現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

夫の不倫相手(関係解消後)からの薔薇の花束

いつか晴れたい
2017年3月12日 19:21

半年前、夫が2年に渡る不倫を職場の同僚(医療従事者)としていることが発覚しました。
気がついて問い詰めたところ、全てを告白し不倫相手に電話をかけ、関係を終わらせました。

しかしそこからが私にとっては修羅場の日々・・・
幾度もの話し合いを重ね、冷却期間も置き、少しずつ心の整理をつけることが出来ました。
一時は離婚も考えましたが、まだ小さい子供達のことや、この状況から逃げずに私と向き合おうとする夫を見て、自分がまだ夫を愛していることに気がつきました。

お互いに見失っていたものを、今回のことで再認識し、やはり共にやっていこう、と関係の再構築の日々でした。
職場が同じであることで、ブルーな気持ちになることも時々あります。
けれど「もう一度彼を信じてみよう」と決断したのは私です。「疑い」は結局は自分に不幸しか招かない、ということも今回の事で学びました。

先日、義母のお見舞いに行った時の事です(膝の手術で夫が働く病院に入院中)。
小さな花束とチョコレートを持って訪室した私を見て、義母はとても喜んでくれました。
病室の片隅に、綺麗なピンクの大振りな薔薇の花束が飾られていまいた。
「キレイだな・・・」と思っていると、義母が「○○さんがくれたのよ」と不倫相手だった彼女の名を言いました。
全く心の準備をしていなかった時に聞いたのでかなり動揺してしまい、関係ないタイミングでしたが義母の前で涙してしまいました。
高齢で今年伴侶を亡くした義母には、今回のことは何も話していません。
不倫相手も既婚者で、今回のことで私から彼女の夫に話したりはしていません。

夫も花束のことは病室に行っているのでもちろん知っていますが、事情を知らない母の手前なすすべもなかったようです。
私が帰宅後に「どういうつもりなのか」と訴えると「自分も驚いた」「僕は全く関知していないことだから」とオロオロしていました。

ユーザーID:6858609459  


お気に入り登録数:1582
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:8本
トピ主のみ(8)ほかのレスも表示

タイトル 投稿者 更新時間
トピ主、補足です
いつか晴れたい(トピ主)
2017年3月13日 0:32

字数の関係で説明が曖昧な箇所があり、補足させていただきます。

職場が同じなのは、夫と不倫女性です。
いわゆるw不倫というもので、相手には子供もいて一度家族で家に招待もされたこともあります。
それは二人がそういう関係になる前のことです。

そして何度も子供のお下がりの服を大量にいただいていました(不倫前、不倫中もです)。
不倫発覚後、一番しんどかったのは、もらった服の処分でした。
相手の家の前に置き去りにしようかと思い車に積みましたが、向こうのご主人が見つけたら不審に思うだろう、これ見よがしなことはしないでおこう・・・と思い直し彼女に電話し、出てきてもらい返却の旨とどういうつもりだったのか、話をさせて欲しいと言い話合いもしました。
これは本当に勇気が必要でしたが、今では良かったと思っています。

向こうのご主人が知っているのかそれは不明ですが、私から伝えることは悩みましたがしていません。
そういう形の復讐は自分に得るものはない、と思ったからです。

ユーザーID:6858609459
トピ主です、続き2
いつか晴れたい(トピ主)
2017年3月13日 0:45

お下がりの服で、数年使い思い出が残るものは、寄付に出したり、とても辛い気持ちで処分したりしました。
今回の薔薇の花束には、かなり衝撃を受けました。
やっと平穏に過ごせていると思っていた所でしたので。
どういうつもりでそんなことをするのだ!と怒りも湧いてきます。

たぶん彼女は夫のことが本気で好きだったのだろう・・・と思います。
発覚してキッパリと関係が終わって、その後も連絡がなく、わりと平穏にしている様子を見て、彼女も色々思ったのだと思います。
夫が不倫したのは、家庭がそのころ安らぎを感じられなかった、セックスレスに近い状態だった、というのが理由のようです。
末っ子がまだ1歳で、私も他に様々なストレスがあり、いつもイライラしていました。
とてもそんな気持ちが湧かなかったのも事実です。

そういった状況で義父のガンが見つかり、彼にはさらにストレスな状況で義父のことを相談に乗ってもらっていたようです。
そういう所から関係が始まった、それを聞いて、一時は本当に虚しい気持ちになりました。
私も、義父のことでは一生懸命やったつもりでしたので。

ユーザーID:6858609459
トピ主、最後です
いつか晴れたい(トピ主)
2017年3月13日 1:01

長くなりましたが、もう少しお付き合いください。

今回の件で、色々なことを思い出してしまい少し体調不良になってしまいました。
ここで皆さまから、彼女がどういうつもりで居るのかお聞きしてみたいと思い、ご相談させていただきました。

夫とは話し合って、今回のことはふたりで無視しようと決めました。
相手の女性に花束のことを問い詰めたり、こちらから釣られて反応するようなことはしない、ということです。
どういうつもりなのか、私は彼女ではないので結局のところ分かりませんし、「無視」して夫と関係の再構築を続けることがベストだと思っています。

私は服の件もあり、また会って話をした時の、彼女の態度、どこか当事者ではないような受け答えに嫌悪感を持っています。
薔薇の件も背後に相当黒いものを感じ、少し怖い気持ちもあります。

参考までに、彼女は私よりも年上で職業柄、知的な印象の人です。
最初はとても好意的に私と接していた人なので、不倫の事実を知って相手が彼女であったことが大きなダメージでした。
まだ半年、焦らずにやっていこうと思っています。

夫とはよく話し合うようになり、関係は以前より良好です。

ユーザーID:6858609459
トピ主です。
いつか晴れたい(トピ主)
2017年3月14日 18:31

様々なご意見、そしてエール等を押してくださった皆様、ありがとうございます。

「ふたりはまだ続いている」というご意見が多くありましたが、私は関係は終わっていると思っています。
根拠は共に生活をしてるから分かる、としか言いようがありません。時間的なことや、夫の性格も、今現在も水面下で続けるような人間性ではない、と思います。
今度ばれた時のリスクを考えれば、そこまで浅薄な行動はしないだろうし、相手の女性をそうまでして愛しているとは、これまでのこと全て総括して「無い」と思っています。
私に対する気持ちも「愛されている」と、思っています。
なのに、なぜそもそも不倫などしたのか・・・
それは私にとって尽きない辛い問いです。
私も決してよい妻ではなかった、と反省もしていますが、でも夫に対する怒りや失望、憎しみの気持ちもあります。

今回の花束で私の気持ちが大きく揺さぶられ、かなり辛い話し合いをしました。

夫が花束でアクションを起こさない理由は、「私が傷ついたことを彼女に知らせたくない」からです。

ユーザーID:6858609459
トピ主です、続き。
いつか晴れたい(トピ主)
2017年3月14日 18:46

どういう理由で贈ったにせよ、それで私が負の影響を受けたことを彼女に知ってもらいたくない・・・と。

私も「無視」することが一番彼女には堪えるのではないか・・・と考えています。
「突き返す」「どういうつもりか?と問い詰める」これらは、不倫発覚直後にやりました。
あの時は私も動揺し、後先あまり考えずの行動でした。

でも今は夫婦で再構築をしていこう、と決めてこの半年やってきました。
あれくらいの花束くらい屁でもないわ、なにやってるの?というのが、無視することで言葉にはならない意思表明になる、と思っています。
(でも実際はかなり傷つき、動揺しまくった私なのですが・・・苦笑)

彼女は人生経験も豊富にある年齢の女性です。
自分のしたことの意味を感じ、したことの結果は彼女自身に戻ってくると・・・私はそう思います。
別に今回の彼女に限らず、人生はどれもそういうものなのでは・・・というのが私が自分のこれまでの人生で体感したものです。

ユーザーID:6858609459
トピ主です。
いつか晴れたい(トピ主)
2017年3月16日 18:44

引き続き沢山のご意見ありがとうございます。

「薔薇の花束」は先日、義姉(夫の実姉、不倫のことは相談済み)から「今はもう病室にないからね、捨てたから」と報告を受けました。
彼女がわざわざ花束を持って病室に来たこと、私が目の前で泣いたことから何かを感じとって、義姉が来た時に「この花気に入らないから、捨てて欲しい」と言ったそうです。
私が小さな花束とチョコレートを持って見舞いに行った時、すかさず「私は大きな花束よりも、こういう小さい花束が好きなのよ」と言ってくれました。
もうその段階で涙腺がゆるんで困り、思わず告白してしまいたい(不倫騒動についての全て)衝動に駆られてしまいました。

義母があと10歳若ければ、伴侶を亡くしていなければ、手術後すぐでなければ・・・話していたかもしません。
いずれ折を見て話すことになるかもしれませんが、少なくとも入院中は控えるつもりです。
あの人と何かあったのかも・・・?と薄々は感じていても本当のことを言えば、息子の母としてかなりの衝撃だと思います。
義母は亡き義父と添い遂げた人で、女性問題などで涙を流すこともなかった、妻としてとても幸せに生きた人です。

ユーザーID:6858609459
トピ主です
いつか晴れたい(トピ主)
2017年3月19日 17:40

私が相手の夫に言わない理由は、う〜〜〜んさんや、中京さんが書いてくださったままです。
離婚を選択するならもしかしたら暴露してしまったかもしれません。

しかし、相手側の夫が知れば私の夫もただでは済まないでしょう。
勿論、私にも「なぜ私だけ苦しまないといけないのか?」「何もかも白日の下に晒し断罪したい」という黒い欲望がなかったわけではありません。
不倫女性にそれ相応の制裁を与えたい、とも当然思いました。

でも少し落ち着いて考えた時に、それをして本当によいのか?と思いました。
もしかしたら、薔薇の彼女はどこかで自分の夫と別れたがっているかもしれない、何もかも壊したいと思っているかもしれない。
それはお下がりの一部を返却した時に話し合った中で感じました。
家庭生活において彼女は幸せではなさそうでした。
「あなた方夫婦が羨ましい」と言われました。
「彼(私の夫)は絶対にあなたの悪口等を私に言ったことはないし、あなたをとっても大切にしている。私達はただ支え合っていただけだから・・・」とも。
それを聞いた時は腹が煮えくり返る思いでした。
色々と唖然となる話し合いでした・・・

ユーザーID:6858609459
トピ主です、続き
いつか晴れたい(トピ主)
2017年3月19日 19:11

薔薇騒動で夫とよく話し合いをしました。

夫も彼女のこの行動に、かなり驚き怒りもある様です。
そして私が、この不倫でどれほど傷つき、今でも苦しんでいる・・ということも再認識したようです。
夫に対して、再度怒りを露わにし心情を伝える機会になりました。

不倫をしたことに対する夫への不信感は、これから長い年月をかけてしか乗り越えられないものだと、夫も解っています。

「一度不倫をした者はまた同じことを繰り返す」とは、よく言われることですが、それはケースバイケースだと思っています。
性懲りもなく繰り返す人もいれば、猛省し二度目はない人もいると思います。
夫がどちらなのかは、これからの態度、行動で見ていくしかない。
私はパートナーとして信じたいと思っています。
もちろん難しいことですが、「ふたりでやって行く」と決めたからにはそれが、私の覚悟です。

薔薇はもう病室にはありませんが、今後も何かあるかもしれない。
けれどそう予想しているので、今回ほど動揺することはない、と思います。

ユーザーID:6858609459
 
トピ主のみ(8)ほかのレスも表示

現在位置は
です