現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

ピアノの「基礎」ってなんですか?

合唱が好き
2016年12月15日 12:07

小3の子供がピアノを習っています。

幼稚園年長から小2の終わりまでゆったり教えるタイプの先生につき、
その後、転勤のため、小3から新しい先生に教えていただいています。

この新しい先生についてから、ひょっとして、うちの子は基礎がないの?
と思うようになりました。
なにせ座った時の足の踏んばり方から直されるので(汗)

ピアノをきっちりやりたいのなら基礎が大事だと聞きますが、
私には、そもそも「基礎」が何を指すのかわかりません。

どなたか、素人にも理解できるように解説いただけないでしょうか。

ちなみに教材はバーナム、ピアノのABC、プレインペション、
ブルグミュラーです。
この場合、バーナムとピアノのABCが基礎を訓練するための教材と
考えていいんでしょうか?

ユーザーID:9835027300  


お気に入り登録数:86
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:15本

タイトル 投稿者 更新時間
聞いたことない
ねこむすめ
2016年12月15日 13:38

「座った時に足を踏ん張る」?
このトピを読んで、サイトで検索してみたくらい、聞いたことがありません。
よほど姿勢が悪かったのでしょうか?

私が初めに習った先生は、病的なほど手を「卵を抱える形」にすることにこだわり、
次の先生では腕を鍵盤に水平に固定し、動かさず弾けと言われ(できるか!)
そのまた次の先生ではその二つとも言われず、
音大の先生に至っては何も言わず。
先生によって言われる姿勢の「基礎」はバラバラでしたね。
その都度こっちは混乱しておりました。

ピアノを弾く基本の姿勢は、足が地につくように椅子の高さを調節し、
腕が動きやすいように椅子に座る深さを調節、腕は鍵盤に水平になるよう。
これぐらいではないかと思います。

ユーザーID:9329500877
はあ…
ムジカ
2016年12月15日 15:42

ハノンはやってる?
安川加寿子の緑の大きな教則本はしている?

音階を抜きに上達はありえない。

ユーザーID:0200133100
嫌なものは嫌携帯からの書き込み
習い事
2016年12月15日 16:09

人間、興味がないもの、嫌いな人、嫌なものは嫌です。
さて、ご子息様ですが先生にかなり苛められていると思います。先生のお気持ち、心中は察します。
まず、お子様は音楽、楽器はお好きですか。また、先生の事、好きですか? もしかして本がすきかも知れないし本ならどんな本が好きでしょうか。 私は宇宙や人体が好きでしたので数学、物理、生物は好きでしたし病気の本もたくさん読みました。
また、中学生時代は長渕剛さんが好きでしたのでギターを覚えたり彼の目標だった吉田拓郎さん、そして、ポプコンから中島みゆきさん、ALFEEさん、安全地帯さんの曲を覚えたりしました。
わかりますか、物事、基本は興味を持ち、好きになることです。お子様が本当に好きなら基本だけでなくショパンやバッハ、歌謡曲などできるかもしれませんでしょうし、嫌いならドレミすら解らないかもしれません。
私たち大人でも興味のないこと、嫌いなこと、覚えられますか。 例えば海と釣りが好きな人に宇宙の話して聞きますか、覚えられますか。
お子様の個性を大事にしてあげて下さい。

ユーザーID:8345107752
興味深い質問ですね
わに子
2016年12月15日 16:37

「素人にもわかるように」ピアノの基礎を説明してほしいというのは面白いお題だなあと出てきました。私なりに挑戦してみます。

電子ピアノ等である程度の曲を弾くなら、胡坐をかこうが正座しようが弾けると思います。でもグランドピアノで演奏しようとしたら、全身を使わないとピアノが鳴らせない。鳴らせないどころか下手に頑張ると体を傷めかねない。そのための足の支え方、手や腕、手首、指の使い方を教わるのがまず体の基礎の部分かなと。

もう一つは楽譜の読み方の基礎というのもあります。音の高さや長さがわかる、いわゆる音符が読めるところから始めて、強弱記号や表現のための記号や言葉を理解する。「感情をこめる」というのもある程度のお約束があるので、それもまずは「普通はこうするの」をおぼえるところから。その辺が基礎だと思います。

ただその基礎訓練は普通は継続的に先生に師事し、10年以上位真剣に続けてやっと音大入学レベルなので、お母様が素人ならあまり心配されなくてもよいのではないでしょうか。

素人ピアノ弾きの意見でした。

ユーザーID:1997162645
はて?
無常の風
2016年12月15日 17:57

先生に聞けば、すぐに判るのに…。

ユーザーID:9050109032
何を期待するかによるか
青空
2016年12月15日 18:00

私が習っていた先生はツェルニー40番の半ばくらいまでやって基礎終了って言いました。
小3から習い始めてそう言われたのが高1か2だったと思います。
スタートも遅く優秀な生徒ではなかったのでかなり時間はかかりました。

その先生の基準は大人になっても趣味でこれが弾きたいなと思ったときに
そこそこの難度までの曲を弾ける技術という基準で話していました。
これが音大を目指すとかプロを目指すって話になればまた違うのだと思います。
私は趣味で習っているだけで、それを先生も理解してくれていました。

ユーザーID:5062954681
数年は基礎だけと思いますけど・・・・
ピアノ素人
2016年12月16日 7:58

 ゆったり先生から少し厳しい先生の教室へ小学校入学を機に教室を変更。
手の形、譜読み、リズム打ち、初見で弾くを徹底的に直されました。年中から2年習っていたので親子とも楽観的でいました。特に娘はかなりやさしい曲を手の形からやり直しさせられることに納得がいかなかったようですが先生が辛抱強く飽きないレッスンをしてくれたおかげで小4の現在では初見演奏以外はほぼ問題なくなりました。こどもたちの進度にもよりますが小学校高学年までは基礎曲を徹底的に弾き込みます。

ユーザーID:1274187797
殆ど基礎
なみ
2016年12月18日 2:13

譜面通りにしっかり弾けるようになるまでが
基礎だと思うので、楽譜を読み解く力
譜面を弾く力、曲を理解する感性を身に
つけるまで殆ど基礎、とうちの先生は
言っています。

例えば、よくある子供の癖として
タッチポイントがおかしい、指がまっすぐ
手首がおちている、力入れすぎ、ペダル
踏み過ぎなど、正しい姿勢=基礎が身に付いて
ないとある程度からは演奏が難しくなります。

譜読みができなければ、そもそも演奏
できませんよね。

ですがある程度、ソナタやそれ以降位だと
思いますが、そこまで弾けなくても楽しく
弾きたいだけなら、優しく編曲された曲や
ポピュラーを弾ければ良いので、厳しくして
嫌になるよりゆったりに楽しく教える講師も
多いです。

バーナムにしろ、ブルグなどにしろ
先生の好みやその子の特性、発達具合で
(子供なので手頸が柔らかい、
指の力が無い、指が届かないなど)
使う教材や進度は違ってきて当然だと
思いますし、

どこまでが基礎で、どこからが応用か
線引きするのは難しいですが

弾けなくなるのは、進度によって
身に着けているべき基礎が身について
いないからだとされています。

ユーザーID:8887954162
ピアノ講師です携帯からの書き込み
はな
2016年12月18日 15:35

先生に基礎がない、と言われたのですか?

そもそも小3のお子様は
まだまだ基礎の真っ只中。

私の経験では早い子でも中学生くらいになるまでは
ピアノの音を鳴らせません。

高校生で音大を目指す、または
そのくらいの努力とセンスがある人は
そこそこの音は出せます。

踏ん張り方?
踏ん張る、とはちょっとイメージは違うのかもしれませんが
確かに重心は前のめりな事が多いです。

それは手に力を入れて弾くのではなく
体の体重を指に伝えて、
その重みで強弱を表現するから。

限りなくピアニッシモの時などは
逆に重心は後ろに下がります。

その意味で
踏ん張るとは違いますが、
足の置く場所、かまえなどはとても重要です。

それは基礎、と言うより
弾くための姿勢なので
そこを注意されるのは相当おかしなポーズで今まで弾いてこられたのでしょうか?

はっきりと言えることは
講師もピンキリだと言う事です。

ユーザーID:8864211186
基礎の基礎
娘がピアノ練習中
2016年12月18日 21:03

娘の先生によると、姿勢と呼吸だそうです。

足台は使っていますか?
段ボールでいいから、きちんと高さを調整してあげて下さい。
つい足をクロスさせたり、ブラブラしたりしがちですから。

ユーザーID:9463721899
例えば
ピアノ科卒
2016年12月19日 1:59

語学の基礎をピアノに当てはめると

読む=読譜 
 音符を読めるようになる=ひらがな、カタカナが読めるようになる(基礎の基礎)
 読んだ言葉の意味が分かる=フレーズという塊が理解できる(基礎)
 抑揚をつけて読める=求められている表現を楽譜から読み取る(応用)

書く=譜面を書く
 ト音記号ヘ音記号が書けて、指示された音符が書ければOK

話す=演奏 (電子楽器を除く)
 一番重要な部分です。ピアノを弾く以上、目標は他人に「聞いてもらう」ことです。
朗読を聞くとき、悪声と綺麗な声なら、綺麗な声の方が心地が良いものです。
歌声でも同じ。弦楽器でもギィィ〜キィィ〜という演奏は耳をふさぎたくなります。
ピアノもそうです。
【聞く人に心地が良い音色】
軽視されがちですが、まずはこれ。

負担がかかった身体が奏する音は汚いです。
【体重が無駄なく指先に伝わり、その力を効率よく楽器に伝える。】
その為に座り方、姿勢、手の形等が重要になります。
教材は「体が自由な状態で思い通りの音を出せる練習」ができるものなら、何でも良いのです。

聞く=聴音だけでなく、自分の奏でる音を客観的に判断できる耳を育てる

ユーザーID:8610715297
音楽的要素(リズム・テンポ感、譜読み等)の習得も基礎ですが…
月の光
2016年12月19日 8:17

12歳まで6年間習ったピアノをやめ、20年後に一人でピアノ再開、更にその14年後にもう一度先生について学び始めた者です。
子供時代は器用で、たいていの曲は自分ですぐに仕上げ、先生もほとんど訂正される事がありませんでした。今思えばそこが落とし穴でした。
中年になってまた先生につくチャンスに恵まれ、憧れだった曲(中級程度の有名曲)を弾かせてもらってますが、基礎ができてなく自己流のため、表面上なんとなく弾けてはいても、音にばらつきがあったりして全体として響きが汚い…と感じてます。その時々の体調で、スラスラと美しい音で弾けたり、音がばらばらだったりと安定感がなく、自分でもコントロールが効かずがっくりです。
ピアノって他の楽器に比べ、その音の鍵盤を押しさえすれば正しい音が出るから、結構簡単に曲が弾けたりするんですが、それじゃあ生きた音楽になってないんですよね。本当は、身体全体をいろいろ使い分けて様々な表現の音を作り出さなくてはならない。
そのための身体の使い方(力の入れ方、姿勢、指・手・腕の何処をどう使うか)「ピアノの基礎」を初めにきちんと身につけることが、後々大きな違いとなって出てきますね。

ユーザーID:5005408413
トピ主です
合唱が好き(トピ主)
2016年12月21日 17:25

レスをありがとうございます。月の光様まで拝見しました。

表現が変だったようで申し訳ありません。
座り方は普通だと思いますが、やはり重心が不安定だったのか?
少しくらい押されてもぐらつかないように、と言われまして。

またテンポの早い曲を練習していた時、
「早く弾く練習しないと指が動くようにならないよ?」と言われて
そもそも、そんな練習をしなきゃいけないことを知らなかった(汗)とか。

鍵盤を押す時に、その弾き方だと響きがこもる、と言われて
キーは押せばいいというものじゃなかったのか…とか。

前の先生の時は深く考えずに「弾けた、すごいねー」で済んでいたのが、
今の先生の所では頭も神経もめいっぱい使って弾くようになりました。

が、ひょっとして最初からこの先生についていた生徒さんには
こういうのが当然のように身についているのかな?
こういうのを「基礎」というのかな?と思いまして。

子供は「今の先生のほうが大変だけど、その分面白い」と言っています。
まあ趣味になればいいな、という程度なので、親はあまり気にせず
先生にお任せしようと思います。

ユーザーID:9835027300
そもそも
happy
2017年10月25日 1:13

それは、早く答えを求め過ぎています。
多分無いと思うけど、プロに仕立てるなら、その考えは終わっています。

日本の小学校のテスト勉強じゃないんだから。

ユーザーID:3910966083
どう考えるかで変わる
ふぅこ
2017年11月9日 0:17

一般的に大人になって「ピアノが趣味です」「楽譜見てちょっとピアノ弾けます」って程度なら、主さんが言われる基礎って手の形や足の位置などの姿勢とハノン、音階のような指の運動を兼ねた教本に当たるのかなと。

ただ、「ピアノをきっちりやりたいなら基礎をしっかり」っていう意味ですが、どの教本が・・・というのではなく、姿勢も含めて段階ごとのそれぞれの教本で求められている事(テクニック)を丁寧に一つ一つ身に付けていく事じゃないかなと私は思います。

娘さんの先生、姿勢なども見てくださる先生のようですし、与えられた課題を確実にこなしていけばちゃんと上達されるんじゃないかな。
頑張ってくださいね

ユーザーID:5497827765
 
現在位置は
です