現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

低所得者のガンの治療

ベーグル
2017年3月20日 22:09

叔母が肺がんになり、発覚から3年ほどで亡くなりました。
手術は不可能だったので抗がん剤治療をしたのですが、ほとんど効果はなく、逆に副作用で苦しんで、通常の生活するのも大変でした。
家族の勧めで別の病院で高価な他の治療もしていたのですが、気休めでしかなかったよう。
自分に当てはめてみました。
我が家は低所得家族です。
子供達も大人になり、母親としての務めも終わり、もし私がガンになったとしても、叔母さんのような高価格な治療はできない。そのお金を家族の他のことに使いたい。辛い思いをして尚且つ治る見込みもない治療をするくらいなら早く天国へ行って楽をしたい。
治療をしないということは苦しみぬいて死ぬということなのでしょうか。教えてください。

ユーザーID:4146733784  


お気に入り登録数:570
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:45本

タイトル 投稿者 更新時間
情報に振り回されずに自分で徹底して調べる
つくし
2017年3月21日 1:09

ご心配なのはとてもわかりますが。

まず基本的に、「あなたの食べたものがあなたの体を作っている」ということだと思います。

広告や味やパッケージに踊らされて、添加物ごっそりのお弁当やお菓子を常食していれば体調不良になるのはごく当然だと思います。それを知るには、まず、すべて菜食に切り替えて一月ほど過ごして見られると体が答えを教えてくれます。

日常の生活でも体を自分の使いやすいように使ってしまい、それを元の緩んだ状態に常時戻していなければ、筋肉はその使いやすい状態で固まっていきます。結果、血液やリンパなどの循環は悪くなりますし、例えば肩こりのあるあたりの血液は赤血球が変形して繋がっていたり、白血球が仕事をせずにじっとしたままだったりします。ガンなどになる部位はそれらが正常に働かなくなり壊死していきます。ですが、基本、栄養素と循環をよくすればなんと正常に戻っていきます。

一般の薬や抗ガン剤についてもご自分で徹底して調べることだと思います。なぜみなさんがそれで苦しむのか、治らないのか。

ガンが消滅していくメカニズムを知れば良いことですね。

ユーザーID:1229312999
私も低所得者です
通りすがり
2017年3月21日 1:54

でも、ガンになったら何よりとてもヘコむと思うので、ガン保険だけは手厚いものに入っています。25歳の時に終身で入ったので、40歳を過ぎた今も月2500円くらいで日額給付2万円です。ガン保険だけは入っておいたほうがいいですよ。

ユーザーID:3974679618
違います
こま
2017年3月21日 7:23

そのような事はありません。

日本の医療費負担は大変優れています。
医療費が気になるのでしたら「保険でカバーする治療だけでお願いします」と言ってください。
その時に「なるべく痛みに苦しまないように」と言えばいいのです。

高額な医療費には補助制度もあります。
高額療養費制度と言います。

日本の医療費制度は世界に誇れる制度です。

ユーザーID:8899049048
がんの知識がないようですね。
みかん
2017年3月21日 7:40

抗がん剤(保険がききます)は、がんにもよるし、個人差もあります。そして抗がん剤そのものに論議もあります。がんは細胞で、抗がん剤はがん細胞を殺す代わりに、正常な細胞も殺します。病気なのだから正常な細胞にはがんばってもらわないと困るのに。。。がん細胞だけを殺す薬は開発中ですが、まだうまくいっていません。
一人ひとりが、自分に最も良いと治療法を選択するしかありません。叔母様は、抗がん剤をやめるという選択肢もありました。でも、医者は抗がん剤で良くなる可能性を勧めますので、ただでさえ病気で弱っているのに、自分で考え決めるというのは、ものすごく辛いものです。

高額治療=保険がきかない という意味ですが、最先端の治療である場合は、「最先端すぎて、多くの人に平均的にきくという証明がまだされていない、つまりリスクもある」という意味もあります。これは賭けです。お金があれば賭けを選択できますが、お金があっても賭けをしないほうが、体に対して慎重な姿勢という見方もできます。

ユーザーID:0550468833
低所得とはいえ
ICHICO
2017年3月21日 8:45

お子さんを育て上げるだけの経済力はあったのですよね。
だったらガン保険に加入するくらいのお金はあるでしょう?

私のお客様にはそういう方が数名いらっしゃいますよ。

お子さんが独立なさった後に「子供世帯に迷惑をかけたくない」という事から相談にいらっしゃいます。
何故もっと若い頃に入らなかったのか伺いますと「子供の学費や生活を維持するのにカツカツだったから」とおっしゃいますね。

子供が自立(独立)することで、家計内の経費が少なくなった代わりに・・・・・という事ですね。

>治療をしないということは苦しみぬいて死ぬということなのでしょうか。

治療をしない代わりに「緩和ケア」で余命を過ごす事もできますが、それはそれでお金が掛かりますものね。
昔は治療でなければ保険金が出ないという条件の付いた医療保険が多かったのですが、最近では緩和ケアでの入院でも保険金の下りる入院ほけんもありますからFPのいる窓口でそうだんなさってみてはいかがですか?

ユーザーID:8399293418
同意
mikan
2017年3月21日 8:53

我が家も低所得者です。
共働きですが、子供3人育てつつ、進学費用などを貯めるのはとても大変です。なので、病気しないようにと健康には人一倍気を使っているつもりです。
でも、病気、なるときはなると思っています。
なので、費用の面もありますが、子供が成人していたら、つらい治療はしたくないのが本音です。
でもいざその時になれば、欲がでるんでしょうかね。

ユーザーID:7811274389
医療機関からガン患者・家族向けの小冊子
地方在住
2017年3月21日 8:59

最近、地元の大学病院などが、がんになった人や家族のための診療ガイドブックを作成して、住民向けに講演会を開いていました。

どこで受診したらいいのか、医師に何をどう聞けばいいのか、などなど、もしがんになったら役立ちそうな情報満載でした。

お住まいの地域でこのような取り組みはありませんか?
探してみる方法としては、
・地元の新聞の記事を検索してみる。
・健康福祉センター(昔の保健所。いまは地域により色々な名称がついてます)の窓口を訪ねてみる。パンフレットなどがあるかもしれないし、保健師さんなど担当の方に聞いてみてもいいでしょう。

情報を知っておくと、心配が減りますよ。

ユーザーID:2820209336
うちも低所得ですが・・携帯からの書き込み
子育て終了した母
2017年3月21日 9:18

やっと子供が社会人になり数年経ち、低所得ながらも生活は少し落ち着き、もう50歳の入り口になってしまいました だからこそ、今度は子供に将来少しでも迷惑をかけないようにガン保険に遅まきながら入るところです

私は最近、アルコール依存の父を亡くしましたが、母の介護や金銭的な苦労は大変なものがありましたから、そんな苦労を少しでも子供からとりのぞければよいかと思ってます 子供たちはきっと貴方に何もしてあげられず、亡くしたと後悔させることになるより、掛け捨てでも保険に入るべきではないでしょうか? 子供に安心材料を残して老後を迎えることはせめてもの親の役割かと思ってます

ユーザーID:2418154851
そんなことはありませんよ
ちゃむ
2017年3月21日 9:40

こんにちは。
私の思う事を書きます。
健康保険へ加入していれば、高額療養費というの制度がありますので、月々一定額を支払えれば、通常の治療は受けれます。これは平等に払う分です。
保険適用の治療ですので、抗がん剤も、痛み止めも、あと、緩和病棟というのもあります。
高額な治療は、私も癌患者なので調べましたが100万〜200万位ですね。
それを使っても治らない人もたくさんいます。どうなるかは、わかりません。
うけれないならしょうがないですよね。

私なら、そうなったら痛みを緩和していただいて受け止めるかな。
(今は保険でも痛みどめなど、良い薬もいっぱいあるそうです)痛いのは心配ですよね。、
お医者さんの証言で、奇跡といわれるような治り方をした人の特徴として、明るくどんと受け止めている(ように見える)方が多い、というのを見たので参考になりました。私は最後は(保険のきく)緩和病院で静かにいけたら、良い人生だと思っています。
なので、せめて健康保険だけはしっかりはいっておきましょぅ!

ユーザーID:2317057171
今心配しても仕方ないです。
桃子
2017年3月21日 9:51

癌は種類によってもその進み具合によっても治療方法が違うし、抗がん剤と言っても種類も様々、副作用も様々。
効く人効かない人、そして日々新しい治療法も出てくる。
治る見込みの少ない病ではなくなっていますよね。
低所得でも最低限の治療は受けられますし、苦しみぬいて死ぬとも限りません。
とりあえず、今癌になっているわけでもないのに、悩むことではないと思いますよ。

ちなみに。
どんな癌でも早期発見はとても重要なので、トピ主さんが今出来ることは健康診断をきちんと受けることだと思います。

ユーザーID:0349738357
もしもあなたの家族だったらどうでしょうか
いちご
2017年3月21日 10:08

あなたは健康だから、亡くなった叔母さんのことは本当に他人事のようですね。
でも、もしもあなたの夫や子どもだったら、どうでしょうか?
そして、もしもあなたが治る見込みの少ない病になったときに、きっとあなたの夫や子どもたちができる限りの治療を望むはずです。

しかし、あなたご自身が治る見込みの少ない病になったときに、治療を拒否することはできると思いますよ。
苦しんで死ぬのかどうかはその時になってみないとわかりません。

ユーザーID:2159700888
痛み管理
あいうえお
2017年3月21日 10:21

まあ、痛み管理をすれば、最期近くなるまでは耐えられるみたいです。

動物を飼っていた記憶では、かなり腫瘍が大きくなっても歩き回って餌を食べてたので、QOLはぎりぎりまで大丈夫っぽいです。

ユーザーID:9561095151
義母は治療をしませんでした
嫁子
2017年3月21日 10:42

義母はガンとわかってからも何も治療をすることなく、一年後になくなりました。トピ主さんが考えるように、治療費が勿体無いし、子供も独立してるので、自分が生きるより子孫にお金を残したかったんだそうです。家族は治療を勧めましたが、本人の頑なな意思の前に強制はできず、そのまま見送りました。さすがに最期は痛み止めなどは使ったようですが、ガン自体の治療はしていません。

ガンの本人は自己満足でスッキリするかもしれないけど、残された家族は「治療していれば治ったかも。もっと強く勧めればよかった」という後悔のようなものに今でも苛まれています。特に義父はまだ立ち直れていないようです。

家族にお金は残せるかもしれないけど、後悔も残すことになる、ということを頭の片隅にいれておいたほうがいいかもしれません。

ユーザーID:1103682172
そんな事その時にならないとわかりませんよ
サクラ
2017年3月21日 10:50

がん患者です。再発したので、合計手術2回、抗がん剤治療2回、放射線治療1回しました。2度目の手術と化学療法のおかげで患部がまだ痛いです、でも日常生活に支障はなく仕事もしています。

がん患者の経験と知識に基づいてレスします。そんなの、がんの進行具合(超初期から末期まで)、がんの部所(体のどの部分にがん細胞があるか)、そのがんの種類は何か(乳がんは二十種類近くある)、などによって治療法も、予後も違います。

末期以外で見つかった場合、特に手術ができる場合は、手術はして病巣をとったほうがいいです。抗がん剤や放射線治療もやるだけやったほうがいいと思います。副作用対策はどんどん進化しています。ただ、末期の場合は、私だったら治療はしないで、どんどん弱って痛みが出始めたら、緩和医療に頼ります。人によって、最後まで治療する人と、そう出ない人と様々です。確かにお金があると最新の治療を試す事ができますが、それでどれくらい延命できるかは統計でしかわかりません。賭けですね。私もお金がないので、延命はしない予定です。

ユーザーID:5681809203
なんとも言えないと思います
40代
2017年3月21日 10:58

40にさしかかり、ここ数年の芸能人の癌闘病などを目の当りにして、最近よく考えます。

もし私が癌になったら。あくまでも想定での話ですが、たぶん手術ができる状態なら手術は受けて、癌は取り除きます。でも抗がん剤はしないと思います。私は甲状腺と副腎機能が弱く、日常的に倦怠感があって元気な人ではないんです。なので抗がん剤には自分の体は耐えられないと思うので。おそらく抗がん剤をして正常な細胞まで攻撃することでそれに負けてしまうと思います。癌が発覚するまでは健康的に仕事やレジャーを楽しめていた人でさえ、抗がん剤の攻撃(副作用)には本当に苦しめられるようですので、普段から虚弱な私には乗り越えられないでしょう。癌そのもの影響というより、抗がん剤によって苦しめられて死期が早まるでしょうから。

治療をしないこと=苦しんで死ぬ ではないと思います。むしろ治療をしたことによって起きる副作用に苦しみぬいて死ぬ方も多いでしょう。

ユーザーID:1632295198
癌手術後、7年経過します
メタセコイア
2017年3月21日 11:20

感情的には、いろいろあって割り切れるものではないのかも
知れませんね。しかし、理性的に考えると受け入れられるか
も知れません。

先ず、癌は所得の高低に関係なく遣って来ます。癌の治療は
早く見つけて、早く治療すること以外にありません。なので、
所得の高低でどうにかなると考えない方が良いです。

序ながら、癌は全ての人がその因子を持っていて、長生きす
ればするほど罹患率が上がるそうなので、程々に長生きする
のが良いかも知れません。

外に慰めの言葉として、人間は明日も生きると考えるから欲
が出て来るので、命に限りがあることを知っていたら、謙虚
になれるのではないでしょうか。

与えられた命を大切に生きると考えれば、今日一日を大切に
生きることができるのでは。私達は人間を特別の存在の様に
考えますが、花壇の草花や蟻や蜂と同じ様に一つの命を持つ、
多くの生き物の中の一つの命でしかないのだと思います。

ユーザーID:0557947475
看護師です
かあちゃん
2017年3月21日 11:57

 外科にいました。悪性疾患(ガン)の患者さんも沢山観てました。
 また、看取りました。

 お金の使い方も治療も生き方も死に方も色々あるのです。
 末期でも最新の治療や延命に奔走される人。
 初期でも消極的な人。
 残された人生を自棄になって生きる人。
 生きた証を懸命に残そうとする人。
 自分よりも残される身内や友人に気を遣う人。
 最後まで家族が寄り付かない人。
 最後までお見舞いが絶えない人。

 お金があるとかないとか関係なく、人それぞれです。
 
 ご自身のエンディングについては、縁起でもないと避ける方もいますが、死なない人はいないので少しずつでも周囲に話したり、書いておくべきだと思います。

 主さんが優先するのは、苦痛の軽減なのか、一日でも長く生きるなのか、治療もやれるだけやったと納得したいのか、家族の負担になりたくないのかを決めることはできます。

 ただし、急病や事故などで急激に死に至るのか、病気になって慢性的に死に至るのかによっても違います。

 自分に支配できないこともありますし、突き詰めると哲学的、宗教的な分野まで話が及び答えはないとおもいます。
 

ユーザーID:9216276791
各種制度を利用しては?
みやこ
2017年3月21日 12:01

叔母様のこと、お悔やみ申し上げます。

母はステージ4の胃癌で、胃を全摘後、リンパにまわって再発しました。
5年間、手術と抗がん剤治療(TS1)を続けました。

母は低所得者です。150万円程の年収、私から月5万の仕送り、計210万の収入です。
保険も一切入っていませんでした。
でも、高額医療助成(月8万円以上の医療費の免除/年収によって変動有り)の制度を利用して、5年間の治療費は特に問題なく支払っていました。

叔母様のように先進医療を受けることはできませんが、
所得が低くても、制度の範囲内で医療はしっかりと受けることができますよ。

そして、こればかりは運としかいいようがないですが、
母は生存率数%といわれるステージだったのにもかかわらず
今も元気に過ごしています。私と海外旅行にもでかけ、毎日楽しそうです。
ガンは治療を諦めるには勿体無い病気とも思います。

保険は入っておけばよかったと今でもぼやいているので、
まだ入れる状況でしたら、低額のもの(都民共済とか県民共済とか)だけでも
入っておくと安心かと思います。

ユーザーID:5056532387
年齢にもよるのだと思う携帯からの書き込み
春巻き
2017年3月21日 12:49

認知症でホームにいる母を思い、私たち子供を思い、父も肺がんと戦いました。ちょうど高額な治療が保険対象となり、体への負担もほとんどなく治りましたが、再発をしてからは手術では無理で、抗ガン剤治療となり、結局、副作用もですが抗ガン剤で肺機能をかなり傷めてしまったのか、少し動くだけでもすぐに疲れてしまうようになり、そのまま旅立ってしまいました。
きくのかどうなのかはやらないとわからないので、生きたい、治りたいと希望したのだから父には抗ガン剤の選択肢しかなかったのですが、私は抗ガン剤治療は70を過ぎているのならばやらない方が良いように思えてしまいます。
そう思うくらい、父は明らかに抗ガン剤で寿命が縮んだと思います。

親戚に高齢のやはり肺癌の女性がいますが、全くなにもしていません。ここ数年、変わらない状態です。

これから苦しむのでしょうか。もう85歳を過ぎているので、これからもなにかをするつもりはないようですが。

ユーザーID:9972368649
痛み止め
在宅ヘルパー
2017年3月21日 12:53

在宅ヘルパーです
介護先に末期癌のおじい様がいらっしゃいました
末期なのに10年以上生きておられます
ベッドとトイレの往復ですが、ご本人はテレビに読書に
ヘルパー相手におバカなお話など笑って過ごされています
今現在でも、「最近の若い俳優はなっちょらんの」と言い話すお元気さ

癌も色々です
抗がん剤は、私の主観ですが、病院の金儲けに思えて仕方ないです
手術して治るのならそうしたほうが良い

抗がん剤は、ある程度の体力がない場合
癌は治ったけど体力がなくなって死亡
というケースが非常に多いです
体力、抵抗力がなくなれば、癌はすぐに増殖するでしょう

私の母も癌でした
苦しみぬいて結局助かりませんでした

ならば、家にいて痛み止めだけもらって
のんびり楽しいことやりたいことをして
過ごしてもらうのも・・・
その方が良い場合もあるんではないのかな?
と思います

自分がそうなったら、きっと痛み止めもらって
笑って最期を迎えたいと考えています

あくまで主観なので・・・
他の方のレスも参考になさってください

ユーザーID:4464814708
 
現在位置は
です