現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

【人生案内×発言小町】「“毒親”への悩み」 母の前に犠牲(いけにえ)になった

編集部
2013年12月9日 17:48

 24歳の女。3歳の娘がいますが、事実上、夫婦別れをして1年以上になります。
 結婚は母と媒酌人で勝手に決め、私にはいよいよ結納という時に知らされました。一生の大事を本人に一言も知らさず、親が決めるのはあんまりと泣いて訴えると、今度は母が泣き出して、「どうぞ親の顔を立てておくれ」と言うのです。
 そうなると母が気の毒になっていやいや承知した次第ですが、もとより愛もなにもない結婚から幸福の来るわけはありません。親孝行の犠牲になったつもりでいるうちに、身重になったので、実家に帰りました。
 その間に、夫が「生まれた子は僕の種じゃない」と言い出し、仕事をやめて上京。私の両親は立腹して、「元の鞘には納めない、私に自分で子どもを育てていけ」と言います。男親の顔も知らずに成長する子がかわいそうで、手に職もない私の行く末の生活も思いやられます。(富山県某女)

 1916年(大正5年)、人生案内の前身「身の上相談」に寄せられた相談です。子どもを都合のいいようにコントロールしようとする母親――いわゆる“毒親”に育てられた人からの悩みは今も昔も変わりません。投稿主の某女さんに、今の時代ならどうアドバイスしますか?

 そして、「自分はこうやって、親(または家族)との関係を良好に保つことに成功している」というご経験があればお聞かせください。

 ※2014年4月に読売新聞「くらし家庭」面が100周年を迎えるのを記念して、同面の人気コーナー「人生案内」と、発言小町がコラボした連動企画「人生案内×発言小町」がスタートしました。このトピは、読売新聞生活部がたてました。いただいたご意見は読売新聞の記事で紹介することがあります。レスの際、よろしければ年齢・性別を書いてください。

ユーザーID:3735449796  


お気に入り登録数:117
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:39本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
昔と違って今は自分次第でどうにでもなるからなあ
35歳 女
2013年12月9日 18:18

毒親に育てられた犠牲者と言うのは
今の時代は責任転嫁だと思います。

言い訳に毒親を使うなと言いたい。

呪縛やコントロールされている事に気づいた人は
早ければ中学卒業と同時に家を出て自立しています。

昔の女性は仕事探しも困難だったでしょうし
親に逆らうなんて発想すらない時代だったかもしれませんが
現代は、女性でも働きながら学校に行く位出来ます。

父親から虐待を受け続けていた女の友人は
中学卒業と同時に家出し、働きながら看護学校へ行き
現在結婚して正看護師として働いています。

親が何度も結婚して父親が代わる度に虐待を
受けていた男友達は、現在年収3億の経営者です。
幼少期の苦労が、結果的にコミュニケーションスキルを
向上させて人の心を掴む話術が身についたそうです。

塞翁が馬。

毒親だからこそ成長した事や学びもあるはずです。

私もそうでしたから。

ユーザーID:1745133525
簡単ではないけれど・・・
ぱど
2013年12月9日 18:32

今なら女性がシングルでも生活しやすい・・・とまでは言えなくても職業にも就けるし、大変だろうけど何とかできる時代になってきました。
まずは就職して子育てを含めた自分の人生を考えるべきです。
母親と別々に暮らし、自分で何事も判断するという癖をつけるべきです。

どう進んでも簡単では無いと思うけど、運が良ければいい人も見つけられるかもしれないし、自分で判断できるようになれば次の結婚はギャンブルにならずに済むことでしょう。

ちなみに私の祖母は明治生まれですが、生まれてすぐ父親を亡くしています。父親が亡くなったので母親は一度実家に戻り、子供を実家に残したまま別の家に嫁に出されたそうです。(子供がいると嫁にいけないから)
そのため祖母は実の両親ではなく全く別の家に養女に入り育てられました。
当時はそんな解決方法(?)もあったようです。
祖母は両親のことは全く恨んでおらず、実の両親と育ての両親が亡くなった後は祖父にお願いしてそのお墓を両方とも引き取ったそうです。
子供も子供なりの苦労、親も親で苦労をする時代だったんだなぁ〜とつくづく感じます。でもだからこそ親子の情や道徳心が重要なのかもしれませんね

ユーザーID:7454549586
何でも親のせいではない1
自分の人生は自分で
2013年12月9日 19:05

子供を都合のいいようにコントロールしようとする親多いです。私の親もそうですし、私自身もかつてそうでした。そして周りにいる親達をよく観察してみると本当に多いですよ。親だって人間で不完全なんです。その親が一生懸命頑張って子育てをしています。間違ったことも沢山するし、子供に不快な思いだって数えきれないくらいさせているでしょう。トピにあるような件以外でも子供には将来こうなってもらいたい、ああして欲しいこうして欲しいという欲を丸出しにして自分の希望を押し付ける事もまた毒。自分の出す毒に気付かなければ、いずれ親子関係が破綻します。破綻する前に気付かなければならないのだと思います。

親子だけではなく、人間関係すべてですが、相手との関係は自分が作り出すものです。相手が毒だから私は不幸、という投稿主の考えには全く同意できません。大正時代の話ですから結婚については当時の時代背景もあったのでしょうが、そうだとすれば当時にそういう結婚をした人も多いはず。そういう結婚をした人がすべて悩んでいるでしょうか?

つづく

ユーザーID:6005396731
なんでも親のせいではない2
自分の人生はじぶんで
2013年12月9日 19:07

>もとより愛もなにもない結婚から幸福の来るわけはありません

そんな事はないでしょう

>親孝行の犠牲になったつもり

そもそも幸福を呼ぶ気が投稿主にはありません

>いやいや承知した

その選択をしたのは投稿主です。その選択をせざるを得なかったのは気の毒だとは思いますが、繰り返しますが、その時代そういう結婚をした人で幸せに暮らしていた人も多数存在するのではないでしょうか。

本当に嫌なことは嫌だとはっきり言うべきです。他人を納得させられるような言葉を自分が言えなかったからといって自分の不幸を他人のせいにするのは筋違いです。私は子供の問題を通して自分の毒に気付きました。それからは良好な関係が築けていると思います。私の親はどう言っても自分の毒には気づきません。それでも一生懸命伝えようと頑張っています。親の性格や考え方を分析してどう言えば伝わるかを考えながら良好な関係にしようと努力しています。分かってもらえるような言い方が出来ないのは自分の説明がまずいと思っています。自分だって完璧ではないのに相手に不満ばかり言うのは間違っていると私は思っています。40代女。

ユーザーID:6005396731
時代錯誤
えっ ちゃう
2013年12月9日 20:56

大正時代ですか。「今時そんなご家庭が?!しかも地元〜」とびっくりしましたよ!

アドバイスはこれです。
「北陸新幹線が開通するから東京なんてあっという間よ。」

ユーザーID:7888080586
たとえが悪すぎかも・・・
くり
2013年12月9日 21:35

大正時代ですよね?
昔は親が子供をコントロールするのが当然なところがありましたが、
今は個人主義が一般的で、それぞれの人格、人権を尊重しなければ
ならない世の中ですよね。戦後からこのような教育、考え方に変わった
ため、その考え方にそぐわない親は毒親と言われますし、また精神、心理学
も発展してきたため、昔では見過ごされてきた心理的外傷も重要視される
ようになっています。

戦前の教育、考えと戦後では180度違うので、大正時代の人生相談を
引き合いにだして、これは毒親ですよね?と断言するのはおかしいと
思います。当時の概念では毒ではないはずです。

ただもし富山県某女さんにアドバイスするなら、凛として生きてください。
捨てた男は綺麗に忘れて、強く美しく生きてください。手に職がなければ
職を見つけましょう、必死になって生きれば、きっと花も咲きましょう、と
アドバイスします。

ユーザーID:4688864935
現代の毒親と当時の毒親は違います。携帯からの書き込み
アラサー未熟者ですが
2013年12月9日 21:47

今の時代の小町で「親に無理やり結婚させられました」との相談しようものなら、「最終的に結婚・出産を判断して決めたのは貴女!主体性のない自分の自己責任です。」というレスのオンパレードかと。
戦前の日本と21世紀の現代日本では、家族や男女、社会のありかたにおいて法律制度はもとより価値観・倫理観すら異なっていますから、現代の基準で当時の悩みにアドバイスするのはナンセンスです。ですから、一言に「毒親」と言っても、現代の毒親と当時の毒親は違うと思いますよ。私の祖母ら(大正昭和一桁生まれ)も親と決めた相手と結婚しています。拒否などできませんでした。富山県某女さんと違うのは、結婚相手の性格が良く比較的幸せな結婚生活だったことでしょうか。もちろん、祖父母たちにしかわからない苦労はあったと思いますよ。曾祖母世代にさかのぼれば、富山県某女さんのような苦労をしている者もいます。当時の結婚とは、家の為のものでしたから、立場が弱い女子供に逆らう権利はなかったのでしょう。現代日本人の私は、強く生きて欲しいと応援することしかできません。富山県某女さんのひ孫さん(おそらく私と同世代)が幸せでありますように。

ユーザーID:2123923011
毒親とは言えない
48才 女性
2013年12月9日 22:24

時代が違うからね。親のいいなりに結婚させられるのは、よくあることだったでしょう。私の祖父母も昭和初期に結婚していますが、「両親には何も聞かされてなかったのよ」と祖母は笑いながら話していました。

意に沿わない結婚をしたのはお互い様。元々 夫がどんな人だったのかは分かりませんが、夫を少しでも愛する努力はしたのでしょうか。毎日「親の犠牲になった」嫌だ嫌だという態度をとっていれば、夫が逃げたくなる気持ちもわからなくはないです。

体裁が悪いから、帰ってくるなという親も少なくなかったでしょう。今の時代でアドバイスするとすれば、当面の生活費用はなんとか親に出してもらい、シングルマザーの覚悟を決めてください。そして 子供のDNA検査をして夫の子である事を証明し、夫をつかまえて養育費を請求する、ぐらいですかね。

ユーザーID:7833976181
「毒親」という言葉は嫌いです。
亜熱帯
2013年12月9日 22:37

アラフィフですが、20年ちょっと前、親(母親)と相手の男に外堀を埋められ、結婚させられた女です。
トピと違うのは、相手とは手すらつなぐことなく、私は職を得て、半年で離婚にこぎつけたことですかね。
これこそ、時代のなせるわざ。
その後、紆余曲折を経て、親とは長らく音信不通ですが、自由です。

しかし、「支配的」どころか、「完全支配」の親に生まれ落ちた時から育てられると、
親が「おかしい」ということさえ分からず、心身を病んでようやく何かに気付いた時には、
すっかり洗脳されていて、そこから抜け出すことが非常に難しいのです。
私は自分の親を毒親と括りたくはありません。
でも「毒親のせいにするのは甘えだ」と言い切ってしまうのは、短絡的に過ぎます。
茹でガエルの例えのように、熱いことにさえ気づかないのですから。

こういう親と「関係を良好に保つことに成功」なんて夢物語です。
そんな無責任なアドバイスがむしろ当人を苦しめます。
何しろ、親は基本「変わらない」のですから。
一日も早く、勇気を振り絞り、物理的に親から離れ、精神的には親を「捨てる」ことです。
それしか、自分の身を守る方法なんてありません。

ユーザーID:6573525025
いけにえ
しいたけ
2013年12月9日 23:39

母の前に犠牲(いけにえ)になった
って、凄く衝撃的というかキャッチーな文言だけれど、
これご本人が書かれたタイトルなのかしらね。
煽っているかもしれない事の方が気になるわ。

何にしろ一番問題なのはご主人との間でしょ?
僕の種じゃない。ってそうなの?
そうじゃないなら抵抗すればいい。

今の時代も昔も、自分で立って歩くしかないでしょ。

私は40代女性。

ユーザーID:7576347881
時代が違いすぎる。40代女。
現代人
2013年12月10日 3:21

はたして、相談者の親が毒親だったのか?疑問です。

大正時代に、自由恋愛の末に
結婚をした人がどのくらいいたのかしら?
今の時代の男女平等がどれだけ浸透していたのかしら?
今の時代の様に、日本国自体が裕福だったのかしら?

富山県と言えば地方ですよね。
私の父方も母方の祖父母も地方で生まれ、
家同士の結婚と聞いています。

その時代は、家と家が結ばれる事により、
厳しい時代を乗り切り、
平和な環境を築いた歴史はなかったのでしょうか?
その時代では、当たり前の常識ではなかったのでしょうか?

見方を変えれば、親が毒親ではなく、
相談者が、一族を危機的状況に陥らせる
我侭な立場になる時代の可能性はありませんか?

日本が裕福になった今、
親世代を非常識と断言する若い人がいます。
それでは、今の時代の常識が、
未来も確固たる常識であるのか?疑問です。
今の若い常識人が、
未来に非常識と言われる恐れもあるのです。

昔の時代の実例をあげ、今の感覚で「毒親」と決め付け
今の感覚で意見するのは、あまりにも軽率すぎと思います。
昔の日本人は毒親集団と言う事でしょうか?

時代背景が違いすぎますね。

ユーザーID:4120975906
マインドコントロールされてると自立は困難
56歳 女
2013年12月10日 4:34

毒親にもいろいろいます。

私の場合、親を立てない子どもはいかにダメ人間か、とか、社会ズレした女の子はいかにダメな女の子か、とか、よそのしつけの悪い子と遊んだり付き合うことはいかにダメなことか、といったことを徹底して刷り込まれ、機械的に学校に通う以外は、精神的な軟禁状態に置かれ、親に逆らうことに無意識の深いところから恐怖と罪悪感を覚えるように育てられました。

そのため、親を対象化して考えたり、自分の中に埋め込まれた恐怖がいかに人生の重大事を決める際に自分の足を引っ張ってきたのかに気づいたりするのに、何十年もかかりました。
さんざんいろんな心理療法を勉強・体験してきた後になっても、です。
今でも、何かにつけて、底なし沼のような理不尽な恐怖感が湧き出してきて、自分の理性を超えて足を凍り付かせることが多々あります。

毒親を見切って若いうちに家から出ていける人たちは、精神までマインドコントロールされていないんだと思います。
ものごとを単純化して考えてはいけません。

ユーザーID:5781294790
20代女性既婚1才娘あり携帯からの書き込み
おまんじゅう
2013年12月10日 5:29

顔も知らん相手に嫁ぐなんて当たり前の時代でしたね。
今ではよっぽどの政略結婚以外、庶民ではありえませんけど。

毒親や毒夫は今でもいますけど、
女性も学べる、
女性も仕事ができる、
女性も離婚ができる、
支援も自立もできるいい時代になりましたね。

誰かが誰かの犠牲になることのない、助けてくれる、ホントよい時代になりました。

女の子を産んだ今、心からそう思います。

ユーザーID:4747497743
私からのアドバイス
とん
2013年12月10日 9:38

今の時代なら、DNA検査して父親が夫かどうか調べてもらいなさい。
そして慰謝料、養育費をきちんと貰いなさいとアドバイスするでしょう。
これからは自分の人生なのだから、自分の心にまず従いなさいと。

コントロールしようとするものが悪いのではなくてそれに対して「ノー」といえない自分の弱さが良くないんだと思う。

ユーザーID:4289383834
人生失敗した言い訳に、親を使わないで…
Kiki
2013年12月10日 9:47

大正時代なら、親の言うことを断れない状態だったのかもしれませんが、
現代だったなら、親が勧めた結婚とはいえ、それを受け入れるかどうかは自らの選択の結果。
また、夫との間に愛情が元々なかった結婚とはいえ、愛を育てようと努力しなかったんだなあと思うし、
夫もむやみに自分の子供かどうかを疑うようなことはないだろうから、この女性は疑われるような愛情の無い態度を続けていたんだろうと感じます。

夫に捨てられたら、子供を自分で育てないといけないのは、親に言われるかどうかに関係なく当たり前だし、
なぜ、なんでも親のせいにして、毒親に呼ばわり?と疑問です。

自らの努力をしない人ほど、現在の苦労の理由を他人に求める傾向がある気がするし、
「毒親」という言葉を利用して、自分の人生を自分で責任をとろうとせず、なんでも親が全部悪いと丸投げするように感じます。

自分の人生は自分で責任持って切り開いて!
毒親なんて流行り言葉に、甘えるな!踊らされるな!
と、この方には伝えたいです。

ユーザーID:5538544014
法律が今と違うから・・・
はと
2013年12月10日 9:47

私の祖母の時代だと思うのですが、当時女性に親権がなかったと聞いています。
戦争や病気で、夫が亡くなると、こどもと奥さんが夫の家に残されることになりますが、だいたい、子供を置いて奥さんだけ里にかえされたそうです。
私の祖母もそうでした。今なら、離婚したら子供を母親が引き取るのが主流のようですが、女性に親権がないから子供をおいて行かなくてはなくなるようです。
当時はいまと比べようのない男性優位の時代ですから、女性は周りに翻弄されて、たいへんだったと思います。
そんな時代を必死で生きてきた祖母に育てられたのですから、母も「母性」や愛の意味なんて知るわけもなく、また、子を育てるわけです。
せめるべきは社会だったのではないでしょうか?

ユーザーID:9328496705
親子の関係では
50歳女
2013年12月10日 11:57

私は親と子の関係において、子供が悪い事はない。
と、思っています。

子供が悲しいと云えば、悲しい事だけが事実。
子供がツライと云えば、ツライ事だけが事実。という様に。

そしてその状況を作ったのが家庭内であれば
それは親の責任です。
もし、我慢出来ない子供に育ち、自分の都合で
気分のままに悲しいツライという子だとしても、
それも親の責任。

その親子の関係性において
子供には非はない。

自分が子育てをひとまず終えかけてから気づきました。
私の親も私に対しては毒親だったのだ。と。

私が、一応の抵抗はしても結局の所無防備に人の云う事を受け入れる
ので、親も気づかない内に私をコントロールしてしまう。

その親の経験値での子供へのアドバイス。
それの度が過ぎたものも毒親の言動・行動になるのでは。

私の場合は、親は私に良かれ、と思ってしてくれていたと思います。
私も親が大好きだったし、今も自分の親として好きです。

けれど子育ての模範にはしませんでした。

ユーザーID:4424310779
今も昔も変わらない毒親というより、時代の違い
usagi
2013年12月10日 13:33

富山県某女さんのご両親が毒親であったのではなく
そういう時代だっただけではないでしょうか。

この議論が無理があると思う。

女性の立場が弱いから、離婚率は低くても
泣かされた女性は多かったと思う。
そう思うと、今は女性も働けるし
良い時代になったと思う。

ユーザーID:1165434513
毒親ってなんですか?
毒子
2013年12月10日 13:39

厳しい意見ですみません。

あなたは、すべて親のせいにしていませんか?
毒親と思う前に、まずは、自分のことを省みてください。

例えば、親孝行をすると決めたのですから
いやいや承知した、とか犠牲になったとか考えているのが
間違えていると思います。

恋愛結婚しなくても、そこから愛をつくりだすことだってできたのでは?

また、お嫁に行ったのですから、実家に帰らないで
旦那様のおうちを頼るべきだったのでは?
旦那様に自分の子じゃないなんて言わせるなんて
旦那様も気の毒ですよ。
(普通なら、そういう風に考えませんよね。)

あなたは、親が気の毒、生まれてくる子供がかわいそう
そして、書いてはいませんが、自分がかわいそうって思っているだけで
何も行動してないではないですか。

ユーザーID:3403036124
親離れのチャンス
サマンサ(東京都)
2013年12月10日 15:13

未熟な母親のせいで、ずいぶんご苦労なさったようですが、あなたを信頼しきれない夫とも離婚でき、親とも離縁状態なら、この先はあなた一人で責任をもって娘さんを育てていくしかないと思います。
あなたの母親は、この先も良好な関係を期待できる人ではありません。
また、あなた自身もじっくり半生を振り返り、自分の娘に対して犠牲を強いるようなことのないよう、精神的に自立する努力をしてください。
親が幸せになることが、子供にとっての幸せです。

ユーザーID:4409929838
 
現在位置は
です