現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

英語が得意な方に質問!英語長文読解の有効な勉強の仕方とは?

ぺこ
2017年2月12日 11:20

英語を使って仕事ができるくらい得意な方に質問です。

只今日本に一時帰国中です。
たまたま立ち寄ったコーヒー屋さんで、私の隣で一生懸命受験勉強をしている若者のノートがたまたま目に入って驚きました。なんと英文を一行ごとにノートに写し、日本語訳を下に書くという、おきまりの英語学習をされていたからです。しかしテーブルにはかなり高レベルの大学の赤本が…。

この学習法が私(アラフォー)の中学時代に奨励されていたやり方です。確かに中学レベルの基礎学習の時には役に立っていたのかもしれません。しかし大学レベル、それ以上となった時、この学習法は大変非効率だけでなく、長文読解の妨げになってしまいます。それはいつも日本語訳に頼って解釈するようになるからです。また英文が難しくなるにつれ、日本語ではうまく表現できないような内容になってくるので、日本語訳をしようとすると、もはや日本語能力の勉強になってしまうからです。しかも効果の割に時間ばかり膨大にかかり、非効率です。

大変疑問に思い、親戚の子(中学生)に聞いてみたところ、彼らの学校でもこのノート作りが義務として課せれているようです。

英語が得意の方、この方法が有効だと思いますか?
私は中学の頃は有効だったと信じていたのですが、今思うと、あのノートづくりに費やした膨大な時間を、読む練習に費やしていたら、もっとリーディング力がついたかもしれないなとも思っています。
一番最初に英語を学習する時に強制せれた勉強法は、その後の生徒の勉強に大きく影響するんだなと思ってしまいます。個人的には、初期の中学校からこの方法を廃止すべきでは?と思ってしまうのですが、皆さんはどう思いますか?このノートづくりは勉強した気にさせるだけで、効果がない気がします。

ユーザーID:3225960165  


お気に入り登録数:225
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:58本

タイトル 投稿者 更新時間
だって
はな
2017年2月12日 14:31

英語教師のTOEICスコアが最低で250がいるんですよ?
そんな指導してますって。

じゃあ、授業で喋ってみましょうとやっても、
全員がお決まりのフレーズを無表情で繰り返すだけ。

子供のうちからアサーティブスキルを身につけないと無理ですよ。

ユーザーID:6536059430
それでは、基礎と固めとして何をするべき?
おばさん
2017年2月12日 14:33

確かに長文読解を早く、量をこなすには
ある程度のおおざっぱさが必要だと思います

だけど
そのおおざっぱさを身に着ける、
一瞬にしてここは必要
たぶん重要じゃないと判断をこなせるようになるには
まず語彙を増やして
構文がさらさら出てくるようになる必要があります

知らなかったら何が重要なのか判断しようがないですから
まずはとにかく、与えられたものを全部すくう
インプットするしかありません

現在の学校教育では
そのインプットの手段として全文翻訳がつかわれています

それ以外にどういう方法でどうインプットするのか

とぴ主さんはどういう手段を提供しますか?
どういう手段が有効だと思いますか?
その提案をせずに、廃止だけを持ち出すのはずるいですよ

ユーザーID:7748827193
日本語の勉強と同じです。
外国人の立場から
2017年2月12日 14:58

トピへ 同感です。日本語で難しい長文を読むのに時間がかかります。文章の周りにノートを書けば書くほど全体的の意味が失われます。どうしようかなー 1. Many times I will reread what I just read. I always understand more the second time. 2. I study kanji and vocabulary a little everyday. 3. I try to read Japanese everyday. The more I read the faster I can read and with more comprehension. I read out loud to myself as well. 音読ですね。5.Once you are past a very young age learning a new language becomes more of a time consuming process. お互いに頑張りましょう!

ユーザーID:5353001165
まるっきりダメではないと思います
アラフィフです
2017年2月12日 17:45

何かから始めなければいけないとしたら短文から始めるのは妥当だと思います。いきなり長文は誰だって読めませんから。短文の意味がすぐわかるようになって初めて長文の意味がわかるようになると思います。

またこの勉強方法は、ノートを作ることでなく、短文を覚えることが目的では!?

今は1,000ページほどのペーパーバックを読んでますが、元々読書好きです。それでもこれだけ読めるようになるには英語圏に住んでてても、かなり時間がかかってます。確かに英語レベル毎のリーディング用教材はあります。でもあれも2−3冊読めば飽きます(笑)

ご存知のように英語と語源や構成を全く共有しない日本語を使う日本人と他の外国人の勉強法を比べても全く意味がありません。

またいつも思うのですが、学校で教えてもらう勉強法は多くの中の一つに過ぎず、色々な事を知るきっかけであるだけで、本来勉強とは自分でする物です。

もちろん日本人全てが英語をわかる必要はないわけで、相性のいい人が深めていけばいいと思いますが。

ワールドカップだって乗り切ったんだから、オリンピックもなんとかいけるのでは?(笑)

ユーザーID:0416600006
興味深いです
タイカレー
2017年2月12日 18:09

当方英語塾講師です。
主に中学生を教えています。

ペコ様のおっしゃっている長文読解のやり方、
なるほどとも思うのですが
では英語初心者の中学生にはどういう風に読ませるか
具体的に教えていただけませんか?
参考にしたいです。

ユーザーID:6514909147
受験に必要
あかりんご
2017年2月12日 21:29

受験英語にはそういう勉強が有効なんだと思います。
英語を理解していることを日本語で説明するわけですから。

英語を実生活で使うには、英語を英語のまま理解する癖が必要ですよね。
これ、確かに小学生から教えていればいいのにーと思います。

ユーザーID:3203624355
受験対策としては有効
アンバージャック
2017年2月12日 21:29

受験などの試験対策としての勉強なら、それも有効だと思います。
仕事などで使う場合においては、ほとんど役に立たないと思います。
実際、私は昔、英検2級の実力で渡米しましたが、全く使えない自分を発見して非常にショックを受けた記憶があります。
現実に英語を身に着けようとするならば、英語を日本語に訳するのではなく、英語をそのまま頭で受け入れ、そのまま理解する方が効率的です。
これはあくまで英語圏で生きるための手法であり、同時通訳レベルとなると、英語を瞬時に理解、翻訳する能力も必要になって来ます。
私は、まだこのレベルには至ってませんが。

ユーザーID:8490365665
確かに非効率的ですよね。
トマト
2017年2月12日 23:08

英語で仕事は出来ませんが、現役の学生としてヒトコト。僕も、文書いて〜、訳書いて〜、というやり方は嫌いです。長文の時はサイトトランスレーションをして、さっさと反射的に読むようにしています。まあ、書くのが面倒なだけなのかもですがね笑。それから、勉強時間の半分くらいは書かずに読んでますネ。
そのおかげか、英作文の時も「あれー。この文構造どうだっけ〜。ウーン…。」とはならないで、自然と反射的に文がノコノコと湧いてきます笑。
やっぱり、日本の英語教育は見直すべきですネ。

ユーザーID:1945654753
英語は得意ではないですが
ねこ
2017年2月13日 0:28

無意味だと思いますねー。その勉強法。
英語は英語のまま理解した方がいいです。
センテンスごとに訳文つけるくらいなら、その文を読むたびに辞書引いて、その場で理解した方がいいですね。
英語と日本語じゃ語順から何から違っているのに、訳文つけてたら、いつまでたっても頭の中は日本語のままですよ。

英語はさほど得意ではないですし、仕事で使うといっても読むだけですが、それでも訳文つけるのが無意味なことくらいはわかります。
あ、この場合、英語を身に付けるのが目的だとしたら無意味、という意味ですが。
大学入試がそのやり方じゃないと突破できず、英語を身に付けたいというより大学に受かりたいだけ、
というなら、それでもいいんじゃないですか。

ユーザーID:8928239673
賛同します
古い世代
2017年2月13日 1:16

日本人が英語学ぶのに苦労するのはこの日本語訳というのがあるからだと思って止みません。日本語に訳すると英語と日本語と両方頭に入ってきて、これを頭で入れ替える作動というのは脳の仕組みとして不自然で、一般の人にはとても難しい。これは英語と日本語を同時に頭に入れて置く文法が違うからだと思う。

留学時、昔英語技術書を読むのが非常に辛かった事を覚えています。台湾からの友達は何気なく英語のテキストをこなしてるのに、私にはきつかった。思ったのは彼らは自国でも英語のテキストで勉強してきたのに、日本人の私には日本語訳のテキストがあったので勿論それで勉強した。

それに、日本語訳するとき、そのまま英語の発音をカタカナで書いて、益々発音がこんがらがってしまう。これは良くないと分かってるのに文部省はどうしていまでもカタカナにしてしまうのだろう?

日本での英語教育は日本語訳無しで教えるのが良い。英英辞典を使い、英語で意味を教えていく。たぶんテキストには日本語訳は書かない。英語を読んで日本語で意味を教えるのは仕方ないが、これも英語で教えた方がいい。こんな英語教育の時代が日本に来るのだろうか?

ユーザーID:4122543063
蘭学修行の名残
玄白
2017年2月13日 6:30

私も同じ事を思っていました。

あの勉強方法は、鎖国時代の蘭学塾の名残でしょう。どこかからオランダ語の小難しい本の文章を持ってきて、一文ずつ読み上げ、語彙や文法・文構造を解釈し、日本語や漢語ですらすらと美しい翻訳文を書き出す、蘭学塾ではそういう勉強をしたようです。

そういった翻訳技術が有用な事もありますが、大量の英語書類を読解するにはあまり役に立ちません。簡単な英語の本を一冊読んで(できれば英語で)まとめや感想文を書く、または、英語資料を使って(できれば英語で)レポートを書く、そんな訓練の方が、何十倍も実用的です。

大量に英語書類を読むには、頭の中でいちいち和訳しているととてつもなく時間を取られるので、和訳せずに、英語のまま理解する作業が必要になります。また、分からない言葉もいちいち英和辞書で引くのではなく、前後の脈略から意味を推察するようになると、非常に実用的なボキャブラリーが築けます。どうしても、辞書で引くなら、英英辞書がベスト。

高校卒業までに、簡単な英語の小冊子ぐらいは読める、ごく短い簡単なレポートが書ける、それぐらいできれば理想的ですよね(ハードルは高そうですが)。

ユーザーID:9754548523
想像以上に根深い問題ですね 1
くるみ
2017年2月13日 11:08

漢文は返り読みを駆使して読み下しますね。そのためにレ点などを学習します。
日本人にしたら、漢文も英語ももともとは外国からきた言葉です。
「国破れて山河あり」と言えても返り読みせず文頭から中国語の発音で読める人いますか。
近代の一般英語教育も最初はそれにならったのだと思います。周囲に外国人なんていないんですから、漢文同様たどたどしい返り読みでよかった。
いまだに学校はその指導技術が脈々と受け継がれているわけです。
生徒は単語力とイデオムの知識、独特の返り読み法を駆使して虫食い状に文を理解する。
そして「先に問題を見て長文の中から該当する箇所だけを拾い出して読む」という受験テクニックを身につける。
もちろん全文理解していないとできない問題もありますが、合格するのに満点は必要ないのです。
大学にもよりますが6割出来たらぎりぎり合格ラインですから、それで大丈夫なケースは結構多い。
英語だけでなく国語の長文読解でもこのやり方(先に問題を見て該当箇所だけ読む)が蔓延しています。

ユーザーID:0788898009
想像以上に根深い問題ですね 2
くるみ
2017年2月13日 11:14

英語にしろ国語にしろ、理想は初見一発でざっと読み全文を理解することですが、
他の教科の勉強、習い事、部活と、大人より忙しい子どもにとってそれは無理な相談です。

読解力とはヒマな時間に勉強と関係ない小説を読んだりして長い時間をかけて心の余白に蓄積されるものです。
もちろん家庭環境も大きく影響します。
今の子はまず日本語においてその読解力が育っていない。
それでも学校や塾では点数を稼げる子に短期間で仕上げないといけないわけで、結局テクニックだけを磨くことになります。
そのためには皮肉ですが旧来の非効率な勉強法が一番効率がいいのです。

しかし、それで受験は乗り切れても英語・国語の真の実力はつきません。そこで大人になってから必要に迫られ勉強を再開する。
社会人向けの英語講座に行くと「文は頭から読みましょう」と当たり前のことを言っていて「そりゃそうだ」と頷くことになる。

それでもやっぱりみんな忙しいので、本を読みふけったりは(日本語でさえ)しないのです。
たいていは「虫食い状態の効率的な勉強法」を求めて一生を過ごすんだと思います。

ユーザーID:0788898009
中学の英語の先生
翻訳業
2017年2月13日 11:18

おっしゃるとおり、その勉強方法は非効率ですし、ほとんど意味もないでしょうね。

ちなみに、私は現在40代で、普通に日本の英語教育を受けてきて今は英日の翻訳の仕事をしていますが、その指導法は受けたことはありません。当然、普通に中高で日本人教師による英語の授業を受けましたが。

先日のニュースで、京都府の中学校の英語教員のTOEICの点数に関するニュースを読みましたが衝撃的でした。74人受験して、合格(730点以上)は16人だったとか・・・。

そもそも、中学校の英語教員の英語のレベルを上げないと、そういった指導方法はなくならないかもしれません。

ユーザーID:6309758552
日本の学生にそこまで求めるのもねえ、、。
カメ
2017年2月13日 11:33

言いたいことわかります。英語を英語で読むってことですね。それなら設問も英語にすればいいんですよね。いわば国語の現代文の英語版で、自分で考えて英語で答えるやり方です。日本語訳の問題はなしで、外国人でも受けれるような試験です。だいたい英語の試験なのに、日本語が分からないと受けられないのも変ですが、そう言う試験をするには英語がかなりできて英語で考える頭が必要ですし、それを日本の学生に求めるのは酷かとも思います。他の教科の勉強もあるし、そこまで英語に時間を割けないんでしょう。だから英語の勉強は、まだ日本語の助けを借りてるんだと思います。

私は高校まで海外でした。大学受験でやはり英語の日本語訳の問題がありましたが、頭が勝手に文章を端折ってました。頭で理解してるのでいちいち訳さず、内容だけ簡潔に書いてしまったんです。何だか解答欄がやけに大きいな〜と思ってハッと気づいて、一言一言全文を訳しましたが、それって翻訳の仕事で、内容理解ではないですね。でもそのような入試でも、受験勉強では英語の文法や語彙力は鍛えられると思うので、本人のやる気があればそれを基礎にして英語の頭になることは可能だと思います。

ユーザーID:0423883258
レスします。
羊の季節
2017年2月13日 17:51


英語だろうと日本語だろうと、長文問題なんてそこに答えが書いてあるんだから、ざっと斜め読みしてから解答していけば、100点はとれなくても90点は取れるでしょ、ってスタンスで生きてきた40歳です。
実際それで現在英語圏で働いてます。
今は解答への時間制限がないのでじっくり全部読んでますが。
そもそも、長文を書き写して日本語訳を入れるという学習方法があったことすら知らなかったです。
皆そんなことしてたのね。
学校でそういう方法で学べなんて言われたことなかったんでむしろ新鮮です。

ユーザーID:9432470492
目的が違う
はな
2017年2月13日 19:18

トピ主さんは、「英語ができるようになる」が目的の話をしていますが、

その学習方法をしている方たちは
「英語の試験で高得点がとれる」が目的でやってるんだと思いますよ。

英語の試験で高得点とるには、なかなか有効な方法だと思いますよ。

それで必ずしも英語ができるようになるわけではないですが、
彼らの目的にはマッチしてるから、いいんじゃないでしょうか。

ユーザーID:5327348297
うーん
にゃんちゅ
2017年2月13日 21:00

長文問題とかなら、
質問を読んでから、軽く長文を読む。
だから訳す力より、単語力の方が大事な気がします。

ただ、長文を日本語に訳す問題ならそれしか方法ないよね?
小さい頃から英語を習ってないかぎり、
訳してでしか英語を身につけるのは難しいのでは?
だからそうなるんだと思います。
日本も他の国のように、小さい頃から英語教育を充実させるべきですね。

ユーザーID:7073162753
英語苦手ですが
ホロ
2017年2月13日 21:23

すごくいいトピだなと思いました。

私は別トピで知った英語のアプリで勉強しています。
それでは、英語を英語で理解しよう、と絵を見て耳で聞き、あるいは発音もし、回答を選択します。

私自身はまだ日本語変換を頭でしている部分が多く、英語を英語でという境地には至っていないのですが、少しずつ慣れていっているような気がしています。

そもそも、落ち着いて考えてみると英語が母国語の人たちは日本語変換などしていないのだから、やればできるんですよね。
我々が日本語が母国語なために、つい日本語変換してしまうだけで。

現時点では英語得意な方がまだレスなさってないようですが、主様をはじめ英語が堪能な方の頭の中では、多分もう日本語変換なんてしてないんじゃないでしょうか?

主様がおっしゃっているようにノートづくりではなく、読む方に力を入れるのも効果ありそうですよね。
ノートづくりも効果がないとまでは言いませんが、違うことやった方が効率よさそうと思います。

ユーザーID:3786979435
人それぞれ
ボストニアン
2017年2月14日 2:36

その受験生の英語力が分からないのですが、私も高校2年ぐらいまでは予習でそんな感じで教科書を訳していました。ある時期から知らない単語も前後関係で予測できるようになったので止めてしまいましたが、そこに到達するまでは有効なのではないでしょうか。勘が良かったのか、高3になったら全体の文章が何を言おうとしているかを予測して、自分で文章を考えながら読み進めていくことができたので、国立文系の難問なども難なく訳して先生が驚いていました。
高2の頃は夢も英語で見ていましたから、そうやって考えるのが重要なのだと思います。

ユーザーID:9089415643
 
現在位置は
です