現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

少年野球最後の試合 携帯からの書き込み

ココア
2017年3月19日 11:02

最後の試合に出られない息子がチーム最後の試合を休みたいと言ったので休ませました。時間ギリギリまで話しましたが、首を縦に振らず、休ませることにしました。
私は試合を観るの辛かったのでホッとした気持ちもあります。
今は野球を始めたことさえ、良かったのか分かりません。

ユーザーID:1267254336  


お気に入り登録数:20
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:8本


タイトル 投稿者 更新時間
仕方ない携帯からの書き込み
さくら
2017年3月19日 15:52

私の息子も小学校時代サッカー似たような感じでしたね。

最後の試合、多少は出ましたが、ほとんどベンチ。露骨に私の息子だけ。

理由は後からわかりましたが、監督が嫌いなクラブチームに息子が中学から行くと勘違いしてたから。嘘を監督に言ったスタメンの保護者にも腹が立ちました。

だから私は主さんのお子様の気持ちがわかります。最後の試合だから?何?最後だから何かあるの?て。

私の息子は中学ではクラブチームで一年からスタメンでした。しかし、中学3年の地区大会決勝で何故か唯一試合に出して貰えず(普段出れない選手はみんな試合に出れたのに)負けてしまいそのまま引退になりました。出れない理由わからないまま。息子はそのまま辞めてしまいました。9年続けてました。最後の試合て何?てまた思いましたね。

高校では違うクラブです。

長い人生色々あります。息子さん頑張れ!

ユーザーID:6254232269
正しい判断だったと思います。
El deporte
2017年3月19日 16:01

私は野球に殆ど関心がありません。3人の息子−全員30代後半−がいます。彼らも野球に関心がありません。長男と二男はバレーボール、三男はサッカーと駅伝のファンです。

息子さんがチーム最後の試合を休んだそうですが、それで良かったと思います。本人が休みたいというのを、無理に試合に出場させるのは可笑しいです。


ユーザーID:2829943563
お疲れ様でした
ミルク
2017年3月19日 19:20

最後の試合ということは、卒団でしょうか。

息子さん、ココアさんお疲れ様でした。

複雑なお気持ち、とてもよくわかります。

私の息子も少年野球をやっていますが、

ほぼ試合には出してもらえず、そんな試合にも

私はお手伝いとして行っていたので、、、

監督コーチの気分次第(私にはそのように見える)で

レギュラーが決まり、お母さん方の我が子アピール合戦、、、

息子は行くたびに劣等感の塊になって行くような気がして。

今は入部したことを後悔しています。

ユーザーID:2383919690
答えは出さなくてもいいと思う
トモコレ
2017年3月19日 19:48

トピ主さん、息子君、お疲れ様でした。
4月から中学生ですか?
最後の試合のこと、後悔するかもしれないけど、
答えはすぐ出さなくてもいいのではないでしょうか?

もう前を向いて、新しい学校生活を
楽しみながら頑張ってください。

ちなみに、うちの子のいた少年野球チームでは、
同級生のうち1人しか中学の野球部に入りませんでした。

ユーザーID:9823559154
それもよし。
れいママ
2017年3月19日 19:55

息子が高校野球しています。いろんなレスくると思いますが、考えた末の行動ならそれも良し、かと。そういう思いも含めて、スポーツと捉えましょう。野球に限らず、です。酸いも甘いもありますから。少年野球、まだ小学生、これから中学ですよね?小学生のスポーツはお遊びと呼びます。公園でボール遊び程度の経験です。他スポーツへ行くも良し。何歳から始めた、なんて関係ありませんから。

ユーザーID:2182326173
うーん携帯からの書き込み
ゆな
2017年3月19日 21:04

少年野球をしていた息子がいます。
現在は高校球児です。

色んなチームを見てきましたが、トピ主さんの息子さんが所属していたチームは残念なチームとしか言えません。

小学生のチームで、勝利至上主義だったのでしょうか?
だったら、なぜ息子さんの性格を考えてチームを変えなかったのでしょうか?

気になったのは、チームに何と言って最後の試合を休んだのでしょうか?

体調不良ですか?正直に話たのですか?


正直に話して、コーチや監督が迎えに来てくれないチームだったら、チーム選びを間違えたとしか言えないです。

ユーザーID:7446105360
残念としか言いようがない携帯からの書き込み
なは
2017年3月20日 17:28

試合に出られなくても、
「お前はいつも頑張っているなあ」と、
声をかけてあげる大人が近くにいなかったのは
なんとも残念ですね。

最後まで練習続けたのに、
最後の最後で折れてしまった。


何のために続けてきたのかわからないなんて
親が言う台詞ですか?

ユーザーID:7225031195
逃げるは恥だが
野球好き
2017年3月22日 14:20

>これはハンガリー語のことわざで、
「「Szégyen a futás, de hasznos.」」
という言葉らしいです。
これは、「自分の戦う場所を選べ」という意味だそうですよ。
つまり、自分の土俵で戦え、自分の得意分野で勝負しろって意味ですね。

私の経験ですけど、監督って言っても近所の親父だし、仲良しの保護者の子供を贔屓するのは仕方ないです。

大学生のコーチが「なんでお前たちが補欠なんだ?」って呆れてました。
大丈夫ですよ。
子供同士でも「わかっている」からね。

ユーザーID:5159298023
 


現在位置は
です