現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

一塁ベースの厚さ

イチローが好き
2017年3月15日 13:00

野球のことは殆ど知らない、WBCの時だけにわかファンになるおばさんです。

大谷投手がWBCに出られなくなったのは一塁ベースに駆け込んだ時にベースの端を踏んで足をくじいたせいだと聞きました。(それ以外の理由といった難しい話はここでは勘弁願います)
そこでよく見たら、一塁(二、三塁)ベースって結構厚みがあるんですね。
端で5cmくらい、真ん中で10cmくらいに見えます。
一塁手を避けながらベースの端を踏んで走り抜けたら足をくじくのは当然だろうと思いました。

そこでお聞きしたいのですが、野球をする方、特に一塁手の方、ベースの厚みってあんなに必要ですか?
走者だけでなく守る方でもあの厚みが邪魔になることはありませんか?
出来ることならホームベースのようにペッタンコにしてもいいんじゃないかと思ってしまうのですが、そうするとベースに足をかける感触がなくなってしまうのかしら。
でももう少し薄くてもいいんじゃないですか?
せめて半分に出来ませんか?

デッドボールやらクロスプレーやらで大けがをするのと比べれば大したことではないと考えられているんでしょうか、あるいは止まっているものにぶつかって怪我をするなんてドジだとか?
器具を工夫することで防げる怪我は防いで欲しいのですが。

ユーザーID:9447060900  


お気に入り登録数:20
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:6本

タイトル 投稿者 更新時間
その方が安全でエキサイトだから
あざぶ
2017年3月15日 18:53

確かに1塁を駆け抜けるときに踏み外すこともあるでしょう。
でもその事故はさほど多くはないのです。

ベースランニングを考えた時に、全力で急カーブを描いて曲がっていかなくてはなりません。
その時、平らなベースだと足がかりが無くってスリップして転倒してしまう恐れがあります。
分厚い布製のベースなら、そこを基点にしてがっちりグリップした状態で急旋回できるのです。
つまり同じ速度で急旋回するなら、軸があった方が安全に曲がれるのです。

一方、ホームプレートは、そこから先のベースを狙う必要はありませんから、駆け抜けるか滑り込むだけ。
分厚い必要は全くありません。

でも、事故や怪我がない方が良いのは確か。
ソフトボールのように1塁はダブルベースにしても良いかもしれませんね。

ユーザーID:9358283248
ソフトボール経験者です携帯からの書き込み
4番セカンド
2017年3月15日 22:58



一塁手や二塁三塁手は送球を受ける時に足の感覚でベースをちゃんと踏んでいるか確認しているんです。

ホームベースみたいにペチャンコだと目視で踏んでいるか確認してから送球を受けなければならない。そんな余裕あると思います?


後、ランナーも滑り込んだ時にあのぷっくりしたベースがストッパーみたいになって行き過ぎないんですよ。ベースより行き過ぎたらタッチされてアウトです。
まぁ、これは私の考えなので、プロや野球に詳しい方々の意見と違うかも知れませんが。

ユーザーID:6897801248
薄かったら曲がれないのでは?携帯からの書き込み
3時の母
2017年3月16日 2:31

あの厚みがあるからベースに足を引っ掻けて90度曲がって2塁ベースの方へ走れるのでは?

ホームベースは駆け抜けるから厚みがいらないのでは?

厚みのないベースでは曲がれないのではないでしょうか?

ユーザーID:9602287093
歴史にヒントあり
カエルくん
2017年3月16日 8:47

 元来野球の祖先は「ホームラン」それもランニングホームランを目指すスポーツだったのです。
 例えば8回くらいストライクならなきゃアウトにならない。
 打者は投手に対し高い球低い球をリクエストできた。
 バットの片面を平らに削ることが許された。等々打者有利が多かった時がある(パンチョ伊東さんの大リーグへの招待より)

 つまりランニングホームラン他2塁打3塁打に相当がとても多い競技だったのです。
 要するに1塁を駆け抜けるのは内野ゴロの時だけで無価値(打ちそこない)の内野ゴロのためにベースをぺったんこする気はなかった。

 ベースは次の塁を目指すときのための方向転換の補助、陸上のスターティングブロックの役割、さらに滑り込むときの車止めのような役目があるのです。

 ホームベースは終点なので方向転換もダッシュのための器具も止まる必要もないからぺったんこ(下手に型崩れするとストライク判定に影響)でもよい。一塁はあくまで中間点であるというのが今日までの野球の考えです。

ユーザーID:7281532479
有り難うございます
イチローが好き(トピ主)
2017年3月18日 10:05

皆さん、ポチとレス、有り難うございます。

いろいろ勉強になりました、ベースを蹴って塁を回るのに要る厚みと納得しました。男の足だと2、3cmじゃ物足りないですね。
一塁手より走者の為にあの厚みが必要だったのか。

ソフトボールでダブルベースを使っているのも初めて知って、写真を見て驚愕しました。いいアイデアですね、一塁だけでもああいうのを使ったら怪我が減るでしょう。
でも野球ではダブルベースを採用しないんですね、何だろう、スリルがなくなるのかしら。

おばさんはサッカーの試合で選手がゴールポストにぶつかって怪我をしているのを見て、”ゴールポスト柔らかくしてよ!” と叫んでしまうんですが、また笑われそう。

大谷投手が見られない悔し紛れに立てた素人のトピに丁寧に答えて下さって有り難うございました。

ユーザーID:9447060900
ホームベースって
素人
2017年3月18日 10:21

厚みがあったらバッティングのじゃまになるからだと思ってました。
打ってから走り出すときにつまづかないようにとか。

そうか、ホームベースって駆け抜けるためにあるのか。

でも両方の理由かな。

ユーザーID:2317587952
 
現在位置は
です