現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

生物にかかわる仕事って何?どうやったらなれますか?

きのこ
2016年11月21日 8:57

 トピを開いていただいてありがとうございます。

中学3年の娘がいます。
子どもの頃から記憶力が良く、学校での成績はトップクラスといえます。
ですが、気が利くというような面は苦手で、自分から何かをバリバリできるか
という面は不安です。

この娘、小鳥が大好きで、鳥の研究家になりたい、と今は申しております。
絶滅しそうな鳥の保護、に興味があるそうです。

ですが、娘は道端で、すずめの亡骸を見ても、何があったのか心配し、ちょっと涙。
小学校で豚の内臓を見たときは、悲鳴を上げて、掃除道具入れにもぐりこんだとか。

動物に対する、優しさ、愛情は深く、その思いから、小鳥の爪を切ったり、
捕まえて別のかごに移したり、卵つまりをなおしたり、は躊躇なくできます。

しかし、大学で獣医師を目指す、にも解剖や、死に直面した動物ばかりを診察、という点に不安があります。

動物にかかわる以上、死はあるとは思うのですが、
死に向き合うばかりでなく、気が利かなくてもできる、動物にかかわる仕事

というものはあるのでしょうか。

私は、農学部、生物、研究者、どうやってなるのかも不明です。

鳥の研究家なる職があるのかも、有名な1か所しか聞いたことがなく
本当に無理なら、今のうちに違うことにも興味を持てるようにした方が良いか、と考えています。

アドバイスお願い致します。

ユーザーID:4120546864  


お気に入り登録数:27
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:32本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
好きなだけではなれない
おばはん
2016年11月21日 10:49

獣医師は理系です。生物の研究も理系です。

娘さんは数学出来ますか? 数学と化学。もちろん生物も。
できるのなら、国立大を目指しましょう。数学苦手なら道のり厳しいですが。

たとえば京大は類人猿の研究で有名です。都内なら東大農学部や農工大があります。
ここらレベルの大学なら研究者になるのも良し、農水省の公務員上級職を目指すのも良し、です。

あるいは獣医師ではなくて、動物園の飼育係さんになるのはいかが?
雇用均等法以前は女性を採用しなかったのですが、いまは採用されます。
ただし、危険な仕事ですよ?

ともあれ研究者を目指すのなら、とりあえず理系に強い進学高校に入ってね。

ユーザーID:8181607147
本人が考える まずはそこから。
四槓子
2016年11月21日 11:21

>死に向き合うばかりでなく、気が利かなくてもできる、動物にかかわる仕事
ごめんなさい、動物と関わるのに、気が利かない、察する事が出来ないのは致命的だと思います。
ただ、小鳥の世話がある程度出来るのなら、好きな事に関しての適応力は十分ありそうですが。

まずは、今のうちに自発的に、自分で考える、行動する力を身につけて下さい。
そのためにも経験させる事です。
知識を増やす事です。

知識や経験が増えることによって、自分のやりたい事、出来そうな事がわかってくるのではないでしょうか。

これまでも学校で、職業体験や職業に関しての授業がたくさんあったと思います。
中学3年なら、この職業に就くにはどのような課程を経るのかという総合学習があったはずです。

今はネットで、(鳥類 研究者になりたい)などで検索すれば、色々な情報が出てきます。これらを駆使して自分で考え、調べないと駄目だと思います。

まずはそこからです。

ユーザーID:8903869915
親のやること?
それって
2016年11月21日 11:50

トピに書いてあるそのまんまのことを考える、選択するのは本人なんじゃ?
どうしたら自分の苦手なことを克服できるか、それとも克服せずともつける職があるのかどうか、どんな勉強をしておけばいいのか。
こういうことは、親が考えることなんですか?
自分で気がつくようにするのが親の役目なのでは?

最近の子育ってここまできてるんですね。
びっくりです。
職場の若手が使えないのもうなずける。世も末。

ユーザーID:0247571776
死に向かい合わずに動物とは関れない
犬養 弱
2016年11月21日 12:05

死と相対して生がある訳ですからね。

ただ動物を扱う学問として、獣医師・農学・畜産以外のものも無い訳ではありません。
文学部で動物を扱う所があります。
心理学や行動科学などの分野です。
実験として鳥を扱う研究室が実際に存在します。
あまりスプラッタな状態にはならないと思いますよ。
就職先がどうかまでは分かりませんけど。


ただね。
中三の時の好き嫌いなんて、案外どうにでもなるケースがあります。
怪我などで血を流している友人を見ると、卒倒するくらいビビっていた子が、ちゃーんとお医者さんになっている例を知っています。
患者の痛みに寄り添える、優しいお医者様になって評判も上々のようです。

今がこうだから将来はこうと決めつけなくてもいいんじゃないかな?
子供って親が思うよりずっと強いし、夢を叶えるために苦手なものを乗り越える事ができるお子さんは沢山います。

中三でしょ?
何にでもなれるように、基礎学力を伸ばす時期だと思いますよ。
理系も文系も満遍なく学んでおいて、高校で進路を決めれば良いのです。

ユーザーID:8973048993
まず選択肢を探る
パフィ
2016年11月21日 12:37

生き物系で鳥ということなら農学部や理学部で野鳥を専門に研究している先生がいる学科を選ばれたらいいと思います。成績が優秀なら選択肢があります。
その先は適正とか運とかいろいろ関係してくるので。
研究者は狭き門ですが実力とやる気があればどこかにつながっていくと思います。

現時点では、鳥の研究者が書いた本(読み物として楽しめるもの)を探してみるとか、講演会に行ってみるとか、野鳥の会の探鳥会に参加してみるとか、博物館や動物園のイベントに参加してみるとか、そういうことで興味を探ればいいと思います。
野生動物と飼育動物ではまったく違いますし(どちらも外で体を動かすのが好きな人向け)、実験室で解析とかの仕事(インドア派向け)というのもあります。

ただ、いくら勉強ができて記憶力がよくても、気が利かない、融通が利かないって、どんな仕事でも難しいと思います。
生物を扱うにしても、周りの人たちと協力して人間社会で成果が認められ、報酬が得られるからです。

まだ中3ですから、これは無理とか親が決めることないと思います。苦手な作業があっても、その先に大きな目的があれば頑張れることもありますし。

ユーザーID:3638080052
花鳥園携帯からの書き込み
2016年11月21日 12:51

各地にある花鳥園を探して就職を調べては?例えば神戸にありますような。

ユーザーID:5506109592
環境関係かな?
ぼたん
2016年11月21日 13:00

小鳥以外の生物に興味がなく、血や内臓が触れず、
動物の死に心が動揺するのでは、獣医大は厳しいかも知れませんね。
でも本当は家庭環境が許すなら、獣医学をきちんと学んだ方が
将来の選択肢が広がるし、学びながら本当にやりたいこと、
向いていることが見つかる気もするんですけどね。

私も中高生の頃、家業から医師、薬剤師、看護師を勧められるも、
お嬢さんと似た性格のため拒否。
でもでも、その後、可愛い我が子の看病なら、血もウンチも傷口も平気だったんです。
親の介護で、摘出臓器も汚物も血も骨折も平気で対処できたんです。
だから、必要と思えば出来ちゃうものなので、獣医学、お勧めします。

どうしても無理なら、森林資源の保全など、環境保護の仕事はいかがですか?
大好きな小鳥も毎日見られるかも。
需要は少ない仕事で、就職は大変でしょうが、
農学部や生物系、海洋系の学科で学べるのでは?
あと、語学も得意にしておけば、外国でも仕事できますよね。
超難関でしょうが、国連やユニセフ関係の職場なんて素晴らしいと思います。

ユーザーID:5022210939
実物に触れないのなら
tora
2016年11月21日 13:04

動物専門の写真家や映像作家、イラストレータなどですか。

しかし、動物の死骸が苦手なら、普通の料理なんかもできないと思いますけど。

ユーザーID:5674031324
好きな事を職業にするのは相当な覚悟が必要
れん
2016年11月21日 15:55

私は子供の頃から動物が大好きです。
ですので、動物に携わる仕事に就きたいと思い、実際に動物看護の道に進みました。
でも、現実は思っていたよりも厳しかったです。
入院している動物たちのお世話は楽しかったですが、理不尽なことが多かったです。
というのも、ペットを愛し、大切にする飼い主さんばかりではないからです。
それに憤りを感じる毎日でした。
中には酷い虐待を受けてる子も居ました。
人間の様に守ってくれる機関も少なく、余程の虐待じゃないと動いてくれませんでした。
無責任な飼い方をする飼い主のせいで、安楽死をさせられた子も居ました。
動物たちの現状はかなりシビアです。
それはきっと動物に関わる事なら、どこも同じでしょうね。
私は耐えることができず、動物看護師をやめ、それから一切動物に関わる仕事には就かないと心に決めています。

向き合わないといけないのは死ではないです。
それよりも理不尽な人間に、どう対応し、心を強く持つかではないかと私は思います。
結局は、どこの部分に目を向け、どれだけ自分の信念を貫けるかの問題です。
命を救う、生体を守るという事に重きを置けるなら素晴らしいと思います。

ユーザーID:3154789346
大丈夫なのでは
ペン助
2016年11月21日 16:37

高校の同級生で、将来は看護師になりたいと言ってる子がいました。
ところが彼女、血を見ると青くなって気分が悪くなるんです。
仲間内の雑談の中で、「そんなので看護師って大丈夫なの?」と誰かが訊いたことがありました。

彼女の答えは、
「お母さん(現役看護師)が大丈夫って言ってた。
 女の子は毎月生理がくるし、看護学校に行ったら実習だ何だと血や内臓を見なくちゃいけなくて、嫌でも慣れるって」
そして、彼女は本当に看護師になりました。

トピお嬢さまだって、どうしてもなりたい職業のためには、実習でも何でも頑張れるでしょう。
豚はともかく、魚の内臓なら普段の料理でだって目にし、手で触ることもあります。
まだ中学生の今から、お母様が先回りして心配なさる必要はないのでは、と思いました。

ユーザーID:8572855919
嫌なこともやりましょう
ミセス・ピギー
2016年11月21日 17:56

興味を持つよりも世話をするのが好きみたいですね。もしもそうでしたら研究には向いておりません。本当に生き物が好きであれば、その生や死にも客観的に接する訓練をする様に頑張らせてあげて下さい。一つ苦手な事を克服すれば道は開けていきます。

ユーザーID:7748620005
極端な性格を直してあげることが親の務め
そっと
2016年11月21日 18:46

動物の内臓を見たくらいで卒倒する性格を,徐々にで構わないので,直してあげることを考えてあげてください。それが親の務めだと思います。

普段から他の動物の一部を食べたり,人間として生きることは残酷なんです。

やさしく勇気のある大人になれますように。

ユーザーID:1510019253
獣医師
mo
2016年11月21日 23:44

獣医学部へ進学し、専門を鳥にする。なお、ミネソタ大には、ボールドイーグル「アメリカの鷹」を保護、治療する施設があり、獣医学部の生徒を指導しているそうです。留学も頭に入れ、理数系を学ばせましょう。解剖や死は、病や原因を学ぶ一角ですので、そほど心配する必要はないと思います。

ユーザーID:1369052289
それを調べるのは親の仕事じゃない
今もまだ子供
2016年11月22日 1:17

娘さん、中学3年生なんでしょ。
獣医師になりたいかどうか、親が決めることなの?

どんな分野にも専門家はいます。
専門家だからといって、経済的に恵まれた生活ができるわけではないどころか
むしろ、経済的に苦しい生活をしている人のほうが多い、のかもしれませんが
人生の目的は経済的に恵まれた生活を送ることだけではありません。


鳥に興味を持っているわけでもないトピ主さんが
シロウト考えでアドバイスすることは邪魔になると思いますよ。

現代の子供たちはネットを使います
(今はまだ使っていなくても数年のうちにはネットデビューするでしょ)

出来のよい娘さんのようですから
放っておいても自分の知りたい情報をうまく見つけ出して
自分の進路を決めていくことでしょうね。

繰り返しますが、シロウトの門外漢からの的外れなアドバイスは邪魔。
心配性の親からのアドバイスなんて、いちばん聞きたくない。

ユーザーID:8678828004
本人に任せたら?
yuki
2016年11月22日 10:36

成績がトップクラスなら、とりあえず登校可能な範囲で一番いい進学高に行って、それから考えればいいです。

将来を考える授業とやらで中学生の間に何か見つけて、何か決めないといけないような感じになってますけど、今決めなくていいし、今そのための筋道がわからなくてもいいんです。


トピ文だけ読むと、仕事は別にして趣味やボランティアでやればいいのかなとも思うけど、今親がそんなこと言う必要もない。

世の中って、まず世の中を回す仕事があって、それに人が沿っていくもんだと思います。自分のやりたいことと向いていることとその仕事が合えば、もちろんすばらしいことです。でも、そうでなくても社会の一員として生きていけるようなメンタルを育んでいけるように見守るのが親や学校の筋だと思う。

ユーザーID:7764950201
生物を扱うなら死は避けられません。
あらふぃふ
2016年11月22日 12:53

まだ中3です。早くから親が誘導する必要はないと思います。
大学まで行くという事が決まっているならとりあえずは高校生活を楽しむ頑張ることです。

研究者への道のりは狭いです。それで安定して食べていける人はごく一部です。
ですが、それってどんな職業でもあることです。

大学生になって生物を勉強して、そのうえで民間の企業に就職するという人が多いのが普通です。

娘さんに任せてはいかがですか?高校や大学でいい出会いがあるかもしれません。

ユーザーID:8040808046
すみません、ヨコ気味ですが
ごまめ
2016年11月22日 16:23

文学部の心理学科でマウスを扱う研究室はお嬢さんが卒倒するレベルのことをする可能性が
あります。全ての研究室がそうとは言いませんが、ただ餌を求めるマウスに迷路を走らせたり
レバーをつつかせたりして終わるようなものだけでなく、脳の組織まで見たりもするからです。
倫理的哲学的善悪については様々な意見が出るでしょうが、動物を扱う場合「死」のみならず
「殺」にも直面しなければならないことがあります。

そういうことも含めてお嬢さん自身がゆっくり考えていいと思います。
好きなら自分で調べます。親は調べ方のヒントを何食わぬ顔でチョロっと見せるたり
鳥好きなら鳥の生態を見ることができる場所に連れていってみたりするくらいで十分では
ないでしょうか。

ユーザーID:5677852182
トリマーさん(犬の美容師)
まあ
2016年11月22日 18:49

>死に向き合うばかりでなく、気が利かなくてもできる、動物にかかわる仕事

真っ先にトリマーさんを思い浮かべました。うち、毎月世話になってるんで。
ただ成績優秀の子にはもったいないかも。収入はそんなに高くなさそうだし…
結婚や出産、夫の転勤などでも続けやすそうだなぁと思います。

あとドッグトレーナー。
でもこれは虐待などを見ることがあると思うので、精神的にきつそうだな。

間接的なら、猫のトイレや犬用品などを売ってる会社?
ペットショップは精神的にきつそうだから、ペット用品を企画販売してそうなところ…しつけの本とか。

ユーザーID:7921755258
農学部は農学部を受験して合格すればいいのですが
吉四六
2016年11月22日 20:14

>農学部、生物、研究者、どうやってなるのかも不明です。
農学部は大学の農学部を受験して合格すればいいし、
生物というのは大学の理学部生物学科かな?そういうところを受験すればいい、
で、どこの大学がそういう学部を持ってるか、合格するには…等の情報は、高校でお予備校でもくれますが。

動物でも鳥でも死にますね。
死んだら原因究明が必要な事があり、獣医師じゃなくても解剖等の知識は必要でしょう。
ムツゴロウさんは東大理2合格して、理学部動物学科(今の生物学科動物学コースかな)に進み、
卒業後は学研の映像部門で働き、やめて北海道で動物王国を作るわけですが。
どんべえシリーズ読んでると、そりゃもうどんべえ可愛がるわけですが、
最後どんべえが冬眠中に死んじゃったとき、解剖して死因を調べるんですよね。
その時の様子も確り「さよならどんべえ」に描かれてます。
で、気管から藁が一本出てきて、あくびしたときに敷き藁の一本を吸い込んじゃったのが死因だろう、と判明する。
そういう原因究明をやらないと又同じ事やっちゃうからね。
どうしたってそういう知識や技術は生物と接するなら必要で、逃げちゃいけないところかと。

ユーザーID:2817996529
生きている以上、死に関わらない人はいない。
ぐうたら
2016年11月23日 17:56

すみませんが、職業とは関係ない話をしますね。

娘さん、内臓は苦手、死骸も苦手。
普通の中学生はそうなんじゃないですか?

意思や信念さえあれば、そういった苦手は乗り越えられるものだと思いますが、いかがでしょう。

気になるのは、苦手を乗り越える方法ではなく、
「苦手なことを避けるにはどうすればよいか」を問われている点です。

中学生が相談しているのならともかく、社会人である親が、苦手を避ける方法を聞いていること。

好きなことだけして苦手は避けたい……。
主さん自身は苦手なことを全て避けて人生を歩んで来られたのでしょうか?

死なない鳥、内臓のない鳥に関われて、気配りをする努力をしなくてもいい仕事って、
鳥の置物職人さんしか思い付きません。
ただ、置物も買うのは人間ですから
「気配りはできません!」が通るのかどうか疑問です。

そもそも、主さんも私も生物ですからいつか死にます。
鳥に関わりながら鳥の死を避けて通ってよいと教育しているということは、
主さんが病気の時や亡くなったときに、娘さんはそれを避けて通ってもいいということですかね。

ユーザーID:4369805008
 
現在位置は
です