現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

母が認知症です、この先どうなるのか

ぶしにゃん
2017年2月10日 12:40

初めての投稿です、どうぞよろしくお願いします。40代既婚、子ども(6歳)ありです。
同居している実母(80代)についてです。母が認知症と診断されて4年経過しました。
要介護1で現在は週に3回デイサービスに通い、認知症の薬を内服中です。
排泄行為はまだ自分でできるものの、洗濯した下着などを用意しても着替えなかったり、清潔保持が難しくなってきたのを実感しています。

母はおとなしくて友人も少ないタイプなので、認知症と診断されてからますます出歩かなくなりました。近居に叔母(母の妹)がいて、昔は2人で出かけたりしたのですが、叔母も高齢になり昔ほど会うことは少なくなりました。家事もだんだん出来なくなってきたように感じます。

親が認知症となって介護された方にお聞きしたいのです。認知症が進んで徘徊もはじまるならば、施設入所も考えなければならないと覚悟はしています。
この先、どのくらいで認知症が進んでいくのか不安でしょうがありません。この先どうなるのでしょうか?

母はケアマネージャーさんのことも認識しておらず、私もフルタイム勤務のため、ほぼメールだけのやりとりです。あまり話もすることもなく、デイサービスでの様子を聞いても型どおりの返事しかない(おだやかに過ごされてますよ・・など)です。

親が何もできなくなっていくのを目の当たりにするのは辛いです。

ユーザーID:8597139968  


お気に入り登録数:145
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:23本

タイトル 投稿者 更新時間
大丈夫ですよ
妖怪執事
2017年2月10日 13:43

懸命に介護してください。

お母様の認知症がすすむ頃には、
さすがにトピ主さんも疲れますから。

人間の人生は上手く出来ているもので、
一生懸命やっていると、
それほど後悔ないです。

ユーザーID:1324914424
介護サービスを利用されている訳ですから
あかり
2017年2月10日 14:48

述べ20年以上親族を複数介護しました

状態に応じサービス内容を変えて対応されればいいと思います
認知症を患っていても実娘さんと同居されているのでお母様は恵まれた環境下にいらっしゃると思います

認知症の進行は個人差があります
身内は一晩で要介護3の認知症になり、5年後一晩で寝たきりになりました

確かに徘徊が一番怖いですね
私も同居していた身内を深夜徘徊が酷くなった事をきっかけに施設入居して貰いました

他の身内は救急病院からリハビリ病院、退院で家で介護、その後救急病院で亡くなる
腰を骨折し歩行不能になり本人の希望でグループホームと色々なパターンがあります

今はネットなどで施設情報や介護についての事も載っていますし関連書籍もあります
主さんは予備知識もある
むやみに心配しないで気を大きく持ちましょう

あと衣服の着替えなどは命に関わる事から比べたら優先順位が低いです
義父の場合は「ごめんなさい、私がこぼした醤油が義父さんのズボンに付いちゃった」等注意するのではなく
お願いするとプライドを傷つけずにすんなり着替えてくれました

ユーザーID:5086123527
グループホームもいいものです
嫁さん
2017年2月10日 14:56

 姑がアルツハイマー型認知症でグループホームに入っていました。週に1,2回訪ねていましたが、少人数で、ほっこりした雰囲気で私も癒されてました。
 何より良いのは、いつもおかしなことを言わないように、変なことをしないようにと緊張して過ごしていた姑が、同じくらいの年の方と抱き合うようにして、「私たち、お友達なの。とっても仲良し。」と言っていました。横で聞いていると、同じ話をすれ違いながら何度も何度も話しています。それでもいいんだ。誰も文句を言わないから。どうも、年齢も10代くらいのつもりのようです。「お母さんたちはまるで女学生ね。」と言うと、喜びました。
 今では病状がすすんで、ほとんど寝ている母。でも、人生の最後に女学生のように抱き合える友達ができたことは良かったんじゃないでしょうか。最後までは見てもらえなかったけれど、本当に感謝しています。

ユーザーID:3636871739
聞いたり調べたりする
jvu i
2017年2月10日 14:57

父親はディサービスから帰宅して
からも徘徊していました。

認知症の診断を受けて間もなく始まりました。

ですけど、自宅には迷うことも
なく帰ってきていました。

ショートスティを利用するように
なったのは、転倒し骨折
入院、手術をしてからです。

その頃から、特養の申し込みをしました。

今は、特養で穏やかに過ごしていますが
子供である私のことは、もうわからなくなりました。

母親は、現在ディサービスに通っています。

認知症ですが、徘徊は数年経っても
ありません。

先々のことが不安なようですが
様々な情報は知っておいた方が
いいと思います。

自宅で看れないなった場合
施設に委ねる覚悟も必要です。

ユーザーID:3783599039
老人施設で働いています。携帯からの書き込み
いけぴ
2017年2月10日 15:31

うちは、母は66で死亡、父は75で死亡したので、認知症にならないうちに亡くなった訳です。
さて、私は前の職場と、今の職場が、老人施設の、清掃です。
直接のお世話はしませんが、さすがに、様子はうかがえます。
以前のホームは、住居型。ずっと住んでいる10人のお年寄りの方々で、軽い認知症がある人が多かったです。トイレも入浴も、補助が必要でした。一人、重い症状のお婆さんがいて、人形のように1日中話さず動かず座っているだけ。食事も、職員が食べさせていました。
今の職場は、ショートステイです。週のうち、自宅と施設を、行き来しているのです。土日に利用する人が一番多いですね。そこのお年寄りが、早く帰りたい、息子が来てくれるはず、とかつぶやいていますが、家族から見れば、ずっと施設に入ってくれよ、という気持ちだろうな。お母様も、酷くなれば、施設を考えても良いと思いますよ。

ユーザーID:9608668715
73才、要介護5
ニャンコママ
2017年2月10日 15:41

同居ではありませんが、実母が65辺りで発症しました。

初期の段階では母本人が「自分がおかしくなった」と自覚出来るので、本当に辛そうでした。今は娘の私の事も忘れている事も多いですが、逆に穏やかでニコニコしているのを見ると、複雑ですが安心もします。

薬の服用は同居のご家族がしっかり管理して下さい。認知症の進行を少しでも送らせる為にはきちんと薬を飲む事です。「飲んどいてね」ではなく、飲むのを視認すること。

色々と辻褄の合わない話をしたり、あからさまな嘘をついている様に見えますが、なるべく怒らずに話を合わせてあげて下さい。ご本人にとっては作り話をしているつもりは全くないのです。

母の場合、一気に認知症がすすんだのは骨折して入院した時です。やはり体の自由が利かなくなると坂道を転げ落ちる様に進みます。

かなり初期の段階でも徘徊してしまいます。家に帰れなくなったり、事故にあってしまう事が一番心配です。

母の場合は、GPS携帯を持たせる様にしました。出掛けるときに持つのでは忘れて出てしまうので、家の中でも身に付けていました。

ユーザーID:9643698716
施設探し
にゃん
2017年2月10日 16:13

介護1であればまだ入り口です。
症状や進行は人によってさまざま。
認知症が進む前に他の病気になる可能性もあります。
付き添いが無い場合は、外出しないほうがいいですよ。
帰って来れなくなりますから。
母の場合、家族の顔も名前も忘れ、最終的には食べることも忘れました。咀嚼するということも飲み込むことも忘れました。
チューブにつなぐのか、呼吸器につなぐのか、つらい決断を迫られます。
今から色々調べてどうするか決めておいたほうがいいかも。
すごく悩みますしつらいです。
施設も早めに見学しておきましょう。
こけて骨折するかもしれませんし、いざという時に空きが無いところも多いです。

キッチンコンロは、電気ですか?
ガスコンロなら危ないので至急取り替えてください。
何度家を燃やされそうになったか・・・

ユーザーID:8950594537
やはり介護の問題がでてきますね
老いの身
2017年2月10日 17:20

こういう事があるから結婚子を持つのは20代がいいですね。40過ぎならお子さんも大きくなってる。親の世話をするのにも 足手まといにならないね。

ユーザーID:9694573062
先の事はあまり考えない。
しじみちゃん
2017年2月10日 17:54

どうなるのか、こればっかりは本当にわかりません。
だから今はあまり考えないでください。
その時がきたら対応。ショックですが嫌でもやるしかないです。

うちも母=70代前半が3-4年前程に認知症と診断されました。
私たち家族の認識もできますが、2年前に徘徊開始。

夏の暑い日に出かけ警察にお世話になること度々。カンカン照りの中歩き、ガングロに。
食事拒否も出て激ヤセし、このままでは死ぬと判断。
ケアマネさんと相談しショートステイに。その間家族でネットで施設検索、問い合わせガンガンしました。
幸い近場で経済状況内でなんとかやれるところにお世話になり、本人も家族も今はとても落ち着いて元気に過ごしています。

身体を壊すほど悩まされました。とにかくネットで色んな情報(似た様な状況)をチェック、ケアマネ、包括センター、介護カウンセラーに相談。メールでなく電話で訴えたほうがいいです。
ご兄弟はいらっしゃいますか?ご家族で相談し協力し望まれるのがいいです。絶対一人で悩まずに。
うちはそれまで希薄な関係でしたが一致団結して進めました。そして悩んでるヒマがあったら行動する、が合言葉です。

ユーザーID:4444439857
要介護2。
にゃお
2017年2月10日 18:53

要介護2の舅と介護度1の姑と同居しています。

専業主婦なので何とかなっていますが、目は離せない状況です。
家族の顔はわかりますが、ご近所さんの見分けは無理です。
食べた事は忘れるし今が何月何日かも季節もわかりません。
ですが、今日が何日なのか何曜なのかは数分間隔で聞いてきます。
知っても仕方ないのに。

徘徊はしませんが散歩や通院は付き添わないと無理ですし、院内では不安なのかじっとしていられないのでついて歩くのがたいへんです。
着ているものはどこにでも脱ぐし忘れるし。

介護度1になる前から排泄は大きい方でも失敗するようになりました。
週に1度程度です。

睡眠時くらいはオムツをして欲しいですが、デイサービスも他人の世話になる事も拒否されて無駄でした。

フルタイムで働けている事やメールが読めるとはすごく羨ましいです。
ウチは認定が出たくらいから、家電を扱うのは全く不可能になったので。

ユーザーID:9544717317
認知症
とおりすがり
2017年2月11日 9:58

 ドネペジル以下コリンエステラーゼ阻害剤が「認知症に効く薬」とされていますが、できるのは神経細胞同士の信号伝達を強化することだけです。ですから服用開始直後は良くなりますが、その後は認知機能は単調に低下し続けます。

 一方、国立長寿医療研究センターで得られているいくつかの知見に基づいた行動療法を行うことがこの単調に低下をよりなだらかに変えますできるだけ集団活動することが望ましいですね。デイケア、ショートステイサービスなども利用できるようケアマネさんと相談されてはいかがですか。

ユーザーID:7378950686
発症して4年でその程度なら
にゃ!!!
2017年2月11日 10:20

進行は遅い方かと思いますよ。


うちの母は発症して半年後、転倒して骨折して歩けなくなってから一気に何もできなくなり、一年後には要介護5になりました。現在は施設でお世話になってます。


お母様に今後も在宅で介護をしてあげるのなら、認定を見直してもらってデイサービスを増やしたらどうですか?
家で一人でいる時間を極力減らした方がいいですよね。
あと、お風呂はデイで入れてもらえるのなら下着の着替えはデイにお任せして、家でやることをどんどん減らす工夫をしてください。そろそろ下着もリハビリパンツに移行した方がいいですよね。

ユーザーID:4038857497
先の事は読めない
40代子供小学生
2017年2月13日 12:22

同年代です。
祖母を実家時代に引き取りました。同じく週2-3回はデイに行ってもらっていました。

徘徊は必須じゃないので、されるかどうか分かりませんよ。
祖母は少し気配があったものの、体力が追いつかなくて徘徊はしなかったです。

デイに行かれているので、他の方も書かれているようにそこで若返ってお友達と話をされているのかも。
祖母はプライドが高い人でしたが接客業だったので周りと合わせるのは得意でした。
端から見ていると全然話が噛み合っていないけれど、認知症の人同士、なぜか楽しく会話できる事ってあります。
案外、楽しく過ごされているのかも。
周りは辛いですが、本人が楽しく過ごせていればそれで良いと思う事にしました。
一度、詳しく様子を聞いてみてはどうでしょうか。

覚悟は必要ですが、あまり悲観的にならなくても大丈夫だと思います。

ユーザーID:1310671689
トピ主です
ぶしにゃん(トピ主)
2017年2月13日 17:38

レスを下さった皆さん、エールを押して下さった皆さん、ありがとうございます。まとめてのお礼になり申し訳ありません。

私は父が早くに亡くなり、母が40歳近くで産んだ一人娘です。父の借金もあり、母は資格もなかったため職を転々としお金には苦労しました。
私自身は奨学金を利用してなんとか学校を卒業し、専門職資格を得て働いています。30代後半で母と2人で生きていくことの覚悟を決め、母亡き後も一人で生きていくためさらに専門職資格を得ようとしていました。
その頃、同い年の主人と出会って結婚し子どもも産まれました。老いの身さんがレスして下さったように、結婚や出産は20代がベストでしょう、でも20代は仕事に没頭しご縁に恵まれませんでした。
母と同居してくれた主人には本当に感謝です。母に対する愚痴を言ってもたしなめてくれるくらいです。

アドバイス通り、情報を得てケアマネさんにも直接相談し、過度な心配をしすぎないようにしたいと思います。
そう、今のキッチンはIHです。以前、住んでいた家はガスでした。今思うと鍋を何度か焦がされたことがあり、あの頃から認知症は始まっていたのかもしれません。

ユーザーID:8597139968
千差万別
にわとり
2017年2月14日 16:17

先の事は本当にわかりません。長期介護を覚悟してたのにあっという間に亡くなるケースもあり、うちのように発症に気付いてから16年経過というのもあるので。

大変といえば大変なのですが、案ずるよりも産むが易し。

私が母の認知症に気付いたのは下の子が1歳の頃。それからいろいろありましたが、家族で乗り越えて来ました。

症状が進むにつれ、家族の状況や気持ちも変わります。その時々でベストと思われる対応をして、時に応じて軌道修正する。何よりも私は自分のメンタルを守ることに気をつけました。

実は私の祖母(同居)も認知症でした。私が中学生から大学生まで、家の中は大変でした。祖母と私の両親のヒステリックなバトルが日常でした。私はそういう日常を自分の子どもたちには味わわせたくなかった。

母は今施設で穏やかに暮らしています。私と子どもたちも家で普通に生活しています。この生活が守られているだけでも私にしたら上出来なんです。

心配し過ぎず、自分の人生を大切にしてください。

ユーザーID:9260411154
今から、施設を探して申し込んでおかねばなりませんよ。
伯母
2017年2月16日 16:17

いざ家で介護がむりになった・・・と言っても、すぐには入所できません。

なので、今から探して申し込んでおかねばなりませんよ。

認知症は症状が変わると家で介護できなくなります。

普通の病気とは違うので、

いつでも入所できる態勢を早くから撮っておかねば大変です。


いつまで家で介護できるだろうか・・・ではなく、いつでも入れるように準備が必要なんです。

ユーザーID:5212463088
周りの人に頼りましょう
落ち着いて
2017年2月19日 23:54

 私は 母の場合 掛っている医師に 其々紹介状を書いて頂き 情報の共有化をしました

眼 整形 皮膚 内科 デイサービス 費用は掛りましたが良かったです

入れ歯でしたら 誤嚥性肺炎が怖いので 入院中でも 水洗いと入れ歯洗浄剤を使いました

入院中帰ろうとするので転落があるため 床に転落通知の機械を置いてもらいました

見舞いは出来るだけ多く行きました

差し入れは自宅で読む新聞2紙とギャグ漫画 きみまろ氏の漫談集

会話は家の様子 これは見捨てて無い事を理解させる為でした

顔は笑顔 手を握ったり擦ったりしました

家では 抑散肝 これはヒステリー抑えるので助かりました

医師の処方が必要です

朝晩 其々違う2種類の天然精油を蒸気発生させて

進行を遅らせてもいました百貨店にあります

因みに前者は阪大 後者は鳥取大の教授の発表です

緊急入院の為 人間ドックは必要です

病院と開業医との資料交換が役立ちます

老人性てんかんや 腹水 胸水に成り易いので

時々確認が必要です



続きます

ユーザーID:8179363904
周りの人に頼りましょう 2
落ち着いて
2017年2月23日 22:08

 父親の癌の時 事前調査をしてなかったので 病院の紹介で別の病院へ行きました

其処は いわいる老人病院で 1日中 呻き 叫びが聞こえていました

2週間に1度集金で 入院させて最後になると莫大な金額になるので防止のようでした

気管切開をすると会話が出来なくなります 私の場合は最後まで閉じませんでした

転移で肺癌末期になると 喋れない 息が苦しい 水が飲めない 喉が渇いて痛い

勿論食べれない 癌の中でもキツイそうです

其処で輸液をするのですが浮腫んできます

そうなったとき 医療行為の中止するかどうかを前以て

決めていないと介護者が苦しみます

私の場合生きていて欲しい気が勝って励ましていましたが

苦しんでいるのでもういいよ 若し 母 兄 祖父母の処へ

いってもいいよ 若し父がお前の為にぎりぎりまで頑張るというのなら応援するよ

其れでも父は 導尿管から尿を出して

聞いていると意思表示をし 私は父の気持ちに任せると告げていました

耳は意識不明でも聞こえているそうです



続きます

ユーザーID:8404326824
平均10年
2017年2月26日 9:36

父が介護を必要とするようになってから13年後、数年前に亡くなりました。
アルツハイマーの診断を受けて介護保険を使い始めた時、
往診の医師から、アルツハイマーの診断を受けてからの余命は、
「死亡理由はバラバラだが平均が10年」と言われました。
まだ50代と若く、元気だったので信じられず、
資金面など30年計画で介護をしていましたが、
実際に診断が付いてから本当に9年半で肝不全で亡くなりました。

医師がどういうつもりで上記の言葉を言ったのか、
当時は不思議でしたが、おそらく期限が存在しないと、
介護する家族がもたないということをご存じだったのでしょう。

心無いことを言うように思われたかもしれませんが、
トピ主さんのお母様の場合、10年したら平均寿命を越えていますよね?
65で亡くなったうちと違い、元々残された時間と変わらない、幸運な事です。

それから、うちも介護の始まりの20代は子供を産んでいる場合ではなく、
思いがけず早逝してから子供を産むことに変更したので、出産したのは40過ぎてからです。
人には各々事情があって当然。想像力の無い人の立てる雑音なんて気になさいませんよう。(続く

ユーザーID:9401999191
施設について
2017年2月26日 10:04

どのくらい認知症が進んでいくかは人それぞれなので、なんとも言えません。

施設について、特養に入れるのは最期の数年と施設側が見た時、
という暗黙の了解があるようです。
(競争率が中程度の関東の田舎の話で、競争率の激しい都内では
もっと短いかもしれません。)

特養は多額の税金が投入されているので多くの人に平等に使ってもらう責務がある、
対して受け入れた方が見込み違いで20年とか長生きすると、
余命1年の方が20人、使えなくなってしまうという事情が根底にあります。

お金に余裕があればグループホームもありますが、
費用面でその中間の「小規模多機能型居宅介護」という選択があります。
比較的新しい制度で、デイサービスの宿泊可能版といったところです。
通常はデイサービスとして利用し、症状の程度が重くなってきたら
宿泊日数を増やすなど、柔軟な対応ができます。

デイサービスは独立系も多いですが、困窮して特養を希望するかもという
段階になったら、早めに特養を持つか新設の予定のある
グループのサービスに移りましょう。
困窮度合いを施設の人が直接目の当たりにするため、特養に入りやすくなります。(続く

ユーザーID:9401999191
 
現在位置は
です