現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

仕事をしてまで生きる意味が分からなくなりました 携帯からの書き込み

湯印
2017年3月6日 3:34

タイトル通りです。
私は22歳の学生です。
仕事をしてまで生きる意味がわからなくなりました。
仕事をする、と言っても興味のある仕事があり子どもの頃からそちらを希望していたのですが、否定され続けて父の仕事のサポートになる学部に入学を決定させられました。大学入学当初より学部選択を間違えたと思っていたのですが私立の大学に入ったため入学金などのことも含めて両親には相談できませんでした。
入りたかった学部を両親には否定されて両親の進む道を選択したことが間違いだったなと感じていますが、今更この年齢まで来てもう無理だと思い何もかもする気が起きなくなりました。
親の言うことを聞く良い子ちゃんでいればなんとか将来は切り開けると信じていましたがもう何もかもやる気は起きず疲れてしまいました。
皆さんはしたく無い仕事、もしくは辛い仕事をなんと思いながら仕事をしていますか?
うまく対処してやっていく処世術のようなものがあれば教えていただけると幸いです。
よろしくお願いします

ユーザーID:5822805283  


お気に入り登録数:52
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:56本

タイトル 投稿者 更新時間
ほとんどの人が妥協してると思います
魑魅魍魎
2017年3月6日 12:29

給料がよいから
これしか出来ないから
通勤に便利だから
勤務時間が都合がいいから
などの理由で職業を選択してると思います。

ほんの一握りの人が好きなことを仕事にして、かつ、納得のいく収入を得てるのだと思います。

トピ主もやりたいことに情熱があるのなら、まずは親の希望通りに就職し、機会を狙って転職すれはよいのです。
親のせいにしてるうちは半人前ですよ。

ユーザーID:6068909638
そんな都合の良い処世術などありません
舗装道路に穴ぼこ
2017年3月6日 12:37

今まで通りに、親や他人が言う様にして従っていけば良いのです。
だって、自分で考えたり決めたり行動したり出来ないのだから。責任取れないんでしょ。

ユーザーID:7765787194
「興味のある仕事」による
おばはん
2017年3月6日 12:42

もしその「興味のある仕事」が、演劇とか音楽とか、そういう関係なら私も反対します。

喰えないからです。

>父の仕事のサポートになる学部に入学を決定させられました。

その仕事は何でしょうか? 

もっと具体的に書いてください。

ユーザーID:6964432468
人生は選択の連続
40代女性
2017年3月6日 13:50

トピ主さん、こんにちは。
好きな仕事で自営業をしている40代です。
でも仕事が全部好きかというとそんなことはありません。

この仕事をしていると時間の過ぎる実感がない、という仕事の内容もあれば
「やりたくないな」という汚れ仕事や屋外作業もあります。
トータルすると「この仕事、まあ好き」という感じです。

なので、トピ主さんのご質問の「やりたくない仕事をどんな思いでしているか」という質問は、私の仕事仲間や知り合いの人の話になりますが、
「生活のため、家族のために有無なく働いている」といったことになると思います。

トピ主さんはまだ若く、ご両親もまだお若い。
今の自分にたくさんの選択肢があることに気づいてもらいたいです。

子どもを抱えていたり、
老いた親を看ていたり、
体が不自由だったりと選択肢さえない現状の方もいらっしゃる。

夢への情熱や欲、信念といったものを無くさないで
それらを掻き立てて自分の気持ちに正直に進んでもらいたいです。

やるだけやったら、ご両親の提案が実は自分には良いものだったと思えることもあるかもしれない。
やらなきゃ何にも気づけない。
残るのは無気力と恨みだけ。

ユーザーID:0004040807
その仕事の内容によるけれど
ネコ軍団
2017年3月6日 13:52

お父さんの仕事はどういった業種なのでしょう。
ここに書く必要はありませんが、その業種があまりにも特殊でなければ(個人の商店とか)、しばらくはお父さんの仕事の手伝いをして、ある程度のお金を貯めたら自分の好きなように生きたらいいと思います。
そのスキルを活かしてちょっと違う業種に行ってもいいし、同業他社に移ってもいい。

いまのあなたには、ひとりだけで生きていく力はないでしょう?
誰だって最初はそうなんです。
少しずつ力をつけて、ひとり立ちするものだと思います。
そのひとり立ちの際に、ご両親と円満に離別できるかどうかはわかりませんが、とにかく自分に力をつけて、お金を貯めることがあなたのいまやるべきことではないかなと思いました。
だって、あなたが死ぬまでずっと親が生きている可能性は低いでしょう?
あなたが死ぬ瞬間まで支配することなんてできないんですよ。

ユーザーID:3610256923
狩り
サバイバルパン
2017年3月6日 14:12

仕事は狩りもしくは採取だと思うことにしています。
動物だから生きていくには獲物を捕まえたり木の実を集めたりする必要があります。
人間は物々交換の末に貨幣を発明し、貨幣を媒体として食事を買うことができるように
なりました。
ということで仕事は動物にとっての狩りだと思っています。
動物が狩りをしてまで生きる意味が解らないといいますか?
言わないでしょう。

生き物が生きていく為に必要なことをしてると思いながら割り切ってやってますよ。

ユーザーID:7831166083
処世術って・・・
今回は・・・
2017年3月6日 14:30

私も途中までは、親の言いなりでしたし、
うまく行かない事には、
トピ主様と同じような理由を並べていました。

でも、友人達が社会人として落ち着いていくなかで、
それは単なる自分がそのぬるま湯で甘えていただけとはっきり気づきました。
人に決められた道を歩けば、少なくとも大怪我はしないし、
かばってもらえるし、上手くいかなければ、その人のせいにすればいい。

だから、父親のサポートをする学部にも、文句言いながら進んだというより、
結局、父親にサポートしてもらえる学部に進んだのだと思いますよ、貴女は。

本当に進みたい道が、苦労をしてでも、進みたい道があるなら、
卒業してからでも、まったく遅くはありません。
現に私は、ものすごく、ものすごく遠回りをしましたが、
夢だった職に準ずる仕事をしています。

結局、いまだ貴女は、両親の手のひらの上で守られながら、
生きる意味が分からない、と知ったような口をきいているのです。
自分で意味を見出す努力もしていないのに。

そんな自分が、処世術を身につけられると思います?
所詮、トピ主様の処世術は、両親がバックに見え隠れするもの止まりだと
思います。

ユーザーID:9834715881
仕事をしてまで、じゃない。
トビー
2017年3月6日 15:21

タイトルがおかしいです。

「生きるために仕事をする」です。
好きな仕事をするために生きてるんじゃないです。仕事は生活していくための糧です。
努力して幸運つかめば、自分の興味のある職につける人もいる。

ついでにいえば、お金出してもらっている以上はどうしようもない。

本当にその仕事につきたいのなら、バイトでもなんでもして自力で稼いで学費稼ぐなりして学校に入り直すなり、その仕事に必要な資格があるなら独学ででもなんでもやってみたらいい。

両親にお金出してもらって援助してもらえなかったんでできないんですー、程度のことなら、そんな大騒ぎするまでもない。

批判ではないですよ。
大学二年休学して学費稼いで復学した私からすれば。
自分の好きなことしたいなら自分でやるしかない、とエールを送ります。貧乏暮らししたしやっと希望の職につけてからもブラックで苦労したけど。
後悔しないようにするには、常に自分の選択には自分が責任を持つこと、全力で取り組むことです。

22歳でまだ大学もでてもいない学生が、親にお金出してもらえませんでした、もう生きる気がしないです、って早すぎ。できること山ほどあるじゃん。

ユーザーID:7150193293
もうこうなっては
私も大人になりました
2017年3月6日 16:16

まず卒業して、仕事してみてからもう一度考えたら?
「仕事してまで生きる意味」ってなんですか?
「卒業しても仕事はしない」のか「いっその事もう死んじゃう」のかどっちですか?
大抵の人は「したい仕事」なんてしてませんし、してたって「食べていけてる」かわかりません。
(もっと言えばしたい仕事の中にも「嫌な事・やりたくない事」は一杯含まれています)
トピ主さんはこのままいけばお父様のサポートで生きていけるでしょうが、逆にそれは恵まれているとも言えるのです。
嫌なら「家も出て、一から仕事を探す(それもやりたい仕事を)」という事です。
(「卒業しても仕事はしない」で親がかりというのは勿論ナシですよね?)
外で働いて、お給料を貯めて、改めてやりたい分野の学校に入り直す事だってできない訳ではありません。
まず働いてみて、(アルバイトじゃなく)働くと言うのがどういう事かやってみたらいいと思いますよ。
どんな仕事や境遇にだって「学べる事」はあると思いますので、無駄にしないで下さい。

ユーザーID:1846686215
何をたいそうなことを言っているの?
時次郎
2017年3月6日 16:27

現実は、したくない仕事でも辛い仕事でも生きていくために仕事をしてる人が

殆どだと思います。

仕事って生きるための手段ですよ。

今の貴方なら入りたかった学部に入ってたとしてもそんな下らない事を思って

いると思います。

ユーザーID:7040365824
切り開くのは自分の強い決心です
青紫
2017年3月6日 16:55

子供の進路を決める時、スポンサーである親の意見と異なることは多いです。

本当は高校の時点で親を説得できるほどの熱意と行動力があれば一番いいのですが。
親が子供を支配して当然な家庭だったり子供の精神が未熟だったりすると、
こういうミスマッチはよく起き得ることです。

その結果として在学中に不登校や中退になったり、、
就職活動で挫折してしまったり、
就職した後にもたなくて辞めることになったりするわけです。

あなたは今後も我慢強く、気が進まない仕事でも何とかやっていく術を知りたいわけですね。

私ならその子供の頃から希望していたという仕事の道に挑戦しますね。
ただし、一旦は親の希望の仕事に就いて働きながら資金を貯めるという非常に困難な方法で。
親のお金では行けなかった学部に、自分で稼いだお金で行き直すのです。
そうすれば興味のない分野の仕事でも働く意味ができます。
もしかしたらそのまま今の仕事にやりがいを感じられるようになる可能性だってありますし。

目標を自分で決めれば、どの道でも迷わずに済むのです。
同じ我慢をするなら自分自身が決めたレールの上でした方が良くないですか?

ユーザーID:4997469016
そんな台詞は…。携帯からの書き込み
デーモン子熊
2017年3月6日 17:37

一人前の社会人として仕事する様になってから言いなさい。

親の引いたレールに乗っかるのが嫌なら自力で道を開くしか無いのよ。
大学は入り直すことも出来ます。
通信制だってある。

社会の荒波に翻弄され続ける事の辛さなど何一つ知らないで、何を言ってるんだか。

やって見なさい。
親の引いたレールに乗っかる事が、如何に楽か思い知るから。

ユーザーID:9423810095
現実
toto
2017年3月6日 17:57

世の中のほとんどの人は、子供の頃なりたかった職業に就かないし
生きる糧を得るために仕事をしています
ただそれは、やりたくない事をやるのとは少し違います

自分にできる事、自分に向いている事は何だろうか
という事を現実に即して真剣に考えた結果
子供の頃なりたかったものとは別のものになるだけの事です


また、仕事イコール人生ではありませんし
どんな仕事でも誰かの役に立ったりやりがいはあるもので
日々幸せを感じられるかどうかは、本人の考え方次第です

仕事は面白く無い、お金を稼ぐためにやるだけ
という事でも全然かまわないのですよ
その稼いだお金でやりたい事をやったり、家族と幸せに過ごしたりできればいい
十分すぎるほど意義のある事です


トピ主は、両親に強くコントロールされてきたと感じているのですね
両親の見識が妥当かどうかはトピ主の希望がどんなものかにもよるので
これだけの情報では判断しかねますが、22歳はまだ若いです
様々な職業への道をたぐり寄せることが可能なはずです

親は選べませんし、思い通りにできなくてお気の毒ではありますが
そろそろ親を言い訳にしていい年齢ではなくなります

ユーザーID:8762373708
ハイ?携帯からの書き込み
なつ
2017年3月6日 20:56

世の中の人殆どが仕事なんかしたいと思ってないと思いますけど。
でも働かなきゃ住むところも着るものも食べる物も手に入れられないし。
生きる為にみんな必死で働いているんですよ。
ハッキリ言って甘すぎ。
親のせいにしてますけど、そこまで言うなら最初から自分で学費を稼いで行きたい学部へ行くとか、とりあえず親の言う仕事についてお金を貯めていつか本当に行きたかった学校へ行くとか何か考えなさいよ。何にもしないのは親のせいではなく貴女の決断です。
所詮それだけの夢だったんですよ。だから親御さんだって反対したんでしょ。

ユーザーID:6215834060
過ぎたことを悔やんでも仕方がない
アラフィフおばさん
2017年3月6日 22:01

主様の気持ちわかります。私は一人っ子、そのせいか親が心配症で、いつも先回りして私の進路を頼んでもいないのに決めてくれました(笑)。

これがやりたい!などと言おうものなら、お金がないとかとにかく全力で否定に入るので話をして交渉する気にもならなくなりました。


私も結局やりたくもない仕事を14年我慢してしましたね。物事にじっくり取り掛かったり頭を使って考える事が大好きだった自分に全く合わない仕事でした。

それでもなぜ続いたかといえばやはりお給料。大卒の自分にとって不本意な額ではありましたが、それでも定期的にいただけるしボーナスもあったのでありがたかったです。お金があれば親にも堂々と反抗できるし好きなものも勝手に買えるから、経済力は偉大です!。


あと、仕事は嫌いだったけど、私は敵を作ることなく難しい先輩とも上手くやれて日々楽しいこともあったことです。同期のお友達とも愚痴いったり(笑)。

親の反対を無視して結婚し、仕事をやめました。私のやりたかったことを二人の子供たちが一生懸命やっています。私も一緒に勉強したりして楽しんでいます。

ユーザーID:1234285639
そうだね
Yulia
2017年3月6日 22:06

闘って自分の人生を勝ち取りたいというなら、応援しますが、
上手くやっていく処世術を、ということでしたら、
「何をやりたいか」ではなく「どう生きたいか」に焦点を移すことをおすすめしたいです。

これだったら何をやろうが、方向性は一緒ですから。

22歳は少しずつ世間も見えてきて、ちょうど絶望する年頃です。
でも、まだこれからいろいろできますよ。

私はその後大学院に行って、留学し、そのまま外国で全然関係ない仕事につき、その後
会社がつぶれたので10年ぶりに帰国し、フリーで仕事をしていますが、
また全然関係ないことをやりたいな〜と最近思っています。

就職時代の仕事は興味はありませんでしたが、周りに恵まれ、奨学金も返せたし、今思うと本当に幸せで勉強になった10年でした。

親にお金を払ってもらったのが、心の重荷になっているのなら、
「奨学金を借りたと思って返済します」と言って実際少しずつ返済したらどうですか?

ユーザーID:4022367068
したく無い仕事
mo
2017年3月7日 17:44

人は、やりたいことはお金を払ってでもする。
したくない仕事をするから、お金を頂ける。

したくない仕事をしてもらったお給料で、
やりたいことを趣味でやればいいじゃない。

二十歳過ぎたら、人生は自分の責任。

なんでもかんでも親のせいにするのは子供のすることですよ。
本当にやりたっかったなら、奨学金もらってでも、
家出てでもやり通せば良かったのよ。
根性もないくせに甘ったれの言い訳にしか聞こえない。

いいじゃん、大して仕事できなくても、
父上のサポートやってれば、
娘ってことで、多少大目に見られるんでしょ。

ユーザーID:7900826164
うーん携帯からの書き込み
Po
2017年3月7日 20:30

学部で人生決まるわけではないですよ?
芸術学部行ってても住宅の営業やったり、理工学部行っても普通のOLやったり。。専門性のある仕事への行き方は難しくはなりますが大学入ってみんなが就きたい仕事につけるわけではありませんので、まだ悲観しなくてもチャンスはあるかと。

ご家業を継いで欲しいっていうご家族の勧めもあるかと思いますが、人生ってずっと勉強し続けることなのでいろんなところに自分のやりたいことが見つかると思います。

ユーザーID:1324430051
大人でしょ?
akiron
2017年3月7日 22:05

トピ主は20歳を超えているので
もう大人なのです

18歳の時のトピ主が親のいう事を聞かざるを得なかった事には同情しますが
大人になったら、過去のそれら全ては言い訳でしかありません

その代わり、トピ主がこれから何をしていくかは自分で決める自由があります
何かやりたい事があるなら、自分で決めてやっていきましょう

幸い、大学を出なければなれない職業はそれ程無いと思いますよ

> 今更この年齢まで来て
22歳になったら諦めないといけない職業ってなんだろう?



君が30歳になった時に20歳を振り返り
君が40歳になった時に30歳を振り返る
その時に「ああ、あの時にぐちぐち言わずに踏み出していたら、本当はこんな事ができたかも」って思うかも知れないね
それが一番つまらない

勝手に限界を決めて
親のせい
環境のせい
才能のせい
お金のせい
そうやって何かのせいでありさえすれば
諦めた方の人生で満足できる?

好きにすれば良いけれど
どっちの人生を歩んでも
自分の人生の責任は自分で取るしかないよ

ユーザーID:7244089745
生活のための仕事をしていない身分で言うべきことではない
のとてす
2017年3月7日 22:24

>仕事をしてまで生きる
トピ主さんが日本で暮らしている場合、
勤労の義務は実際どうだかわかりませんが、
納税の義務からは逃れられず(としておきます)
その他衣食住を賄うのに「(雇われて)働く」というのが、
一番楽で手っ取り早いから多くの人がしているだけです。
(例として、専業主婦の方々は雇用されての
 勤労はしていませんが、違法でもないと思います)

>否定され続けて父の仕事のサポートになる学部に入学を決定させられました。
ひょっとしてご存知でないかもしれませんが、
トピ主さんは学生さんのようですが、20歳を越えているので
実際には仕事を自由に選ぶことができます。
(働きたくないのであれば解決にならないかもしれませんが)
ご両親に従っているのも、成人であるにも関わらず、
自分の経済力ではままならないから支援を受けるため
ではないかと思いますが…。
消極的にでも自分で選んでいるのであって
権利としてはご自身の経済力で希望してい仕事(?)に
切り替えることができます。

トピ主さんも国のインフラ…例えば毎日通る道とかを
使っているでしょうから、社会の一部であることは否定できないです。

ユーザーID:6228015210
 
現在位置は
です