現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

アメリカで大学進学か日本で大学進学か?

HABA
2017年3月23日 1:49

米国在住、今年、高校生になる娘がおります。
夫は米国でPhd,私は米国でマスターを取りましたが、大学入学に関する知識が無いので、日本の大学進学も視野に入れています。

娘は成績も良く、マグネットも勧められましたが、環境を変えたくないという理由で断ってしまいました。今思えば、受験くらいさせておけば良かったと後悔しています。IBの高校に進学準備等している友達もいる中、私たちが米国の大学入学に関する知識がないばかりに、すっかり出遅れてしまっている感じです。
スポーツも頑張っています。州代表に選ばれたことはありますが、ナショナルレベルではありません。

研究者である夫の影響もあり、娘は勤勉で、米国の大学に行くならアイビーリーグに入りたいと申しておりますが、どのような準備をしたら良いのかよくわかりません。
今わかっているのは、学校の成績だけでなく、SATの高スコア、リーダーシップやボランティアでの顕著な活動、年間7万ドル程度かかるということくらいです。
我々の住んでいる地域の公立高校は、全米でもトップレベルですが、毎年アイビーに行く子は1、2人、しかもストレートAの生徒であっても、州立大学に落ちた子が数人いると聞き、最近の競争率の高さに驚かされます。

英語は問題ないとはいえ、ネイティブではないですし、正直リーダーシップを発揮するような性格ではないので、どのような活動をしたら良いのかも見当がつきません。

娘も自分の大学進学に不安を抱いており、大学は日本で大学院で米国に戻ってくるのが得策では?と考え始めています。日本の勉強は通信教育でフォローしていますが、そんなに甘いものではないので、私と娘だけ高校で日本に帰り、大学受験に備えた方が良いかなとも考えています。

同じような立場で米国での大学入学に成功した方、戦い方を教えてください。また、日本に帰って結局良かったという体験談でも結構です。

ユーザーID:7383560777  


お気に入り登録数:91
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:26本

タイトル 投稿者 更新時間
進学先の悩み
ケイ
2017年3月23日 11:14

7万ドル(税引き後)の4年間を終えた父親です。その前のNew Englandの全寮制のPrep.Schoolでもその位かかりました。

仰る通り進学の工程は米国人にでも困難なステップです。SATの点数、日ごろの成績、先生からの推薦状、スポーツ、ボランティア活動、そして一番大変なのはエッセイです。ここで生徒のリーダーシップやt特技そして思想を思い切りアピールしなければなりません。
幸い妻が経験者ですので随分ヘルプしましたが一家総出の長期プロジェクトでした。大変失礼ですが簡単に教える事ができないプロセスです。そのためCollege Entrance Counselor と云う職種があり何千ドルの料金がかかります。Googleで検索されればお分かりと思います。

最後にご本人が将来どちらの国で何をしたいのかが一番大切な決断かと思います。

Good Luck to you and your family.

ユーザーID:6995536763
アメリカの大学生として日本に交換留学されては
Rocky
2017年3月23日 12:05

私の子供はアメリカの州立大学を選び、日本の大学に1年交換留学をしました。APコースを頑張ってAを取り、SATの点数をあげれば、夢がかないますので、アメリカの大学受験に集中されることをお勧めします。

ユーザーID:7837969215
自分の実力を把握する
米国在住
2017年3月23日 12:46

まず米国の子供は自分の学力を把握していないのが問題かと思います。
授業なんて真面目にやってればAが取れますし、
どんな時も「お前はすごい」といって育てるのが米国流ですので。
まずはSATでも受けてみて学力を確認した方が良いでしょう。

易しいコースでストレートAを取っても仕方ないです。
標準的な進度だと米国の理数科目は日本などより2年近くも遅れているのですから。
そんな子、一流大は欲しくありませんよ。
ストレートAで落ちるのはそれが一つの理由でしょう。

一般のアジア人がアイビーに入るのは至難の業です。
SATほぼ満点、GPA4.0に加えて、
一流の起業家や科学者になれる根拠を示せるレベルの課外活動をするか、
そうでなければ超人的なマルチタスクで課外活動をこなさないと厳しいです。
知り合いは、ある科学技術コンテストの全米大会で上位入賞しましたがアイビーは落ちました。
別の知り合いは、ボランティアやスポーツなどをいくつも掛け持ちし、
毎日午後10時まで高校で活動、帰って午前1〜2時まで勉強して、
翌朝は5〜6時から朝練という生活でハーバードを目指しましたが落ちました。

ユーザーID:6678749941
アメリカで進学
ミッカエル
2017年3月23日 13:09

これからの日本はひどい時代に突入します。
すでに若者にとって夢の持ちにくい世の中になりつつありますが、
2050年には経済力もガクンと落ちてしまうという報告もあるようです。

そんな泥船に乗っていてもいい事ありません。

私も自分の息子にアメリカの大学に行きなさいと言っていますが、
本人が日本語が通じない国にはいきたくないと言っている状況です。
子供が3歳まで米国に居て、物凄く綺麗な発音で英語話していたのに残念です。

つまり日本に帰って来て大学行っても、就職先も無いですし、
生きていけません。
だったらアメリカの大学に行って、ワールドワイドで活躍した方が絶対にいいですよ。

ユーザーID:1443984307
コーチにお願いするのがいいのでは
文助
2017年3月23日 21:24

お嬢さんは優秀で羨ましいです。知り合いの子は、東京のバイリンガル系の新興私立から、あるアイビーに合格しました。

その際には、米国の進学コーチを使ったようです。料金は、ハイスクール在学中の4年間のカウンセリングが、4,000ドルとかだったと言っていたと思いますが、それは、もう5年以上前の話です。

そういうコーチは、よく営業本を書いていますので、図書館で調べてみるのも手です。

ユーザーID:7466573776
今はまだお勧めできませんが
2017年3月23日 21:57

日本では、中等教育の内容や受験制度が変わるタイミングですので、よい方向に変わるとしても、今はお勧めできません。

でも、「大学は日本で大学院で米国に戻ってくるのが得策では?」と言う点は賛成できます。現状ならある程度の学力が有るのなら、そのルートの方が娘さんに余計な負担がかからないと思います。

当然、米国に戻る訳ですから遊んでいられる訳では無い筈ですが、そちらの状況が分かっている訳ですので対処については問題ないように感じられます。

あとは、日本のどの大学に行くのかと言う問題ですが、こちらの一流どころは「受験対策」で頑張らないと厳しいと思いますが、ちょい下レベルなら問題ない気がします。

そちら在住の知人によれば、米国の大学院では、一部を除き日本の大学はたいして気にされないと言うことです。ザックリいえば、高レベルじゃないと言う評価との意味です。あくまで、本人次第と言う意味合いの言ですが。

ユーザーID:8037332555
貴重な情報、ご意見ありがとうございます。
トピ主
2017年3月28日 22:13

有益な情報ありがとうございます。
やはり相当難しいようですね。もともとわかっていたこととはいえ、具体的にお話を聞くと「やはりそうだったのかぁ」という感じです。
娘は今の段階では医学に興味を抱いており、将来は医者になりたいと思っているようです。日本の生活より米国での生活を好んでいる娘ですが、将来の夢には日本に帰国する方が近道ではないか?と思い始めています。
金銭面でも外国人が州立の医学部に行くことは相当難しいですし、私立ともなると莫大なお金が必要です。
こちらでは高校も1年長いだけでなく、医学部卒業までに8年+αかかりますので、日本の方がお得感があります。

友人のヨーロッパ人医師が、今年ULMALのテストを全てクリアし、レジデンシーになりますが、相当苦労しているようでした。どちらにしても、外国人がこちらで医師になるのは相当難しいことなんでしょうね。医師に限らず、どんな分野であっても、異国で生きて行くだけでも大変なのに、成功するには相当な努力が必要ですよね。彼の同僚にも日本人の優秀な医師がいて、大変優秀なのようなので、日本で医師になってからでも世界に通用するのかなと思っています。

ユーザーID:1269149250
とりあえず志望校を決めましょう
さと
2017年3月29日 21:52

うちの子の通う公立高校は年に2,3人アイビーに合格する子がいます。

息子の友人がスタンフォード大学を目指しています。
学年は一緒ですが2歳年下です。中学の州の統一テストの英数両方満点でした。

成績上位の子たちは中学のうちに高校で学ぶ数学やサイエンスの科目のいくつかを修了してます。
普通の進度できた生徒たちが州立の上位校を目指してもそのような子たちに負けてしまいます。

日本の大学を目指す子たちは日本人の多い地域に住み、塾に通ってます。
友人の子はアメリカで進学か日本で進学か本人がはっきりせず
希望する日本の大学はすべて落ちて結局、州立の中位校に行きました。

ネガティブなことばかり書きましたが
知人の息子さんはスポーツでスタンフォード大学に入りました。

希望校をいくつか決めて近いところは夏休みにでも行ってみたらいかがですか?

大学見学なんていつでもできると思ってたら高校の夏休みが忙しくてあまり行けなかったという話をよく聞きます。

やる気もでると思います

ユーザーID:4132067953
経験的に感じたこと
Dragonite
2017年3月29日 22:50

数年前に娘がアイビーを狙って希望がかなわなかったものです。

思ったことは、アイビーへの進学が目標である子が受かるところではない、ということです。

もっと高い目標のある子が、通り道としてアイビーを選んだ、というぐらいが入学した子たちの現実ではないかと思います。

ユーザーID:3189630963
日米の仕組みの違い
米国在住
2017年3月30日 23:12

日本は早い段階で厳しい選抜や試験を課し、米国は後々まで全員に可能性を与えておいて後で一気に絞るという仕組みです。医学部・薬学部等は、日本では18歳、米国では学部卒後の22歳で進路が決まりますね。他の学部でも、日本では入学した学部生の大半が4年で卒業できますが、米国ではそうではありません。また、日本では博士進学した学生の大半が修了できますが、米国では授業や試験でどんどん落とします。このような仕組みになっている理由の一つは、米国は人口も多く外国人もどんどん入ってくるので全員を育てる必要がないということです。

いずれにせよ米国で医師になるのは簡単ではありませんが、日本の仕組みに乗ると医学部に合格できるかというところで現実を突き付けられます。それが米国では大学院を受験するまで分からないということです。

日本育ちの日本人であれば、まずは日本の医学部に行くのが近道ですがトピ主のお子さんの場合は微妙なところです。なお米の私大医学部の学費は4年で20万ドル程度だと思いますが、それを高いと感じるようなら米国の感覚とはズレがあります。ただし米国ではローンを使うのが普通です。

ユーザーID:6678749941
国内医学部
匿名
2017年3月31日 20:26

アメリカの教育を受けていて、今から国内医学部は国立はセンターがあるので厳しいと思います。
私立は学校によっては、英語、数学、国語(比較的優しい)医学部もあります。そういう学校のAO、狙い目かも。
あと、医学部のある大学の附属の海外支部の高校もありますよね。
学費もアイビーより安いですよ。今、医学部は学費がかなり安くなってきています。
アイビーの学費は奨学金がなければ、医学部並みまたはそれ以上に高いですよね。

トップレベルの高校でも、アイビーに2人程度の合格なんですね。
マンハッタンにある名門学校はたくさん入ってるのに、、、。
都会の中高一貫が強いのと似てるんですね。

英語ができるのは強みですが、数学がどこまでできるか、、、。
アイビーと医学部だと、全然やりかたが変わりますよね。

国内にも寮のある医学部に強い学校ありますよ。

悩ましいけど、頑張って下さいね。

ユーザーID:8534233947
アメリカがおすすめ。
マコ
2017年4月2日 16:44

医師になりたい、そして、出来ればアメリカで働きたいというのであれば、やはり、アメリカの大学に行くのが近道かと思います。

医師になる場合ですがArmy Doctorになるのも一方法です。どの大学に行けばいいのか(Armyが払ってくれる)とか、そういう情報をあらかじめ得ておいて、指定された大学を目指せばいいということです。

また、Medical Schoolですが、数年をドミニカ共和国のMedical Schoolに行き、残りをアメリカの学校に行く、という方法もあります。費用が抑えられます。また、この場合に、アメリカからの返還必要なしの奨学金(寮費も含む)が出るということもあるらしいです。アメリカでも認められるSchoolに行かなくてはいけないということで、これも下調べをしっかりやる必要があります。

医師になるには、その他、どういう方法があるのかを十分調べてみてくださいね。
大学に行って、それから、とてつもなく高額なMedical Schoolに行って、、、というのだけが医師になれる道、というわけではありません。

ユーザーID:7933628199
お呼びでないかもしれませんが
すもも
2017年4月2日 23:17

西海岸にあるトップの州立大卒です。
私は日本の高校、コミカレからの編入です。

生物系の学部のほとんどが医学部志望で、高GPAをとるのが
難しい、簡単な大学からの方が医学部に有利かもと聞いたことが
あります。日本留学生で学部を卒業して、日本の私立医学部に
学士入学した人も複数いました。

あとは自分の高校の同級生で考えると、地方の進学校でしたので
みんなそこそこは出来たんでしょうけど、成績優秀で目立っていなくても、
地方国立医学部、私立に行って医師になっているようです。
皆さんおっしゃられるように日本の方がなりやすいと思います。
日本の医師免許があればアメリカでも通用すると思います。
英語は出来るわけですし。

ユーザーID:4309833095
アメリカ大学受験は親も頑張らなければいけない。
受験の母@東海岸
2017年4月8日 8:57

米国北東部在住で、子どもは11年生でいろんな大学からDMが来まくりです。

うちのも地元の公立高校なんですが、州でもトップレベルで全米でも上位に入ります。
1学年450人ぐらいいますが、ストレートAの生徒はおそらく100人ぐらいはいると思います。こんな生徒はSATも両科目とも800点狙いです。うちのはB平均で、本当に中の下ぐらいの成績ですが、SATでは700点代です。アイビーには毎年数十名は入っていると思います。

家庭教師をつけている人は珍しくないし、スポーツ、ボランティア、楽器もしっかりとこなしています。アジア人がすごく多いので、親子で必死です。

うちはもうアイビーみたいは超一流校は無理なので、まあまあの大学を狙うしかないです。GPAは泣きそうな数字(3.5以下)なんですが、幸いにSATは悪くないので、高校名でGPAは納得してもらい、もう志望校を絞り、そこを目がけてEarly Decisionで頑張るしかありません。

子どもだけでやらせてたら不十分なので、親がアンテナを高くして情報収集です。

私自身、実は大学教員なんですが、勉強するならアメリカの大学がお勧めです。

ユーザーID:4412301772
みなさんとは意見が違うのですが
英語専攻
2017年4月9日 18:16

私は日本の大学でもいいと思います。
日本に住んでいないのですよね?
いろいろ戸惑うことも多いと思いますが(日本のやり方に)、それがいいと私は思います。

ユーザーID:6368342211
戦い方を教えます 1
勝ち組
2017年4月9日 18:51

IVYリーグ、スタンフォード、MIT、カリフォルニア工科大学等は誰もが憧れる大学ですよね。IVYリーグはもとは男子校で、その女子版でセブンシスターズを狙ってはどうでしょう?と言っても、こちらもレベルの高いリベラルアーツ・カレッジなので、入学レベルはものすごく高いですが。
(毎年、ハーバードへ受かっておきながら「やっぱりやーめた」と言って行かない学生は驚くほど多いんです。その中にはリベラルアーツ・カレッジを選択するため、という学生も数多くいます。)

IVYリーグの入学基準は非公開なので、ここで「どうやったら入学できますか?」と聞いたところで明確に答えられる人は皆無でしょう。SAT2400点満点取ったところで、落とされる子は落とされるんですから。逆に州立大学やコミカレから編入してIVYリーグへ行くなら、数年分学費の節約にもなるし、お得ですけどね。

ユーザーID:6519180484
戦い方を教えます 3
勝ち組
2017年4月9日 18:55

私が不思議に思うのは「どうして米国と日本と2択なのか?」ということです。世界中に英語で授業を受けられる大学はたくさんありますし(非英語圏でも授業を英語で行う大学はたくさんあります)、年間7万ドルの学費を払う気ならどの国の何大学も選択できる範囲です。
まして娘さんは「リーダーシップを発揮するような性格ではない」なら尚更米国で名門大学へ入学するのは困難です。入学も困難なら入学してからも困難、娘さんの将来もしっかり考えてあげましょう。

「うちの子は勉強しかできないんですよね」という子でも米国の大学を外せば世界トップ10の大学へ入学できることも十分可能です。現在世界トップ10内の大学には米国は7校で、他3校は米国外ですし、トップ50、トップ100と見ていくと米国の大学は半数くらいしか入っていないので(そのうち日本の大学は東大京大のみ)、どうして米国と日本の2択なのか本当に不思議です。

ユーザーID:6519180484
戦い方を教えます 4
勝ち組
2017年4月9日 18:58

ちなみにわが子も世界トップ10内の大学出身ですが、「趣味は勉強」と言い切るくらい他には何もできません。運動も音楽も小さい時から何もやっていませんし、ボランティア経験無し、生徒会長経験も無し、それどころかチェスクラブの副部長の選挙でも落選、SATは数学は満点(これは日本人なら余裕で狙えるレベル)でしたが英語が苦手だったので総合点は1500点台でした(笑)。日本国籍ですが、欧米のトップ50以内の企業にすんなり就職も決まってビザもすんなり発行されたので帰国の心配も全くしたことはありません。大学進学の時は世界中から選びましたので「米国か日本か」の2択なんて考えたこともありませんし、就職時ももちろん世界中から選択しました。

ユーザーID:6519180484
戦い方を教えます 5
勝ち組
2017年4月9日 18:59

SAT1500点台で無趣味の学生でも世界トップ10内の大学を出て誰もが羨む順風満帆な生活が送れるなんて、たぶん皆さんご存じないと思います。ちなみに初任給は日本円で1千万円超えでした。そして、うちの子は小中高の学費は年30万円ほどでしたので「そこに行きつくまでにお金がかかる」という話もよく聞きますが必ずしもそうではないんですよね。なので日本の公立小中高と通っても、英語のレベルさえ追いつけば十分狙えるレベルだと思います。

※日本の高校卒だと直接その国の大学へ進学できない場合もあるので注意ですが、英語圏の高校卒なら問題ないでしょう。

ユーザーID:6519180484
戦い方を教えます 6
勝ち組
2017年4月9日 19:01

(補足ですが、米国外の大学を選ぶ場合、試験が簡単な米国と違って大学1年生レベルの試験内容の場合があります。入学前にメジャーをさっさと決めてしまって、その専門の予習を1年分(大学1年生相当)しておけば受かりますが、米国の高校の勉強だけをしていたのでは他の欧州の難関名門大学に受かることは不可能です(米国の学習内容はAPも含めてとても簡単でそこは当然5が取れるレベルではないと名門大学へは入学できません。)。相手の要求する試験結果(SAT、AP、IB等の要求レベル)+その大学独自の試験と面接でその大学1年レベルで習うであろう内容を問われるからです。)

あと高校選びですが、「IBコースへ行けばよかった」云々より、学校によっては学生に絶対Aしか取らせない所も存在します(成績がそこまで到達していなければ再試験を何度でもさせます)。その場合必然的にGPAは高くなるので(当たり前ですが全員4.0)そういう学校は受験には非常に有利になります。

ユーザーID:6519180484
 
現在位置は
です