現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

この場合何処に相談するのが良いでしょうか?

トピ主
2017年3月14日 22:23

皆様から幅広い御意見をお願いします。

弟62歳が昨2月に脳出血で倒れ、左半身不随の後遺症が残り、リハビリ入院を終え補助器具と杖をついての屋内歩行、トイレなどは自力で出来る様になり、昨6月より要介護者用ホームに入居したものの、リハビリは受けられないとの事。
弟が救急で運ばれて以来、病院には2度のみ手ぶらでパジャマや下着も無しで訪問したのみ、弟の銀行カードや印鑑、役所からの看護認定の手紙など一切を一人息子が持ったままで、今の施設に移る手配をしてからは一度も顔を出さず、8月以後ケアマネさんなどの度々の電話、メールにも一切応じず、年金などの出入りも全く判らず、
施設の入居費は毎月の自動振り替えで支払われてるそうですが、それ以外に雑費が要るのに現金の預け金が無く、散髪も出来ないとか、リハビリを受けるために必要な書類等が息子の住所に届く事になってて、それを持って来て欲しいとか伝えたいのに、意図的に電話に出ないみたいで、困ってます。
この息子は交替制の夜勤もある仕事で住まいは買い取りマンションに単身で暮らしてます。

私は外国在住で弟家族とは3年前に26年振りの再会を果たしたのみで家庭内の状況も知らず、弟の妻も4年前にくも膜下出血で入院で寝たきりの状態です。
来月、弟の状態と解決策を探しに行きますが、こういう場合何処に相談すれば良いのでしょうか?
私は10年前に独居の母が脳梗塞からいろんな障害を発症しホームに転居、その頃は私のみが身内として私が日本まで通い5年後に死くなるまで貯蓄を使い果たしたので、お金は有りません。

ユーザーID:9137713801  


お気に入り登録数:41
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:5本

タイトル 投稿者 更新時間
追記と漢字変換間違い訂正です
トピ主(トピ主)
2017年3月15日 2:03

トピックの本文の説明不足と漢字変換間違いがありましたので、追記と訂正です。

弟が救急で運ばれて以後、救急病院とリハビリ病院の一回ずつ訪問したのはその息子で(弟の住まいに近居)私ではありません。

弟が倒れる前日まで仕事に出ていて、それまでの給与や失業保険もどうなってるのか?一切報告無しで、現金は2度目の訪問のときに3千円のみ置いて行ったそうで、以後は訪問も無し、一円も置いて言って無いそうです。
私はネット宅配でパジャマや下着、希望のお菓子などを送り、お見舞金少々を郵便で送りました。

妻も退院できる見込みは無いので、弟夫妻が住んでた借家は昨8月に息子が手配して引き払い、その際に冷蔵庫、TVなどは今のホームに業者の人が運んでくれたそうです。
ちなみに弟の元住所の郡と、現ホーム住所の市が違うので要介護認定などの対応が違うようです。

母が死くなる=亡くなるの間違いでした。

ユーザーID:9137713801
まずは施設や病院の
ほほう
2017年3月15日 8:10

ソーシャルワーカーや相談員。
それから区役所などの障害・高齢の課のケースワーカー。
もし弟さんの認知などに問題があれば、成年後見人の選任のお話になるかと思います。
成年後見人が選任されたら専門職の方が甥御さんからお父さんの財産をすべて持っていき、一応弟さんの生活は今より心配なくなります。

成年後見制度が使えないなら、銀行さんにお話しして甥御さん管理の通帳を止めてお父さんが使えるようにする。
任意後見契約という制度があるので、信頼できる方と任意後見契約を結ばせ、その方に清明な間は任意代理人になってその通帳の財産管理をしてもらう。、
契約の中にはおそらく扶養している奥さんの方の身上監護をすることも入れます。

お父さんのお世話をちゃんとしないとそのような面倒なことになると甥御さんに良く言い聞かせて改善させるというのも手だと思います。

ユーザーID:3769508294
お役に立つかどうか
サブプライム
2017年3月15日 13:27

こんにちは
あなたは海外居住で日本とは遠い。弟さんは大きな病気を抱えられている。弟さんには息子がいて実質上父である弟さんの資金を握っている。
ご存知でしょうが、日本には成年後見という制度があり、その息子が成年後見人なら居住地
の行政と相談して措置をとることができます。しかし成年後見人ではないとなると、誰かを
たてて弟さんの生活介助ができるようにその息子を訴えなければなりません。
どうでしょうか、まずは居住地の役所と相談でしょうか。

ユーザーID:5212655015
弟家族の問題です。
ジジコマチ
2017年3月15日 17:48

 貴方は、海外在住ですし、弟さんに全く親族が居ないなら別ですが、子供がいる以上、弟とその家族が対応すべき問題です。
 確かに、施設や行政側も困っているでしょうが、国内に関係者がいる限り、探し出し、コンタクトする方法はあります。
 貴方に連絡して来たのは、費用負担が可能かどうか探っているのでしょう。それが不可能なら不可能と返事する外ないでしょう。

ユーザーID:5832935721
トピ主ですー1
トピ主(トピ主)
2017年3月17日 20:54

ほほう様、サブプライム様、ジジコマチ様までコメントを拝読しました。有り難うございます。

成年後見人という制度のサイトを読んでみました。
まずその甥が成年後見人になってるかどうかケアマネさんに訊いて。
これを念頭に置いて、甥の住所地の役所に行き、事情説明するのが良さそうですね。

弟は知的障害や認知症は無いのですが、先天性風疹症候群の難聴者なのに補聴器を嫌がり普通の学校に通った為、聞き取りが正しくなく、平仮名つづりが正確に出来ないので、メールなどの漢字変換が出来ず、PC操作も出来ず、私との連絡は携帯電話のみです(国際電話になるので私から掛けるのみです)。
加齢と共に難聴が進んで今では補聴器なしでは会話は聞えないようで、難聴ゆえに社会の一般的な事を知らないまま中卒で倒れる前日まで働き続けてたので(途中転職は何ヶ所も有り)年金は充分あるはずです。
障害者手帳も59歳で職場の上司に指摘されて初めて知り、申請したと聞いてます。

息子は母親が倒れるまでは弁当を取りに両親宅に通ってたそうですが、母親が倒れてからは見舞いにも行ってなかった様で、独居の父親の電話にもなかなか応じず困ってたそうです。

ユーザーID:9137713801
 
現在位置は
です