現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

ピアノのレッスン、月2回でも大丈夫でしょうか?

植木鉢
2017年3月6日 13:19

 初めまして。この春、小学四年生になる子の母です。
 子供は二年生の半ばごろからピアノの個人レッスンに月2回通っております。
なぜ月2回かといいますと、他の習い事も数個あり、年42回通うよりも心身ともに一息つける時間ができ、家での練習時間の確保にもなればと思いそうしてきました。
 
 しかし、やはり月2回では普通の半分のレッスンですので、多少の遅れは仕方ないにしても、小学校卒業時点で、本来、実るべき力の半分とまではいかないにせよ、差が出てしまうのではないかと心配になってきました。しかしコンクールに出場とかはありません。
 これから、いわゆるゴールデンエイジの期間ですので、少しがんばってでも月42回のコースにする方が『伸び率』が高いのではないかと考え始めました。娘はどちらでもいいとのことです。
 
そこで質問ですが、やはり月2回と年42回レッスンでは小学校卒業時にピアノの上達具合は
1雲泥の差が出るので年42回がおすすめ 
21日30分〜40分の練習を週5日すればそれほどの差はでないので今のままでよし
3その他のご意見

お手数ですが、番号ないしご意見があればお聞かせいただきますでしょうか?
なにぶん、ピアノの経験のない母ですので、どうすればいいのかなと迷っております。どうぞよろしくお願いいたします。

ユーザーID:3599717383  


お気に入り登録数:48
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:26本

タイトル 投稿者 更新時間
人と比べないで携帯からの書き込み
みみ
2017年3月6日 15:32

ピアノ講師です。

比べてしまえば年間42回レッスンの子と月2の子ではもちろん差が出ます。
でもピアノへの気持ちや力の入れようは人それぞれ。

音大を目指しピアノ第一の子の年間42回レッスンと、あくまでもピアノを生涯の趣味に出来るよう楽しく続けたい子の年間42回レッスンではレッスン内容は全く変わります。


月2回のレッスンがお子さんに合ってるのなら良いじゃないですか。


何の為にピアノを習うのかによって人それぞれベストな通い方は変わって来ます。

ユーザーID:3344141107
練習時間が長いですね
こつこつ
2017年3月6日 15:48

練習時間長いですね。
1日30分以上するのですか。
ピアノが好きなんですね。
それに、努力家なんですね。
小4の時は、うちの子達は長くて10分でしたよ。
毎日弾いてはいましたが。
レッスンは小6の秋まで月4回、受験があったので秋以降は不規則。
中学高校も月4回、テスト前は不規則になってました。
医学部でしたが、大学にいっても暫く続けてました。

先生に相談するといいのでしょうが、
先生もいろいろなんですよね。
家での練習重視の先生もいれば、
レッスンで練習するぐらいの気持ちでもいい、という先生もいますよね。

個人的には月2は間隔があきすぎだと思います。
月4は確かにいそがしいんですよね。
月3はどうですか。

ユーザーID:4944357684
そのピアノは趣味ですか?それとも上達して欲しいのですか?
碧緑
2017年3月6日 16:48

ピアノは習い事が無い日も毎日弾いてますか?

基本上達を望むなら毎日触らせ弾くのが最低条件です。


娘さんがどちらでもいい、と言ってるなら娘さん自身も心から上達したいという想いがないのでしょう。
なら趣味程度なら月2回だろうと年42回であろうとどっちでも宜しいかと。

ユーザーID:8961858786
個人の資質による
不惑
2017年3月6日 17:18

3です
そんな事は本人のセンスや資質によるので 誰も何とも言えませんよ

ただ一般的には多くのレッスンと練習をすれば伸びるのは目に見えてますが
習い事は全てそうですが指導者の資質も実はかなり影響するものです

無駄のないレッスンをして合う生徒もいれば
一見無駄な事を沢山しなければ成長しない生徒もいますし
レッスンとは無関係に何かをきっかけにグンとレベルアップする生徒もいます

小学校卒業時点でプロを目指さない(目指せない)一般的な6年生は どこら辺が普通なのですか?アラベスク?エリーゼの為に?その程度でしたら音符を追う弾くだけなら多分、今でも弾けるのでは?

沢山の練習より たった一度でも誰かの演奏で心打たれるという体験のが大事な事もありますよ
生のコンサートおすすめです

ちなみに私、ピアノ弾きませんけど・・・

ユーザーID:5891680293
娘さんが今のままで良いと言っているなら…
ピアノ親子
2017年3月6日 19:10

そのままで良いんじゃないですか?

また、ピアノの先生もそのようなスタンスで
OKなんですから良いのでは?

ただ、コンクールは別にして
発表会などはないのですか?
たいてい発表会などで
自分のお子様のレベルがわかると思うのですが…。
コンクールは、出なくても観に行ってみると
勉強になったりするかもしれませんよ。

ユーザーID:0288492764
3 その他
通りすがり
2017年3月6日 20:39

レッスンに通うのは月2回でいいとして、家での練習は週5日ではだめです。
週7日、つまり毎日30分でもいいのでピアノに触れてください。
そろばん、ダンス、スポーツ、何でもそうですが、1日休むと取り戻すのに3日かかります。

私はピアノ経験者、修学旅行で数日間弾けないときは指が疼いて、テーブルを叩いてました。

ユーザーID:3971184461
何がさせたいのですか
尾場参
2017年3月6日 21:01

選択肢では3です。

「雲泥の差」とか「差は出ない」とかは、何が基準なのでしょうか。
音大を目指すなど期限を切っての目標がないなら、ピアノを弾かない親御さんがあれこれ言わなくてよいのでは。

たとえ一生懸命芸として仕込んで、小学校卒業時に満足のいくレベル(というのも疑問です)に達していても、その後弾かなくなったらあまり意味はなくなります。

お子さんご本人の希望と親御さんの諸事情が合致すれば、続けるのもやめるのも自由ですが、ピアノは本来は「芸」でなく「芸術」です。お子さん本人が音楽を愛し、続けていきたいと思われるまで見守るのが親の役目で、それを理解できない親御さんが上達具合をコントロールしようとするのは危険です。

1か2かの答えは性急に出さず、ピアノの先生に相談しつつ、お子さんの様子もみながら続けていかれたらどうですか。

ユーザーID:1173180967
ぽち
2017年3月6日 21:15

大人なら月2回でもいいんですけどね。

小学生にとって毎週毎週決まった曜日にレッスンに行くことが大事なんですよ。

練習が十分じゃなくても、毎回同じようなことを注意されていてもいいんです。

とにかく、レッスン日が定期的にくるということを体で覚えるというか、一言でいえば習慣づけですね。


雲泥の差がでるかどうかは、わかりませんが・・・。
ただ、習い事を簡単に抵抗なくやめてしまうのは月2回レッスンの子のほうじゃないですか?。


主様が分かっていないのは、

家での30分の練習≠先生のレッスンの30分

ということ。

もっと言えば

家での30分練習×365日より、たった数分であっても、発表会などの、人前で緊張しながら弾く機会のほうが余程人を成長させるということです。

主様のお子様の習い方は、コンクールを引き合いに出す以前にもはや趣味としても成り立っていないと思います。

他の習い事もたくさんされているようですから、そんなにピアノが好きでないのならいっそやめて浮いた時間をもっと好きなことに費やしたほうがいいと思います。

ユーザーID:0543527015
3.その他です
おんぷ
2017年3月6日 21:25

平均的な6年生の力量って、どのくらいなのですか?

コンクールも色々ありますが、時間やレッスン回数を気にするような人にはむかないと思いますし、音大目指さないなら週一でも月2でもよろしいのではないでしょうか。

小4で3大ソナタ弾く子も、小4でギャロップの子も珍しくないので、何を目指してどうしたいのかで、ご自分のお子さんに何が必要なのか考えて決められたらよいと思います。

ユーザーID:8745600238
義務教育でもない
ICHICO
2017年3月6日 21:41

趣味の習い事なのですから、そこまで考える必要はあるのですか?

そもそも
>なぜ月2回かといいますと、他の習い事も数個あり、年42回通うよりも心身ともに一息つける時間ができ、家での練習時間の確保にもなればと思いそうしてきました。

ピアノだけじゃないのですよね。
私は学生時代に音楽教室の受付バイトをしていましたが、数多くの習い事をしている子って「燃え尽きて」いましたよ。

本人が意欲をもって「もっとやりたい!」と望むなら良いでしょう。
でも親が勝手に「こうしたらもっと伸びるかも」と行動を起す事は子供を潰す事もあるんです。

お子さんの考えを潰していませんか?
お子さん自身が「もっとこうしたい!」と意見を言えていますか?

ユーザーID:2095263330
初心者ほど
ピアノ科卒
2017年3月6日 23:25

「初心者ほど、レッスン日は間を開けない方が良い」

別にピアノだけに限りません。
あらゆる習い事に共通だと思います。

理由は明白。

初心者は自分の間違いに気づくことができません。
家での練習を間違ったまま2週間インプットさせてしまったら
それを直すのに倍の時間が必要です。


私は海外の音楽院で学びましたが
高卒者が通う「大学課程」の生徒のほかに
将来の大学生のための「初等準備課程」ともいえる括りがあり
初めてピアノを触る子供たちも、同じ門下にいました。

この子供たちのレッスンは20分レッスンが週2回。
約3日おきのレッスンですから、
間違いは癖になる前に修正され、
家であまり練習しなくとも、忘れる前に次のレッスンで思い出し、
ということを繰り返して、皆、1年後には
正しい耳が育ち、正しいフォームの基本が身に付き
そこそこ弾けるようになっています。

この基礎の基礎が身に着いたら
レッスンは週1回になり、その代わりにレッスン時間が延びます。

月二回レッスンというのは、独学可能な上級者レベルの人の回数です。
初心者で、せめて週1レッスンが無理なら、辞めた方が無駄がありません。

ユーザーID:4308686373
小学校卒業までの視野では不十分ですよ
CK
2017年3月7日 1:52

ピアノに限らず、楽器は毎日さわって(つまり「さらって」)いなければ身につかないものです。
それに、私が幼い頃に先生から言われたのは「中学生ぐらいで止めてしまうと、弾けなくなりますよ」ということでした。
つまり、成人するぐらいまでは弾き続けていなければ、それなりの演奏ができないということです。

成長期にある子供は、確かに適当な頻度でレッスンに通い、
変な癖がつかないようにしたり、難しいパッセージや広い和音でも脱力をして弾くことを身体で覚えたり、技術的にきちんと習うことも重要です。
同時に、どれだけ長期間レッスンを受け続けるか、ということも非常に大事なことです。
レッスンを受けないまま、自発的に適度な練習をするのはかなり困難だからです。

大人になっても良い趣味として続けられ、
プロがアンコールピースに弾くような素敵な小品などを弾けるようになるには、
長くレッスンを受け続けることをおすすめします。

それから、長く続けるためには、プロの生演奏を聴くこともモチベーションになります。
年に数回でいいので、コンサートに連れていってあげてくださいね。

ユーザーID:4075323151
現在大学生の娘2人がピアノを習っていました
tonakai
2017年3月7日 3:54

次女は4歳の時にピアノを習い始め、週1回のレッスンを小学校卒業まで続けました。
初めから音大やコンクール入賞を目指してはいませんでした。
家での練習もしたりしなかったり。
小学校6年の時「趣味としてピアノを弾くためのことは十分学んだから中学からは習わない。」と言い、レッスンを止めました。
時々思い出したように弾いています。それもはやり歌の曲を。

長女は妹がピアノをしていても全然興味を示さなかったのですが、小学校4年生の時習いたいと言ったのでさせました。
ただ、他の習いごとそしてやりたいことがたくさんある子だったので時間が取れず、とぴ主さんのお嬢さんと同じように月2回。
春夏冬の長期休みの時はレッスンはありませんでした。
受験勉強で忙しくても、月2回のペースで高校卒業まで習っていました。
毎日家でも30分位ですが練習していました。
大学で家を離れピアノが弾けない生活が耐えられないと、Xスタンドの電子ピアノを購入し、毎日弾いていると言っています。

お嬢さんはどのように思っているのでしょうか?
小学校卒業時に実力の差が出たとしても、それで何か困ることがあるのでしょうか?

ユーザーID:0373952180
レスします
レーズン
2017年3月7日 4:12

まず、何をどれだけ習っているのか、ピアノでどうなりたいのかを整理するべきだと思います。趣味で楽しく弾く、いわゆる情操教育だけが目的ならば、月2回でもいいと思います。その時その時の実力が本来の実力であって、本当ならもっと弾けたのに、というのはないと思います。コンクールに出るわけではないと言うなら、今のまま楽しむのも一つの道です。しかし伸ばしたいと言うのなら、レッスンは倍にするべきでしょう。伸ばす目的は何なのか。プロになりたい、音大に行かせたいと言うなら、他の習い事を減らしてでも増やす一択でしょう。三つ四つから習い始め、毎週レッスンをしている人が当たり前にいるのです。始まりが遅い上に、通常の半分のレッスン量では、趣味にしかならないので、今のままでいいと思います。お子さんはどうですか。暇があればピアノを弾いていたい、他の習い事をやめてでもレッスンを増やしたいと言うのでしょうか。やる気がなかったら、ゴールデンエイジなど関係ないのではないですか。

ユーザーID:1451396565
こういうトピックたまに見ますが
ケイ
2017年3月7日 9:43

 お子さんは、他には何をやっているのか。スポーツ系の手を痛める可能性あれば、怪我すればお休みだし、進学塾行っていれば、受験まで続けるのは難しい。楽器は、自分から希望したのか?どのくらいやるかより、課題がまずは出来ていかなかったら練習増やさないといけない。でも、それで嫌になることもある。
 コンクール狙う訳じゃないけど、遅れるとは何を基準に、どう言ったことを望んでいるのか?よほど好きでなければ、部活始めたり、学校生活で辞めること多いです。
 そのようなこと踏まえ子供本人と話して、先生とも相談して練習量やレッスン日も増やすのが適当か?先生の予定も確認するのが手順では?
 趣味でやるなら大人でも間に合うし、音楽を嫌いになって辞めるのは本末転倒です。
あなたがやるのではない、お子さんがやることを前提に考えるべきです。

ユーザーID:1320026761
どの程度を目指してるのか
makkun
2017年3月7日 9:46

月2回のレッスンなんて、たとえ練習をきちんとしても
将来「趣味でピアノを少し弾いてます」と言える程度のスキルが身につくくらいでは?
とはいえ、年42回でも月に3〜4回程度なのでかなり上達するレベルでは
ないのでしょうけど…
お子さんにどの程度のスキルを身に付けさせたいのでしょうか。
年42回受ける人との差がなければいい、程度でしょうか。
コンクールがないということですので、趣味でピアノを弾くのが目的という子が
通うような教室と推察しますが
それでもレッスンは受けるだけ身につくのは確かでしょうし
42回受けてる子が一日一時間の練習をしてれば差は広がるばかりですよね。
真剣にピアノを習ってる子は一日一時間程度練習をするのは当たり前なんじゃないかな。

他の習い事も数個やってる…ということですし
ピアノは趣味程度ならあまり無理させる必要はないのでは。
お子さんが一番やりたいことは何ですか?
私の知り合いの子はコンクールにガンガン出る教室に通っており
レッスンは週一ですが家ではほぼピアノ漬けの日々です。
親も付きっ切りで練習を見てます。

ユーザーID:2310385754
最終目標は?
かざぐるま
2017年3月7日 11:19

ピアノに限らずですが、最終目標なり目的は?

私はピアノではありませんが、いわゆるプレ・ゴールデンエイジ〜ゴールデンエイジの期間に水泳をしていました。
365日休みなし、毎日夜2時間、週末は4時間です。
水泳に行く前は月曜から金曜まで毎日違う習い事に行っていました。

そんな私からいうと月2回も4回も大差ない気がしますが、何よりも本人が好きかどうか、やりたいかどうかでしょうね。

私はピアノは週1回レッスンに行っていましたが、自宅でも結構弾いていたのでただ弾くだけなら家での練習だけで十分でした。
ただ弾ければよかったので、小5の時に母親にピアノはもう習わないと自分から言いました。
高校時代までは結構難しい曲もただ弾くだけなら弾けましたが大人になった今は全く弾けません(汗)

娘さんの「どっちでもいい」という意見はさほど興味がないと受け取れますが、ただ惰性でやっていても糧にはなりません。

ユーザーID:0394918956
お気楽に好きに弾くなら問題ない
ハムハム
2017年3月7日 11:34

自己流の癖が付いて曲のレベルが上がるほどド下手になるから
1雲泥の差が出るので年42回 です

ただし
レッスン代も練習時間も無駄になり上手くならなくても良い
下手で人様に見て貰えないレベルでも音楽が楽しめれば良い
ここまで割り切れるなら
3その他のご意見 現状維持

それにしても
ピアノのレベルが上がれば上がるだけ 下手になっても良いよ!って
いまの月2回でOK出すピアノ講師だったら、月4回行った所で
 上達するピアノレッスン は提供して貰えないよ

コンクールが有るからピアノを習う大きなメリットが有るのに放棄でしょ?

本番でパーフェクトに人前で発表する難しさ(心臓バクバク、アタマ真っ白)
他の生徒のピアノを聴いて、演奏の良し悪しを判断する耳を養う
耳や感性が養われてこそ、自分のピアノ演奏の理想が持てて
これを通して、ピアノの経験値(発表会必須)が上がって行くのにね
雲泥の差はここですよ

他の習い事が多忙でそれがメインだったら、割り切って
基礎だけみっちり確実に悪い癖付けない!を最大の目標にすると
自分で好きな曲を弾く趣味で良いかも

ユーザーID:7655678030
週4のほうがいいですよ
セントポーリア
2017年3月7日 23:02

ピアノ講師として20年余り教えています。
結論から申し上げれば、小学生の生徒さんでしたら月4回レッスンが適当です。
理由は2つ。
1つはレッスンで出た課題、直すべきところを次のレッスンまでにやっておくという場合、お子様にとっての2週間は大人にとってのそれより長いということです。
2週間先までにどのような練習をしてどれだけのことをやるか、先を見通すのはお子様にとって難しいということです。
1週間練習したところで先生にチェックしてもらうくらいでちょうどよいのです。
さらにもう一つ、月2ということはもし病気や学校行事でレッスンを休んだら月1になってしまうということです。
私の教室では、規約を作り、月2レッスンは中高生や大人に向いた方法であり、小学生以下にはお勧めできませんと明記しています。
もしお子様が先生に言われたことをきちんと守り、計画的に練習できるタイプなら可能かもしれません。

ユーザーID:6096599227
いつ辞めるかによる
レッスン
2017年3月8日 5:29

差は絶対出ます。

ただ、ピアノと言うのは持久走でもありますから。

例えば、小学校でピアノは卒業、中学からは部活に専念する、とか言うのだったら、今、伸ばしておかないと、中途半端になりますよね。今、週一で基礎を頑張っておけば、小学校卒業でピアノ辞めても、大人になって再開して趣味で充分楽しめるレベルになると思います。

細くても長く続けたい、というのなら、無理しない範囲でやった方がいいかもしれません。というのは、思春期、中高生になると、音楽の楽しみ方が小学生の頃とは違ってくるんです。高校生まで続けた子は、ピアノがこんなに面白いとは思わなかった、やっと楽しさが分かった、辞めないで良かった、と言います。でも、レッスンというのは、レッスンそのものが大変なのではなく、満員電車に乗って通うとか、帰りにお腹がすいてたまらないとか、その他もろもろの部分が大変なんですよね。(ちなみに、自宅で30分練習するよりは、レッスン30分の方が効率はいいです、その点では、週一の方がいいですけれど)。なので、体力の限界でアップアップで、数年で辞めてしまうよりは、月2で長く続けた方がいいと思います。

ユーザーID:2901073544
 
現在位置は
です