現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

勤務先を変えず仕事を減らした方いませんか

カピバラ
2016年12月17日 10:58

50歳過ぎの女性です。正社員フルタイムから、働き方を変えてシフトチェンジした方のお話を聞かせてください。
大学卒業以来、出産前後を除き、30年近く二社(大企業と零細)で正社員勤務してきました。二社目では、少人数のため屋台骨として業務をまわしてきましたが、最近めっきり体力とやる気減退が著しい。。。子供の学費も目処が立ち、ローン完済すみの自宅リフォームも済み、パートナーのサポートも得て、今後思い切って仕事の責任と時間を減らして、今後は健康に細く長く働き続けたいと考えています。会社には方向性を話し済みで、来年、勤務について具体的に調整することになっています。今後は、心身を癒せる時間を確保することを最優先にしたいので、優先順位はお金より時間です。同じ勤務先で、長年の経験や知識を生かして、勤務量を減らした方がいたら、体験談を聞かせていただきたいです。
例:週3日勤務にした、午前中のみの勤務にした、在宅勤務を取り入れた、、、など。
※仕事量を減らすこと自体へのコメントはご遠慮ください。会社との調整の参考になる体験談、定年後の方のお話でも大歓迎です。
※仕事内容は、海外取引の交渉ごとや調査、翻訳など英文事務が中心でした。

ユーザーID:7703494314  


お気に入り登録数:38
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:15本

タイトル 投稿者 更新時間
色々見ました
すもも
2016年12月18日 5:15

女性が多い会社で働いています。
主に女性ですが色々な働き方を見ました。雇用形態は変わることが多く、
給与も若干下がっているかもしれませんし、そのままの人、増える人もいるかもしれません。
一応専門的な仕事で、誰でもすぐに出来るようになる仕事ではなく、
また人の流動性が激しいため、経験のある人たちの人不足がいつもあるような
状態です。

1. 妊活のために契約社員になった人
2. 配偶者の転勤のために在宅勤務になった人複数、後に普通勤務に。
3. 配偶者の転勤で、週1,2の出社、あとは在宅。
4. 個人事業主、フリーになって主に弊社の仕事を継続。
5. 体調がいまいち、家庭の事情で在宅を取り入れる人。
6. 子育て組の時短。
7. 退職したが、フリーで仕事を請け負ったり、パートで都合の良い時に仕事を
している人たち
8. 退職後の人は、役職が変わってそのままフルタイムの人や、週数回になる人。
9. 配偶者の転勤で数年休職した人もいました

子育てで忙しい私はさっさと仕事して、終われば定時前に帰宅します。
裁量労働制です。皆さん、比較的自由に仕事しています。

ユーザーID:9408910031
他社へ転職
LWB
2016年12月18日 7:50

ご要望通りの回答ではありませんが…。

トピ主さんよりいくらか若いですが、
似たような経済状況、同じような職種で勤務を減らすため転職しました。
パートで勤務時間は半分になりましたが、経験を買っていただき
時間当たりでは同じ条件で転職できて非常に満足しています。
ただ、非常に運が良かったとも思います。

中小企業の場合、形式的に勤務時間は減らせても
業務自体を減らす事がなかなか難しいのではないかと思います。
経営者の方が、勤務時間が減った分の仕事をきちんと他の人に回す気が
あるかどうかにかかっているので、そこをきちんと交渉した方が良いと思います。

ユーザーID:7120078238
部分的に携帯からの書き込み
aqua
2016年12月18日 19:30

部分的に請け負ったり、パートで社員の仕事の一部を任せてもらうなどですかね。

ユーザーID:3252316480
私の場合は
よここ
2016年12月21日 18:13

私は55歳の時、週5のフルタイムでは体力的にきつくなった(立仕事)ため、週4のパートを選択しました。職場は変わりません。本当は有給完全消化、祝日、夏期休暇(5日間)を利用すれば、ほぼ隔週で週4勤務を達成できる計算でした。ただ正社員で病気、子育て以外で有給を取る環境ではなかったので、断念しました。条件は給与は8割、ボーナス、退職金はなしです。でも週の真ん中でリフレッシュすると週の後半まで体力が続きますし、バス旅行や映画の割引、図書館通いや家の中外の雑用する時間もでき、週末も充実し、健康面でもいい感じです。

ユーザーID:3641176533
私自身ではありませんが
なな
2016年12月23日 16:07

私自身の話ではありませんが、以前勤めていた会社にいた方で、医療翻訳(メディカルライティング)や、翻訳も含めたコンサルティングをやっていた方は、家庭の都合で在宅業務に切り替えていました。

ライティングの方は遠方引越しのため完全在宅。ネットやイントラでのやりとりですが、戦力として非常に重宝されていました。
コンサルの方はMTGなどのみ出社という形にしていました。

英文事務が中心なら、職場の理解は必須ですが、ある程度在宅切り替えはできるかと思います。

私自身は、40歳直前まで営業事務として正社員フルタイムで働いていましたが、結婚後夫の転勤により退職。
田舎での再就職はこの年齢からは現実的でなく、家庭の事情からも外で働くのは諦め、趣味だったイラストを仕事にし、扶養範囲内程度にフリーランスで仕事をしています。

できれば稼ぐ額は増やそうとは思っています。不妊治療中なのでお金は必要だし、万一夫に何かあったときに最低限支えられる程度にはなりたいと思っているので。

でも、わずらわしい人間関係もなく、好きなことだけやっていられる今はラッキーだと思うことにしています。

ユーザーID:3326920197
ありがとうございます 参考になります!
カピバラ(トピ主)
2016年12月24日 22:54

皆様、ありがとうございます!エールも42! 
同じように思っている50代の方は多いかもしれませんね。

>すももさん
私の勤務先も事情は似ています。私が最長のベテランですが、入れ替わりが多く、経験者がどんどんやめています。組織を回すことを思えば、現在の管理職を続けるべきなのでしょうが、これから50半ばに向けて健康を保つ自信がないです。辞めた後、個人事業主として必要時に仕事を請け負うスタイルは2〜3前例があります。小さいところなので、交渉次第で融通は利きそうです。

>LWBさん
転職できて本当によかったですね!私も、時間あたり単価を下げずに、管理業務を取り除いたぶん時間を圧縮して、専門分野で細々働いていけたらと思っています。私が第一線から引いたら、一名新人を取る予定ですが、そこを確実にしておかないと、仕事量そのままでは意味がないですね。

>aquaさん
おっしゃる通りです。長くいすぎて、仕事の範囲が広くなりすぎました。仕事の一部を請け負う形で知識を生かしていきたいですね。

>よここさん
字数制限で次に続きます。

ユーザーID:7703494314
続きです。
カピバラ(トピ主)
2016年12月24日 23:14

>よここさん
わかります〜。私も週5がきつくなってきて、昨年体調を崩したのをきっかけに、できるだけ週5フルにならないように、半休や外出を組み合わせてしばらく楽に感じていたのですが、今ではそれでもきつく感じるように。。。
有給は余っているので、利用しながら続けることも考えましたが、仕事への「絶対あきらめない」という気持ちが驚くほどなくなってしまって。
よここさんの働き方いいペースですね。とても良い条件だと感じます。


今まで、仕事7・家庭2・自分1という感じでした。欠員がでれば、仕事8にもなりました。残業はさほどないものの、常に仕事の心配ごとで頭を占領されていて、回りを見る余裕がありませんでした。
2016は、仕事6・家庭2・自分2に無理やり持ってきた感じです。以前の自分からみれば、大変余裕のある配分ですが、それでも気力体力がついていかない。。。2017は、理想を言えば、仕事4・家庭3(老親のケアも含む)・自分3位にしていきたいです。

減収による経済リスクより、職場環境による健康リスクが上回った感じのする50代。。。
引き続き、情報お待ちしております〜!

ユーザーID:7703494314
前例にとらわれないで新しい道を
シングルファーザです
2016年12月26日 19:25

シングルで頑張ってきて子育ても経済面も充実し新しい羅針盤を探しているのでしょうか?私もシングルファーザーとして同じような悩みがあり一般企業では両立できないとおもい、思い切って時間の自由が利く仕事に転職をしました。日本はまだ男社会です。男性にはチャンスを、女性だからこれく当たり前的な職場が多いですね。今後の生活に問題がないのであれば、是非自分の時間を増やして、残された人生を豊かなものにするほうが、生きている実感が得られるのではないでしょうか?ずっと続けてきたことに終止符を打つことは、それはそれは勇気がいることだと思います。しかしときには決断も大事だと思います。パートナーと話し合って、会社と話し合って、最大公約数の中で自分らしさを、五十代って円熟の時ですから、満喫できるライフスタイルに移行することも大事だと思います。つい今まで通りが正しいと考えがちですが、継続は力なり、されど臨機応変に線路を変えていく。鉄道も多くのポイントで進路変更をして運行しています。貴女もポイントをどう切替えるか!人生の岐路ですね、応援していますよ。道は自分で作るもの、結果が出たら再投稿して下さい。楽しみにしています。

ユーザーID:9705960074
トピ主です
カピバラ(トピ主)
2017年1月4日 18:34

こんにちわ。トピ主です。

>ななさん
英文関連のお仕事、参考になります。私の仕事は、いろいろな分野の中で、海外に特化しており、零細なので一人体制の所、昨年、とても優秀な新人が入り、今がギアチェンジするチャンスかと。とても頼りになる新人ですが、経験が浅いため、基幹業務を回すので精いっぱいになると思われ、手が回らない翻訳やコレポンなどをできればよいな思います。 ここ1年で、自分でも呆れるくらい、モチベーションが落ちました。意見のぶつかり合いや海外とのタフな交渉や調整などがしんどく感じています。もっと語学よりの仕事に絞っていけたら在宅も可能だと思います。

>シングルファーザですさん
育児のために、お仕事を変えられたんですね。私は、もう子供が大きく育児負担はほぼ終わっているのですが、それもあってか、がっくりやる気が落ちました。
子供のため、なにより学費のため〜!!というのが、バカ力の源だったのかと、驚いています。子供の力はすごいですね。人の出入りが激しい所の古株を長年やってきて、調整の多さに燃え尽き感もあります。バランスのとれた仕事量に減らす交渉頑張ります!

ユーザーID:7703494314
トピ主 〜中間報告〜
カピバラ(トピ主)
2017年5月27日 9:30

トピ立てからもうすぐ半年。いろいろアドバイスありがとうございました。中間報告させて頂きますね。
いろいろ考えているうちに、法律が変わったこともあり、社保継続されるラインはキープした方が良いかと思い、調整しているのは、週4日、20時間の勤務です。
管理職手当を除く賃金の1/2強でまとまれば良いなと考えています。
週3日勤務ではなく短時間で4日にしたのは、リズムを作りやすいこと、出勤が多い方が会社も助かること、お恥ずかしい話、夕方まで集中力がもたないためベストな状態で働くには5時間程度が交渉や語学がらみの仕事だとベストかと判断したためです。

また結果を報告します。

ユーザーID:7703494314
応援します
マカロン
2017年5月28日 13:49

私は30代の時にフルタイム+残業がきつくなり辞職しました。
決定的な病気ではなかったので休職すら言い出せなくて辞めて1年休んでから地元でパートしています。

60歳までバリバリ働ける人もいますし、辛くても金銭的に働かざるを得ない人もいますが、体力がなくてお金よりも時間を取りたい人もいます。

子供がいれば時短に出来るし、決定的な病気なら休職も出来る。
でも、私の場合は小さい持病が複数といった感じで辛いですが、1つ1つは『それくらいみんなあるよ』程度の持病なので、時短にするどころか時短の人のフォローまでさせられました。

65歳、70歳まで働かないといけない今だからこそ、細く長く働けるような制度が出来ていくといいですよね。

ユーザーID:3197244481
無駄な時間
2017年5月28日 18:32

残業を減らすということで少し状況は違うかもしれませんが、業務量に波があると仕事が無いときに無駄に時間をつぶして効率が悪くなってしまうと思います。

仕事量自体は余裕がある時間帯もあるのですが、納期が短い業務が多く、会社に届くのが午後で他の部門で処理した後に仕事が回ってくるものがあります。翌日午前中に納品のため、業務量が少なくても残業となってしまいます。

逆に一旦仕事が片付くと仕事量が少ない時間帯ができてしまいます。残業になると思いながらも、昼間は二重チェックや雑用のようなことをやって時間を潰さなければいけません。

また、担当が細かく分けられているために片方が忙しく、片方が暇でゆっくりと作業していても業務を分けられないことがあります。忙しい人と暇な人の差が極端なため、専門的な業務なら別ですが、簡単な業務であればマスターして忙しいところを手伝うようにできれば良いと思います。

ユーザーID:9987852337
自分の人生だもの携帯からの書き込み
りり
2017年5月28日 19:57

私は、40才の時に、人生80年と考えたら、今折り返し地点。今まで専門職としてフルパワーで働いてきたから、これからは、ギアチェンジしてのんびり生きよう。と思い今は、5時間勤務の週に3日程度の働き方です。会社へは、本音を言っても通らないと感じたので、今は子育てを中心とした生活をしたいと言ったかな。仕事への色々な価値観、考え方があるので、どれが正しいとか、間違い等はありませんが、私自身は、十分に専門職としてやりきった感があるので、今はこの働き方で満足です。 お金の目処たってるなら、好きな事するのもありかと、思います。

ユーザーID:6297388889
改善する
へー
2017年5月31日 8:08

40代ですが、体が疲れてきています。安易に辞めることも出来ず、退職金の事を考えれば、60歳までフルタイムで働く以外選択はないと考えています。

仕事を減らすと言うよりは、今の仕事で改善出来ることはして、人に任せることはするように出来ませんか?

一つの仕事にどれだけ時間が掛かっているか。8時間でどれくらいの量をこなせるか。それを計算していけば、残業しないである程度は疲れなくて出来ると思います。残業は納期が間に合わない、上司命令以外は絶対にしないと心に決める。

当たり前にしている業務で、無駄がないか調べてください。そうすればもっと仕事が楽になると思います。

ユーザーID:9018390363
中間報告 〜移行期間です〜
カピバラ(トピ主)
2017年9月11日 20:09

皆さま こんにちは。レスありがとうございます。
短時間勤務に完全移行する前に、溜まっていた有給を消化しながら早め帰宅する勤務時間の変更を会社に了承してもらい、1ヶ月経ちました。
ほぼ毎日途切れずに出勤し、帰宅後にメールチェックして様子を見ています。今の所、なんとか回っており、予定ではあと2ヶ月以内には正式に移行したい希望があります。そのためにも、この体勢でうまく職場が回ることを証明する必要があります。
午後は、実家の介護の手伝いや、体を休めたり、家事をしたりと、時間に余裕のある生活になり、いつも追いまくられていた頃より満足度が上がりました。家族やパートナーにも、心配される一方だったのが、こちらが心配する余裕がでてきました。
更年期真っ只中ですが、仕事でプレッシャーを感じる時間が減ったので、まだ完全に手放せてはいませんが、長年お世話になってうる抗不安薬や、抗鬱剤が劇的に減りました。心身ともに健康になった気がしています。もちろん、収入が減る訳ですから、今まで以上に家計管理はしっかりやって、今後に備えています。幸い今までしっかり貯蓄はして来たので、今後は、生活をまかなえるだけの収入が確保できれば、健康優先で行くという基本姿勢は固まりました。もともと贅沢な趣味のない自分には、時間に追いまくられない事が何より贅沢に感じます。短時間勤務で生まれた時間は、今まで負担をかけまくって来た家族とパートナーに使いたいと思っています。

ユーザーID:7703494314
 
現在位置は
です