現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

何故あなたは無償の愛情でいっぱいにしてくれるのか。

sally
2016年9月24日 0:09

開いていただきありがとうございます。
何から書いていいのか迷っています。

我が家にはサリーと名付けた雌11歳のホワイトジャーマンシェパードがいます。彼女は大型犬なので室内ではなく庭を好きに走り回ります。
彼女は娘のことが大好きで、いつも娘が学校へ行く時間には門の内側で見送り、帰ってくる時間になるとまた同じ場所でお行儀よくおすわりをして待ちます。娘が部屋で何かをしていると部屋の窓の前で寝転がり、窓から漏れてくる娘の声や音楽を聴いています。娘ももちろんサリーと遊ぶのが大好きです。娘が庭へ出て来る気配を感じると、ちぎれんばかりにしっぽを振って迎えます。娘がほんの小さな頃から毎日遊んでいました。最近では娘も大きくなり、休みの日にはお友達の家に泊まりに行ったりするようになると、それを知らないサリーは、次の日にならないと帰ってくるはずない娘を一晩中、門の内側で待つのです。
私が洗濯機を回すときに、サリーは洗濯機横の出口に待機します。私がサリーに「ピーピーいったらおいで」(洗濯機の終了音)と毎日言い続けているので、洗濯機が終了音をならすと出口に走って来ます。私が洗濯物を干す為に庭へ出るとずっと横におすわりをして私が洗濯物を干すのを見上げています。干しおわり、体を撫でると本当に嬉しそうに。
たまに、洗濯機が鳴ってもキッチンで私が気づかずいるとキッチン窓の外から立ち上がってワンワン。ピーピー鳴ってるよー。と知らせにきてくれます。
そんな我が家のサリーに、ちょっとまえからお腹にぽこっと小さなコブができました。病院へ行くと子宮の外に出来た腫瘍でした。日本ではどうか分かりませんが、私の住むオーストラリアでは、動物のある程度以上の腫瘍の場合手術して弱らせるより腫瘍を置いておく考えの獣医師さんが多いようで、手術より置いておくよう進められました。しかしコブはみるみる大きくなり、(続きます)

ユーザーID:6049113604  


お気に入り登録数:371
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:23本

タイトル 投稿者 更新時間
トピ主です。1
sally(トピ主)
2016年9月24日 13:58

続きです。
長文な上、詰めすぎた文章、大変読みにくいことと思います。
心が乱れていました。失礼しました。

続きですが、我が家のサリーのお腹の腫瘍、みるみる大きくなり、あっという間に大人の女性の拳くらいの大きさになり、座り方が少し斜めになっていました。獣医師に聞くと、腫瘍を取り除いてもいいが、大きな手術なので耐えられなかったら手術のあとは2度と元気な姿を見れないかも知れない(亡くなるかも)といわれました。
私達家族は悩みました。
しばらく元気ではあったので様子を見ていたら、ある日、娘が学校へ行っている昼間に、いつも通り私が洗濯機を回していると洗濯機横の出口にきて洗濯機が終了しピーピー鳴るのを待っていたサリーが、いつもの様におすわり態勢ではなく、伏せの姿勢でなんだか様子がおかしいと思い外に出て撫でると、目は私を見据えているのですが、体がグッタリとしていたので驚き主人を呼び、主人は娘を学校へ迎えにいき連れかえってきました。
すみません。何故こんなにも書き続けるのか自分でもわかりませんが、最後まで書かせて下さい。続きます。

ユーザーID:6049113604
トピ主です。2
sally(トピ主)
2016年9月24日 14:14

続きです。

主人が娘をつれてかえってきました。

娘がかえって来る直前まではグッタリして膝枕をしても目の焦点が合わなくなり、もうダメかと涙が止まりませんでした。
車の中で主人からサリーの様子を聞いて涙をボロボロ流しながら帰ってきた娘が庭に出て私達の所へくると、サリーは寝そべった態勢のまま、急に脚を走るように動かし、尻尾をパタパタさせ、しっかり娘を見ました。

娘は名前を呼んでもいつも通り飛びついて来ないサリーを見て動揺し、涙をボロボロ。サリーに顔を近づけて、娘が名前を呼ぶとわずかに尻尾をパタパタと芝生に打ち付け、まるで受け答えをするように。

もうこのままではだめだ、もし、ダメでも手術をして貰おうと、立ち上がれない大きなサリーを私と主人でシートに乗せ車に運び家族で獣医師のところへ。
急でしたが手術も出来ることになり、ルームに入ったサリーを私達3人は待っていました。3時間して獣医師から手術は終わったと、乗り切ってくれたので意識はあるが、麻酔で朦朧とし立ち上がることもできないし、もしかしたら混乱のせいで噛み付いたりしてしまうこともあるので、側に行くなら気を付けた方がいいといわれました。

ユーザーID:6049113604
トピ主です 混乱していくつ目かわすれてしまいました。
sally(トピ主)
2016年9月24日 14:32

続きです。

獣医師に朦朧としているため混乱して噛み付いたりするかもといわれましたが、
私達3人は ”?” でした。だって今まで人に噛み付いたことなんか無いし、怒ることもない穏やかなサリーなんだから。
あ、思い出しました。昔、一度だけ門扉のロックが外れて、サリーが”一人お散歩”をしたことがありました。大型犬だし絶対にあってはならないのですが。
そのとき、気づいた主人がサリーを探しに行くと、ウチの前の道でお菓子を食べて歩いていた高校生くらいの男の子について歩き、そのこの前でお座りをし大量のヨダレを垂らし(食いしん坊です)、男の子を困らせていました。幸い犬好きな子で喜んで相手をしてくれていましたが、こちらではよその子どもやペットに絶対に保護者許可なく勝手に食べ物をあげたりしないので、お菓子をあげたかったけど困ったと。笑
話が思い出話でどんどん逸れそうです。

で、私達はサリーが噛むわけないと思い手術室横の部屋へ入り、サリーをナデナデ。私達の顔をみて、体は動かせないけど、ヒュンヒュン鳴いて声を出し。私達は嬉しくて泣きました。
続きます。

ユーザーID:6049113604
トピ主です。長い! すみません。。。
sally(トピ主)
2016年9月24日 14:54

すみません長すぎますね。もう少しお付き合い下さい。

手術おわると入院はなく帰宅。(こちらは人間でも退院はやいです)
もちろん麻酔でとても歩ける状態ではなく、帰りもシートで担架みたいにして車まで運び連れて帰り、その日は家の中にタオルをたくさんひいてみんなで付きっ切りで一緒に寝ました。食いしん坊なサリーが何も食べない寝たきりの日が2日続きましたが、3日目には腫瘍もとれてスッキリしたお腹を舐めようとするのでパラボラアンテナのようなまあるいデッカいガードを顔に付けられ、ガシガシ壁にパラボラアンテナをあてながら歩くようになりました。
10日後にはパラボラアンテナもボロボロに。それとともにサリーはみるみる元気に。1か月後にはお気に入りのスティッチのぬいぐるみを投げ飛ばして走って自分で取りにいく遊びをするほど。私達はすっかり元気になって、お腹のぽこっとも無くなったサリーとまた元通りの生活をしています。神様に感謝です。
ただ、術後に獣医師に言われた、腫瘍は大方取ったがまた大きくなるものだから半年くらいでまた腫瘍は元に戻ると。そのときが来ると、覚悟はしておいてと。
続きます

ユーザーID:6049113604
トピ主です。最後です。
sally(トピ主)
2016年9月24日 15:04

私達がサリーの術後元気になった生活が当たり前のようになって丁度、半年がたちました。
毎日元気に洗濯機のピーピーを聞いて走ってくるサリー。
当たり前のようにサリーがいる生活。
でも、いつかはきます。必ずお別れの日が。
あの時の悲しみをまた味わうのか。獣医師の言う通りなら、もう、またいつ腫瘍が大きくなっても不思議じゃない。
一度味わった辛さ。
今、こんなにもサリーは元気なのに、たまに急にあの時の事を思い出しつらくなります。何故か急に書き出して誰かに聞いてほしかったので投稿しました。

長々とありがとうございました。

ユーザーID:6049113604
無償の愛ではない
おかめ
2016年9月25日 10:51

その変わり 動物さんは自らの魂をけずっています。
人間をいやす代わりに命を縮めています。

ユーザーID:4010480830
何故かお答えしましょう
オバ・サン
2016年9月25日 15:10

動物はイノセントだからです。

人間のように不純ではないのです。

人間の中にもイノセントな人がいますが早死にします。

ユーザーID:6966926547
良かった〜携帯からの書き込み
はな
2016年9月26日 11:32

泣きながら読みすすめました。
手術成功したのですね。
ウチにもラブラドールが居たのですが、コブ状の腫瘍があり、11歳で全身麻酔が心配されましたけど、取りました。それから4年生きましたよ。
サリーちゃん、長生きしてね。
日本から願ってます。

ユーザーID:9004766978
病院に行ってください
toku
2016年9月26日 14:11

腫瘍が原因で辛そうにしていた姿を見たのですから、もう腫瘍が大きくなるまで放置しないでください。
腫瘍が出来なくても、定期検診に行ってください。
次回は覚悟とは言っても100%なんてないのですから。

ユーザーID:5000446638
よかった・・・
annie
2016年9月26日 17:48

サリーが元気になって本当によかった。
サリーもトピ主さん一家もお互いに出会えて本当によかったですね。
私は犬が大好きですが、家族がアレルギーなので多分当分一緒に暮らすことはかなわないでしょう。
だからトピ主さんがとっても羨ましい。
猫もそうなのかもしれませんが、犬って人間のように容姿や条件で態度を変えることもなく、いつでも全身で受け入れてくれる、純粋で温かくて、本当に大好きです・・・。
ただ、いつかお別れが来る、それを受け入れるのは辛いですね・・・。
サリーが長生きして、トピ主さん一家とたくさんの普通の、でも何事にも変えられない特別な毎日をたくさん一緒に過ごせることを祈っています。

ユーザーID:1594546202
もしよろしければ携帯からの書き込み
春巻き
2016年9月26日 17:57

トピ主さんの文章を通して知ることができた愛情深いご一家と、賢くてそのご家族の無二の存在のサリーのお話。

もちろんお気が済んだのなら別ですが、犬好きの男の子とのエピソードのような、または洗濯機が終わったよ、と教えてくれるエピソードのような、、何かまた教えてください。

サリーは愛のために頑張ってくれている。でも、すべての事に終わりがあること、別れがあることを教えてくれていますね。

今ある幸せを私も大事にしたいです。

勝手なコメントだなあ。
ごめんなさい。

ユーザーID:3887982448
無償の愛に応えてくれているのでは
ニャンロス
2016年9月26日 22:13

サリーちゃん、とても賢くて可愛いらしい、良い子ですね。
トピ主さん家族を深く愛する様子が伝わってきて、読んでいて涙が出てしまいました。

何故、というトピタイトルですが、私はサリーちゃんはトピ主さん家族から与えられる無償の愛を理解し、応えているんだと思います。
サリーちゃんは幸せワンコですね。
トピ主さん家族も、サリーちゃんから沢山の愛と幸せを受け取っているのですね。

別れの日が近づいて来て、想いが溢れてどうにもならない気持ち、よくわかります。
私は2年前に愛猫を亡くしました。
闘病中は苦しくて辛くて、でもこの苦しみは紛れもなくこの子を愛した証だと思いました。
こんなに愛させてくれてありがとう、出逢えて良かったとも思いました。
別れはとてつもなく辛いけれど、一緒に過ごした日々は比べ物にならないほど幸せで、次はこの100倍悲しくても耐えてみせるから、もう一度最初から一緒に暮らしたいと願ったりもしました。

いつかは来る悲しい別れ。
それでも一緒に暮らしたいと思わずにいられない。
サリーちゃんのお話は、そんな気持ちになるのは当然と思わせるお話でした。
サリーちゃんが長生きしますように。

ユーザーID:2302165696
読ませて頂き、ありがとうございました
ふーく
2016年9月27日 2:52

サリーちゃん、

トピ主さんたちのために、
トピ主さんたちの笑顔が見たくて、必死で必死で元気になったんですね。

しっぽで、瞳で、犬は語ってくれますよね。



大切な人がいて、その人のためにパワーがわいてくる。
幸せな証だと思います。

それは、犬も人も一緒だと思います。


トピ主様の笑顔が、サリーちゃんの元気の源です。
どうぞ、沢山の笑顔で、サリーちゃんと共に過ごされますことを。


私もいつの間にあっという間におじいさんになってしまった愛犬の寝顔を眺めながら、トピ主様ご一家の御多幸を祈っています。

ユーザーID:8427770754
心が温かくなりました。
Ocean
2016年9月27日 4:46

素敵なサリーのお話を聞かせてくださって、ありがとうございます。
誰よりもご主人様が大好きなサリーと、純真無垢なサリーを心から愛するトピ主さんご家族の想いが優しい文章から伝わってきて、自然と涙が出ました。
不特定多数の方が見る掲示板なので、利己的なコメントや心ないコメントなどがもしかしたらあるかもしれませんが、どうかお気になさらないよう、その優しい心を痛めてしまいませんよう心配してます。
自然と情景が目に浮かんでくるような,大変素晴らしい文章に心がすーっと温かくなりました。
なぜだか急に誰かに聞いて欲しくなるっていう気持ち,すごく分かります。
全然長い文章ではないですよ。むしろ、もっとお互いの無償の愛の話を続けて欲しいくらいです。笑
どうしてもお礼が言いたくて出てきてしまいました。
トピ主さんご家族が1日でも長く、サリーとともに過ごされますよう、海の遠くからお祈りしております。

ユーザーID:5461333027
うちのこも
mocoママ
2016年9月27日 8:30

確か3年前、首の横に大きなこぶができました。
それ以外にも、体中に10数か所。
一気に手術でとり、今、12歳です。
元気ですよ。そんなことだってあります。

ユーザーID:8344233966
サリーは幸せです
わんだふる
2016年9月27日 18:04

読みながら涙が止まりませんでした。
無償の愛…確かに無償の愛なのですが、サリーはトピ主さん一家と暮らせて
本当に幸せなんですよ。

うちにもワンコがいました。
大切な大切な家族でしたが、亡くなりました。
亡くなった後、何もしてあげられなかった、
あの子は幸せだったのだろうかと、眠れない夜を過ごしていました。
ある日、あの子の大量の写真を整理しようと見ていたら、
どの写真もどの写真も、全部わらっているのです。
とても幸せそうに、うれしそうに、カメラに向かってわらっていたのです。

それを見たとき、あの子も幸せだと思ってくれていたのだと
号泣しました。

サリーの気持ちから、トピ主さんたちと暮らせることへの幸せが溢れ出て
無償の愛になっているのだと思います。
どうか、最後の最後まで、幸せな時間でいっぱいにしてください。
また泣けてきた…

ユーザーID:6792557595
トピ主です。
sally(トピ主)
2016年9月27日 22:06

ありがとうございます。

支離滅裂なただただ吐き出し書き綴っただけのトピにお付き合いくださり、本当にありがとうございます。

春巻きさん、ありがとうございます。

きっと私は今の気持ちを書きたかったんですね、サリーのことを。
それをもっと聞きたいと言ってくださり、本当に嬉しいです。
サリーとのこと、たくさんあります。一つここに書きたいと思います。
うちのお隣に大型犬がいて、木の柵(塀?)ごしに隙間から、犬同士お互いに少し見えるんです。彼女もメスなんですが、7歳だそうで、サリーよりも若い。
その子はよく隣家の門から飼い主の出勤時に出てきて、たまたま娘が出かける時間と重なると、娘の所へ来てお愛想してくれるので、犬好きな娘はチェイシーチェイシー(隣家の犬の名前)と可愛がります。
そのチェイシーが、うちの娘がサリーとボール投げて一緒に走ったりして遊んでいると、柵越しに一緒に走ったりします。するとヤキモチなサリーは、柵の所へ行き、チェイシーに一喝”わん!”(あんたとは遊んでないの!)と言わんばかりに。。いつもは温厚なサリーが、娘がサリーの目の前でチェイシーをかまうと
娘とチェイシーの間に。(続きます)

ユーザーID:6049113604
お気持ち分かります
トライカラーコリー
2016年9月27日 22:45

私も十代の頃、オーストラリアでコリーを飼い、とても幸せな時間を貰ったことをトピ主様の投稿で思い出しました。亡くなって10年以上が経ちますが、SHADOW(名前です)の匂いや、耳の後ろの柔らかい毛、今でも思い出します。たまに夢に出てきては、起きる時涙が出ます。SHADOWのお陰で犬が大好きになり。沢山の幸せな時間を貰いました。喪失感や、もっとこうしてあげれば良かったという後悔は未だにあります。まだSHADOW以外の犬と暮らそうとは思えません。人生を豊かにしてくれました。トピ主様とご家族、サリーちゃんの幸せな時間が少しでも長く続くより祈ってます。

ユーザーID:4970243400
エリザベステーラーの名犬コリーだったかな?
映画にありました
2016年9月28日 22:05

エリザベステーラーがまだ子供の頃の映画です

「私は教会に行くけど、犬は行かなくて良いの?」ってお爺さんに聞くんです
お爺さんは「犬にとっての神様はお前なんだよ」って答えました

信仰深い人にとって神に使えるのは当たり前
それどころか、無償の愛の意味など考えたことも無い位に神様(あなた)が大好きなんです
それだけなんです、見返りなど思いも付かない優しい生き物
それが「犬」なのでしょう

ユーザーID:9508723852
うちの犬とは大違い・・・
通りすがり
2016年9月29日 13:32

ごめんなさい、深刻な話なのですが
うちのチワワ(じいさん・13才くらい)とは大違いだな、と(笑)

飼い主大好き、とかないですね
誰のこともとりあえず好きみたいです
でも賢い(?)ので、家以外にお邪魔したときには一番えらそうな人のところにいきます
子供のところにはほとんどよりません(笑)

私が泣いていても慰めてくれるとかもないですね
心配してくれるのもないです

とぴ主さんのわんちゃんとは全然違いますが
それでも私は彼はいてくれるだけで無償の愛をもらってると思います
じいさんですが私にはずっとずっとかわいい犬です

うちもいつお迎えがきても仕方ないと思っています
私はそのときになったら安楽死を選ぼうと思ってます
自分なら苦しいのはいやだから。

ユーザーID:5966105754
 
現在位置は
です