現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

膝が痛いです。

前期高齢者
2017年2月24日 17:07

定年を経てある会社に拾ってもらって68才まで勤めました。定年までいた会社とそれからさらに68才まで仕事をさせてくれた会社には感謝しています。
定年後友人の勧めで山登りを始めました。学生時代勉強もろくにせず、スポーツの練習に明け暮れた私は長いブランクがあったものの1〜2年するうちに体力も回復し人を上回るほどにタフになりました。しかし加齢による劣化は避けられないもの、2年前に左のまた今年になって右の半月板を痛めて手術を受けました。2年前はすぐに回復しましたが今回は遅いようです。やはり加齢による体力の劣化でしょうか?
先輩には『自分で自分の限界を設けたらそれ以上にはなれない』と厳しく言われました。
自分自身もそうあれかしと思っていますが・・・。すこし淋しくなりました。そういえば今年は≪古希≫でした。
しかし先輩を見習ってもうひと頑張りして夏は剣岳へ行く積りです。

ユーザーID:6370635946  


お気に入り登録数:21
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:7本

タイトル 投稿者 更新時間
娘が半月板損傷の手術をうけました携帯からの書き込み
さくら
2017年2月24日 21:17

小学生の時に手術を受けましたが、痛みが出たり取れたりを1年以上繰り返し大好きな体育を見学するたびに悔しがってベソをかいてたそうです。
冬や梅雨時は冷えるから余計に調子悪かったみたいで歩道橋の登り降りが出来ず車で送迎していました。

子供でもそんなですから時期が来たら復活されると思いますよ。

痛くない範囲でのストレッチやリハビリ運動を続けて、ぜひ山の素敵な景色を見てきてください。

ユーザーID:6310543255
先のことを考えると
ストレッチ
2017年2月24日 22:35

膝が痛いとは、かなり無理なことを為さっているようです。
それにもめげず、夏には剣岳に登りたいと仰っています。

この辺りでお医者さんからアドバイスを頂かれては如何で
すか。ご自身の現状を知ることが大切ではありませんか。

無理を為さっていると、これからの生活に影響が出ること
が懸念されます。年配の方の中には、膝が痛いと仰る方が
多いです。

人間は長く使える自動車のようなものです。長く使われて、
彼方此方が傷んで来ています。部品交換は叶わないので
すから、古い部品を大切に使わなければ。by古希人

追伸
剣岳に登られる仰っていますが、途中でリタイアする状況
になると、救援に来て貰うようなことになりませんか。
自身は50歳の頃に夫婦で立山に登りましたが、足を挫き
ました。幸い軽く済みましたが冷や汗が出ました。ご注意!

ユーザーID:8269502223
へー
苧麻
2017年2月25日 9:01

でも剣岳でトピ主さんが膝が壊れて動けなくなっても、
先輩が担いで下りてくれるわけじゃないですよねえ。

ユーザーID:4425100164
体力の劣化より使い過ぎ?
スポーツマン
2017年2月25日 10:09

同じ世代ですが、30代くらいからずっと走ったり泳いだりしてる自称運動freakです。確かに年をとってくると膝とか腰とか痛める事が多くなりました。やはり加齢は関係してるのでしょうね。私は直ぐその体を痛める原因になった運動はピタリと止めます。例えばランニングから自転車かスイミングのように変えていくと痛みが減って、回復したら又元の運動に戻りますが、慎重に前の失敗を繰り返さないように努力します。

この加齢によって体が衰えるのは出来るだけ筋肉トレーニング等をやって逆らってるのですが、やはり限界があるのでしょうね。でも、それまで逆らって運動をした方が加齢の速度は遅くなると信じて止みません。お互い頑張りましよう。

ユーザーID:6390779013
年寄りの冷や水ですね
14年で走行4万キロ
2017年2月25日 10:28

>学生時代勉強もろくにせず、スポーツの練習に明け暮れた私は長いブランクがあったものの1〜2年するうちに体力も回復し人を上回るほどにタフになりました。

筋力は上がり心肺能力も上がったようですが、関節軟骨の摩耗は逆に進行したことでしょう。たとえて言えば、車齢15年で走行17万キロというところでしょう。
私の車は車齢14年で走行4万キロです。摩耗は少ない!

>しかし加齢による劣化は避けられないもの、2年前に左のまた今年になって右の半月板を痛めて手術を受けました。

急激な酷使が元です。そういうのを昔の人は「年寄りの冷や水」と言いました。

>先輩には『自分で自分の限界を設けたらそれ以上にはなれない』と厳しく言われました。

設定した限界が高過ぎたら、そこに到達する前に故障してリタイヤです。

ちなみに、私は若い頃、軽い運動しかしていません。仕事を辞める迄、まったく酷使していないので、もうすぐ古希ですが体は順調です。
今はゴルフにテニス、往復8時間程度までの低山登りを楽しんでます。もちろん設定目標は低いです(笑)。

ユーザーID:5260088002
自分の出来る範囲で良いんじゃない?
匿名
2017年2月25日 11:18

前期高齢者でしょ?
先輩が「自分で自分の限界を設けたら・・・」
こんな台詞を真に受けるなんてと感じました。
老化の速度なんて人それぞれですしね。
先輩の言葉より医師の診断に従われたら如何ですか。

ユーザーID:3768846459
みなさんご心配ありがとうございます。
前期高齢者(トピ主)
2017年2月27日 12:01

もちろん剣岳に登るにはそれだけの準備をし、自信を付けての話です。先輩は別のグループで健脚で今でも現役で週のうち3〜4日ほど登っておられます。主治医も『山に登ることができるように治療する』と言っていただいています。登頂の暁にはまたご報告いたします。

ユーザーID:6370635946
 
現在位置は
です