現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

大学は奨学金を借りてでも行くべきところか

明るい未来
2016年12月21日 4:22

大学の奨学金のニュースを見て感じることです。
少子化のせいで多くの大学は入りやすくなっていますが、何百万の借金をして通うべきところかと思いトピを立てました。
将来の職業に繋がるような勉強や真の教養と呼べる学問を修めるなら意味があると思いますが、バイトやサークルを中心に若い時間を使うのはどうでしょう。

私が考えるのは、かつての工業高校、商業高校、農業高校などをもっと増やし、普通科の定員を減らすことです。
そしてより学びたければその上に大学を作る。高卒で現場で働くのも尊いと思います。
専門性については時代の要請に合わせテクノロジーや料理や美容理容、医療などなどのコースが考えられると思います。
公立でも良心的な私立でもいいと思います。

私が学生の頃は普通科より偏差値が低かったと思うのですが、目的もなく大学に行って志もなく就活でたまたま引っかかった企業に行くより生産的だと思うのですがいかがでしょうか。

ユーザーID:4101885442  


お気に入り登録数:290
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:142本

タイトル 投稿者 更新時間
職業につながっている
くものす
2016年12月21日 10:25

でも現実には、就職に大卒であることが必要あるいは有利である場合が多いので、「将来の職業に繋がる」という点で、やはり大学に行く人はかなりの数になるんじゃないでしょうか。

具体的になりたい職業が早期に決まっているのなら、工業高校や商業高校でもいいでしょうが、中卒の時点でそこまで決められない人が大半だと思います。
そうすると、普通科の高校に行き、より大企業や公務員への道につながりやすい大学へ行くというルートになってくるのは、人の選択としては普通だと思います。

「高卒で現場で働くのも尊い」と言っても、尊さで暮らしが楽になったりはしないですよね。
たとえ大学4年間を遊び暮らしていても、大卒のほうが収入が良く、就職もしやすいという世の中になっていること、現業職の必要性は限られていることなどを勘案して、実際に働く人の待遇面まで考慮しないと、机上の空論になると思います。

実際、私は奨学金と学資ローンで大学に行きましたが、大学に行ったことで職業選択の自由度は大幅に広がったと感じています。

ユーザーID:0458949015
レスします
昔は若かった
2016年12月21日 10:32

私も勉強したい人だけ行けばいいと思う。。。

ユーザーID:0980575146
反対です
KM
2016年12月21日 10:33

高校入試を考えれば14,15歳くらいである意味人生の決断をする訳ですね。
そんなことができる子がいったいどのくらいいるのでしょうか?
工業高校や商業高校が減っていくのも少子化だけが原因なのでしょうか?

大学は勉強するところですが勉強だけするところでもないと思います。

ところでトピ主さんって大卒ですか?
大学時代にバイトとサークル活動しかしてなかったんですか?

ユーザーID:3664717629
矛盾
ソニック
2016年12月21日 10:34

将来の職業に繋がるような勉強や真の教養と呼べる学問を修めるなら意味があると思いますが、バイトやサークルを中心に若い時間を使うのはどうでしょう。

それは、奨学金や大学云々に関係なく全ての学び舎において言えることです
トピ主の提案してる学びの形態も、本人次第って気付いてます?

ユーザーID:3731230614
それは生涯賃金を言う人がいるから
ユリ☆トル
2016年12月21日 10:37

求人も大卒以上から間口が広がる。
高卒と大卒とでは生涯賃金が違う。
結婚相手に大卒以上を言う人がやたら多い。
負の連鎖を断ち切るには、学歴しかないと信じている。

>専門性については時代の要請に合わせテクノロジーや料理や美容理容、医療〜

私の考えは、どんどん技術系の仕事は機械に奪われていくと考えています。
これからは無人化で出来る仕事も増えますので、工業・商業・農業の分野は極めて高い頭脳分野になって行くことでしょう。
そうすると高い専門性を勉強する、大学となってしまうのではないでしょうか?

ユーザーID:3772118016
来る学生がこなかったら学校はつぶれる
日本のかーあちゃん
2016年12月21日 10:43

いくら農業高校や工業高校をつくっても、学生がこなければね。。。

そういう世間にしてしまったのは 現在の親世代です。

私も奨学金を何百万も受けてまで 大学に行く必要はないと思います。

ユーザーID:8104878626
将来的に。
匿名
2016年12月21日 10:48

職に
つきやすくなるので、大学を出ている方が
いいと思いますが・・・。

私は
行けそうな大学であれば、
借りてでも行くべきだと思います。

ユーザーID:5468397262
他人事だからって好き勝手言いやがって携帯からの書き込み
名無し
2016年12月21日 10:48

貴方がそう思うならそうなんじゃないですか。
貴方の考えは正しい!ご立派!

―――――――終了―――――――

ユーザーID:0907035112
奨学金について
kei
2016年12月21日 10:59

私は貧しい家で生まれ育ちました。
家が貧しいと分かっていましたので、私立大学は無理だという事も分かっていて、でも親のような貧しくてみじめな生活は嫌でした。
親は「女に学問はいらない」と言いましたが、一生懸命勉強して奨学金を借りて国立大へ進学、就職後4年で全額返済しました。

私から見ると、先の事を考えず漫然と過ごして、いざという時にお金のかかる私立にしか行く学力がない、またはお金もないのに私立へ行きたいと希望し、大学では遊び呆け、就職出来ない、出来ても稼ぎが少ない、結果奨学金が返せない、あれは奨学金なんかじゃない、ローンだ、制度が悪い、日本が悪い、と文句を言うのは何なんだと思います。借りる前に分かっていた事でしょう、と。

人間は平等ではありません。
お金がないなら人より勉強する、技術を身に着ける。
努力もせずに「不公平だ」と叫ぶ人はのんきだなと思います。

ユーザーID:8572856108
どうなんでしょうね
mac
2016年12月21日 11:15

「何百万の借金をして通うのが無駄かどうか」を決めるのは本人次第では?
日本の将来の生産性、そして国立大に通うのに無駄に過ごすのは(税金の観点から)どうなのか…
というような論点で見たらトピ主さんのおっしゃることは理解できますが
個人の観点から見た時は「バイトやサークルに使う時間」が無駄だとは断言できません。
学生時代だけは好きなことをして過ごせた…とその後の人生にいい思い出と感じる人だって
いるだろうし、バイトやサークルでの出会いが人生を変えたってこともあるでしょう。
もちろん学生の本分は勉強ですからバイト等が中心になるというのはいただけませんが
勉強や働くだけが人生ではないと思います。

自ら学びたい人はどこにいたって勉強するし、しない人はしませんよ。
普通科の定員を減らして専門的な学校を増やしたとしても
本気でその専門性を学びたいと思う人が増えなければ同じ事だと思います。
たった15歳やそこらの時点で自分が将来何になりたいか決まってる子の方が稀でしょう。
専門的な高校へ適当に行くという子が増えたら結局は身にならないんじゃないですか?

ユーザーID:8910575851
ドイツのような大学進学資格試験があればいいと思います
2016年12月21日 11:31

確かに、学力も明確な希望進路もないまま、大学進学をする人が一定数います。

せめてそういう人は自己資金で行くならまだしも、そんな人に限って家庭の意識も低いため、
親による教育資金の準備も十分でない事から安易に奨学金を借りて、
結局学力不足から就職も決まらず、結果的に借りたものが返せず…という悪循環に陥っているのが現状です。

また、タチの悪い事に、そういう学生に限って被害者意識丸出しで「給付型奨学金を!!」などと声を上げるのですから、余計に始末が悪いのです。
本当に優秀で、かつ貧しい学生であるなら奨学金も意味があるのですが、上のような人の方が多いのではと思っています。
元々優秀な学生であれば、就職も概ね叶っているはずですから、返済が出来ないというような事態にはなりにくいはず。

ということは、借りたまま返さないというケースは、そもそも進学する資格もなかった場合が多いのです。
こういう学生を淘汰するためにも、タイトルのような進学資格試験を設け、それに合格した者だけが本当の意味での大学教育を受けられるようにして欲しいですね。

ユーザーID:2140066192
博士号が人生を変えました。
全共闘世代
2016年12月21日 11:35

40年以上前です。私は高大院を日本育英会の貸与奨学金とアルバイトで修了し、工学博士の学位を取得しました。私の世代は皆貧しく、大学のみならず高校も奨学金を利用する者も多数いました。

日本育英会の存在を教えてくれた当時の担任に今でも感謝しています。もし、中卒で就職していたらどんな人生を送ったことでしょう。奨学金が貧しさから救い上げてくれたと思っています。

3人の息子がいます。彼らも日本学生支援機構の貸与奨学金を利用し、長男(非東大)は修士(工学)、次男(非東大)は学士(美術)、三男(東大)は博士(数理科学)の学位を取得しました。

彼らは自動車メーカー(開発エンジニア)、出版社(ブックデザイナー)、メガバンク(クオンツ)で働き、稼いでいます。彼らの収入はかなり良いですよ。

私は"大学は奨学金を借りてでも行くべきところ"だと思います。私自身大学から様々な恩恵を受けました。学位と専門知識のお陰で、有意義なサラリーマン生活を送れました。年金生活の身ですが、幸せです。

大学は優秀な教授の下で、優秀な学生と切磋琢磨する空間です。青春時代を過ごす素晴らしい空間です。奨学金に感謝しています。

ユーザーID:0250097701
トピ主さんが思うような大学生ばかりじゃない
あなたにビックリ!
2016年12月21日 11:47

それに生涯所得を考えれば
学費分を差し引いても
一般的には大卒のほうが高くなりますが。

ユーザーID:7218680504
・・・おいくつの方なのかしら?
豆ちゃん
2016年12月21日 11:48

奨学金を借りてでも 若い時間を使いたい・・・そう思っているのでしょうね。 あなたが知っている大学生たちは。 本人が良いと思うのならばそれで良いのでは?って思いますよ。 少子化のせいで大学が入りやすい・・・まぁ入りやすい大学もあるのでしょうね。

普通科を減らす・・・なぜ??? 中学で将来につながることを見いだせってことですか? 偏差値などの理由で 仕方なく商業科などへ進学するお子さんを
何人か知っていますが 結局はなんの資格も習得せず それこそ少子化の恩恵で
入れる大学へ入られましたよ。
ある商業科では10クラス中1クラスのみ就職希望で その後は大学や専門学校・・・それこそ 商業科に在籍したことを生かせない進路を選んだ子も
多いと 聞きました( 商業科の生徒さんから・・ )

公立や良心的な私立・・・って 結局国や地方がお金を出して よくわからない進路のために 安易な道を用意しろって事でしょうか?
それならば 自分自身で借金背負ってでも 望む進路に進むって事と
大差ないのでは? 自分で決めた道に自分で費用を出すのですから その方が
皆納得できるのでは?

ユーザーID:8404701000
大学よいとこ一度はおいで・・・
浪人してでも大学受験
2016年12月21日 12:19

目的は手段を探すことなんでしょう。特に取り得もなくて、良い就職口にでもあり付く望みの為には、大学進学はもってこいですよ。そんな考えのなかでは、奨学金でも借りて参加したいと思いませんか。

専修高校も専門学校も学部学科の現状も、その時々のニーズの結果だと思います。目的も志も有ったのでしょうか、法科大学校なんか一時は繁盛してたようですね。良くも悪くも、その時の制度に操られるのは仕方ないと思います。

ユーザーID:3833708426
私の考えですが・・
メーテル
2016年12月21日 12:42

大学の価値は、ひとそれぞれですね。

奨学金で借金をしても、学ぶことでより豊かな未来を得ることができれば、それはいいと思います。価値がありますね。

専門性もそうですが、一般教養としても決して無駄な時間とは思いません。

ある程度上から来るものを受ける高校までの教育から、自ら学んでゆく大学の4年間は意義があると思いますよ。

社会人となる前に、自由に学び、考える4年間は、人格の豊かさを育むうえでも重要だと思います。
学歴で差別するつもりはまったくないですが、大卒の人の方が幅があるという気はしています。

バイトやサークルで明け暮れる人も、それはそれで、得られるものがあるのではないかな?

専門的な学部(特に理系)はおいといて、文系の学部は直接将来の仕事の役に立つということが少ないと思いますが、決して無駄な時間だとは思いません。

ユーザーID:3167948927
経済活性化のため携帯からの書き込み
傀儡課長
2016年12月21日 12:43

金を使わせる方向に

世の中は誘導されている。

ユーザーID:7796870782
根本を間違えている
おやじ
2016年12月21日 12:46

根本を間違えているとしか思えません。

>少子化のせいで多くの大学は入りやすくなっていますが、何百万の借金をして通うべきところかと思いトピを立てました。

何百万の金くらい、長い人生の中では何ほどの事もありません。

そんな金を惜しんで、大学進学を断念するのは大きな損失です。

高校生にとっては、何百万はとほうもない大金に感じるでしょうから、そう言って大人が背中を押してあげるくらいでなければいけないと、私は思います。

>私が考えるのは、かつての工業高校、商業高校、農業高校などをもっと増やし、普通科の定員を減らすことです。

実務は、もちろん大切です。

でも、理念的なこと、抽象的なこと、基本的なことはもっと大切です。

ノーベル賞の受賞者が、異口同音に、「基礎研究に資金をもっと出して欲しい。」と訴えるのが何よりの証拠です。

実務的なことは、社会に出て訓練を積めば良いのです。

失礼ですが、トピ主さん自身が学問的な事をされたことがないのではないですか?

啓発的なものでもいいですから、学術書をよんでみられたら如何でしょうか。

ユーザーID:4970042370
無責任です。
おやじ
2016年12月21日 12:59

>高卒で現場で働くのも尊いと思います。

とても無責任な言い方だと思います。

本人が希望するのであれば、無理に大学進学を進める必要もないでしょう。

大学は遠回りだから、高校卒業したらプロ野球に入るとかの事もあるでしょう。

でも、基本的には、大学進学すべきで、本人が迷っているのであれば、周りの大人が進めるべきでしょう。

そのうち、大学院進学が50%を超える時代が来るでしょうし、それが、文明史の必然だと思います。

>目的もなく大学に行って志もなく就活でたまたま引っかかった企業に行くより生産的だと思うのですがいかがでしょうか。

トピ主さんの「生産的」の捉え方は、とても狭いように感じます。

ニュートンの運動方程式の発見がなければ、人類が月へ降り立つ事は無かったでしょう。

トピ主さんは、ニュートンが農作業をすべきであったと思いますか?

もちろん、後半生がそうであっても、良いと思いますが、物理学を学びたいと思う限りは、それができても良いと私は思います。

ユーザーID:4970042370
大学を減らす
ガーベラ
2016年12月21日 13:15

いくら商業高校、工業高校を増やしても人々の中に「普通科から大学へ行きたい」という気持ちがある限り無理では?

単純に、偏差値の低い、専門性の低い定員割れするような大学をなくしてしまえばいいと思いますよ。
誰でもかれでも大学へ行けると思うからみんな普通科に行くんでしょう。
大学進学はある程度の成績でないと無理、となるとあきらめて別の道を探すのではないでしょうか。

今奨学金と言われているのはほとんどが「奨学ローン」です。卒業後もろくな職に就けないような三流、それ以下の大学の学生に貸して返済できるんでしょうか。
ある程度の将来が見込める一流から二流の大学が限界ではないでしょうか。
親が低学歴の場合、子が大卒というのに憧れるパターンもありますよ。大学さえ出ればいい職に就けると今でも思ってるんでしょうね。

私はわが子が三流の大学しか行けない状態で、ローンを組むと言ったら反対します。ただし、それなりの大学に行くのなら全額学費は負担してやります。
それが親の務めと思っています。

ユーザーID:0166490685
 
現在位置は
です