現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

女に生まれたというのに何をしてたのかな…

ムスカリ
2017年2月17日 15:00

50代前半、女性です。

今日、本を読んでいて、主人公(40代)がホテルの一室で他人にマニキュアを
入念に施してもらう、というシーンを読み、はた、と考えてしまいました。

驚かれるかもしれませんが、私は生まれてこのかた真剣にマニキュアなど
塗ったことがありません。 面倒だし、家事をするのに邪魔、ぐらいにしか思って
きませんでした。(若い頃、遊び半分で数回したことはありましたが。)

バリバリの進学校から共学の大学に進み、周りを見渡しても、化粧の厚めの
子は寧ろ浮いているような環境でした。

それ以上に、私は自分の容姿に酷いコンプレックスがあり、私みたいな
不細工な女が厚化粧なんて、却ってみっともない、という意識でした。

なので、マスカラだの、つけまつ毛なんてまるっきり無縁の暮らしで、他人様と
至近距離で会う時には、簡単に化粧をするくらいです。陽射しの強い時はそれなりに
気はつけますが。

私の父は、私とは似ても似つかない美男子なのですが、(実年齢よりふた回り
くらい下に見られたり、周りから、ハンサムなお父さんね、と言われてきました。)

対して母はちょっと残念な部類です。

私はこの母に瓜二つとよく言われます。

私は、両親、とくに父から、外見ばかり気にする人間は軽薄だという教育
をかなり刷り込まれた気がします。 父は、母が料理下手でも、学歴が高くて
知的だ、というところが気に入ってる、という様子でしたから、相当変わり者の
部類に入ると思います。

知らず知らずに父の価値観に合わせよう、としたり、コンプレックスが邪魔を
して、自分の女性としての一面を切り捨ててきたんだなぁ、世の大多数の女性
が当たり前にしてることを経験しないで来たんだなぁ、と今更ですが、気づいて
しまいました。

全く違う人生もあり得たのかな、とか思います。

ご意見頂けると嬉しいです。

ユーザーID:2133421072  


お気に入り登録数:126
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:43本

タイトル 投稿者 更新時間
まだ50代
まじょりか
2017年2月17日 16:36

余命宣告されたわけじゃなし、まだまだ人生これからじゃないですか?

おまけに未体験がいっぱい残ってるって素晴らしいと思いますよ。

まず紙とペンを用意して、やってみたいことをリストアップしましょう。

そして○年○月に実行するつもりでスケジュール化しましょう。

価値観なんてどうでもいいじゃないですか?

恥ずかしがる年でもないですよ。

自分が注目されているなんて思い込みです。だれも気にしてませんよ。

私もモニターでネイルアートをしてもらいましたが、

思った以上に幸せな気分になれました。

ぜひぜひ体験してください。

ユーザーID:5674004484
恋人や結婚はしていますか携帯からの書き込み
2017年2月17日 16:47

おしゃれといってもマニュキアはハードル高いです
髪を染めたりパーマも嫌だというひともいます。
多分お父様がナチュラルなほうがあなたやお母様に似合うと思っていらっしゃるんだと思います。
たまに旅行に行くときに
マニュキアをしてみては?口紅の色を新しくするだけでもおしゃれな気分になれますよ。恋人ができるかも。例え気持ちの中でも

ユーザーID:9684064534
これからは今までの自分に加点される人生。
neko
2017年2月17日 16:50

私も残念な部類の容姿の持ち主です。

私が大学生の時にとある電車の中で男子高校生が
入ってくる女性の点数を付けて遊んでいたようです。

私が入る時、事もあろうか「0点!」とぬかしやがったのです!!
私は一瞬でその事を悟り、悔しさと情けなさで気が遠くなりました。

その後、内一人が「でもオシャレじゃん」と言ってくれました。
その一言で私は救われました。
その言葉を胸に今日も生きております(笑)

当時私は大学生だったので大したオシャレをしていた訳ではありません。
どんなに「0点」の容姿でも、少しでもオシャレをすれば
その分が加点される事を知ったのは本当に素晴らしい事でした。

主様も今からでも遅くありませんよ。
頑張れば頑張った分だけ加点されます。

今までは中身勝負だった人生。
これからはそこに加点される人生。

それでいきませんか?

ユーザーID:2171484959
人生の主人公…
萩子
2017年2月17日 16:54

遅くないですよ…
貴女はまるでその小説の主人公ではありませんか…

ご両親の価値観に反抗することもなく青春の日々を過ごしてきて、50代になって疑問に思えてきたのですね…
これから女性として生きることは決して難しいことではありません。
貴女は何が愚かなことなのかをじっくり考えて生きてこられたのだから…

これから女性として何を経験すると楽しいのかを落ち着いて考えることが出来る知性が貴女にはおありの様です。
一つずつ経験を重ねてみることです。

望みが叶った時に貴女が次に進むべき道が拓けるのだと思います。

50代で主役になれる人こそが人生を楽しめるのだと思います…

ユーザーID:1413349548
マニキュアも化粧もしない
めんどくさがり
2017年2月17日 16:57

アラフィフ女性です。

真剣にマニキュアを塗ったことは、若いころにも、遊び半分でも経験ありません。
今、マニキュアかマニュキアかわからなくて、予測変換されなかったので、間違ってると気づいて書き直したくらいです。
トピ主さまのように列挙するほどの理由もなく、まったく興味が無かっただけです。

お化粧も20代の頃に、職場で化粧品のセールスをする同僚がいて、一式揃えて色々教えてくれました。
でも、その後結婚した相手が化粧嫌いで、私も面倒くさくなって、ほとんど手つかずのまま鏡台に残っています。

髪にパーマをかけたのも、当時1回だけ、別の同僚に美容院へ連れていかれて。
いつものように祖母のタンスにもたれて本を読もうとしたら、金具に引っかかって痛かったので、2度目はありませんでしたが。

お化粧だけでなく、海外旅行もブランドバッグもTDLも、子どもを授かって育てることも、世の大多数の女性が当たり前のようにしていることを、私はほとんど経験していません。
でも、だから私は不幸だとは、全く思えない現状です。

ユーザーID:1275571409
いや、それは・・。見苦しくなければ、お心のままで。
メーテル
2017年2月17日 18:39

みんながみんな、ネイルをほどこし、つけまつげをしてマスカラを塗るわけではありませんよね。

価値観も、化粧の仕方もそれぞれです。
厚く化粧したり、きちんとすきまなく固めているのが女性らしいとは、私は思わないです。

女性らしさとは、やさしさだというヒトもいるし、髪を後ろで束ねて一生懸命に働いていたら、「おんなを捨てていて、嫌だ」というヒトもいました。

マニキュアをするかどうかは、好みの世界ですよね。
それは礼儀でもなんでもないし。

それぞれでよいと思います。

男性でも、びっちりメイクする方もいるし。
お化粧をしなくても、品格がにじみ出ていて、きれいな、感じの良い人はいます。
すっぴんが好きな人もいるし、化粧はマナーと考える人もいますよね。

相手を外見だけ(化粧、ファッション)で判断したり、こだわる人は、少し苦手です。
でもそれを重要に思っている方も多いですね。
それはそれ。それぞれ、いろいろで良いと思いますよ。

ある程度、感性の世界でもありますからね。気にならなければ、何もしなくても良いと思います。

お心のままに。

ユーザーID:7988790875
今からでも遅くないのでは?
アコ
2017年2月17日 18:44

今からでも全然遅くないと思いますよ。

今時の50代は一番お金持ってますから
みなさんとても華やかです。

髪の毛と眉を整え、まつ毛エクステをして
足も手もネイルしてもらいましょう。

これからは人生の上級者ですし
好きなファッションを楽しむ時間です。

頑張ってくださいね。

ユーザーID:4002489697
まだイケる
そうよね
2017年2月17日 20:21

これから楽しみましょう。
私も50歳になったところです。

過ぎた時間は嘆いてもどうにもなりません。
50代ならまだまだお洒落できます。

ユーザーID:1824303680
どうしてそう極端な発想になるんでしょう?
2017年2月17日 21:52

>父から、外見ばかり気にする人間は軽薄だという教育をかなり刷り込まれた
>全く違う人生もあり得たのかな、とか思います

とても不思議なのですが、厚化粧をする必要はなくとも、
「綺麗な薄化粧をしている勉強熱心な学生」でいる事は出来なかったのですか?

どうして「全く化粧っ気のない人生」と「厚化粧で軽薄な女」の2択になるのかわかりません。
私はそこそこの教育を受けた人間ですが、トピ主さんとは逆で「薄化粧くらいはするものです」と母親に言われる環境でした。
母自身、決して厚化粧をする人ではありませんでしたが、常に品のいい薄化粧にセンスのいいシックな恰好を欠かさない女性で、それが実際に似合っていました。

これまでの経験で、勉強や仕事を理由に化粧を全くしない人というのは、どこか偏っている事が多いと感じています。
無駄に自己主張が強かったり、考え方が極端で、人付き合いがヘタなのです。
そこには、トピ主さんが仰っているように「自分の容貌に自信のない人が、おしゃれから逃げる理由として勉強や仕事を持ってくる」ような気がします。

世の中には、立派な仕事をしながらおしゃれにも気遣える女性も多いのですよ。

ユーザーID:4675100538
今からでもできますよ。
人間だもの
2017年2月17日 23:36

ネイル、50代ではじめたっていいじゃないですか。
ネイルサロンに行くもよし、自分でしてみるもよし。
お金もそんなにかからないし、簡単に叶う夢です。
やってみたかったのなら、これからやってみましょう!

でも、ネイルって、世の大多数の女性がしているかな?とも思いました。
教師、保育士、公務員、医師、看護師、介護士、栄養士、調理師、銀行員、飲食店経営や飲食店勤務の方々は、やるにも休日に1日だけとかになるでしょうし、
(衛生管理ができている病院の)医師や看護師に至っては、勤務中は結婚指輪もつけてはいけないです。
菌の温床になり不潔だから。

主さんは、どうやらネイルができない職業ではなさそうですね。
ならばとりあえず、やってみましょうよ。

ユーザーID:4081944542
今から『女』をやってみませんか?
化け猫
2017年2月17日 23:46

日本女性の平均寿命は84、5歳なのですから、あと30年ありますよ。いまから、ネイルでも化粧でもやってみればいいじゃないですか?

私の母は80代ですが、たまに私が化粧品をプレゼントすると「こんなおばあちゃんが、何やっても同じよ」といいますが、嬉しそうに色々試してますよ。私も面白がって、母の年老いた手に、綺麗なネールしてあげます。

私は若い時から、結構化粧が好きで、ネールやら付けまつ毛やってましたが、姉二人は一切やってませんでしたね。だからといって、彼女らの人生が私と違い「女を切り捨ててきたか」というと・・・全くそんなことはないです。3姉妹、全員(どちらかというと)残念な顔立ちですが、化粧以外にも身につけるモノや、ヘアスタイル、身のこなし、趣味趣向・・・で『女性らしさ』演出してます。

『化粧=女らしさ』ではないですが、トピ主さんが『化粧』をやってみたかったと思うなら、是非経験してみてくださいな。

ユーザーID:5803115907
今から携帯からの書き込み
レザー
2017年2月18日 1:22

どんどん自由にメイクやネイルしていってください。
女性なんですからもったいないですよ〜。
自分に似合うスタイルを研究したりして楽しんでください。
この先の人生をお洒落して輝いていってください。
面識ありませんが、吉本新喜劇で有名な場所から応援しています(笑)

ユーザーID:0554996126
トピ主が何を望んでいるのか
白闇梟
2017年2月18日 2:21

よくわかりません。

若い頃のトピ主が、その残念な部類の御尊顔に厚化粧していたとして、全く違う人生とは、どんな人生があったと云うのでしょう?申し訳ないけれど、厚化粧したところで美人になれるわけではないのですから、特に女性として、より良い人生になったとも思えませんが。厚化粧好きの男に言い寄られる経験はできたかもしれませんが。

今、トピ主が思い返して、女性として化粧やマニキュアを楽しめばよかったなぁ、と云うことであれば、今からでも楽しめばよろしい事ではありませんか?

因みに私個人の嗜好は学歴はともかく、知的な女性です。化粧はしてなくても気になりませんが、厚化粧は正直、美人のソレでも好もしく感じません。そして、自身のこの嗜好は別段、変わった嗜好ではないと思います。無論、厚化粧を好む人々を否定するものではありませんが。

ユーザーID:5803101620
これから
主婦
2017年2月18日 3:42

何も化粧=厚化粧ではありません。
50代ならつけまつげをしている人は少数派でしょうが、マスカラはまあ普通かな。
過去はしょうがありません。これから、いろんなメイクを楽しまれてはいかがでしょうか?
容姿が残念だとおっしゃいますが、世の大多数の人は残念です。だからこそお化粧でマシにするんです。
特に50代ともなれば、ノーメイクと自然なお化粧の顔では清潔感が全然違います。
10分程度の簡単なお化粧をするだけでも、若々しくきれいに見えると思います。毎日、軽くお化粧するだけでも楽しくなると思いますよ。

ユーザーID:3340623272
正直に言いますと。
匿名
2017年2月18日 6:28

私はかなり美形です。でもマニュキュアとかしたことはありません。ピアスももちろんしたいと思った事がありません。ネイルアートをしている人をみると、あれで何ができるの?と不思議に思ってしまいます。無論耳に穴をあけたりチャラチャラしている人を否定はしません。私は着飾った人より身だしなみをととのえた実ある人に魅力を感じます。お父様もそう言った価値観の方なのでしょう。60歳をすぎて思うことは身綺麗にして女を前面に出さない生き方をして行こうと言うことです。

ユーザーID:0679988196
髪型1つで印象は変る
カップケーキ
2017年2月18日 7:48

私は年々、化粧や髪型を気を付けるようになりました。
年々、お金もかかります。

髪は、天然パーマで広がりうねるので、ストレートを定期的にかけてます
コレだけで、全然、印象が違うし似合う服まで変わります。
40歳になったころ、似合う服が一気に変わって、着られる服が無くなり、色々買ってます。
50代ともなると、また、違うでしょうね。
憧れる芸能人とかいないんですか?50代なら、小泉今日子とか、youとか素敵な方いますよね?
この感じが好きだな〜って所から入って、真似てみて下さい。
1番は、髪型を変えると、服を変えたくなり、化粧を変えたくなります。私は。
目覚めた時に始めたら良いんじゃありませんか?今ですよね。

私は、美術に興味を持つようになりました。
気まぐれに入った美術館でフェルメールを生で見て、とっても素敵な時間だったし
子供とも町中の芸術を見るイベントなどに参加して体験してます。
それが私が目覚めたことです。まさに今

変りたいと思った時に変って下さい。
私は、容姿に恵まれない人ほど、色々頑張る方が良いと思ってます。
美人はすっぴんでも良いのよ

ユーザーID:6420206970
私もマニキュア塗りません携帯からの書き込み
ナンダカンダ
2017年2月18日 8:51

肌が弱く、化粧すると痒くなりやすいので、なるべく化粧してません。マニキュアしてる人を見ると、邪魔じゃないのかな?と思います。
夫は派手な女性が苦手らしいので、私がほぼノーメイクでマニキュアしていないのは嬉しいみたいです。
あなたは別に女を捨ててはないと思いますよ。私も捨ててる気はないです。あなたのお父様は内面でお母様を選んだから、素敵ですよ!見た目で選ぶと、だんだん見た目は劣化するから、幻滅する場合がありますが、内面で選んでると、そのままですからね。

ユーザーID:2486943397
わかりますよ。
つやこ
2017年2月18日 9:55

でも結局は、今、そして、これから先をどうしたいかです。

私は少女性愛者の父から気に入られ過ぎるのを避けるため
小学生くらいの頃から、乱暴な言葉使いをするようになりました。
女の子らしく見えてしまう事がないように気を配り
そうして造り上げた自分を「自分らしい」と思いこんでいました。
幼児期までの自分は女の子らしい事や物が好きだったのを憶えています。
でも自分のいる環境で、自分らしくそのままでいる事は窮屈でした。
それまでの自分らしさを自分で否定して、他のものにすり替えたんです。

無意識にやり始めた事で、無自覚でしたよ。
父の事もそういう事なのだとわかったのは大人になってからだし。

ユーザーID:5948554873
それどころか
みかん
2017年2月18日 12:38

>自分の女性としての一面を切り捨ててきたんだなぁ

辛口ですみませんが、女性としての一面どころか、「自分の心で感じ、自分の頭で価値観を作り上げる」という、普通の大人が自立してやる事をしてなかったのだと思います。
50歳にもなって「お父さんはこうだった、お母さんはこうだった」なんて、人の感性について語ったって仕方ないでしょ。
あなた自身が今までの社会生活の中で、誰か男性と出会い、または尊敬するような女性に出会い、こんな風に感じ、自分はこんな風に価値観を築いた、っていう話はないんですか?
人っていうのは、自分の価値観を築くのに、勉強したり戦ったり、試行錯誤を繰り返して当たり前なんですよ。
女としての一面を強調して生きようが、抑えて生きようが、自分の試行錯誤で決めたのなら、どっちだっていいんですよ。

ユーザーID:8529435499
今からでもいいんじゃないかと思う
iamwoman
2017年2月18日 12:56

全く違う人生かぁ・・・
まぁ、分岐点ってありますよね。
でもシミュレーションしてみると、
結局ここだよね。私の性格では、ってなりますけどね。私の場合 (笑)
でもトピ主さんは
女性の一面を切り捨ててきたという自覚があるのなら、
その一面を拾ってみたらいいんじゃない。
出産以外は
やってみても別に損はないだうし。
やってみた結果報告待ってます。

ユーザーID:1956840454
 
現在位置は
です