現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

母が亡くなりました 携帯からの書き込み

やすちこ
2016年12月7日 16:33

39歳の男です。
昨日、母が69歳で亡くなりました。
もう30年近く、肺の病気を患い、今年の夏にさらに悪くなり酸素吸入、この時点で長生きはできないと自分や父、母本人もある程度はわかっていたんですが、先週末にひどい肺炎にかかり緊急入院、それからはあっと言う間でした。
自分は一人っ子で結婚して子供もいますが、母に依存してた部分もあったし、母も特に肺が弱ってからは自分をかなり頼ってくれました。住んでるところと実家も割りと近いので、あれもこれもやってほしいと頼まれ、そのときはたまにイヤな顔してやったこともあったし、きつい言葉を発してしまうこともありました。今となってはやれることは進んでやってやればと後悔してます。
あまりに急なのでほんとに死んでしまったのか思ったり、一緒に母が好きなハンバーガーを食べてた思い出とかいろいろ思い出して悲しいです。
とりあえず明日が通夜で、翌日が葬儀なので、ありがとうと感謝して送ろうと思いますが、無力感や悲しみは少しずつ消えていくものでしょうか…経験者の方よければ意見を聞かせてください。

ユーザーID:3200018831  


お気に入り登録数:98
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:23本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
大丈夫です。
ちび
2016年12月7日 17:41

絶対に時間が解決してくれるから大丈夫です。
どうか、トピ主さんには、どうか頑張ってほしいです。

溺れるような悲しみに襲われる時があっても、もがくしかないと私は思います。
だって、お母様がもういないのですよ。
何をしたって寂しいし、悲しみから逃れられるわけがないです。
だから、今は辛いけど、いつか癒されると信じて、ご家族みんなで支え合ってください。
いつかこの悲しみが拠り所になって、トピ主さんを一生支えてくれる筈です。

私は父を亡くして来年で14年目になります。
未だに父に会いたくて仕方がない時があります。
だけど、それで良いと思っています。
また会うまで精一杯生きていこうと思っています。

ユーザーID:6290837783
皆後悔しますよ
pzo
2016年12月7日 17:44

「孝行したい時に親はなし」名言ですよ。

現在は事後処理で忙しくて悲しむ間もないですが

これからの数か月は辛く悲しい日が続きます。

自分を責めるのもこの時期です。

お父さんはもっと辛いと思います。

私はICレコーダーに「順番だからしょうがない」と

録音して寝る前に聞いて休みました。

自分に暗示をかけて納得させるんです。

ユーザーID:0820679697
親孝行したい時には親はなし
紋次郎
2016年12月7日 18:19

親と言うものは、子供にとっていつまでも元気でいるものだと思っています。  しかし、親だって生身の人間だし  ましてや30年近くも前から持病があったのなら尚更の事でしょうね。  いずれは死と言うものと直面する事だとは分かっていても 心は痛むものですよね。  一人っ子だったら尚更辛いものがあると思います。 これからは、貴方をここまで育ててくれた事に感謝の気持ちを忘れずに生きていく事です。 必ずやお母さんは天国から貴方や貴方達家族の幸せを優しく見つめてくれていると思いますよ。 

ユーザーID:1250585817
気持ちが落ち着かれるまでは3か月くらいかかります。
pepe
2016年12月7日 19:56


ご愁傷様です。

私は養父を亡くしたとき22歳でした。
救急車で運ばれそのまま亡くなりました。

その後、救急車の音がするたびおかしくなり
そうでした。

気持ちが落ち着くまでに少しずつ・・・
3ヵ月くらいで落ち着いていきました。


お母様は主様のこと感謝されてると思い
ますよ。
怒ったり泣いたりできるのは親子だから。


私も養父にしてあげなかったこと、今でも
悔やんでますが、もうどうにもならない
ので仏壇を毎日拝んでいます。


主様が少しずつ......元気になられますように。

ユーザーID:8075753966
しばらくはつらいかと
くものす
2016年12月7日 21:59

私は母を亡くしてもう5年以上になりますが、いまだに折に触れ、ああしてあげればよかった、こうすべきだったかも、と思うことがあります。
そのこと自体の後悔の思いの強さは、以前よりは減ってると思いますが、それでも取り返しがつかないことの重みみたいなものは、より強く感じるようになったかもしれません。
母のことも、それ以外のことも含めて、もう取り戻せないんだなというのを、より強く確認してしまうようになったという感じでしょうか。

でも、悲しさ自体は減っていくと思います。
慣れもありますし、楽しかったことを思い出すこともあるので。

トピ主さんのお母様は、トピ主さんが一人っ子ということなら、きっと頼りにもしてらしたでしょうが、それ以上に大事な子とお思いだっただろうと思います。
そういう子が、何かしてくれなかったからといって、恨みに思ったりなさってるはずはありません。もうあの子は、と思いながらも、そんなところもかわいいと思えるのが、親というものでしょう。
トピ主さんのあらゆることが、お母様の希望になっていたことも忘れずにいていただいて、少しでも悲しみが癒えるようお祈りしたいです。

ユーザーID:7498878169
お悔やみ申し上げます。
がうがう
2016年12月7日 22:28

トピ主様。心中お察し致します。
私の父は去年、母は今年、相次いで旅立ちました。
特に母は、主治医に余命宣告されてからあっという間の数ヶ月でした。

寂しいですね。いつかはこんな日が来ると想像はしていましたが、特にトピ主様はまだお若いし、お母様もお若かったし、心中お察し致します。

母が亡くなった後、一度だけ夢に出て来てくれました。物凄く爽やかな顔をして、眩しい表情で笑っていました。もう苦しくないよ、心配しないでと、私に伝えにきてくれたんだと思いました。2人ともいないので寂しいですが、同時に、もう心配掛けないで済む、とも思っています。ホントは雲の上から今でも気に掛けてくれているのかもしれませんが。

いつか温かい気持ちで思い出せる日までがんばりましょう。きっと、今だって見ていてくれますよ。それが母というものと思います。

ユーザーID:1415447250
人は死んだら神様になります。
ふむふむ
2016年12月8日 3:38

亡き母親を思いしのぶ事ができるあなたはいい息子と思います。
得てして、人は生きているうちは相手に対する不満ばかりでなかなかすべてに寛容になるにはあなたはまだ社会経験が未熟ですから、そんなもんでしょう。

お母様はまだこの世の別れをしておりません。
身軽になった自由の身であなたの涙を流す姿、後悔の念を持ち過ごしているあなたの姿を見るにつけ、私の子育ては成功だ、これでやっと親としての責任を果たしたと胸を撫でおろしているところでしょう。

あちらの世界にいかれるまでの一か月ちょっとの間、しっかりお母さんと向き合って心置きなくあちらの世界に送り出してあげましょう。

あなたはこれからしなければならないことが次から次へありますよ。
相続手続きは時間との闘いですから体調管理を十分気を付けて。
あなたには守らなければならない、妻、子供がいますから。
これから母を亡くした焦燥感はどんどんまして行きますが、
あなたの妻、子供がいることでその空虚は徐々に解消します。
あなたの家族を時間を大切な軸にしつつ、亡母をお見送りしてください。

ユーザーID:8311904263
寂しくなりますね…携帯からの書き込み
mina
2016年12月8日 6:56

私も最近母を亡くしました。亡くなった時より今のほうが寂しいし、悲しいです。携帯番号、好きだった食べ物や音楽等々… 本当になんでもっと大事にしなかったんだろうと後悔。弟は私以上にショックを受けています… 本当にいつか この寂しさ、悲しみが無くなる日が来るのかと思いますよね。私達姉弟は送る時に花で一杯にしました。後悔と共に痛みをしばらく感じているしかないのかなぁと思っています。

ユーザーID:1402086813
ご家族を大切になさってください
悩んだヨメ
2016年12月8日 8:53

長い闘病生活を支えてこられ大変でしたね。
私の夫も昨年母を亡くしました。
80代でしたが、とても元気で突然のお別れに
夫はかなり動揺していました。
一周忌頃までかなりイライラしていました。

私は通夜、葬儀、その際は夫の親戚にも
色々気配りしましたし、納骨、一周忌まで
数回の墓参、空き家になった実家の片づけや
掃除…と精いっぱいつとめたつもり
ですが何故か怒られてばかりでした。
夫の両親が健在の頃から、良い関係を築いて
いたつもりでしたが、それも不満に思って
いた事があると言われ…ショックでした。

あの頃夫は母との突然の別れに動揺し、
どうかしていたのだ、と思って忘れようと
していますし、今さら追及していませんが、
やっぱり悲しく衝撃的でした。
夫からもあの時は悪かったとか一言は
ありません。なんで義母の突然の死が
こんなに私を苦しめるのかと恨めしく
さえ思いました。

トピ主さまも今は寂しく悲しいと思い
ますが、今のあなたには家庭があります。
69歳という早いお別れでしたが、
お母様は安心しておられると思います。
どうか奥様、お子様を大切に。それが
一番の供養かと思います。

ユーザーID:2435994048
悲しみでも後悔でもそれは想いがあるということ
2016年12月8日 17:32

いつまでも、いつになっても思い出すと悲しいです。 

でも、そう、「思い出す」というふうになります。

今は悲しみに溢れていますが、月日がたつと、そのように変化していきます。 
普段は忘れているというのとは違うのですが、これがきっと時が癒してくれるということなのでしょう。

母を亡くしてかなりの年月が経ちましたが、いまだに思い出すと涙があふれてきます。
かなり長い期間、わたしは似た後ろ姿を街でみかけると、思わず追いかけるように足早になって、涙がでたりしていました。 
今もその気持ちはありますが、人のいるところでは我慢できます。

後悔されている部分もあるようですが、それは例えどんなによくしていても、誰もが思う気持ちなのです。  
それだけ深く関わっていたということです。

悲しみが癒えなかったり、あのときこうしてあげていればと後悔したりは、それだけお母様を想っているということなので、それでいいのです。 
想ってもらって、お母様はお幸せだとおもいます。

ユーザーID:1822571220
大丈夫
匿名
2016年12月8日 18:10

あなたが頑張った分だけ、お母様を好きだった分だけ悔いが残るのはあたりまえ。
主さんのお母様はもっとあれもこれもしてくれたら、なんて思ってないと思うな。

ユーザーID:6884902791
奥様に感謝を
ふ〜ん
2016年12月8日 18:32

 それを許してくれていた奥様にも感謝。

ユーザーID:0190680836
きっと、大丈夫
吹雪
2016年12月8日 20:07

お悔やみ申し上げます。
45歳女性です。40歳の時に、69歳の父を亡くしました。
トピ主さんとほぼ同じですね。

5年たちました。
うちの父も体の弱い人でした。でも家族のために頑張ってくれて、
体を使う仕事をして、私たちを大学まで出してくれました。
優しく、私たち娘をとてもかわいがってくれました。
でも、何も返せないまま逝ってしまいました。
父の死後いろいろありまして、私も体調を崩し、睡眠導入剤などに
お世話になる時期もありましたが、3年くらいたって少し楽になりました。
もっと長生きさせてあげたかったという気持ちは残っていますが…
トピ主さんも徐々に落ち着くと思いますよ。

一番つらいのはお父様だと思うので、どうかトピ主さん家族が寄り添ってください。
私は誰よりも悲しんでいる母のためにしっかりしなければ、
と気丈にいられた部分があったように思います。

ユーザーID:6210917916
でも、長生きされると
介護人A
2016年12月8日 20:48

>あれもこれもやってほしいと頼まれ、そのときはたまにイヤな顔してやったこともあったし、きつい言>葉を発してしまうこともありました。今となってはやれることは進んでやってやればと後悔してます

いつまでもこの状態は続いてたと思いますよ。
未成年じゃないのですから、親が先に亡くなっても、これでよかったのです。

悩んでいても仕方ない、私はトピ主さんが羨ましい。

ユーザーID:1664799087
母親の死はきつい。携帯からの書き込み
辛いね。
2016年12月8日 22:09

私は7年前でした。

後追いたいくらいでした。

その頃すでに48才でしたが、荒波に放り出された感覚、、。

自分の事、命懸けで守ってくれる人のいない心細さ。

でも、親の死を素直に悲しめる事、親に感謝しなければいけません。

ユーザーID:1881911418
同じ歳です
tomoro
2016年12月8日 23:33

主さんと同じ歳です。この度はご愁傷さまです。

この歳になって思うのは。

親を見送れるってあ幸せなことなんだなってことです。もちろん、まだまだ早いし、もっと長生きしてほしいと思うけど。

この歳くらいで亡くなる方も多いし、子供を亡くす方も多いです。

自分が死んだら、親はつらいだろうし、私の子どもが死んでも、私の親は目も当てられないと思う。

親を見送ることが出来るのはすごく幸せなことだと思います。

しっかり見送ってあげてくださいね。

ユーザーID:3063588006
去年・・・
りゅうママ
2016年12月9日 12:09

40代女です。
去年の12月6日に私も母を亡くしました。77歳でした。70歳をこえてから
悪かった腎臓が機能しなくなり、透析を始めていました。
亡くなる1年以上前から療養病床に入り、何度となく肺炎を起こしていました。
多分、色々なことが重なったのでしょうが亡くなる3週間前に危篤の連絡を受け、
最後の望みで人工呼吸器をつけてもらい一度回復し抜管できたのですが、
12月2日に再度肺が機能しなくなり6日に亡くなりました。
自分のエゴでしかないのですが、人工呼吸器をつけるにあたって鎮静剤が投与
されていたため最後の会話はできませんでしたが、眠っているような顔でした。

今日は12月9日。もう葬儀も終わって、今が一番無気力かもしれません。
不思議な感じがまだまだ続くかと思います。
ただ、日々は必ず過ぎていきます。49日の法要が済むまでは多分気が張って
いるかと思います。
私は1周忌が済んだ今もまだまだ不思議な感じがします。悲しみは時々襲って
来ますが、生きてる者にはやることがたくさんあります。

お母様のご冥福をお祈り申し上げますとともに、トピ主様もお疲れがでませんように。

ユーザーID:4645759852
子供の存在が助けになります。携帯からの書き込み
みきぐま
2016年12月9日 16:00

こんにちは。
私も三年前に母を亡くしました。
いまでも時々母がまだ生きているような錯覚に陥ることがあります。

でも、実際は子供たちがおり、日々の生活もあり、なんとなく時は過ぎていきます。

他のかたもおっしゃっていますが、時間が心を癒してくれると思います。

今は悲しんでいいんです。

ユーザーID:1928782161
まず49日、3ヶ月、1周忌携帯からの書き込み
ピオニー
2016年12月9日 18:13

私も母を病気で亡くしました。看病、介護と自分なりに頑張りました。亡くなって2年経っていません。
周りを見てても、癒されていく過程、時間は人さまざまです。
故人とどれだけ心理的に近く愛情があったかで、時間のかかり方も違うと思います。まず49日でしょうか。死別が信じられずに、地に足がつかない気分で、仕事中もふわふわしていました。電車や仕事中にトイレの中で、そっと泣いていました。
それから3ヶ月、半年、1周忌と徐々にネガティブな気持ちは減っていきました。
寂しさ、悔しさ、後悔、不安、恨み、悲しみなどが渦巻いていました。
時間が、それらを少しずつ薄めていきました。
もちろん、今も会いたいです。
亡くなって知ったのですが、信じられないかもしれませんが、故人の魂はトピ主さんの家族の周りに、まだいますよ。慰めで言っているだけではありません。
魂は不滅であるという事を学んでみてくたさい。
そのような本は、たくさんありますよ。
血だけでなく、お互いに愛情で結ばれていた親子は、肉体がなくなっただけでは縁が切れないのです。
不思議な現象が起きたら、それはお母さまからのメッセージですよ。

ユーザーID:4716058538
悲しみや無力感は増していく携帯からの書き込み
2016年12月9日 21:10

2年前に父を亡くしました。

その時からずっと悲しくて淋しくて心細くて辛い毎日ですよ。

今でも心の空洞は埋まらないし、むしろ父がいないこの2年間、事あるごとに父の偉大さに気づかされて、「こんな時父がいてくれたら」とか「父ならなんて言ってくれただろう」と、もういないことを実感するたび悲しみを覚えます。

これを書いている今も、思い出して悲しくて涙が出てきてしまいます。

親は自分にとっての最大の味方ですから、この世からその頼りの存在がいなくなってしまった悲しみと心細さは、きっといくつになっていても辛いことです。

でも、親自身もそうしてきたように、いつまでもくよくよせず、それを乗り越えて幸せに暮らすことを親は望んでいるはずなので、その父への孝行のために、親からもらった人生を日々精一杯頑張るしかないです。

ユーザーID:1233468289
 
現在位置は
です