実家(私の)へ仕送り7万円、交通費(実家1回4万円x1〜2回帰省、子供一緒だと)8万円、帰省時の食事代(食料品とか・・)2万円

に遣い、あとは主人収入からなので、一ヶ月の小遣い20万円ですかね?
子供がいるのでランチとかありますが、子供関わりで主人収入から。
実際は、全部、主人収入からと主人は言いますが、まあ私の実家関係と書籍代は、私の収入からにしています。

化粧品代、月千円も遣わない(肌丈夫で10日程度石鹸だけで平気)。サプリ代もゼロです。
ブランドものなども旦那の海外出張土産で、自分で購入はゼロ。

ご主人になるかたが、ある程度の高収入になると、このように適当になるケースが多くなると思いますので、ほぼ妻収入は妻小遣いみたいになっちゃうと思いますが、15年で田舎にボロ家買える程度はたまります(買っちゃった〜)。

ユーザーID:5603397067
トピ主です ひるあんどん様
マリー
2013年2月26日 20:05

パスワードを忘れてしまい、トピ主表示がないと思いますがトピ主のマリーです。
書き込み、ありがとうございました。

そうなのです、手取り1割なんですよね。
このお金でやりくりされている世の男性たち(女性たちも?)には感服しきりです。

女性の方々からは散財とは書かれていないようですが(笑)
ひるあんどん様からの「散財派」のご指摘、もっともな面はあると思っています。

無いと困るものではないのに使っていますからね。

飲み会、美容院(自分で染めて、カットだけ1000円にする)、食事は全てお弁当
洋服ブランド品は買わない、雑費はできるだけ買わないとすれば
ひるあんどん様から合格レベルをいただけるかも・・・?

弱くて安きに流れやすいので一か月と持たないでしょうね(爆笑)

ただ、飲み会と美容院でのヘアカラーは見直したいと思っています。
10万円程度が8万程度になりますし、、、。

ユーザーID:4030244807
トピ主です
マリー
2013年2月26日 23:22

To さらささま

書き込み有難うございます。そうなんですよね、お住まいや不動産/資産の有無、お子さんの有無など
条件や価値観でそれぞれなので一概に言い切れませんよね。

額は二人で決めようと思います。

将来の不安やローンがないのはこのご時世、うらやましいですね。
なれるものなら、、専業主婦で月15万円ほどお小遣いを頂きたいところですが、現実は厳しいです(笑)

私は、ある意味幼くて、お買いもののために働いているところがあります。
「次はあれば欲しいなぁ」とそれを励みにがんばると言いますか。

今度結婚する相手はさらささまのご主人ほどの甲斐性はないので自分で何とかしないとです(笑)

ユーザーID:4030244807
【トピ主です】
マリー
2013年2月26日 23:33

To アラフォー様

 内訳まで書いてくださり有難うございます。私もアラフォーと呼ばれる年齢層でして、、美容代が本当にかかりますよね。
 以前は必要なかったカラー、化粧品、美容皮膚科など。あ、あとジムもだった。。
 白髪だらけのややくたびれた感じでは相手も周囲も嫌がるので、必要経費と割り切ってますけれど。
 油断すると10万はさ〜っといってしまうのでメリハリをつけて使わないとです。

 >お幸せに!
 ありがとうございます。

To クリスマス子さま
 書き込み有難うございます
  
 内訳、ありがとうございます。やはり6〜7万はいってしまうものですね。
 使っていらっしゃる内容も至極まっとうで無駄のない印象です。
 
 お子様がいて大変な面もあるかと思いますが、お仕事がんばってください。

ユーザーID:4030244807
トピ主です
マリー
2013年2月26日 23:56

TO プラム様
 書き込み有難うございます。手取りの1割とよく言いますが、前提条件があいまいですよね。
 なんだかその言葉だけが独り歩きしているような。。
 
 内訳もありがとうございます。生命保険も車にかかるお金もとなると3割は仕方ないかもしれません。
 そちらは共通の家計でも良いのではと個人的に感じたくらいです。
 お小遣いの内訳は千差万別ですね。
 
 仰る通り、お子さんができた場合は見直すチャンスかもしれません。

To nana様
 
 書き込み有難うございます。内訳もありがとうございます。
 お化粧代がかからないなんて・・・うらやましい!私が使わなかったらひどいことになります(笑)

 無理なくストレスなく働いて、家族がいて、、気づいたらある程度たまっていた、なんて本当に素晴らしい!
 私の理想です。定年が65歳ともいわれる昨今。フリーランスの方なら体が動くうちならずっとだと思います。どうか、ご自愛ください。

ユーザーID:4030244807
むしろ今までより余裕があるんじゃないでしょうか?
日の暈
2013年2月27日 8:23

 トピ主さんこんにちは、再婚おめでとうございます。
 お小遣いの相場というのはあくまでも一般論です。収入の中から生活費や貯金などを差し引いて自由に使えるお金があるのなら別に10%でなくてもいいのです。 
 おそらく年収500万前後、妻は専業主婦またはパート、子供が二人くらいの家庭で生活費や貯金などを差し引き夫が社会人として必要な交際費や雑費などを考慮すると大体3万から5万円になるというのが10%の根拠だと思います。
 さらにお小遣いの内容というのも人それぞれです。トピ主さんは美容院代や携帯代、被服費までお小遣いに入れているんですね。お小遣いの定義としては範囲が広い方ですよ。
 トピ主さんの場合、今の仕事を続けたまま兼業主婦になるということは夫になる人の収入とトピ主さんの現在の収入を合わせて生活をするんですよね。
 むしろ今までよりもお金には余裕があるんじゃないでしょうか?
 ただ子供を産む予定なら節制は必要かもしれませんね。
 

ユーザーID:1075581081
もうすぐ40代で子供なしなら、別家計でいいのでは?
おみと
2013年2月27日 9:18

タイトルの通りです。
もうすぐ40代で子供がいないのならば、家計を共同にする意味が分かりません。
トピ主さんの場合は、家計を共同にするメリットが何もないように思いますが。

今まで各々家計を管理されて来た訳ですから、今まで通りの管理でいいと思いますよ。
その上で、家賃を誰が出すか、光熱費を誰が出すか、などを取り決めればいいと思います。

ユーザーID:0435119782
散財派ですね
akireta
2013年2月27日 9:22

美容院代が高いですねえ。
3か月1回にするか、お店のランクを少しさげませんか?
長さにもよりますが、セルフカラーは手間どりますし、髪も痛みやすい。
上手下手がでます。
化粧品って毎月買うものでしょうか?
これもランクを少し下げてもいいかもしれませんね。

一度されているのならお分かりでしょうが、並みの結婚はやはり個人生活レベル、個人消費を下げる必要は出てくるものかと。

据え置いていいのは、ランチ代。
共働きならこんなものですかね、交際費は自然と減りますよ。

こまごましたものはよくわかりませんが、小遣いは月3万程度におさえましょう。

ああそれと、結婚するにあたり、財布はひとつか二つかによって小遣いの額も変わってくるのではないかと。
あなたにかかるものはすべて小遣いで賄うでは、たくさん必要になるでしょうが、財布がひとつならば、家計費に分類してみては如何かなと。

サプリは医療費、携帯は通信費で計上してみては?
とくに携帯は家族や夫婦単位でプランを組めば変わってきます。

ユーザーID:8056750574
トピ主です
マリー
2013年2月28日 0:56

To 日の暈さま
 書き込み有難うございます。お祝いの言葉もありがとうございます。
 各家庭で状況が異なるので一般化はできないですよね。基本的には二人で一番良い方法を取りたいと思います。

 お小遣いの定義は「自分にまつわること」で決めましたが家計でもいいんですね。目から鱗です。

 子供を授かった場合は再精査は必要だと私も思います。

TO おみとさま
 書き込み有難うございます。仰る通り、共通にするメリットはありません。
 共通のポケットに入れる、というのが良いかなと個人的には思っています。
 正直、女性のファッション関係の支出って理解を得にくいので透明すぎる家計は正直つらいです。(苦笑)
 
 そうはいっても、マンション購入なり子供なりを考えると多少の制限はいるかなと思っています。

ユーザーID:4030244807
トピ主です。
マリー
2013年2月28日 1:13

TO akiretaさま
 ハンドルネームから察するに不愉快な思いをされているようで申し訳ありません。それにも拘わらずの書き込み、有難うございました。

 美容院代と交際費は削れると思います。仰る通り、美容院ってかかるんです。セルフカラーは経験済みです(苦笑)
 カラー剤を持ち込めるお店を探しているところなんですが、それまでは通わざるを得ないと思います。
 化粧品は私の皮膚薬も含んでいるのです。医療費と言っても良いのかもしれませんね。
 携帯は家計に入れたいと思います、、サプリは勧めても私しか飲まないのでなんだか申し訳なくて。。。

 >一度されているのならお分かりでしょうが、並みの結婚はやはり個人生活レベル、個人消費を下げる必要は出てくるものかと。
 私も同感です。前夫は年収二千万と高収入で、今のパートナーのほぼ二倍。お給料は私の小遣いでしたけど今度はそうは参りません(笑)

 お小遣いに色んな項目を含め過ぎているようです。3万は正直自信ないですけどもちょっと努力してみます。
 お財布は恐らく2つになると思いますが、その状況にもよりますね。

ユーザーID:4030244807
 


現在位置は
です