現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

これから夫婦別姓をお考えの方へ

エールブラン
2017年1月25日 21:40

約10年前、私が結婚を考えた時、恥ずかしながら事実婚という選択肢を知りませんでした。
仕事の上で旧姓という形でこれまでの姓が使えるなら、書類上は波風たてない方向で良いと考え夫の氏を戸籍姓としました。
私の職業柄、国家資格の記載上も旧姓・通称の使用が認められており、雇用されている状態では私生活でしか戸籍姓を意識することはありませんでした。

しかし独立して自分が事業主になると、仕事の上でも戸籍姓が絡むようになりました。戸籍姓を公私の区別として気持ちの上で割り切っていた私生活の部分が仕事の場に露出してくるようで大変不快になり、気持ちの整理がつかなくなったため、法律婚をやめ事実婚にしました。

具体的には私の場合、婚姻時に夫の姓で新戸籍を作り夫と私、子供が入っていたので、離婚届を提出し、私が婚姻前の姓で新しい戸籍を作りました。それだけだと世帯主でない妻または夫の住民票の続柄が「同居人」となるため「妻(未届)」(または「夫(未届)」)に改めてもらいました。
その上で、再度婚姻届を夫婦の氏をどちらか一方の選択にせず提出し、戸籍法48条の不受理の証明を請求し、婚姻の意思はあるが、姓をどちらか一方に選択しないため受理されないということを明確にしました。

書類上のことより実質だと思ってスタートした約10年の結婚生活で、紙の上の事でかなり煩わしい思いをしたため、このような形をとりました。
別姓を目的とした事実婚にもいろいろな形があると思いますが、どなたかの参考になればという思いと、私自身もまだいろいろと思うことがあるので、他の事実婚の形や、他にとられている夫婦別姓の形があればご意見いただけたらと思います。

ユーザーID:8909625150  


お気に入り登録数:148
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:185本

タイトル 投稿者 更新時間
あまり参考にならない
アスペン
2017年1月26日 0:11

こんなめんどくさいことをして、どんなメリットがあるのか
もう少し具体的に詳しく説明してもらえますか?

ユーザーID:6493615297
事実婚の場合、法的な夫婦と違ってくる点を教えてください。
未来
2017年1月26日 3:35

エールブラン様は、法律婚と事実婚の、両方を体験されているので、比較もできますし、大変貴重なお話をうかがえます。

私の友人・知人・周囲には、事実婚をしている人がいませんので、現実的なことがよく分かりません。

なので、エールブラン様のトピは大変貴重です。

トピ文を読んだだけでも、色々なことを考えさせられました。

よろしければ、

事実婚にすると、現実的・具体的に、どういう点が法律婚と違ってくるかを、更に、お聞かせいただけると助かります。

別姓にしたくて、事実婚も念頭にあるけど、具体的にどういうことが違うのかがよく分からないために、踏み出せない人もいると思います。

なので、多くの方の参考にもなると思います。

このトピで、エールブラン様のお話と、これから出てくるレスを、大変、注目しています。

トピ立て、ありがとうございます。

ユーザーID:6261552808
私も事実婚
かえるの友
2017年1月26日 7:49

私も事実婚状態ですが、事実婚が通常の結婚と同等に扱われる国に在住しているため、トピ主様が経験したであろう日本で事実婚でいることの難しさはまだ未経験です。なので、トピ主様の事実婚の形については興味深く読ませていただきました。

単に興味本位の質問なのですが、以下の手続きを踏んでおく理由はなんですか。差し支えなければ教えてください。

「再度婚姻届を夫婦の氏をどちらか一方の選択にせず提出し、戸籍法48条の不受理の証明を請求し、婚姻の意思はあるが、姓をどちらか一方に選択しないため受理されないということを明確にしました」

ユーザーID:7000987093
考え方はさまざまですね
みみ
2017年1月26日 9:59

私は配偶者が外国人で、その国の法律で結婚したので、
日本で婚姻届を出すときも特に名を変えずに(つまり旧姓のままで)済みました。
煩雑な書類手続きなどもなくラッキーと思っていましたが
子どももいず、事実婚がさかんだと思われている国の人だということもあるのか
(最近当地でも結婚がまた増えてきてますが)
日本だと異なる苗字が郵便受けに並んでいるのは
単なる刹那的なだらしない関係(同棲)と思われているようでちょっと嫌です。
当地ですと、別姓が並んでいるのは普通なのですが…
そういうとき、夫の姓を名乗る機会がたまに持てるとよかったかなと思いますが
日本だといちいち名前だけで夫が外国人だとわかるのがいやなので
しょうがないと思っています。
トピ主さんみたいに、名前のためにわざわざ離婚してまで…って、
日本のように戸籍重視の国では、逆に変な誤解を呼んだりしませんか?
お子さんに影響はないのかしら?

ユーザーID:7855720888
出張で必要なパスポートの問題
村すずめ
2017年1月26日 10:40

私も結婚5年目で法律婚から事実婚にしました。子供は3人います。

もともと職場は通称姓を推奨しておらず、今でも、職場内の公式書類は「全て戸籍姓」。対顧客のネーム・プレートだけは旧姓ですが、通称姓宛てにかかった電話に「そのような社員はおりません」と言われたこともありました。通称姓の使用は仕事上重要ですが、社内的には迷惑がられていました。

そこへ5年前、海外駐在の話があり、もう耐えられなくなりました。海外出張の時にも、パスポートとビザ取得に必要な招聘状などの氏名の齟齬で度々不便を感じていたのですが、3年の駐在を考えるとこんなに苦労してまで同姓を名乗る意味はないな、と。海外駐在に帯同する子供達3人(未就学)も、海外での就学手続きやビザの取得の観点から、自分の姓に統一しました。夫も、初めから事実婚の方がよかったねと言っています。

自分たちは日本で生涯を終えるかもしれませんが、子供達はどこで働くかどの国で結婚するのかわからないわけです。同姓・別姓の議論なんかよりも、個人としてベストな形で生きる環境・働く環境を整えなくてはならないと思います。

ユーザーID:7201648841
教えてください。
こうじ
2017年1月26日 10:54

興味で聞いてしまって申し訳ありませんが、教えてください。

年賀状や、配達物はどうされているのですか?

ユーザーID:6269047528
子供が居るなら別姓夫婦はアウト
準教授
2017年1月26日 11:13

大学で教育学の研究をしつつ、教員もしている者です。

日本の教育学の分野では、夫婦別姓による子供が受ける悪影響および不利益を考えると、
日本古来の習慣法が成文化した民法に則って、倫理的にも問題が生じにくい形できちんと
した夫婦になることが望ましい、という判断をする方が大勢を占めています。

法学者は左派の方が多いですから事情は違いますが、教育畑では保守的な方が多いことと
あくまで子供の受ける不利益を極小化する観点および健全な心身の発達のためのメンタル面
での安定について重視しますから、当然といえば当然の結果です。

婚姻そのものに対する考え方や婚姻形態の選択権の自由、といった成人に対する権利の部分と、
実際の社会生活における倫理的課題や法律との不整合などの観点からみれば、議論が拡散
しますし、あくまで「選択の自由は成人にあり」とする考え方には同意します。
しかし、上記の子供への悪影響は、夫婦別姓が法制化され運用されている先進国にあっても
明確に社会問題となっていることから「子供が絡む場合は別姓は避けるべき」という考え方が
一般的です。

以上ご参考になればと思います。

ユーザーID:7078315338
事実婚にしてから
エールブラン(トピ主)
2017年1月26日 22:36

実際に事実婚に踏み切るまで、かなり悩み時間をかけて調べました。その上で事実婚に切り替えた今、自身の名前が常にそう呼ばれたい名前で呼ばれることに本当にすっきりと晴れやかな気持ちです。
旧姓と戸籍姓のダブルネームは私にとってはとても負担だったことが実感としてよくわかります。

どう呼ばれるかという名前や肩書きなどは人として多いに影響があると私は思っています。
日本人の場合は姓で呼ばれることも多く、自分自身がどうありたいかという呼び名の姓との繋がりは無視できない大きさだと思います。

選択的夫婦別氏制度の法案成立を長らく待ち望んでいる方は、もう20年以上というスパンのようです。法案の成立を待つだけではなく、今できることとして、二人が夫・妻となる結婚には、従来の姓を同じとする一つの戸籍に全員入る方法と、夫妻がそれぞれの戸籍を持ち別姓とする方法の二通りあると、両者に正式だとか結婚に対する気持ちの優劣はないと皆さん自身が考えていく方向でも良いのではないかと思っています。

ユーザーID:8909625150
私も事実婚を知りませんでした
トラちゃん
2017年1月26日 22:38

知ってても今と同じ法律婚を選んだかもしれません。
どちらかの姓にするのは知ってましたが、自分の姓に拘りは無かったので夫姓にしました。

改姓の時、うっかり資格類を変更し忘れるというヘマをしました。
免許類は変えたのですが。
あと、実印もフルネームじゃなく、最初から『名』で作れば良かったと後悔。
これから実印を作る女性の方には、『名』の実印をお勧めします。
ただ、起業家や役職者はフルネームにされる方もみえるみたいですが。

家庭では名しか使わないので、仕事場や社会からの識別子としての氏が重要なのは、
キャリアが長くなってからじわじわ実感しました。
自分が不便だけなら我慢するしかないですが、時に相手方に手間を掛けてしまうと心苦しかったりします。

私が結婚した頃より、今のほうが個人情報の管理が厳しいので、
当時より改姓が面倒になっていると思います。
今のタイミングで結婚して改姓が必要なら…事実婚も視野に入れて検討するかもしれないです。
未来形でなく、過去形な意見ですみません。

ユーザーID:3086976278
あなたのような人がいてうれしい!
匿名
2017年1月27日 6:43

世の中の決まりごとだからと配偶者を戸籍筆頭主にして夫の姓を名乗り、なんだかおかしいと感じながらもそのまま40年が立ちました。最近気がつきました。皆がそうしていたとしてもおかしいことはおかしいのです。選択性夫婦別姓を応援したいし自らのこれからの生涯を注いだとしても悔いはないと。結婚しようとしまいと、私に変わりはないということみんなで考えて行きたいです。あなたの生き方に心からエールを送ります。

ユーザーID:4273278724
結婚の本質
呑龍
2017年1月27日 12:57

>書類上のことより実質だと思ってスタートした

↑こんな考えの人は多いかもしれない。
実質的なものが大切で、書類上のことは 瑣末で形式的に過ぎない、、と。

果たして 本当だろうか?
そもそも 夫婦の目的は何か?

家庭を持ち 子供を育て、将来を担う次世代を育成することでしょ。

であれば 公的に承認された 書類上の夫婦になっておくことが、
子供の将来のためにも 有利であることは 明白だ。

トピ主さんは、自分の状況しか見ていない。
所帯を持つことは、次世代の育成であることを 忘れている。

ユーザーID:2694838488
苗字にこだわる気持ちすっごく分かります
みちょ
2017年1月28日 18:46

夫婦別姓が認められれば、トピ主さんのような煩雑な手続きもなくなるのに……と思います。
私たちは、もう夫婦にならないことにしました。別戸籍のまま、夫婦同然の恋人関係です。相手になにかあったときは家族を通して連絡するという約束つきで。
名乗りたい苗字を名乗るのが一番ですよね。

ユーザーID:7190706865
ご意見いただいた皆様へ1
エールブラン(トピ主)
2017年1月29日 0:59

数ある中から貴重なご意見をありがとうございます。
個別のご返答としないことをどうぞお許し下さい。

法律婚と事実婚の違いについて私の立場からの実感をお話しします。
第一に、どちらであっても夫婦という二人で家族の形をつくることにはお互いの歩み寄りが必然で、法律によって左右されるものではないと感じます。

その上で違うことは、税金面と子供の親権です。収入が少なく配偶者控除を受けたい方にはそれが受けられず、互いの財産や実家から相続する財産が多い方にとっては配偶者としての相続権がないため税金を多く支払う傾向にあります。また子供の親権は現在の日本では共同親権が認められていないためどちらか一方が記載上の親権を持つことになります。

私自身は、税金で育児面のお世話になり、子供の教育面で現在お世話になっている身でもあるので、税金の使われ方についての議論には参加したいけれど、一円でも安い方が良いという考え方にはいません。そして惜しむほど多額の財産も所有していません。(続きます)

ユーザーID:8909625150
ご意見いただいた皆様へ2
エールブラン2(トピ主)
2017年1月29日 1:04

(続きです)
最初から事実婚でスタートし子供が生まれた場合、出産後最初に子供が入る戸籍は母親のもの、親権は母親となります。それを父親の戸籍への移転等は可能です。事実婚だからという不利を実感することはありませんが、記載の上でも子供の親権は共同親権が早く認められたら良いと思います。実生活で親権についての不都合は今までにはありません。

これ程負担なく事実婚に以降できるのは、これまでの諸先輩方々の努力のおかげだと思います。婚姻届で姓を一方に選ばないことでの不受理申請は、先輩方々に倣い、二人が同等の意志で家族を作る形の結婚を認めて欲しいという一つの意志表明と、別姓以外に婚姻の意思に違いはないという証明のためです。実生活ではこの証明書より住民票の夫妻表記の方が使用効果があります。

子供への影響については私も熟慮したことなのでまた改めてレス致します。
パスポートについては、両姓並記でどちらの姓でも使用できる状態でしたが、国内生活の比重が多い私には、一方で認められ一方で認められないダブルネーム自体が負担になってしまいました。こちらもまた別に改めます。

ユーザーID:8909625150
ここは別姓の現実的な形を話し合うトピ。別姓批判のご意見は不要
未来
2017年1月29日 13:25

別姓の現実的な形を話し合う貴重なトピなのに
別姓と言えば、何でも反対して封殺したい人達がいて困る。

現実の別姓がどうなっているかという問題は非常に重要なこと。

ここは、別姓の具体的なことについて話すトピ。

別姓が良いか同姓が良いかを論ずるトピではない。

事実婚や別姓について、真剣に考えたい人がレスする場所です。

読者が
落ち着いて【別姓】や【事実婚における別姓】について考えられるような、現実の実(じつ)のあるご意見をお出しください。

騒々しく、別姓と同姓との比較や、同姓賛美の議論に持ち込むのはご遠慮ください。自粛を。

【真摯に】
【現実の別姓について】考えるご意見をお願いします。

事実婚について、また現実の別姓について、真剣に読んだりレスする人も多いでしょう。

事実婚を視野に入れている方や、事実婚で他の方の話を聞きたい人や外国籍の方の話も双方向で参考になる。

主さんの以下の趣旨に沿ったレスを。

>他の事実婚の形や、他にとられている夫婦別姓の形があればご意見いただけたらと思います。

ユーザーID:6406553856
夫婦別姓が認められている国で、子どもがいれば避けるべき?
准教授
2017年1月29日 16:27

私の知る限り、教育関係の研究者の方はどちらかといえば「福祉的」です。

夫婦別姓について意見をいう人があるとしても、
どのような子どもであれ(親が不法滞在者、非嫡出子、離婚等で片親、貧困等)
等しく教育を受ける権利が保障される制度が前提だと考えており、「準」教授
様のような雑駁な主張は、一度も目にしたことがありません。

>夫婦別姓が法制化され運用されている先進国にあっても
>明確に社会問題となっていることから「子供が絡む場合は別姓は避けるべき」
これに至っては、一般化して自信を持って主張できる理由が解せません。

ご存じのように、夫の姓・妻の姓を連結する国、共通の姓を指定する国、
結婚後も従来の姓を維持する国など様々な先進国があるわけですが、その中で
「子どもがいる場合には「別姓にすべきではない」とする先進国とはどこですか?

制度としては夫婦別姓だが、子どもがいる場合には同姓に統一すべき、と、
誰が誰に向かって規定しているのか、呼びかけているのか、主張しているのか?
統計的に別姓と子どもへの悪影響が棄却できていないとする論文は?

ユーザーID:6411070493
教えてください その2
素朴な疑問他意はない
2017年1月30日 6:03

>>独立して自分が事業主になると、仕事の上でも戸籍姓が絡むようになりました。戸籍姓を公私の区別として気持ちの上で割り切っていた私生活の部分が仕事の場に露出してくるようで大変不快になり、気持ちの整理がつかなくなった

独立前、そして結婚前。戸籍姓と職場姓が同じだったと思うのですが、公私の区別がつかず、さぞ不快でしたか?

学生時代、集合的な学究という公の場と、プライベートでの姓が同じだったとおもうのですが、公私の区別がつかず、さぞ不快でしたでしょうね?

ユーザーID:9706226240
問題をすり替えている
夫婦同姓を守る社会
2017年1月30日 10:01

雇用されていようが事業主になろうが、その都度自分が従わなければならない選択をしなければなりません。
それは制度が悪いのではなく、独立する場合どういう状況になるのかを知った上で行動するのが個人の責任です。
分かりやすく言えば、年金があります。
会社員だった人は第三号に加入していますが、会社を辞めたのであれば第一号に該当します。
なんで?と疑問に思うのではなく、大人の義務として順守すべき当たり前のことなのは言うまでもないでしょう。

事業主になって雇用者と違うのは当たり前で、独立の道を選んだ自己責任です。
今回のケースは姓に拘りがあるのに、安易に独立してしまった己を悔むだけの問題でしょう。

ユーザーID:7040744462
これまでもこれからも夫婦別姓はありえない
りんす
2017年1月30日 11:19

日本の法律が夫婦別姓を認めていません。
法治国家として、夫婦別姓という概念は無いのでは?

ユーザーID:3270744847
夫婦別姓と子供への配慮について1
エールブラン(トピ主)
2017年1月31日 0:22

引き続き皆様の貴重なご意見をありがとうございます。

別姓で名乗ることは、自分一人の我が儘ではないか、自分さえ我慢したら丸く収まるのではないかということは何度も考えます。生きることに名前ごときでバカらしいと自分を批判してみたりもします。

ご意見いただいた中にもあるように夫婦間だけの事なら両者の話合いで決めることができますが、子供は親の方針に従うしかなく、親として自ら子供に悪条件を付けるようなことになっていないかと考えます。

あくまでも私自身は、立派な親でもないし、子供の成長を見守る中、悩むこと、迷うこと、自身を不甲斐なく思うことがたくさんあります。何が正しいのかわからなくなることさえあります。

その時に最も大事な事は、親である私自身が一個人としてしっかりしていなければならないと考えています。これまでの自分の成長と密接な名前を自分自身だと考える身では、戸籍姓との不一致が、どこか自分に対しても子供に対してもウソがあるような感覚が私にはありました。そんな違和感を自分自身に感じ続けたままではいけないと思います。

ユーザーID:8909625150
 
現在位置は
です