現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

こんなライブCD、許せますか?

からやん
2017年3月18日 9:35

先日、図書館で有名な指揮者のライブCDを借りてきました。ピアノがメインの演奏だったのですが、最初から最後まで、客席のおじさんの酷い咳払いが録音されていて、なんじゃコレ!と一人でブチ切れました。

その咳というのも、控えめなゴホゴホではなく、静かな演奏の時も、喘息並の咳を響かせ、止まることはありませんでした。

他のお客さん、嫌だったろうな、演奏者も嫌だったろうな、と同情するとともに、なぜこれをCD化したのか疑問です。買ったら2800円ですよ?咳の音だけでも消す技術ってないのでしょうか?タダで借りておいてなんですが、あまりにも頭にきたのでここに記してみました。

こんなCD、どう思いますか?

ユーザーID:1464316963  


お気に入り登録数:113
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:14本


タイトル 投稿者 更新時間
消せると
2017年3月18日 13:24

以前、テレビの放送では無かったのに、DVDでは咳払いが入っているのを聴いた事があります。冒頭1ヶ所だけだったので、消しやすかったのかもしれませんけど、放送局の方が消すんですね。

多過ぎて消せなかったのでしょうか。トピ主さんは図書館で借りられて、お金を出して損をした気にならずに済んで、まだましでしたね。

ユーザーID:8986644842
まさにライブ携帯からの書き込み
2017年3月18日 13:56

私もクラシック曲で、観客の咳ばらいが二回ほど響くCDを持ってます。
消せないから入ってるのでは。
その販売元に手紙書いてみたらどうですか

ユーザーID:4696691874
ほんと借りたもので良かったですね!
ライヴ好き
2017年3月18日 14:24

そんなに咳が入ってるCD売るなんてひどいですね!

私は、主にポップスやロックのライヴCDやDVDを持っていますが、
意外と客の声は入っていないです。
(わざわざ消す技術は、難しいと思いますが、マイクを舞台や演奏者のマイクを使って、客席用のマイクは、小さめにしたりカットしたりの編集はしてるんだろうな、と思いますよ。)

ユーザーID:3127802915
へんなの〜
もも
2017年3月18日 14:28

変ですよね〜。商品価値という意味で。
別の日に取り直す、とか考えなかったのかしら。

ユーザーID:9789303945
文句言うなら買ってから
ちらむん
2017年3月18日 14:34

演奏者や製作者が文句言うのはわかる。
買った人が文句言うのもわかる。
レンタルで有料で借りた人が文句いうのもわかる。
「タダで」借りたあなたは同じ指揮者の別版を買うなり借りるなりすればいいんだからむしろ事前に分かって良かったじゃないの。

図書館で借りた本が破られてたり、CDが破損していて聞けなかったならわかるけど。

ユーザーID:2445091841
ライブ音源なので仕方ないね
hakka
2017年3月18日 18:20

偶々その日がCD音源をとる日だったり最終日だったりして仕方ないですかね。
でもそのセキをしていたおっさんが悪いね。
私もたまたまライブ音源のコンサートに行きましたとき、最前列に座ったやはりおっさんが大あくびをしてしかも「ファ〜ふぁ」と大きな声でして・・・絶句しました。
何故なんでしょうね必ずそういう妨害するおっさんがいるもんです。
地方の公演で、無料招待されたものの興味がない人ってところかな?
まあ、なかなかチケット取れないような超大物のライブにはそんな人はあまりいないでしょうね。

ユーザーID:5005207105
そりゃ非道い
桜もち
2017年3月18日 22:59

ライブCDは拍手などの人の気配も入っているものではありますが、それはあまりに酷いですね。
その有名な指揮者のライブがかなりレアなものだったとしても苦情殺到だったのでは?
恐らく某通販サイトあたりでは星一つが大半で、コメント欄にも「買うべきでは無い」のネガティブ情報の書き込みが殺到したことでしょう。

ユーザーID:8944342721
色々と考えてみました
ハム子
2017年3月19日 0:15

咳の音声が入ったライブCDなんて珍しいですね。
なぜそんな音源を発売したのか謎ですよね。
ちょっと色々と考えてみました。

・演奏者自身の咳である可能性は?
 演奏者のありのままを発表するという意図のもと
 咳もそのままで発売されたとか?

・レコード会社との契約上、どうしてもそのライブ音源を
 発売しなくてはならず、仕方なくとか?

・大元の音源は個人所有のいわゆる海賊版かも?
 それが長い年月をかけて、
 いつのまにか正規版として流通してしまったとか?

・咳の音を消す技術についてですが、
 現代では演奏だけを録音する技術はあります。
 ただ、このCDのライブ当時はその技術が未発達だったとか?

まあ、ただで借りたわけですからあまり怒らずに・・・ 

ユーザーID:9674133562
まぁ、
こりん星人
2017年3月19日 6:23

そもそも論でそのおっさんが非常識なんですね。
映画館で子供を走りまわさせて自分は映画に没頭している親子と一緒です。
更に言えば会場に居る主催者にも問題が有りますね。
そこまで酷いなら気を使うべきです。

またCDの発売元は”元出”と”契約”が掛かってるから出さざるを得ないんですね。
実は一番の被害者はその発売元かもしれません。

とは言え、発売元へクレームを入れるのは有りでしょうね。

ユーザーID:7013288353
正規品?
かぴ
2017年3月19日 8:57

そのクオリティーからするとブートっぽく聞こえますが、きちんとした会社から販売されている市販品なのか疑問ですね。
でも図書館で貸しているという事はやっぱりきちんとした商品なのかなぁ。

ユーザーID:9304285254
あ、その類のCD持ってます!
hah
2017年3月19日 9:29

トピ主様のお怒りはごもっともです。CD化してお金をとるなら、技術で咳、消せませんかね。

これ、実はライブじゃないので演奏者たちの咳。これはひどい!しかしわたしなんて、買って持ってます。なぜなら、咳など物の数にいらないくらい、演奏がすばらしいのです。圧倒的なので。最後の超有名楽章は咳なんか聞こえませんしね。そして咳がひどいのもこのCDは有名です。静かな演奏シーンでは「ここで来るぞ、ゴホン」なんて具合です。

しかし、実はやっぱり、咳がないほうがいいに決まってます。好みは分かれますがバーンスタイン版も買って思いました。
わたしはCDのカスタマーレビューで咳がひどいのを知ったうえで買ったのですが、ライブ盤などは可能なら視聴・もしくはカスタマーレビューを参考にして買えばいいかな?

ユーザーID:0763553338
問題はそこ?
あすか
2017年3月20日 13:46

今の技術なら消せるし名のある指揮者ならそうできる予算もあると思います。

咳こんでた人の席がわかりませんが、スタッフが退出させるレベルだと思います。
録音云々よりチケット買ってきてくれたお客様の対応が先では?


それを売るのかとは確かに思いますけど、所詮CDしか聴かない人がCDさえちゃんとしてれば文句ないレベルでクレームするのもどうかと。

ユーザーID:4342556736
確かにライブだね
猫パンチ
2017年3月20日 14:19

ライブCDだと言い張られれば、仕方ないでしょうね
実際にライブ録音された物なんだからね
商品としてはジョークショップで売られるレベルだと思いますが
ひょっとして
コンサートも含めすべてジョーク企画だったのでは?咳も演出だったとか

>静かな演奏の時も、喘息並の咳を響かせ、止まることはありませんでした。
クラシック?またはそれに類するコンサートなんでしょ?指揮者が居るって事は
普通に考えればこんな状況は有り得ないでしょ
演奏や視聴を妨げる者は退場して頂く(係員による強制を含む)のがルール(マナーじゃないよ、それ以前の問題)
「喘息並の咳」に対応もしないコンサート主催者
雑音、不快音を何とも思わないCD制作会社
もう、笑うしかないでしょ

ユーザーID:5104504550
どうしたもんでしょうね
flower
2017年3月21日 2:10

小沢征爾さんが村上春樹さんと対談している本をたまたま最近読み、あまりにもおもしろかったので、そこで取り上げられている、有名なバーンスタイン指揮、NY響、1962年4月の公演(ビアノはグレン・グールド)を聞いてみました。

そしたら、歴史に残る演奏・・・のはずなのに、客席の咳がひどすぎて全然集中して聞けませんでした!だからトピ主さんのお気持ちはよくわかります。びっくりですよね。咳ってあんなにうるさく、うっとうしいものなんですね。天才的音楽家たちの気迫こもる、一期一会の演奏を、たった数人の咳が台無しにしちゃうのかーとちょっと呆然としました。

余談ですが、静かな、ほとんど沈黙を聞くような、集中力が極度に高まるクライマックスで必ずゲホゲホやる人がいますね。あれは、「咳をしてはいけない」というプレッシャーにより、かえって激しく咳き込んでしまうものなのでしょうか。そして、あんなに咳き込んでも、彼らは音楽を楽しめているのでしょうか。

不思議です。

ユーザーID:7785693951
 


現在位置は
です