現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

モロッコに4〜5月行った方いらっしゃいますか?

chuchu
2017年3月3日 9:10

GWにモロッコに10日間行こうと予定しています(航空券手配済み)
春に行かれた方、いらっしゃいますか?

ちょうど、ダマスクローズの季節。
バラの谷と呼ばれる小さな村には5月には街道沿いの畑にダマスクローズが咲き乱れ甘く芳しい香りを漂わせるそうで、惹かれます・・

ただ、初めてのモロッコなので、おとぎの町と言われている青の町シャウエンや世界一複雑な迷路と言われるフェズ、そしてやはりサハラ砂漠にも行こうとおもっています。

教えていただきたいのですが、これらの場所に行く際、服装はどのようなものを用意すればベストでしょうか?
朝晩で気温の変化があるとの事ですが、日中はどうなのでしょうか?
あと、これは持っていった方が良い!というものはありましたでしょうか?
 
経験された方いらしたら、教えていただければ有難いです。

ユーザーID:1376835836  


お気に入り登録数:14
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:10本

タイトル 投稿者 更新時間
気持ちのいい季節でした
アンチョビ
2017年3月3日 13:25

ちょうどその時期、2週間程訪れたことがあります。

気候はとてもよかったです。
ただ、どうしても寒暖の差はあるので半袖から薄手のニットまで重ね着のコーディネートが
出来る服を余分に持って行けばいいと思います。
私は更に綿のコートも着ていきました。
昼間は暑い位ですが、寒がりの私には一枚あると心強かったです。
特に私が好んで行った海辺の町などは潮風が強いので、体感温度がより低くなります。
イスラム圏ですが、体温の高い欧米の観光客たちは特に露出を避けるような格好もせず
歩いていました。
一般的な日本人の感覚なら肌を隠す云々はあまり気にしなくてもいいと思います。

大きな町は商売っ気の強い彼らに圧倒されてしまい落ち着かない思いをしたので、
小さな村くらいが私には居心地がよかったです。
もう一度行けるのなら、シャウエン(ここはおすすめ)と海辺のエッサウイラ、アシラかな。
実がなっているオレンジの木、緑のきれいなオリーブ畑、街の喧噪が目に浮かびます。

基本的に胃は丈夫なのですが、最終日に疲れが出たのか体調を崩しました。
薬を少し持って行くといいかもしれません。ご参考になれば!

ユーザーID:4774089419
3年前の1月後半に行きました。
世界紀行
2017年3月3日 14:19

4、5月では無くてアドバイスにならないかも知れません。
1月後半から2月にかけて添乗員付きツアーでモロッコを回りました。

カサブランカ、マラケシュ、ワルザザート、エルフード、フェズ、ラバト、最後は国内線でカサブランカまで戻り、日本帰路でした。
海外旅行時はいつもジーンズとスニーカーです。サハラ砂漠日の出観賞は早朝出発なので極寒の服装でした。小さな携帯用懐中電灯も(8センチ位サイズを購入して)重宝しました。砂が靴の中に入らない様に20センチくらい高さのブーツも助かりました。

春でも寒暖差はあるらしいので、重ね着出来る服装が良いと思いますが、水をはじく様なウインドブレーカーの様な物が1枚あれば重宝すると思います。
異国情緒たっぷりの素晴らしい国で、感動しっぱなしでしたよ。
ちょうどアーモンドの花の咲く頃で綺麗でした。
食事も意外と口に合いました。

そしてお土産にぜひアルガンオイルがお勧めです。アルガンオイルはモロッコだけの特産品で、美容に最適で本場は安いです。
機会があればまた訪れたい国です。
楽しんで来てください。

ユーザーID:5258588489
夫が行ってます
2017年3月3日 14:46

仕事で夫がよくモロッコに行っています。

砂漠気候なので、朝晩の寒暖の差は激しいです。
春でも昼間は30度、朝方や夜は10度ぐらいになることも。
30度といってもほとんど湿度がないため、日本ほどの暑さは感じず、汗はすぐに乾燥してしまうので、知らぬ間に脱水状態になりやすいそうです。水分摂取を心がけてください。
日差しがきついので、日焼け止め、帽子やサングラスをお忘れなく。
日焼け予防のため、またイスラム圏でもありますので女性の肌はあまり露出のないものをお勧めします。
半袖に薄手の長袖の上着やウインドブレーカーで調節すれば良いと思います。
ダウンまでは必要ないです。

とにかく乾燥しているのでリップクリームや保湿剤は必須です。
現地でアルガンオイルを購入されても良いかと思います。
また、砂が細かく、埃っぽいので喉の弱い方はマスクもあった方が良いでしょう。

持っていって良かったものは、携帯用のおしり拭きです。
外国人が利用するようなホテル等では問題ないですが、観光地や現地レストランのアラビア式トイレは使い慣れないとなかなか難しいので、おしり拭きが便利だそうです。

良い旅を。

ユーザーID:6999930009
5月に行きました。
pico
2017年3月3日 16:30

5月といえど、結構暑いです。モロッコ滞在中は半袖で過ごしました。半袖で十分。でも砂漠のホテルに泊まったときは、朝夜は肌寒く寒暖の差が激しいので、上着を持参することをお勧めします。日差しも強いので、帽子やサングラス、薄手の羽織がある方が過ごしやすいかもしれません。フェズは街並みが入り組んでいるので、スリやひったくりなどに要注意。あと、絨毯や革製品の商人が相当しつこくて強引なので、気をつけてください。日焼け止めは必須です。あと、砂漠周辺は特に乾燥が物凄くてカピカピになりますので、のど飴、マスク、お肌の保湿マスクなど、ケアできるものは必須です。これまでの人生で経験したことが無いくらい乾燥しました。砂漠の砂は細かくてカメラや携帯などに入り込んで壊れてしまいますので、ジッパー付の袋などに入れておいて下さい。少しなら大丈夫だろうなんて思って、そのまま撮影してたらすぐに砂にやられてしまいます。サラダなどの生野菜でお腹を壊す人も多く、食べ物・飲み物は要注意です。万が一、お腹を壊した時のための下痢止めや胃腸薬も持って行った方がいいです。

ユーザーID:5613615955
4月中旬に行きました
みぽりん
2017年3月3日 16:37

 10年位前に行きました。暖かかったですが、朝晩や場所によって気温の変化があります。基本的には薄手のジージャン位の上着を重ね着しました。またサハラ砂漠では早朝もありマフラーを使用しました。ツアー期間中結構風が強かったです。フード付きの風を通さないナイロン系のカッパ等(上着の上に更に重ね着)が役に立ちました。夜の騎馬隊ショーも冷えますので必須です。

 日中は暖かく半袖や薄手のティシャツで過ごせます。埃や風に交じる砂がきつい時もありますので、帽子もあった方が良いです。当時の写真をみますとスカーフを使用しています。風が強い時は帽子の上から被っていました。薄くて荷物になりませんしマフラー代わりにもなります。乾燥しますので喉飴やお水を入れるペットボトル(100均の250ccのお茶が良い。軽くてかさばりません)も便利でした。時期的には不要ですがマスクも埃や砂除けに便利でした。あとサングラスも。

 基本的には暑くも寒くもなく過ごしやすかったです。料理もおいしく帰国してからタジン鍋を買いました。ヨーロッパと違い本当の異文化を感じた旅でした。楽しんで来て下さい。

 

ユーザーID:2031133536
シェシュ
オフ
2017年3月4日 12:04

長袖長ズボン、ジャケットで大丈夫です。
現地でシェシュと呼ばれるスカーフは重宝しますよ。砂漠では砂が飛んでくるのを防げる他、砂漠にいるしつこいハエからも守ってくれます。このハエ、噛むんですよー。

ユーザーID:7148809196
昨年の4月に行ってきました
TONY
2017年3月4日 21:37

昨年の4月15日から10日間の日程でツアーで行ってきました。
シャウエン・フェズ・マラケシュなどのエキゾチックで混沌とした街々や、山岳・砂漠地方の荒々しい荒涼たる風景に圧倒されました。
毎日快晴の日が続き、今振り返っても、本当に素晴らしい国でした。
服装は、基本は長袖のシャツ一枚で、気温によって半袖または軽めの上着を羽織る感じでした。
サハラ砂漠で日の出を見に行った時は、事前にガイドさんより寒いと言われていました。
しかし、当日はたまたまかもしれませんが、意外と暖かく、ジャンパーを着ていれば大丈夫でした。
覚悟をしてダウンを持っていったのですが、それを着るまでのことはありませんでした。
ラクダに乗って行くことお勧めです。帰りに自分が乗ったラクダの影が朝日に照らされた砂漠に映る風景は、まるで絵のようです。

食べ物は、タジン料理やアラビアパンなどが中心でしたが、日本人にも合うと思います。
名物のハーブがたっぷり入ったハーブティーや、オレンジをその場で絞るオレンジジュースは美味しかったです。
ぜひ楽しんできて下さい。

ユーザーID:0246841122
トピ主です。ありがとうございます。
chuchu(トピ主)
2017年3月5日 14:35

 レスいただきありがとうございます。
やはり経験者のお話はすごくためになります!!

特にサハラ砂漠・・・
砂はやっかいそうですね〜。
スニーカーだと砂が入り込む、とあったので靴カバーするかサンダルにしようと思ってたのですが砂の入らない長さの靴はいいですね。
暖かいだろうし寒そうな夜や早朝の砂漠ツアーに良さそう。
荷物はあまり重くしたくないのですが検討してみます。
スカーフもいいですね!

引き続きレスいただければありがたいです。

ユーザーID:1376835836
サハラの砂
andaluz
2017年3月6日 23:20

モロッコ旅行中ランクルでサハラに行きました。
どうガードしても砂は靴に入るのでそこは気にしなくてもいいのでは
おしゃれとか関係なく鼻や口に砂が入ってくるので
ガードするスカーフというかバンダナ絶対必要です。
ラクダ使いのベルベルの兄ちゃんが青いスカーフを巻いてましたが
あれは生活必需品なんだなと思いました。
コンタクト利用者ですが砂漠に行く前からコンタクト使用はあきらめました。
空気は乾いてるし絶えず何か土埃があるので。
もしとぴ主さんがコンタクトユーザーなら気をつけて。
町を歩いていてガイドするとかすごく付きまとわれてうっとおしかったです。
現地の人が着ている服を着て頭にフードをかぶればばれないかもとおもい
わざわざ服を買いましたがばれました。
その辺は覚悟しておかれたほうがいいと思います。
それとトイレがすごくきたなくて屋外でやったこともしばしば
そうなるとジーパンよりスカート着用のほうがかがんだとき見えなくて
都合よさそうでした。
私はジーパンだったので友達と二人で風呂敷を広げて用を足しました。
強烈なことが毎日多くて刺激的な旅ができました。

ユーザーID:9949146388
娘一家が昨年
与三郎
2017年3月7日 1:21

生存中義父が健康上の理由でスペイン南部に居住しており、一家で訪問した際は対岸のアフリカに遊びがてらに行くのが恒例でした。 目的地はモロッコ。 義父の友人のフレンチ料理店。

あれから幾星霜。 昨年の初夏、あの頃幼少であった娘が突然良人と未成年の娘三人であのモロッコへ。

それも滞在期間ほぼ全部の二週間を馬の背に揺られての野宿。

総勢十人くらいで、道案内が現地のベルベルのおっさん二名。 行路、電気無し、クルマも殆ど無し、商店も、学校すらも無しの準砂漠地帯。

あてがわれた馬に乗ってひねもす渓谷を南下。 両岸は絶壁。 其の向こうは果てしなき砂漠の海。

写真で見る限り、顔はベルベル民族の布で覆われてどれが娘か孫なのかは全く分からない状況。

他の参加者の殆どは仏人であったとか。 ですので、共通語はかなり怪しい仏語。

手洗いなんぞある筈もないので、ご婦人方がどうして過ごされていたのかは聞きっこ無し!

すっかり砂漠の異様な魔力に取りつかれて戻って参りました。

あの写真に見る自然の美しさ、朝の空、夕の空、神々の世界です。










  

ユーザーID:7302254836
 
現在位置は
です