現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

主婦の私が夫と子供を食べさせているんだと気がついた

あいあい
2017年3月17日 11:40

はじめまして
子供一人の三人家族。二子を妊娠で現在、産休・育休の主婦 あいあい です

産休に入ってからというもの、主人の態度が日に日に尊大になってきました。
二人でお金を稼いでいた頃は私の方が多く生活費を払っていたため、主人は尽くしてもらうことに慣れてしまったのかもしれません。今の現状(俺の収入一本)というのがストレスだと言っています。
「主婦は世間を知らない」「働いてないんだから家事を完璧にやれ」等、
主婦をディスる発言が目立つようになりました。
それによって私も次第にノイローゼになっていき、無気力になる日もありました。

ある天気のいい日に洗濯物をたたみながら、
「わたしの人生って一体なんなんだろう」
思っていたのですがふと、おかしいと気がついたのです。

わたしを苦しめていたのは、一種の「勘違い」なのではないかと。

夫はまるで信じていませんが、わたしはよくやっています。
働いてる時も今も、努力の形は違えど、怠けていると思ったことはありません。
でもわたしは無収入を責められる。
これが大きな勘違いなのかもしれない。

夫からもらう生活費10万円
これはわたしの働きに対する対価の報酬だとわたしは捉えてもいいのではないだろうか?
いわば夫からわたしへの給料なんじゃないだろうか

だとすれば、それを小遣いにせず、家族の食材や生活用品を買い衣服を買う。
そうしていることによって、わたしは自分の報酬で夫や子供を食べさせているということになるのではないか??

洗濯物をたたみながらこのことに気がついて、色んな疑問がスッと晴れて納得がいってしまったんです。

男はよく「妻と子を食べさせてる」と言いますが、それは勘違いで、主婦が夫から報酬を得て二人を食べさせているんです。
夫は食べさせているのではなく妻と子供を住まわせて生活をさせているんです。

それが真理だと思いませんか?

ユーザーID:5148108081  


お気に入り登録数:602
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:2本
トピ主のみ(2)ほかのレスも表示

タイトル 投稿者 更新時間
主です
あいあい(トピ主)
2017年3月17日 19:26

こんな事を言えば世の中の男性はさぞ不愉快に感じるだろうと思います。
しかし考え方次第で、奥さんがノイローゼを脱して自ら健全な精神を取り戻すことができるなら
安いものだと思ってもらえれば良いです。

会社でも出世をし様々なプロジェクトの先頭に立つ夫にとって、ここ数年の主婦である私の存在は退屈なものに感じられるのでしょう。態度でわかります。
同僚たちとも度々それぞれの奥さんの愚痴を言い合って発散しているようです。
(夫から聞きました。こういう話を自分の奥さんにするなんてつくづく舐められていますね)
でもそれは構いません、主婦だって旦那の愚痴ぐらい友達同士でたまにいいますから。

ただ、夫は知らない。
食べさせてる、世話をしてると思っている奥さんに実は自分が食べさせられている、世話になっているという事実を…!
話すつもりはありません。怒り出すと思うので。

でも実際はそうなんです。私が突然この世から消えたら、夫の人生はガラリと変わって、気がつくでしょう。たった10万円でここまでしてくれる人なんて、いないという事に。妻の有難さに。
それが想像できるので、私にはこれだけで十分なんです

ユーザーID:5148108081
ありがとうございます
あいあい(トピ主)
2017年3月19日 16:37

今日、いくつかみなさんからのコメントを頂きました。
ありがとうございます。

家事・育児に対する感謝の一言ももらえない。欲してもいけない

わたしの365日は根底にずっと
「無収入になってから、どうしてこんなにみじめで不自由なんだろう」
という疑問がありました。「働けるはずなのに」

うちの主人にモラハラ要素があるのは認めています。
ただ、主人も仕事を必死に頑張っているので、気持ちもわかってあげたいと思います。
一馬力で家計を背負うストレス。大きなプロジェクト、奥さんの退屈な会話
威張りたくなるのは反動なのでしょう。

彼や世間に遠慮するうちに私の心が病んでいくのなら
彼の立場を立てつつ、自分のことも立てることができるトピの考えは
まさにwin-winになるのではないかと思いました

「それは違うよ」という意見も多いので、
こういう考えは、わたしの立場に立った人でないと理解が難しいのかもしれません

育休明けて働けば、わたしは健康な精神を取り戻すと思います。
その頃には、あの考えは奇妙だったと思うでしょう
でも、それに助けられたのです
「10万円は報酬」
ささやかな甲斐に今はなっています。

ユーザーID:5148108081
 
トピ主のみ(2)ほかのレスも表示

現在位置は
です