現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

お味噌汁のお椀 携帯からの書き込み

みいこ
2017年2月27日 23:16

私の幼い頃、お味噌汁の入れ物は木製やプラスチックでは無く、ご飯のお茶碗のような焼き物(陶器?) でした。ただ、母が亡くなり身をよせた父方の祖父母の家では、木製のお椀でした。以後私の身の回りでは、味噌汁=木製のお椀だったのですが、時折訪れた母の実家では陶器でした。 友人達に聞くと皆木製かプラスチックです。お味噌汁の入れ物が陶器のお椀だった方いらっしゃいます?ちなみに私は五十代前半です 。

ユーザーID:3105992528  


お気に入り登録数:10
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:15本

タイトル 投稿者 更新時間
実家では…携帯からの書き込み
にゃん
2017年2月28日 12:15

実家では、陶器のお椀でした。お祝いの席や客人には漆塗りのお椀を使っていましたね。
結婚した今、我が家はプラスチックですが、子どもが大きくなったら陶器に変えたいなと考えています。

ユーザーID:9537596203
陶器でした
おばさん
2017年2月28日 12:25

忙しいときは、食べた後の食器を水につけて出かけるということもあったので、木製や、塗りのお椀はそれができない
電子レンジで使えないから
家では陶器のお椀をつかってました

家族が食事をする時間がずれることが多かったので、私の家では

使いやすい、手間がかからない食器が選ばれたのだと思います

ユーザーID:4689889309
珍しいですね携帯からの書き込み
まか
2017年2月28日 12:25

北海道ですが、味噌味椀は漆器ですが、石狩汁や三平汁をいれるのは茶碗より大きめの丼だから焼き物でした。

ユーザーID:8299206185
熱いよね、器。
ねこまた
2017年2月28日 12:44

初めて夫の実家で朝ごはんをいただいた時、お味噌汁がまさにご飯茶わんに
よそってありました。
ちょっと驚いたけど、そういうこともあるかで20年。

ちなみに実家、我が家では木かプラですね。
単純におもしろいなぁと思いましたよ。

ユーザーID:9824992241
懐かしいです。陶器のお碗。
2017年2月28日 12:58

私の母方の祖母の家で味噌汁を頂くと、なぜか陶器のお碗でした。
その祖母の娘である私の母は、婚家で普通に漆器の椀を使っていたのにです。

子供心にも不思議に思いつつ、それは私の中での懐かしい祖母の思い出です。
煮干で摂った出汁がよく利いた、濃厚で美味しい味噌汁でした。
私の記憶の中でもあまり昔の事ですっかり遠くなっていた所へ、このトピを拝見して一足飛びに焦げ茶色の陶器のお椀を抱えている幼かった頃の私に戻りました。

祖母の家での食べ物に関する思い出は沢山あり、一つ一つが素敵なものです。
ガス釜で炊いた薫り高く甘いご飯。
母でも最期まで出せなかった煮しめの深い味。
飼っていた鶏がその朝産んだ卵で頂く卵掛けご飯(恥ずかしながら、私は今でも幼児言葉で卵マンマと呼びます)。
祖母が手ずから煎った香ばしいお茶。

それらの象徴が、あの味噌汁を淹れた焦げ茶色の陶器碗でした。
同じ思い出の人がいらっしゃるなんて、本当にうれしい限りです。
素敵なトピを有難うございます。
申し遅れましたが、私も50代前半です。

ユーザーID:8187517799
は〜い
あらふぃふですの
2017年2月28日 14:01

同じく50代前半です。トピ主と同じく母方のお父母の家がそうでした。

別に名のある陶器ではなく雑器でしたね。場所は中国地方です。

ユーザーID:1760514559
ありましたね〜。懐かしく思い出しました
知恵
2017年2月28日 14:41

もうすぐ50歳です。

私が子供の頃、自分の家では味噌汁腕は木製でしたが、
父方の祖父母の家に行くと、陶器でした。
白っぽい薄い陶器で、淡い、水色のような、緑色のような、水玉のような模様が透けて見える柄の、
何とも言えない綺麗な繊細な器で、見入っていたことを覚えています。

でも子供心に、
「何でおばあちゃんちでは、お茶碗にお味噌汁をよそうのだろう?」
って不思議に思っていました。笑

木製のお椀の方が軽くて、手に持っても熱さを感じにくいような気がするし、
落としても割れることもなく、子供にはそちらの方が勝手が良いから、
今は木製やプラスチックのお椀が主流になってしまったのでしょうか?
プラスチックのお椀なんて、デザインも豊富なものが100均でも売られてますもんね。

でも、あの記憶の中の陶器の汁椀だって、まだ小さかった私も持てましたし、
かえって、
「落としたら割れちゃう」
という意識から、いつもより気を付けて取り扱ったように思います。

私はプラスチックの食器が好きではなくて、
息子達のベビー食器も全て陶器で揃えました。

陶器の汁腕、探しに行きたくなりました。

ユーザーID:2632819501
私の実家では陶器のも使っています
2月23日
2017年2月28日 14:45

私(40歳代後半)の実家は九州の田舎の農家。
今でも実家のお汁椀は陶器です。

高校を卒業して実家を離れ、今は年に1度しか帰らないので
陶器のお汁椀を使う機会も滅多にありませんけどね。

大学は関東で通いましたが、貧しい食生活だったので、お汁椀は不要でした。
大卒を機に地方に戻る友人が住んでいたアパートに住むことになり、
友人が使っていたもの(家電、家具、食器等)を安価で譲り受けました。
その際もらったお汁椀2個は多分木製だと思います。
数年委1度あるかないかの来客用に2客揃えましたが、
100円ショップで買ったので、多分プラスチック製だと思います。

実家の陶器お汁椀は、私が幼い時から使っています。
少なくても40年以上。
割らないで今もたくさん揃っているのが驚きです。

ユーザーID:9241674462
今も磁器製です。
荷車
2017年2月28日 14:55

実家でも自宅でも、今も有田焼の汁碗を使っています。

実家が陶磁器を扱う仕事をしており、仕事として仕入れる物の他に、母が自宅で使う物をメーカーのカタログや、現物を持って入れ代わり立ち代わり訪れる産地の問屋さんから、選んでいました。

おそらく、磁器の汁碗の珍しさが母の目についたのだと思います。
外側に古典柄とお花が品よく描かれた、素敵な物です。

私が嫁ぐ時に和食器・洋食器共にひと通り揃えてくれましたが、どうしてもその汁碗が欲しくて、会社でお客様にお示しする見本用として持っていた物を、持たせてもらいました。

新たに購入しようと思ったのですが、既に廃盤になってしまっていたので、手に入れることが出来なかったのです。

結婚して20年近くになりますが、以来ずっと使い続けています。
生地が曇ることも色褪せやくすみもなく、キレイなままです。

持つ時にやや熱いのが難点ですが、でも、唇に触れた時の感覚は、木製のものより、陶磁器の方が優しい感じがして好きです。

ユーザーID:4213943909
今探してます
陶器が欲しい
2017年2月28日 16:39

母の実家が陶器の汁碗です。60代の母は陶器の物と木製の物を使っていました。私自身は木製のお碗ですが、劣化が早いので、今は陶器の器を探していますが、まだ見つかりません。プラスチックは安っぽくて、素材自体が好きではありません。

ユーザーID:3633481765
うちは今でも陶器です
mint
2017年3月1日 12:32

タイトルどおりです。

お味噌汁を入れるのは、ご飯茶碗よりも少し深めの陶器です。

理由は…子供の時からそうだった、としか…

ユーザーID:1189439146
友人の家がそうだった
cat
2017年3月1日 13:23

私の実家は塗りのお椀でした つまり木製。
お味噌汁のお椀と、お吸い物のお椀も分けてた。

お汁ものは 和風では塗りのお椀だと疑っていませんでしたが、友人実家で
陶器の容器にお味噌汁が!

ど、どうして?

なんで陶器なの?って聞いても友人は え?いつも陶器だよ?って平然と。
その子の家だけかと思ってました。


若い人だと 何となく理由はわかるんです。
レンジかけられない
つけ置きできない
漆器の扱いが面倒など


でもその子の家は 代々続く農家さんでした。


地域によるのでしょうかね。

ユーザーID:7376021574
実家で使ってました
陶器より磁器が好き
2017年3月1日 17:20

40代主婦です。実家が磁器のお椀でした。
実家は伊万里焼がある九州・佐賀県にあります。

他県に嫁ぎ、今はプラスチックと陶器のお椀を使ってます。
磁器のお椀が欲しくて探してますが、数が少なく、気に入った物が見つかりません。
有田陶器市に行けばあるかなぁ。

ユーザーID:6387640759
陶器が欲しい様
2月23日
2017年3月2日 14:11

ネットで「陶器 お汁椀」で検索すると結構出て来ましたよ。

ちょっと考えてみました。
私の実家は九州北部です。
陶器の有名どころがいくつもそばにあります。
それで陶器のお汁椀が入手しやすかったのかもしれません。

ユーザーID:9241674462
ありがとうございます携帯からの書き込み
みいこ(トピ主)
2017年3月18日 8:39

誰にも目にとめて貰えないだろうと思いつつ、ふと思い出したお碗の事。こんなにレスが頂けるとは思いませんでした。ありがとうございます。母の実家も後を継ぐ人が無く、あのお碗などもどうなったのか。亡き母や母の妹 の懐かしい笑顔と幼かった自分と。お味噌汁をお椀によそう時、時たまふと甦ります。

ユーザーID:3105992528
 
現在位置は
です