現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

書道の勉強方法をアドバイスください

梅茶
2017年3月3日 15:45

40代主婦です。
私は趣味で書道を勉強しています。
全国規模の書道教育団体で、そこは、漢字、かな、硬筆、古典と
いくつかジャンルがあって、私は漢字と硬筆は最高段位まで取っています。
漢字の古典は以前から自分で独習していて、かなは今年から始める
まったくの素人です。
昇級試験の理論の試験対策に、書道の歴史や各書体の読み方(書き方)、
技術のことなどをさらっと勉強をしました。
これらをもっと深く掘り下げて体系的に勉強したいのです。
ですが、今のところ、amazonや書店でよさそうな本に出くわしたら
めっぽう読んでみるという態で、
どうやったら体系的な勉強というのができるのか、わかりません。
今のところ考えているのは、書道学科のある通信教育か、
書写検定の受験などです。
とにかく勉強がしたい、知りたいというだけで
その先何がしたいのかも自分でよくわかりません。
習っている先生からは、お教室を開いたらと言われているのですが、
今の自分では、はっきりいって指導力不足だと思います。
先生についてお教室運営を学ぶというのも考えたのですが、
先生宅からは遠いのでちょっと無理そうです。
というか、自分が人様に教えたいのかどうかもよくわからないのに
看板をあげるのも、なんだか違うような気がします。
教えてくれといってくる人がもしいれば、看板をあげてもいいし、
その時には自分の今やっている勉強やあがきが
将来人を指導する役に立つかもしれないとは思いますが、
今のところその予定もなく、ただ自分の勉強がしたいのです。
何でも良いので、アドバイスをお願いします。

私の気持ちを率直に文章にしてみましたが
何を言っているのかわかりにくかったり不遜で気に触ったらすみません。

ユーザーID:7377841683  


お気に入り登録数:25
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:11本

タイトル 投稿者 更新時間
うん携帯からの書き込み
まなみん
2017年3月3日 17:46

書道歴数十年で、書道団体の師範の資格持ちです。

書道史は師範試験のときにサクッと習った位であまり使いませんね。実際はしたすら臨書したり、展覧会の作品を見てこういう筆の使い方を参考にしたいと思うばかりです。

読み方や書体を調べるなら西東書房の五体字類がおすすめです。大体これ一冊で済みますしお値段も3000〜5000円ほどかと思います。

ユーザーID:7012414167
書道は奥が深い趣味です。
aki
2017年3月3日 19:24

私も本職を65でプチ引退後、趣味でやっていた書道の講師を
今はボランティア活動ランクでやる傍ら近所の知人のお子様数名の指導を
行っています。(70に成りました)

書歴40年ですが未だに奥深いこの道をさ迷っています。全ての部類の最高位置にはいますが
何度辞めようかと思ったか・師の元を離れての活動は結構しんどい!

さて、貴女は何処に居たいのですか?ただ上達したいのか学問としての書を学びたいのか
そこを決めて挑まないと前進めません。

私の師だった方は今は90半でもう枯れた書ですが、常に勉強されていてその知識量には
私達は足元にも及びません。
その師に習ったのが、一つの古典を毎日徹底的に臨書する事、その作者の歴史を
知る事です。

 私は先ずは書聖の蘭亭、(これは暗唱出来るまでやらされました)一年後には書譜(意味も含めて)
ほぼ名のある古典は一応網羅しました。何はともあれ古典の臨書ですね。

今は自由書として自分の書を追求していますが、この臨書の勉強が凄く影響してきます。
そして、今は一切の展覧会をやめました。そこに頑張れば精神が疲弊します。書の道とは別の
問題が出て来ますね。

ユーザーID:3792811202
勉強することが好き
こゆき
2017年3月3日 19:39

トピ主さんは、書道の勉強そのものがお好きなんだと感じました。
何かのために学習するのではなくて、学習自体が目的。
趣味ならそれでいいのではないでしょうか。
人に教えるにはそれなりの技術が必要になると思いますので、
それはまた別の話だと思います。

ユーザーID:0157735396
最高段位では力不足
海賊の妻
2017年3月3日 19:52

貴女の向学心は尊敬物です。まず教育力のある書道会に所属することをお勧めします。漢字、かな、近代詩、前衛、理論および書道史など著名な専門家のそろった書道会の先生につく事です。
すると必ず練成会が年に何回かは行われ、通信教育では見られない揮毫が見られます。これは素晴らしい技を直接見せてもらえるまたとないチャンスです。最後に抽選で作品がもらえるというありえない幸運が付いてきます。
漢字専門の先生なら古典臨書(模写)も細字や大字や展覧会の指導もできますし、かなの先生なら古典臨書もかな条幅も指導できます。
まず師範を取得しそれからが勉強です。有名な展覧会に出品するのも勉強です。
私はこれらの先生について中国の西安の碑林博物館に実物を見に行きました。解説付きです。
帰国してから古典の全集を大枚をはたいてすべて買いました。全60巻にガイドをつけ読みふけりました。辞書の類も買いました。好きな書道家もいます。歴史上の人物ですが。
書道は一人では学べません。よい先生が沢山いるチームワークの良い教育力のある書道会を探してその中の先生につくことです。書道具屋さんに会報があります。見る事です。

ユーザーID:9440698478
コメントありがとうございます。
梅茶(トピ主)
2017年3月7日 9:49

みなさん、コメントありがとうございます。
私はとにかく書道が好き、勉強が好きで、方向性というのはないのです。
とりあえずは所属団体の最高段位を目標にしてきたのですが達成してしまい、次の着地点を見つけられず、自分の情熱をもてあましています。そんな中、みなさんに本を紹介していただいたり、経験を語っていただいたり、なぐさめていただいたり、元気をもらうことができました。ありがとうございました!

ちなみに私がこれまで独習した古典は、唐の四大家、龍門二十品(円筆のものと方筆のものをいくつか)、蘭亭序、書譜、曹全碑です。
まだ勉強したりないのですが、ふと手が止まりました。私はとにかくばんばんしごいてほしいのです。

海賊の妻さんに質問なのですが、コメントを質問で返してしまって恐縮ですが、力のある書道会?というのは、どうやって調べたらよいのでしょう・・・。
私はがつがつしている割にそういうのを調べるのが下手で、何かとっかかりを教えいただけませんか。ちなみに私は東京在住です。
東京なんて、探せばなんでもありそうなのに、情報を集めかねてうろうろしています。手間のかかるやつですみません。

ユーザーID:7377841683
答えは自分の心の中に浮かんで来る
無常の風
2017年3月7日 15:27

あなたが思う字は紙に書けると思いますが、果たして心の中に浮かんでくるのでしょうか?その字はあなたにどんな感情を生まれさせるのでしょう?

それが自分の中で確かめることが出来ないから、自分の外に、その答えを求めていかざるを得なくなるのです。今のあなたが求める眼差しは、他人の心の中に生まれて来る文字や、その文字の意味から生まれる感情です。それでは幾ら答えを求めても、自分の答えにはなりません。

あなたに必要なのは、他人の答えから自分がしっくり来る答えを選ぶことではなく、自分の心に生まれてくるモノを受け止めることです。自分の心の中に字が生まれるためには、あなたが紙に描く字の種を、自分の心の畑に植えなければなりません。そのためには声を出して字を言葉にすることです。そうすれば、耳から心に文字が刻まれるのです。それを続けていけば必ずや心の中に文字の種が植えられるのです。その種が発芽して芽を出すと、それがあなたが求めていた答えになるのです。

あなたの勉強は、他人の答えを理解する性質のものではありません。自分の行を通じて解ったことを積み重ねていくことです。そのための精進をして下さい。

ユーザーID:9808943313
コメントありがとうございます
梅茶(トピ主)
2017年3月10日 7:27

海賊の妻さん、
後から気づいたのですが、書道会の見つけ方を
最初からお答えいただいてましたね。
きちんと読めばわかったはずなのに、失礼しました。

無常の風さん、
本当に、仰るとおりで、答えはすべて自分の中にあるんです。
彫刻家が木や石から形を彫りだすように、
私も自分がどうしたいのか自分自身を彫りださないと
と思うのですが、じたばたしてしまいます。
何か表現したいと思ったときに、自分の中身が足りなくて出来ない
ということがあまりないように、中身をチャージしていきたいと思います。

みなさん、ありがとうございました。

ユーザーID:7377841683
お返事がないようなので・・
aki
2017年3月10日 14:28

 私akiからでの情報です。

書を習う人なら聞いた事も、既に手元にあるかとも思いますが・・
 私は40代頃、「墨」という月刊誌を愛読しておりました。

貴女の知りたい書家の事や全国の書団体などの作品等は勿論
全国展などの情報も有ります。
 月毎のテーマーの書のお勉強もあり凄く有意義な雑誌だと
思います。そのころは月2000円でしたよ。一考しても良いかと。
今はもう止めていますが、今までのストック分だけでも結構役に立っています。

ユーザーID:3792811202
コメントありがとうございます
梅茶(トピ主)
2017年3月12日 8:55

akiさん、レスありがとうございます。
「墨」は近所の図書館で毎回借りていて、
最初の特集のみ、割とお世話になっています。
にもかかわらず、後の部分は注意を払っておりませんでした・・・
思い込みというか、習慣って怖いですね。
教えていただき、ありがとうございました。

ユーザーID:7377841683
東京ですか。羨ましい。
海賊の妻
2017年3月17日 19:49

遅くなってごめんなさい。私は最初自分の住んでいる地方の最大規模の書道会に所属していましたが、会が分裂し東京に本部がある全国規模の書道会に移籍しました。まさしく書道界の一番の問題は闘争と分裂の歴史にあると言う事でそこの会長の話は「喧嘩はやめなさい。仲良くしなさい」というものでした。
東京なら美術館に行きましょうよ。実に様々な展覧会をしていますよ。
貴女は漢字がご専門のようですね。私は師匠の隷書の素敵さに感動しほとんどの展覧会は隷書の作品で出展してきました。師匠は偉い先生から「貴女の隷書は完成です。今後はお弟子さんにやらせなさい」と言われた時でした。ただし隷書がほとんど入選できない展覧会もあり篆書も書きました。
独学というのはすごいですね。臨書の場合気づかず癖が出てしまう事はよくあります。そこは先生の指摘が必要です。自己満足に陥る危険があります。
それと最も適した筆や紙や墨を教えてもらい、新しい筆使いも習うと驚くような線質が生まれます。
私はシャドー書道というものにはまった時期がありました。想像してください。
新しい技術は画期的です。前衛にも学びました。

ユーザーID:9440698478
とりあえず今の団体で、
習字が好き
2017年3月22日 23:48

「かな」と「古典」の最高段位を目指してみてはいかがでしょうか?
漢字と仮名は車の両輪のようで、どちらの勉強にも役立ちます。

ユーザーID:4637398444
 
現在位置は
です