現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

「ママ友」に困ったときの“神対応”教えてください!

編集部
2015年8月12日 10:46

 いつも「発言小町」をご利用いただき、ありがとうございます。

 KADOKAWAコミックエッセイ編集部が贈る作品『ママ友がこわい 子どもが同学年という小さな絶望』(著者・野原広子)の連載が、大手小町で8月12日から始まりました。
 主人公の田中サキは32歳の専業主婦。ミイちゃんという5歳の女の子のママです。ミイちゃんは幼稚園の年長クラスで、いまから小学校入学を楽しみにしています。
 サキには仲のよいママ友・リエがいますが、ある日、二人の関係にヒビが入り……。『ママ友がこわい』は、二人目不妊、夫や姑の無理解など、それぞれの事情を抱えながら、子育てするママたちの葛藤を描いた作品です。

写真
(c)野原広子



 マンガを読んで、自分のときはこうやって切り抜けたとか、身近なママ友のとった「神対応」など、「ママ友との上手な付き合い方」「ママ友とのトラブル回避法」を教えてください。
 ※著者の野原さんのメッセージや、KADOKAWAの担当者からレスもあります。
 『ママ友がこわい』はこちら⇒

 たくさんの投稿をお待ちしています!

※同著は9月3日まで、土日や祝日を除き、毎日4ページずつ「第3章」まで掲載します。いただいたご意見は、読売新聞の記事や広告などで紹介することがあります。

ユーザーID:9615070463  


お気に入り登録数:558
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:291本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
相手にする値打ちがあるの?
萩子
2015年8月12日 11:48

挨拶を返さないママ友に気持ちが囚われて自由な心が閉ざされてしまったサキさんは子育てを楽しめないママです。

挨拶しないママたちに執着する必要があるだろうか?

毎回挨拶などこちらからしなくていいです。
話に夢中になっているママ達は気がつかないことが多いです。

そして、一番重要なことは貴女を話題にしていることもないでしょう。
だから、怖がる必要はないのです。

一番手っ取り早いのは同学年のベテランママを見つけることです。
ベテランママは自分の体験談や自慢話、ママ友の相関関係に詳しく溢れる程の情報を持っています。

そこから始まる想像以上の展開にサキさんは今迄の悩みなんて吹き飛ぶことと思います!

ユーザーID:5582278895
回避方法なんてない
ララ
2015年8月12日 11:49

このマンガみたいに、我慢して、鉢合わせを避けるしかない。

何が気に入らないのか、たった一人を分かりやすく避ける。外す。トラブルになったことすらないのに、いきなり空気扱いもある。
原因は、たった一人が言った一言を抜粋して悪く話してる人が操りたいだけだと思ったけど、悪口でもないことを悪口として伝えたり、「あの人がああ言ってた」などを伝える人。その人の口から話してるけど、私は聞いただけと言い張るけど、かなり尾ひれが付いてるだけ。

我慢するしかないです。
仲良しの人すら、自分可愛さに無視する行為もあるので、あまり、深入りしない。子ども同士仲良しなら、ランチとか、御宅訪問なんて、参加しても黙ってたほうがいいです。
その場に居ない人の話になり、聞いた人次第で、多数に無視されたり、嫌な思いをするだけ、

子ども同士のトラブル、トラブルが無くても、妬みや嫉妬が凄い人がいます、近所の人程度だと思えば、深入りしない。
噂話に加わらない、挨拶程度の付き合いが正解だと思う。

ユーザーID:5374508565
実話ですか?
みその
2015年8月12日 12:23

40代主婦・子どもは小学生です。
マンガ読みました。これは実話かな?

うちの場合は、幼稚園通園はバスを使ってましたので
そのバス停での送迎5分間が本当に苦痛でした。

あからさまに無視されたことはありませんでしたが
私のことを嫌いなママさんがいたので、お互い挨拶はしていましたが
何とも重い空気・・・。
その人とは学年は違いますが、ご近所なので
今もPTAで係が一緒のときがあります。

幼稚園では、嫌な人が本当に沢山いました。
トラブルになったこともあります。他の人は私が原因だと思っていたと思いますが
完全に他の人が起こした巻き込まれトラブルで、それを全部私のせいにされていました。
誤解を解きたいと思いましたが、人数が集まってそういう場って設けられないので
ずっと勘違いされたまま今に至ります。

幼稚園から持ち上がりで同じ小学校になった、幾人かのお母さんがたからは
そのことを引きずっているのか、嫌われたままです。

何とかしたいですが、何ともできません。
自分で堂々としていようと、モチベーションを上げるしかありません。
早く子どもが、中学生になり卒業しないかなあと思ってしまいます。

ユーザーID:0917496424
幼稚園5年間ママ友ゼロです
えへへ
2015年8月12日 12:33

2歳違いの子供2人いるので、5年間幼稚園に通いました。

見事に私は5年間ママ友ゼロでした。

お遊戯会、運動会、夏祭り・・・・

全部夫と二人でぶらぶらしてたので、全く寂しくなかったです。

バザーや、バス旅行は一人でしたが、やっぱり一人でぶらぶらしていました。

結局「寂しい」と思うか、思わないかの「差」だと思います。

子どもたちは、幼稚園以外にも「居場所」があったので、そこまで寂しそうじゃなかったです。

お迎えとかは、私忙しい〜フリしてダッシュで駆け抜けて帰っていました。

なので、誰が「挨拶してくれるかくれないか・・」も

確かめるすべはなかったです。

小学校に入ったら、積極的にPTAにでて活動していたので、自然にママ友出来ました。

幼稚園時代が、一番ギトギトなので、最初から「選択一人ぼっち」を選んで、自分は正解だったなぁ〜と思っています。

幼稚園のメンバーが2人しか同じ小学校に行かなかったのも、幸いしたかもしれません〜。

ユーザーID:9435747344
主人公は優しすぎる
キツツキ
2015年8月12日 15:53

子ども2人(息子・娘)の母です。幼稚園に通園組です。
主人公いい人だなあ・・・が第一印象。
だけど弱い。弱すぎる。

私は敢えて「関係にひびが入る」ほどの親密な繋がりを全て絶ちました。

二回にわたる役員・及び園でのボランティア歴5年で、知り合いには何時でも事欠かなかったからこそ出来た荒行ではありましたが・・・

年長さんの時は入学準備(てっきりお受験組かと言われた)で、我が子に目が向きすぎと人間関係の義理返しに忙殺で記憶が曖昧です。

漫画に出てくる主人公のように、もうちょっとゆとりが必要だったかもと反省しきりです。

主人公頑張れ!!

ユーザーID:2548024181
味方がいない時点でどうなの?
千尋
2015年8月12日 15:59

まだ最初しか見ていませんけど、サキさんが集団で無視されているということは(1人しかサキさんに同情的でないということと、その1人すら他の集団ママさんと当たらず障らずという状況)、サキさんのほうに非があると(空気が読めないタイプ)しか思えませんでした。
無視するってよほどのことですよね?小町のトピックでも最近多いですが、「言ってもわからないタイプ・やんわり言っても通じないタイプ」が無視されるのだと思います。
描き方によって違うでしょうけれど、リエさんかしら、彼女のほうから見るとまた違うのだと思いますけれど。

ママ友とはつきあいを考えて、なるべく同調しておくのがいいと思います。
一匹オオカミを気取ったとしても孤立して困るのは自分です。

ユーザーID:6750802937
あ〜そんなママさんいたな〜
ほっと一息
2015年8月12日 18:44

娘が幼稚園の時、挨拶しても華麗?にスルーされるというか、
見下されていたんだろうな、というか、
あ〜、私はあなたの求めるママ友のレベルじゃないのね、というのが、
簡単に分かる人。

確かに相手のママは、美人だし賢そうだし、
お子さんも顔の整った賢そうな子だけど、これからの人生どうなるかわからないのに。
挨拶くらい人を選ばずしてくれたらとても素敵に見えるのに、本当に残念だわ。
プライドの高い底意地の悪さがバレバレです。
もしかして、私に愛想よくしたら同列の仲間ね、なんて勘違いされそう、なんて思ったのかしら。

ある日、相手のお宅が転勤でいきなり居なくなって、無視された日々も終わりました。
う〜ん、スッキリはしないし、これからお話しして本当はいい人だったと思う機会もなく、
ずっとその印象のまま記憶に残るかと思うと、不思議と相手の事を気の毒に思えます。

一番イラついていたのは向こうかもしれないですね。
無視してる相手が呑気にしているのが一番癪にさわるでしょうから。

ユーザーID:6292638606
第1章について
母2号
2015年8月12日 19:00

笑って挨拶できるのはいいこと。さらに「颯爽と」歩ければ、もっといい。
堂々としていることが一番。陰口好きな人はおどおど態度も大好物だから。

子供と会話を楽しんで、颯爽と登園。「おっはようございま〜す!」と周りに挨拶。
決して陰口さんに挨拶する必要はなく、その場にいる皆さんに挨拶が聞こえたらよいと思う。

ユーザーID:4964878279
仲良くなりすぎないように
にがうり大好き
2015年8月13日 10:45

ご近所だからと深く付き合ったママ友で、イライラすることなく最後まで付き合えた人は一人もいません。
引っ越しでお別れがあるたびに、ストレスから解放されます。
もちろん、仲良くしていたから寂しさもあるんですけどね。
子育ての方針や価値観は、子どものためなので誰も妥協できないことです。
妥協できないものだから、ぶつかり合わないわけがないです。

解決策は仲良くなりすぎないことです。
ランチや家で遊ぶなど、定例化しそうな時はわざと予定をいれます。
不定期で集まりたい時に集まる、この人は参加したり不参加だったりする人という立ち位置でいると、とても気楽です。
もし仲良しグループができて自分が中に入れなかったとしても、気にしません。
仲良くしすぎるグループが揉めて離散する姿を見てきているので。
気楽なお付き合いだと、長く楽しく付き合えますよ。

ユーザーID:5499994715
ママ友≠友達
ハル
2015年8月13日 18:07

以前から思っていましたが、ママ友という言葉がママたちを縛り付けているのではないでしょうか?
本当は、ただの"子どものお友だちのお母さん"ですよね。ただの知り合いです。そこから自分自身のお友だちに発展出来れば、ラッキー位の気持ちで私は接しています。
あからさまに無視するママより、サキさんのようにそれでも挨拶をするママの方が絶対素敵ですよね。
サキさんの対応が神対応(?)だと思います。自分が世の中の全員を好きには成れないのと同じで、世の中全員から自分を好きになってもらうなんて不可能です。
自分を嫌いな人が居て当たり前です。私はマザーテレサさんのように出来た人間ではありませんから。
それでも見ている方は、見ています。常識を持って接して、堂々としているのが一番だと思います。

ユーザーID:7671066940
理路整然と、徹底的に抗戦する
みもざ
2015年8月14日 0:01

感情論で大声出して言う人間に対しては、徹底的に抗戦した方がいいです。絶対に謝らない。周囲に人がいるときにやる。自分の考え、主張を述べ、理路整然と反発する。
ただし、和解のための落とし所は必ず用意する。

あ、これ姑とかに対しても使えますね。

今の職場、合わないなーと思っていますが、この前トラブルになった時、これをやりました。それ以後、周囲が少しおとなしくなりました。

今までは、おとなしく頭を下げていたため、精神的に追い詰められてうつになったこともあります(嫁姑問題とか、ご多分にもれず、元夫がヘタレだったので)。どうしても我慢できなくなると、やはり爆発してしまいましたが、そのような態度を示すと、かえって軽くみられるのが分かったので、最近では「爆発しないが、爆弾は落とす」をやるようになりました。すっきりです。

もっと早くこの方法をやればよかったなーと思う今日この頃です。

ユーザーID:8827121204
気にしない性格なので
何故?
2015年8月14日 1:25

無視されたことないと思うのですが、無視されていても気にしません。
無視されてるグループがあったとしても、なんならそのグループの輪に入って理由でも聞いたろかって性格なので、強いママにも負ける気はしません、戦いませんがハッキリ否定はすると思います。
一匹狼上等!夫が守ってくれます、学生時代の友人だって沢山いるし増やそうなんて思いません。
こういった人は沢山いるんですよ、多分半分は孤高を保ったママ達です。
その場その場で隣合ったから少しお話しする程度、ビクビクもオドオドもしない普通の主婦。
そういった人には何故魅力を感じないんでしょうかね?集ってないと不安、ハブかれて不安って今まで社会人としてどう生きてきたのか、そこから問いたい位です。
気が弱いと分かっているならわざわざ傷付きに行って、私は傷付いたんです悲しいですって・・意味が分からん、私みたいな人のそばにいればいいんじゃないの?としか回答できない、私は友人にはならないけどね。
子供がハブかれたらもっと素敵な日にしてやる、ありとあらゆる素敵を詰め込んで笑顔にしてあげる、程度の低い人に合わせる必要はなし。

ユーザーID:7047149468
(3)まで読みました
みその
2015年8月14日 22:45

主人公ママには一体なにが起ったのでしょう。
子どもが何かしてしまったのか・相手の地雷を踏むような何かを言ってしまったのか…
最初では、自分が何をしているのか分からないのに
無視をされているという描写だったのですが、何かありそうですね。

「神対応」についてですが、改めて。

そのような状況になってしまったらやはり、
” 気にしないで、毎日を子どもと笑顔で過ごす " ことだろうと思います。
いつまでも引きづらないで、気持ちを切り替えなきゃね。

何をやらなくても、相手の何かしらの機嫌を損ねただけで
簡単に孤立してしまうこともあります。
そしてそれは、「Aさんは許されるのにBさんは許されない」
そういうこともあります。理不尽なものです。

集団から無視されるのは、その人が悪いからだという意見もありましたが
必ずしもそうではありません。
真実が分からないまま、思い込みや人の言葉だけで
誘導される人もかなりの数いると思うのです。

ママ友は、時には「友だち」ですが、所詮は「他人」なんです。
難しいね。

ユーザーID:0917496424
ママ友なんぞいなくても子供は育ちましたけど
ネ申
2015年8月15日 13:53

上のこの幼稚園入園以来、約10年。ママ友というか、そう言う人いません。
一名だけ例外でなった方がいましたが、価値観の合う方でした。
幼稚園の停留所に友達関係を見いだせる人はそれで良いと思うのですが
私は昔から群れるのが苦手だったので、あくまで自分流。
役員と挨拶はしてます。

で、子供同士の関係は、別にね。
今の子は幼稚園終わっても塾習い事だし、遊ぶもなにも。
公立校では、毎日遅くまで授業もあり、遊ぶ暇もないですよ。
進学熱心な地域でもありませんが。
私は私でやることもたくさんあるので、別に友達は自分の世界にいますし
子供は学校で親の関係が原因でいじめられることもないですし
特にそんなに必要なものとも思いませんでした。
中学は離れた私立に行っていますけど、そこでも挨拶のみの世界。

ママ友ってつまり、言っている本人の心根次第で存在意味合いが変わると思います。
私には必要ないものでした。
必要があるのならそこの流派に乗っかればよいのです。
四の五の言わず迷わずに。

ユーザーID:2358730372
(3)まで読みました
ララ
2015年8月15日 15:13

経験上、主人公が相手に余計な事を言っていた。良かれが押し付けるような親切。相手ははなしただけを頼まれたと勘違いして、頼んでないことをやってしまった。
主人公が重い。離れたいけど、寄ってくる。困るオーラは出ているけど気付かない。シツコイ。相手のママの子の気に障った。が、親子して気付かない。社交辞令が通じない。子どものことをベラベラ話してはいけない。相手が言わないだけで気にしてることがあるから。
だから空気扱いになる。完全無視。

「前まで仲良しだったのに、なぜ?」「私何かした?」とか、話してる人もいますが、誰も「あなたがあんな事をするから」など言えず、聞いた人は一緒に無視するか、(1)みたいに辛うじて挨拶はするが、相手のママから離れない。私は無視はしないよ。ってね。

最初が肝心だと思う。
・仲良くなり過ぎない
・急速接近は崩壊の元。
・言わない地雷。話してる地雷があるけど、地雷源を良かれと思い歩いてた。
・マンガみたいな共通点で仲良くなると、なぜか長く続かない。
・簡単にお互いの家を行き来しない。
・自慢に聞こえた。

共通点が安心感とかになるけど、友達じゃない。

ユーザーID:5374508565
(3)からは
ララ
2015年8月15日 15:29

注意をしているのが、相手のママさんだけで、主人公は日焼け止めの話しのみ、不安なときに出会う似たり寄ったりの二人の価値観の違いだと思う。

困ったときの神対応?
困ることになるから、最初から挨拶程度でいいような?
誰にも相談するな。話すな。筒抜けです。
何も無い人からも無視されることはある。噂のみです。
群れて仲良しでも、悪口が出てもいい、聞いて本人に悪口内容を伝えるだけの人たち。
誰も庇わない。庇ったら、「あなたのこと悪くはなしてたわよ」と悪口を聞いたりする。

トラブルになれば先に広めた方が楽しい毎日。

ユーザーID:5374508565
なーんだ
キツツキ
2015年8月16日 0:21

二度目です。

ああ、これって先方さんが『お受験』のレールに乗った時、良く見受けられた行動パターンです。

そりゃあ「えっ??」て思うわよね。いきなり生活スタイルが変わるから。

主人公さん親子は『切られた』。

お受験情報が無い。

毎日のどかに公園でなんか遊んではおられない。
だって専用の幼児教育のお教室に通わなくてはならないから。

その情報を部外者(お受験しない家族)にはぺらぺら言いたくない。

それが理由。

残念ですが、遠いところから彼らの幸せを願うしかないです。

私自身はそういう場合、察知すると同時に自分からそーっと距離を取りました。
だって受験の邪魔になるから。

とはいえ、園内でもかなり特殊系の、ディープでマニアックな習いものを沢山していた関係で。
卒園までなんやかやと彼らから『お尋ね』がありました。

ユーザーID:2548024181
やっぱり主人公が重過ぎ
千尋
2015年8月17日 6:21

どなたかも仰ってるように
>主人公が重い…社交辞令が通じない
ここですね(確信)。失礼ですけれど、全力で寄りかかってくるだろうなと予想される人っていうか。
>誰も「あなたがあんな事をするから」など言えず
そうそう!どうしてあなたが悪いのにこちらが無視するから悪い的流れになってるの?ってサキさん以外の人はそう思ってると思います。

「ぶぶ漬け〜」が「そろそろでていってほしいんですけど」とか
「若く見えますね」が「年齢にそぐわない幼さですよね」とか、マイナスとして定番になっているものってありますよね。
もう少し社交辞令をパターン化して冊子なりなんかにすれば
自分がこれを言われた←自分が嫌われている。気を付けてみんなに謝ろう とかもう少しうまくいくんじゃないでしょうか。

ユーザーID:6750802937
孤高が一番。基本的に「謎の女」でいる。
孤高に生きる中年
2015年8月17日 10:22

バス通園の幼稚園の時は、初日だけ、様子見の為、見送った後会話に混ざりました。以後「毎日出勤会社員風」の服装で、見送った後、皆と別方向にドロン。この服装、効果覿面。退園時、「仕事に行ってるかと思ってた」と彼女達言ってました。挨拶しない人はいた。機嫌、心身の不調、性格等が理由だろう。見送り後「はいさようなら」なので気にせず。相手も気にしなくなり、卒園後道端で会ってもお互い挨拶する良好な関係。
下の子は毎日送り迎えの園へ。挨拶が返ってこない時は「たまたま聞こえなかった、他のことに気を取られていた」という感じでした。親の出番が多い園で、卒園後もランチ会や飲み会がある。私は行かない。卒園したのにそこまで付き合う必要ない、情報収集のために彼女達を利用しようとも思わない。
子育て中に知り合った人とは、たまにランチを個別にする程度。グループや派閥にならないようにしています。どこにも属さず基本、孤高に生きる。「お互い子育てを頑張っている人間同士」として相手を尊重しながら、必要以上に立ち入らず、こちらの情報も必要ない事は言わない(学歴や夫の職業等)。「謎の女」でいる為か、どこに行っても風通し良いです。

ユーザーID:8565602210
(4)読みました。
ララ
2015年8月17日 11:39

主人公は、勘違いしてしまったんまね。子供のお友達は自分のお友達だと。
自分のお友達と勘違いする人はいます。
子供同士をキッカケに知り合うので、勘違いパターンはざまざま。

相手の人の意地悪な行動って、心理作戦でしょう。
この場合は、主人公が不利な条件を知ってて主人公にロックオンで「オカシイ」と言う。相手について「そうよ」など同意している人は、主人公の陰口の毒牙に掛かる幼い人。
二人の中のトラブルが拡大すると、マンガみたいになる。

自分のお友達と勘違いした人が、「主人公が〜」とか悪口バラまくもあり、主人公が「私、何かした?」もある。
ママ友は自分のお友達ではないって。小町でも書かれてるよ。

マンガ読んで疑問なんだけど、避けらてるのに、なぜ彼女の隣にすわるのかな?会いたくないとか、感じてるのに、不思議だと思う行動でした。
離れてる所にすわるとか?出来ないのかな?

ますます、言われちゃうような?「ほら、近寄ってくる」「ねぇ、わからないのかしら?、自分が嫌われてるって」とまで、言う人いますよ。

ユーザーID:5374508565
 
現在位置は
です