現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

大学院進学(文系)か就職か 携帯からの書き込み

黒砂糖
2017年3月8日 3:54

国公立大学の文学部に通う大学3年です。わたしは今いる大学の大学院への進学を希望しています。
中国の提携している大学へ大学院生が日本語教師として留学する制度があり、できれば留学したいという気持ちもあります。
いま大学でやっていることがとても好きで、もっと広く様々なことを、かつ専門的に勉強・研究して、語学力も磨きたい、という気持ちがあります。

ですが、両親は「応援したい気持ちはあるが弟(私立の医療系1年です)のこともあるし、お金の援助はできない。学費は祖母が出すと言ってくれているからそれに頼ってほしい。家賃と生活費は自分でまかなうように」「景気がいい、売り手市場と言われるうちに就職するべき」と言い、進学に反対します。
学部のうちから無利子ではありますが月3万円の奨学金を借りていて、さらに奨学金を借りて進学することに不安を感じます。(文系の修士でそれを返していけるだけの職につけるかどうかもですが)
進学を諦めてこれからでも就職活動をしていくべきなのか、それとも奨学金を借り、アルバイトをしながらでも進学してもよいものなのでしょうか。長くなりましたがみなさまのご意見をお聞かせください。

ユーザーID:5242332730  


お気に入り登録数:46
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:26本

タイトル 投稿者 更新時間
良いレスが集まるとよいですね!
ミフネ
2017年3月8日 11:14

同じような状況にある姪っ子がいます。
本人は研究者を目指したいといっており、狭き門なのは明らかですが、どんなに狭き門でも、
ほんの一握りの人とはいえ、その夢をかなえて教授職につく人たちも実在していることを思えば、
完全に否定することはだれにもできないですよね…。

文系大学院(特に文学部系)のその後についてはあまり表に出てこないので、このトピ注目してみます。

私自身は、姪から相談されたとき、研究者を目指すならやはりレベル感が重要なのではと感じました。
私は文系私大卒のアラフォー。
同期には大学院へいき、そこから講師(同大)→教授(他大)になった人もいますが、その人は学部時代から頭抜けていたし、
その人の親も大学教授という、なんというかいかにもという雰囲気の人でした。

経済状況が厳しく、少子化が進む中、文系大学院は経営維持に必死で、異様に門戸が広くなっているという話も聞きます。
学費は全額給付型奨学金で賄える学力&制度のある大学院に進学、というのならアリだと思うけれど、そうでないのなら、我が子なら止める、と答えました。
文系は5年では博士号は獲れない人がほとんどですしね…

ユーザーID:8562324750
大丈夫ですか
おっちゃん
2017年3月8日 12:07

元々、お金がないのに大学どころか大学院までって。きつくなるのはあなたですよ。

ユーザーID:1589631854
後悔しました
先に立たず
2017年3月8日 12:14

私も同じような境遇にあって、就職を選択した者ですが、
就職してからも院を受けようとしたり、受験勉強しながらの仕事で、
どっちも中途半端になってしまって非常に後悔しました。

一度きりの人生、自分のやりたいようにすべきです。

奨学金が月3万円なら、2年延長で72万円の追加。
どうにもならない金額ではないと思いますよ。

ユーザーID:1590976425
進学すべきです
おやじ
2017年3月8日 12:30

進学すべきです。

人間にとって、最大の贅沢は、勉強することです。

働くことは、それに比べれば、はるかに劣ることです。

(そうでなければ、機械化が進む事の説明が付きません。)

勉強できるだけ勉強して、研究者になれればそれでよし。

なれないとしても、勉強に明け暮れした充実した時期を持てた事は必ず財産になりますし、長い人生における慰めにもなります。

迷うことはありません。

人それぞれ価値観は違いますから、好きなことをするのが一番です。

そのためにだけ購読するのは無理があると思いますが

・長谷川宏/谷川俊太郎「魂のみなもとへ―詩と哲学のデュオ」朝日文庫

この本のなかの「ありんこ」という詩が、トピ主さんの問いに対する良き回答になっている気がします。

ユーザーID:4111643058
自己責任
ゴータム
2017年3月8日 12:49

>進学を諦めてこれからでも就職活動をしていくべきなのか、それとも奨学金を借り、アルバイトをしながらでも進学してもよいものなのでしょうか。

それを決めるのがトピ主の自由であり、責任です。
どちらを選択したとしても、その先の事は誰にも解りません。
どちらにもベネフィットがあり、リスクがあります。
そのベネフィットの大きさやリスクの大きさを評価する基準は、トピ主自身の人生観であり覚悟です。
他者の評価を聞いたとしても、他者は責任を負ってはくれません。

ユーザーID:5228847028
修士課程について
メロン
2017年3月8日 14:17

大学院で何かを学ぶというよりも、自分の研究を深めて論文を書くために行くところです。
修士の1年目はとにかく課程を修了するために必要な単位を必死で取りつつ、修士論文の構想や執筆のためのフィールドワークを重ね、資料を蒐集したり、関連する専門書を読んだり、先行研究を探したりすることであっという間に終わります。
修士2年になると、論文の中間報告を求められたり、就職するかどうか決めなければなりません。もちろん、修士論文を完成させることが最も重要です。
私は修士課程の2年の5月に学会発表をし、それを基にして論文を作成、学会誌に投稿し、採用されました。そのおかげで博士課程に合格できました。
大学院に行くと、大卒時にできていたような就職の機会をのがしてしまうリスクがあります。
修士という学位を得ることによって、何かを失います。
大学院進学により、奨学金を借りると、給付型のものでない限りは返済しなければなりませんので、明らかに借金となります。
一旦社会人となって学資を稼いだのちに、進学するという方法もあります。私は自分のお金で進学しました。
じっくりと検討してください。

ユーザーID:9585622923
それって、道楽?
緑鍵盤
2017年3月8日 14:47

>いま大学でやっていることがとても好きで、もっと広く様々なことを、
>かつ専門的に勉強・研究して、語学力も磨きたい、という気持ちがあります。


そのスキルって身に付けた場合、社会に評価されるもの?
 ベタに言っちゃえば、収入・報酬として見返りのあるもの?

そうでないなら、単なる道楽であり、趣味と一緒。


あなたの友人が、
「大学を卒業したあと、アニメやフィギュアに囲まれて3年ほど過ごしたいのですがそれってどうでしょうかね?」
と相談してきたらどう回答しますか?

ユーザーID:4730478383
私は貸与奨学金とアルバイトで進学しました。
Ph.D.inENG
2017年3月8日 15:18

40年以上前の話です。私の場合、勿論専攻分野(応用数学、制御)に強い関心がありましたが、就職希望先が博士号の所持を必須条件としていたからです。9年間の学生生活、何時も空腹でした。

大学院で研究がしたいというお考えがあるなら、大学院進学に賛成します。文系理系に拘わらず、研究というものは楽しいです。修士課程修了後に不安がありますが、進学する価値はあります。

学費と生活費を貸与奨学金とアルバイトで賄うのは大変ですが、大学に学費免除を申請すれば通るかも知れません。しかし、それなりの覚悟が必要です。私は奨学金返還免除職に就けましたので、返還が免除されたのは幸運でした。

20代に研究活動することは素晴らしいです。私は、貴女の進学に賛成です。応援しています。

ユーザーID:6870553507
キャリアップにならない
無常の風
2017年3月8日 15:46

日本語教師として留学しても、キャリアップにはならないと思われます。中国系の企業に就職して、実践で学ぶことがキャリアップになります。しかも、その方が転職には有利でしょう。文系で大学院へ行く場合、社会に出る能力が欠けているという思潮が横行しています。そのような眼差しがある限り、大学院へ行ってしまった場合は大学に残る方が有利でしょう。

ユーザーID:2707127658
最終地点が見えない
匿名
2017年3月8日 15:46

奨学金を借りてでも大学院へ進むのであれば、
それを返せる職に就くことも目標ではありませんか?

トピ主さんの学びたいことが何かしらの職に就けるのであれば
進んでもいいかもしれないけど、そのあたりを調べた方がいいと思います。

中途半端な気持ちで就活すると後々後悔します。
決まるものも決まらなかったり、せっかく就職しても
嫌なことに遭遇した時、乗り越えられなくもなります。

就職でも進学でも最終的には自分が納得した上で決めることです。
大学院で就職浪人は非常に厳しいです。

ユーザーID:0703681301
大学進学した目的は何でしたか??
通りすがり
2017年3月8日 19:09

学費や生活費に余裕が無いのに大学院ですか??
そもそも、大学へ進学した目的はなんでしょうか?

就職のために大学に進学したなら、就職活動が正解でしょうね

うちが裕福で趣味として教養を身につけるために大学に進学したなら、興味があるなら大学院へ進学しても良いでしょう。

大学院は半ば趣味の道ですから、将来の生活に不自由する心配の無い富裕層が道楽に通ようものです。

ユーザーID:6800333121
反対されて迷うくらいなら止めとけ
理学系博士
2017年3月9日 0:20

お金にならない人文系で大学院進学、
しかも親に家賃と生活費を払ってもらって一人暮らしなら反対されるのが普通でしょう。

例え反対されても行くだけの強い希望があるかどうか、
そして学振でもバイトでも奨学金でもいいですが
自分で生活していくだけの力があるかどうか
を考えて進路を決めた方が良いと思います。

なお、人文系修士や理系博士に進学するのであれば、
就職で社会全体の景気を言い訳にするような人はダメです。
学部や理系修士とは違い、学歴ではなく個人の能力で生き抜く必要があるので
具体的に自分の能力を買ってくれる職場があるかどうかを
常に考えなければなりません。

ユーザーID:4118892030
楽ではないが楽しいとは思います
いりす
2017年3月9日 12:44

 文系の修士でも就職はできますよ、たぶん。ただし、修士だからといってよい給料になるとは限りませんが。また、さらに進学したとすると、就職はなかなか大変だと思います。大学はどこも経済的に厳しいようですからね…。(毎年無理矢理予算が縮小されているようですし)
 ただ、勉強とか研究が好きなのであれば、進学する意義はあります。苦労してでも自分の好きな勉強をするだけの覚悟があれば。他の家族を養うとかそういうのでなければ、自分で自分の分を稼ぐ程度なら、なんとかなるでしょう。貧乏でも充実した人生を送れるのではないでしょうか。(うまくすれば、大学とかに職を持つこともできる場合もありますしね)

ユーザーID:5315474688
応援したいのはやまやまですが(その1)
国立大学人文系教員
2017年3月9日 13:59

ご両親の言うようなされるのが無難かと思います。

無利子ながら月3万円の奨学金ということは、卒業時点で150万円近い借金があるということですね。

自宅外通学でさらに2年分の借金をするのは危険性が高いでしょう。アルバイトをするとしても、最低で月5万円は借りないといけない。2年間で120万円。月7万円なら168万円。学部時代と合わせ300万円前後の借金が残る。

でも、どうしても好きなことをやりたいというなら、慎重に将来の計画を立てる必要があります。

まず、あなたが進みたい学科の修士課程卒業生の就職状況を調べること。
現在の日本では文系修士号を取得しても専門を活かした職業に就けるとは限りません。
私の数年前の教え子(自宅通学)も、修士課程を出て県庁に就職しました。専門を活かす仕事ではありません。
逆に言えば、在学中にそういう準備もちゃんとやるようでないと、進学は勧められません。

次に、300万円前後の借金をすると月いくらの返済になるのか、定職に就いたとしても返済していけるのかもしっかり計算すること。

以上の二点をクリアできるなら、進学も可能かも知れません。でも、くれぐれも慎重に。

ユーザーID:2471276594
奨学金
りら
2017年3月9日 17:33

経済的な理由から進学を反対され、それでも大学に行かないと就職できないと
奨学金を満額借りて、アルバイトで休学しながらお金を稼いだ人がいます。
力が足りないからとやはり奨学金を借りて院にも進学しました。
文系の院を修了したとき30歳ぐらいでした。
奨学金は大学で500万、院で500万で合計1000万円です。
今何をしているか知りません。

その方とあなたの違いは目的意識と奨学金の額です。
大いに悩んで自分で決めてください。

ユーザーID:6382666782
国立の文系院卒です
わかめ
2017年3月9日 18:22

アラフォーです。都内の文系の院に進学しました。トピ主さんと同じ所かどうか分かりませんが・・・。
当時、経済状況によっては学費免除制度がありました。入学案内の時に送られてくる紙に記入して、学生課に提出するだけです。今もあると良いですね。あとは生活費と下宿代だけですね。同じ院であるなら、女子学生専用の寮ができたと聞きました。あと、同じ研究室に、東〇国際交流館に住んでいる人がいました。安く住めるそうです。勉強で忙しいですが、月5万〜10万弱ぐらいのアルバイト(専門分野)なら出来ました。都内限定の昔の情報で、申し訳ありません。

ぜひ、進学なさってください。そして、なるべく資格を取ってください。後々、社会に出て女性の力になるのは、学歴と資格です。

私自身の現状ですが・・・研究者の道を断念し、家事(障害児)育児に勤しんでいます。でも、研究者としての就職先の幅を広く見るならば、年齢制限がゆるい場合も多いので、全然、絶望していません。むしろ、障害児の親の視点を生かして、アラフォーのくせに、これから就職活動をするつもりです。どこの就職先も、修士卒が最低限の条件で、博士以上が求められる所も多いです。

ユーザーID:7611672796
???
おとこ
2017年3月9日 22:23

 留学するんなら、時間の自由度が高い学部生で行っとくべきでしょ。

 大学院は勉強するとこじゃないですよ。自分で課題を設定して、研究する場所です。何かをしてくれる場所じゃないですよ。。

ユーザーID:6847895528
一例
匿名
2017年3月9日 22:54

我が家の子供の例です。

文学部ではありませんが国立大学文系で大学院修士に進学しました。
修士に合格できる保証はないし、できれば就職してほしかったので、修士を視野に入れたとしても就活もするように話してありました。
本人も納得の会社から内定をもらい、修士の試験も合格してから本人の悩みが始まりました。
その間、お世話になった先生、先輩などいろいろな人に意見を聞き、鬱になるかと思うくらい悩んだ結果、修士進学を決めました。

学生支援機構から大学、大学院と奨学金を借り、親の収入が少なかったので授業料免除も受けました。
半年の留学も経験しました。
自分の能力も自覚していたし博士課程では就職も厳しいと思っていたので修士で就職しました。

もし挑戦してみたいのならやってみてはいかがでしょうか?
就職は運もあります。
学部卒だからといって適した職に就けるとは限らないし、何かあった時「進学していれば」と思うよりは、やりたいことをやって後悔した方がまだましだと思います。
修士の2年間でいろいろなことを経験し、あなたならではの知識や教養、個性を磨いて下さい。
就活の成功と充実した人生を祈ってます。

ユーザーID:9734224942
文系修士で民間に就職は難しい
あらふぃふですの
2017年3月10日 16:41

理系の場合は、修士卒で民間企業の研究所に就職ということがあるものの、文系の場合、大学院進学はアカデミックポストか公務員が就職先の主流になると思います。もちろん何事にも例外はあり、寡占が進んだとある業界で独占禁止法を専門に学んだ修士の人が就職した例を知っています。でもこれは理学系博士さんのレスにあった「景気に左右」されただけで、卒業が翌年だったらそのポストそのものが無かったと思います。

進学すれば、アカポスだけではなく広い意味で公務員に就職することが一番主流となるでしょうから、その用意をしておく必要があるのではないでしょうか。

ユーザーID:4492160346
私は就職しました
Lun
2017年3月11日 1:27

私も大学時代、トピ主さん同じような専攻で、両親に院への進学を反対されました。
反対の理由も似ています。
指導教授にも院への進学を勧められていたので、親に対して少し恨めしい気持ちはありましたが、学部4年間の学費を出してもらったことを考え、親の意向に従い、一般企業に就職しました。
私の専攻とは全く関係ない企業・職種で、葛藤もありましたが、学んだことは本当に多かったです。
貯金もたくさんできました。
4年近く勤めた後、やっぱり進学が諦められず、某国の政府奨学金の試験を受けてパスし、渡航費も学費も生活費も全額出してもらい、修士課程を卒業しました。
(ちなみに会社員時代も家に帰ってから専攻の論文を読んだり、語学の勉強をしていました)
今は専攻を生かした職についていますが、会社員時代の経験を評価されることも多く、仕事の幅がどんどん広がっています。
なので、私は学部から直接院に行かなくてよかったと、今は親に感謝しています。
無理して進学するか、諦めて就職するかという二択ではなく、私のように遠回りするという選択もありますよ。

ユーザーID:4573452614
 
現在位置は
です